2015年5月25日(月) 晴れ

県議会報告(日立市多賀町、大久保町)

常陸海浜公園管理事務所に要望活動

ひたちなか海浜鉄道・吉田社長との意見交換


神保シェフと茨城をたべようvol.1
茨城県で採れる旬の食材を使った神保シェフ・オリジナル”簡単”レシピを御紹介する番-組です。
第1回は「春キャベツと卵を使った料理」です。制作は、神保シェフの出身地・日立市のケーブルテレビJ−WAYです。

歩数【6000】歩・移動距離【120】km

ひたち海浜公園の充実のため、管理事務所の要望書提出

常陸海浜公園管理事務所・黒沢伸行所長に要望書 5月25日、井手よしひろ県議ら茨城県議会公明党議員団とひたちなか市議団は、国営ひたち海浜公園に関する要望と意見交換のた、国土交通省常陸海浜公園管理事務所を訪れました。黒沢伸行所長に要望書を手渡し、一時間あまりにわたり意見交換などを行いました。
 国営ひたち海浜公園は、豊かな自然に包まれた憩いと遊びの場として、茨城県内外から多くの来園者が訪れています。東日本大震災により、一時的に来園者は大きく減少したものの、震災を乗り越え、今年のゴールデンウィーク期間中は、過去最高の52万686人を記録しました。1日あたりの来園者も4万3391人と、おととしの1日平均を1万人以上上回り、これまでで最も多くなりました。
 井手県議らは、まず管理事務所の関係者に敬意を表しました。一方、周辺地域の交通渋滞の深刻化や一部で入園者のマナーの欠如などの問題も顕在化しており、季節や天候などにとらわれず、年間を通して安定的に多くの観光客に来園していただき、常陸海浜公園の魅力を全国、全世界に発信してもらいたいと、強く要請しました。
 黒沢所長よりは、「正直言って、一日7万人を超える来場者は、想定を超えていました。開園時間の延長や駐車場の料金所の体制強化など、今後も出来ることは全て行っていきたいと考えています。できるだけ、公共交通期間を活用して来園していただけるよう工夫をしていきたい」「ネモフィラの花畑に侵入するなどのマナーの問題は、大きな課題。できるだけフェンスなどで隔離するのではなく、皆さんの良心に訴える形で、これからも対応していきたい」などとの回答がありました。
 井手県議らは「道路の整備や駐車場の拡大と共に、“ひたちなか海浜鉄道の延伸”が最も有効な対応策であり、国への支援を強く働けかけていきたい」と語りました。
続きを読む

2015年5月24日(日) 晴れ

北茨城市長選挙・豊田みのる候補の出陣式に出席、来賓を代表して応援挨拶

おひさまフェスを視察(日立シビックセンター新都市広場)

第6回ジプシーマーケットを視察(多賀市民プラザ広場)

鉾田市内で県政懇談会

河又家通夜式に参列

北茨城市長選
北茨城市長選・豊田みのる候補の出陣式に参加し、来賓を代表して挨拶をさせていただきました。
豊田候補の震災復興の実績は、市内外に高く評価されています。次の4年間は、地域の創生をかけて、いわき市や茨城県北三市との広域連携を含め、市政運営に大きな期待が寄せられています。

歩数【3000】歩・移動距離【213】km

(仮称)県北国際アートフェスティバル実行委員会が設立

総合ディレクターに森美術館館長の南條史生氏
南條史生氏 5月15日、水戸市内の三の丸ホテルにおいて、(仮称)県北国際アートフェスティバル実行委員会設立総会及び第1回総会が開催されました。
 県北国際アートフェスティバル実行委員会は、平成28年秋頃開催予定の県北国際アートフェスティバルに向け、県、地元市町、関係団体等が緊密な連携のもと一丸となって開催準備や円滑なフェスティバル運営を行うために設立されたもので、総合ディレクターには森美術館館長の南條史生氏が選出されました。
 県北国際アートフェスティバルは、北茨城、高萩、日立、常陸太田、常陸大宮、大子の6市町が対象。アートを通じた地域活性化が主な目的で、実行委員会は、開催期間や会場、参加アーティストなどの実施計画を策定していきます。
 この事業は、県や各市町による県北地域振興の目玉施策で、県が国際的な芸術祭を開くのは初めてとなります。昨年秋に有識者の研究会と準備委員会を立ち上げ、開催に向けて検討してきました。
 主な事業内容は、著名アーティストによる作品の制作・展示のほか、天心記念五浦美術館での特別展開催、6市町内への展示拠点設置などを想定しています。
 国内での国際芸術祭は、「瀬戸内国際芸術祭」や「越後妻有アートトリエンナーレ」を含む8カ所でそれぞれ2、3年おきに開かれています。県北国際アートフェスティバルは、豊かな自然環境や地域資源といった県北地域の特性を生かして開催します。
 実行委設立総会では、会長の橋本昌知事が「県北の海や山の素晴らしい景観や地域資源を活用すれば、面白い試みができる。アートで県北地域を元気づけたい」とあいさつ。総合ディレクターに選ばれた南條氏は、国内外のさまざまな芸術祭でディレクターを務め、守谷市を中心に海外の若手アーティストを招く「アーカスプロジェクト」にも初期から関わってきました。就任に当たり、「人が驚き、感動するような作品を生み出し、海外からも集客していく」と意気込みを語りました。
続きを読む

