食品ロス削減のため「食品ロス削減推進法」全会一位で衆院可決

食品ロス
 5月16日衆院本会議で、まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」を削減するための食品ロス削減推進法案(議員立法)が、全会一致で可決されました。大手コンビニ会社でも対策に乗り出す動きが出始めるなど、食品ロス削減に向けた機運が高まっています。
 平成27年度の農水省推計によると、まだ食べられるのに捨てられた食料は646万トンと推計されています。国民全員が、毎日、ご飯を茶わん1杯分捨てた計算になります。そのうち約半分にあたる289万トンは一般家庭からのものです。
 SDGs(国連の持続可能な開発目標)では、1人当たりの食料廃棄を2030年までに半減させる目標を掲げています。食品ロス削減については、5月12日に新潟市で開かれた20カ国・地域(G20)農相会合でも、各国が足並みをそろえて取り組むことが確認されるなど国際的にも重要な課題となっています。
 食品ロス削減推進法の成立は、こうした世界的課題への重要な一歩といえます。法律ではロス削減を国民運動とするとともに、政府に基本方針策定、自治体に推進計画策定、事業者には施策への協力を求めています。
 特に重要なのは消費者にも自主的な取り組みを促した点です。国内のロスのうち、家庭で生じたものが約半分を占めています。賞味期限を過ぎたものをまだ食べられるか確かめずに捨てる人も多く、消費者の意識改革が課題となっています。
続きを読む

日立市政80年を記念し、関右馬允氏と角弥太郎氏に名誉市民称号を!

関右馬之丞と角弥太郎
 新田次郎の名作「ある町の高い煙突」が、松村克弥監督の手で映画化され、6月中旬から全国ロードショー公開の運びとなりました。「ある町の高い煙突」に描かれた物語は、日立市発展の原点であり、日本の産業史の黎明期を彩る出来事です。住民と企業、開発と環境保全、個人の権利と地域社会の調和など、まさに持続可能なまちづくりのモデルケースともいえます。
 日立市には「日立市名誉市民の称号に関する条例」に基づき、名誉市民制度があります。
 その第1条(目的)には「この条例は、社会の進歩に貢献をし、その功績が著しく、ひとしく市民に尊敬される者に対し、日立市名誉市民の称号を贈って、これを顕彰することを目的とする」とあります。
 日立市政80周年の節目の年に、日立市の功労者といえる関右馬允氏と角弥太郎氏(以下敬称略)に、日立市名誉市民の称号を贈り、改めてその功績を顕照すべきと提案します。

 今から遡る114年前、1905(明治38)年、日本鉱業の創業者・久原房之助は赤沢銅山を買収し、その名を地名である「日立村」にちなんで「日立鉱山」と改称し、近代的な鉱山の経営に乗り出しました。
 日立鉱山は、当時の最新技術による探鉱をすすめ、1907(明治40)年末までに、鉱床を次々と発見。銅の埋蔵量の豊かさを確信した久原は、他の鉱山の鉱石を買い入れて製錬することを視野に入れた大規模製錬所建設を計画し、1912(大正元)年までに合計10基の溶鉱炉を完成させました。
 日立鉱山が発展していった一方で、精錬所で排出される鉱煙の量が増加し、周辺地域の農作物や草木が枯れるなど、大規模な煙害が発生しました。特に、入四間などの製錬所に近い集落における被害は深刻を極めました。
続きを読む

令和最初のGW、茨城県内の観光客数過去最高

7年に一度のカミネ神社の大祭礼
 5月14日、今年(2019年)のゴールデンウイーク( 改元に伴う10連休を含む4月27日から5月6日まで)期間中の茨城県内観光客数が333万人を超え、記録が残る2006年以降で最も多かったことがわかりました。
 統計をまとめた県観光物産課は「連休に国営ひたち海浜公園のネモフィラが見頃と重なり、常陸大津の御船祭など周期的に行われるイベントに多くの方に来ていただいた」と語っています。
期間中の県内観光地やイベントの観光客数は、前年と比べ37.2%増の333万5019人。1日当たりの平均客数も23.5%増の33万502人に伸びました。これまで最多だったのは2017年の285万1626人でした。
 今年のGWは皇位継承に伴って10連休となり、昨年と比べ、日数が1日、休日も3日増えたため観光客増につながりました。
 調査は観光地とイベント75地点で行い、昨年と比較できる70地点のうち、約9割の調査地点で観光客数が前年より増加しました。他県との競争の中、多くの観光事業者や市町村がプロモーションや誘客、受け入れ準備に力を入れた結果です。

続きを読む

シルバーリハビリ体操のネットワークを2040年問題の突破口に

大田仁史先生
シルバーリハビリ体操の考案、普及に情熱を燃やす大田仁史先生に再会
 5月13日、村本しゅうじ県議とともに、リハビリテーション医療・介護の第一人者・大田仁史先生に面会。2014年1月に輿水衆議院議員(当時)らと視察して以来、5年ぶりの再訪問となりました。
 大田先生が考案したシルバーリハビリ体操は、平成17年に県の事業として正式にスタートしました。高齢化の急速な進展に対応するため、地域の高齢者をシルバーリハビリ体操や介護予防知識等の普及活動を行う「シルバーリハビリ体操指導士」として養成する事業です。シルバーリハビリ体操指導士を養成するため、県立健康プラザ及び市町村主催の指導士養成講習会を実施しています。3級から1級の3段階で指導士養成が行われています。3級指導士は解剖運動学や高齢者保健福祉制度の講義、体操の実習等がカリキュラムで、1日5時間合計30時間の講座受講が必須条件。2級指導士は、実践活動の具体的な進め方の実習、体操プログラムの立案と発表等が講習内容で、3級取得後1日5時間5日間合計25時間の講習が必要です。さらに、3級指導士の指導にも当たる1級指導士は、2級所得者で1日5時間4日間合計20時間の講座受講と30時間の実習が必要です。
 かなり厳格なカリキュラムが組まれて追いますが、制度がスタートして11年あまりを経過し、3級取得者は8000人を超えています。
 シルバーリハビリ体操教室に参加してみたい方は、お住まいの茨城県内市町村シルバーリハビリ体操担当課窓口までお問い合わせ下さい。
 また、シルバーリハビリ体操指導士3級養成講習会に参加したい方の要件は、1.概ね60歳以上の茨城県民、2.常勤の職についていない方、3.地域で体操普及のボランティアができる方となっています。問い合わは、茨城県立健康プラザ(029−243−4217)までお願いします。
続きを読む