2015年5月23日(土) 晴れ

水戸市の七ツ洞公園での“イングリッシュローズフェア”を視察

茨城県庁で“第4回いばらきスイートフェア”を視察

ネパール震災復興支援のイベントに参加


磯山さやかの旬刊!いばらき『プレミアム付き宿泊券』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、磯山さやかさんがプレミアム付き商品券を-紹介します。
茨城県では5000円分の宿泊券を2500円で購入できる「プレミアム付き宿泊券」を-6月より販売開始します。オーシャンビューや絶品の海鮮料理が自慢の「大洗ホテル」な-ど県内130以上の宿泊施設で使用可能です。観光施設の入場料や飲食店などで使える周遊-券も合わせて販売します。
皆さんも魅力あふれる茨城をお得に旅してみませんか?

歩数【3000】歩・移動距離【121】km

農地集積バンク、成功例示し貸し手の不安解消を

田んぼ 5月19日農林水産省は、耕作放棄地などを借り受け、意欲ある農業者約する農地中間管理機構(農地集積バンク)が本格始動した2014年度の実績を公表しました。
それによると、機構を通じて貸し付けなどが行われた農地面積は約3.1万ヘクタールにとどまり、借り手側の需要面積である23万ヘクタールと大きな開きがあった。
 農業の生産性を高めるために農地の集約や大規模化を求める声は根強くあります。しかし、農地を人に貸し出すことに不安や抵抗感を抱く農家は多いため、借り手側の旺盛な需要に応えられないのです。農水省は機構による農地所有者への働き掛けが乏しかったことや、制度の周知不足なども課題に挙げていまさ。機構は、初年度で明らかになった課題を早急に解消する授業があります。
 機構の利用を農地所有者に促すには、優良な事例の発信が求めらます。成功した事例を紹介し、機構の利用が貸し手と借り手の双方に大きな利点があることが理解してもらえれば、農家の決断を促す契機となります。
 農水省によると機構の利用が多い地域は、住民が協力して作業を行う集落営農が盛んで、地元の話し合いが活発な地域と重なっています。機構の利用が少ない地域には、機構の職員が積極的に農家への説明に出向き、制度の利点を伝えることも重要です。丁寧な話し合いを重ね、農家との信頼関係ができれば、農地貸し出しの不安解消にもつながります。
 機構の事業と、市町村が作成する「人・農地プラン」事業との連携も必要です。同プランは、地域の農業を、誰が担い、どう進めるかを地域で話し合って、まとめるものです。機構のめざす方向と共通する部分も多く、同プランとの連携強化は、機構と行政、農業者らの関係を深めるのに役立つはずです。
続きを読む

2015年5月22日(金) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告

日立市手をつなぐ親の会定期総会で来賓を代表して挨拶

ザ・トレジャーガーデン館林を視察

ザ・トレジャーガーデン館林
ザ・トレジャーガーデン館林のローズ&ガーデンフェスタ
 1500種・3000株のバラが咲き誇る「ローズガーデンエリア」は「ブルーローズのラヴィリンス」「心を潤すフラグラントローズガーデン」「イングリッシュローズが咲き誇るペレニアルボーダー」など、7つのシーンに分けられています。最大の見どころは「初夏のさくらのトンネル」。花の間から空が垣間見えるよう工夫を凝らした風景は最高の美しさです。
 茨城県フラワーパークの見直しの参考には、非常に参考となる施設です。