アクアワールド大洗に小澤館長を訪ねる

190513ooaraiアクアワールド大洗のバックヤードを視察
 5月13日、井手よしひろは八島いさお県議、村本しゅうじ県議に随行して、大洗町の県立大洗水族館「アクアワールド大洗」を訪れ、小澤正哉館長との意見交換を行うとともに、施設内を詳しく視察しました。
 今年度から茨城県は、ひたちなか市、大洗町と連携して、太平洋に面した地の利を生かし、「ひたちなか大洗リゾート構想」を進める計画です。ひたちなか市と大洗町には国営ひたち海浜公園、アクアワールド大洗、大洗サンビーチなど全国に知られる施設があり、こうした強みをさらにアピールしながら、マリンスポーツのイベント開催などに取り組み、弱点とされる滞在型観光の強化を図る狙いです。
 構想は、海と〈1〉宿泊・飲食〈2〉スポーツ〈3〉音楽・アニメ〈4〉歴史文化−−などを組み合わせた「おしゃれで洗練されたリゾート」が基本理念となっています。具体策は今後、官民一体でつくる推進協議会で検討するが、新たな取り組みとして、海の見えるホテルやカフェの誘致、ビーチバレーの施設整備、レース専用小型飛行機によるエアレースの開催などを想定しています。
 構想を進めるため、県は3月27日、ひたちなか市・大洗町などと連携協定を締結。大井川知事は「この地域を観光リゾートに育てるとともに、インバウンド(訪日観光客)も意識して県の魅力を向上させたい」と強調しました。滞在型観光の強化を狙うのは、本県の宿泊客数が北関東の他の2県より少ないことが背景にあります。
続きを読む

高齢者のゴミ出しを自治体が支援

190512saishigen
 最初に掲げたイラストは、2019年度日立市再生資源回収カレンダーを複写したものです。段ボールや新聞の束などの再生資源を集積所まで運ぶのは、足腰が弱い高齢者にとってはひと苦労です。環境省は、自治体などが高齢者宅まで出向いてごみの収集を行う「ごみ出し支援」制度の拡充をめざし、今年度からモデル事業を実施します。先行する自治体の取り組みと、国の動きを公明新聞5月11日付けの記事より紹介します。

■安否確認の声掛けも実施/横浜市
横浜市の「ふれあい収集」 「高齢化で支援のニーズは非常に高い」。こう語るのは高齢者のごみ出し支援を行っている横浜市の担当者です。
 横浜市は2004年度から、市の収集員が玄関先に出向いてごみを直接取りに行く「ふれあい収集」事業を実施しています。対象となる人は、自分でごみを集積所まで持って行けない一人暮らしの65歳以上の高齢者や障がい者、要介護者らの世帯です。利用者は年々増加しており、11年度末の約3300人から、18年度末には約7300人へと倍増。収集事務所には「足が悪いので困っていた。本当にありがたい」といった感謝の声が多数寄せられています。
 事業のきっかけは、01年度からスタートした「粗大ごみの持ち出し収集」で、高齢者から「家庭で出る一般ごみもやってほしい」との声が上がったこと。現在は、市の収集員が週1回、対象者の軒先や門扉先に置かれたごみを収集しています。ごみが置かれてない場合も、希望者には声掛けなどによる安否確認を行っています。
 実際に人命救助につながった例もあります。2017年、同市旭区に住む女性宅の玄関前にごみが出ておらず、インターホンを鳴らしても応答がありませんでした。このため収集員が中をうかがうと、うずくまっている女性を発見。すぐさま救急車を手配し、事なきを得ました。こうした事例が年に数件はあることから、地域の見守り役も果たしています。
続きを読む

子育てに安心広げる、10月から幼児教育・保育無償化法案成立

幼保無償化
 5月10日、幼児教育・保育を無償化するための改正子ども・子育て支援法と、所得が低い世帯の学生を対象に大学、専門学校など高等教育を無償化する大学等修学支援法が、参院本会議で与党と国民民主党などの賛成多数により可決、成立しました。
 公明党の長年の主張が実現する。こともあおろうに立憲民主党と共産党は反対しました。いずれの無償化も、財源には、今年10月の消費税率10%への引き上げによる増収分を活用します。
 改正子ども・子育て支援法により、3〜5歳児(就学前3年間)は全世帯、0〜2歳児は住民税非課税世帯で10月1日から認可保育所などの利用料が無料になる、画期的な制度改革となります。約300万人の子どもが恩恵を受ける見通しです。
 認可外保育施設(ベビーシッターなど含む)や幼稚園の預かり保育の利用者にも一定の上限額を設けた上で費用を補助します。
 給食費は無償化後も引き続き自己負担になるが、公明党の主張で、おかずなどの副食費の免除対象は現在の生活