歩数【5000】歩・移動距離【281】km

“生活困窮者自立支援法”スタート、市町村毎の任意事業の充実が肝要

150522image 公明党が成立に全力で取り組んできた「生活困窮者自立支援法」が、4月から施行されました。仕事や健康などで深刻な問題を抱えた人を生活保護に至る前に支え、新たな人生への挑戦を後押しする法律です。この法律に基づく自立支援制度を生かすには、自治体をはじめ関係者の理解と積極的な取り組みが不可欠です。
 生活困窮者自立支援制度は、生活する上でさまざまな困難を抱える人を地域で自立して生活できるように、個々の状況に応じ、その人の主体性を尊重しながら、相談・支援する制度です。「生活困窮」と一口にいっても、経済面や家族関係、精神的な問題など多くの理由があり、複雑に絡み合っている場合もあります。
 支援が必要な人たちは、なかなか声を上げられず、支援にたどり着けなかったり、既存の制度では救済されず、社会的に孤立したりしているケースが少なくありません。
 公明党は結党から半世紀にわたり、生活者に寄り添い、支え続けてきました。今回の制度はいわば、公明党の精神を体現するものであり、地域の最前線で生活に困っている方を支えてきた民間団体の熱い思いが結実した制度です。国も地方自治体もしっかり責任を持って、民間と協働体制で、生活困窮者を包括的に支援して行く必要があります。

 この生活困窮者自立支援制度の特徴を一言で言うと、「人が人を支援する」ことに力を入れている点です。これまでは、生活困窮者支援というと、お金などの「給付」になりがちでしたが、今回は住宅に関する給付を除いて、それがありません。制度の軸は、相談者をいかに既存の給付制度に結び付けられるかというコーディネート(調整)機能なのです。
 既存の制度に人を合わせるのではなく、人に合わせて柔軟に制度を活用できるようになったということです。
続きを読む

2015年5月21日(木) 晴れ

県議会総務企画委員会県内調査(JRA美浦トレーニングセンター)

県議会で原子力安全対策課よりヒアリング(東海第2原発の新規制基準適合性審査の進捗状況について)

茨城県フラワーセンターを視察

茨城県フラワーパーク
茨城県フラワーパークのバラが満開
 およそ3万株の色とりどりのバラが見頃を迎えた石岡市にある茨城県フラワーパークで20日から、恒例の「バラまつり」が始まり、大勢の家族連れなどでにぎわっています。
 6月2日で開園30周年を迎える茨城県フラワーパークには、およそ800種類、3万株のバラが植えられ、今、見頃を迎えています。
 ことし新たに設置されたヨーロッパ風の庭園で咲く、「クロード・モネ」というフランスの画家の名が付けられた品種は、白い色の花に徐々に黄色やピンク色が混じってくるのが特徴です。
 また、日本の品種の「春風」は、長く伸びた茎に5センチほどの小さなピンク色の花がいくつも咲いています。
 訪れた人たちは、写真を撮ったり顔を近づけて香りを楽しんだりしていました。

歩数【3000】歩・移動距離【325】km

東海第2原発、進まぬ規制委員会の議論

東海第2発電所 2014年5月20日、日本原子力発電(日本原電)は、原子力規制委員会に対して東海第2発電所(東海第2原発)の再稼働のための新規制基準適合審査の申請を行いました。この1年間で開かれた審査会合は計8回。その間、規制委員会が示した28項目の主要な論点の多くは議論は、ほとんど行っていません。東海第2原発は沸騰水型原発。加圧水型原発の審査が優先され、さらに審査の件数が増えたことなどから、今後の見通しは未だ経っていません。
 昨年6月17日、安全審査の初会合が行われ、日本原電が申請概要を説明しました。その後、7月4日に規制委が28の主要論点を示しました。ケーブルの束に防火塗料を塗るなど電源ケーブルの防火対策を新基準での大きな焦点と位置付け、本格的な審査をスタートしました。
 審査は「原発設備」と「地震・津波対策」の二つに分けて実施。昨年8月の第3回会合で、原発設備に関する事故対策設備「フィルター付ベント」の審査が行われ、その後も原発設備の審査が続きました。地震・津波対策については今年2月13日の第8回会合で取り上げられただけです。審査は当初、月1〜2回のペースでしたが、2月会合以降は3カ月以上、開かれていません。
 沸騰水型特有のフィルター付きベントの議論が辛うじて始まったものの、最大の焦点となるケーブルの防火対策に加え、耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)の設定の議論は、全く手つかずです。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: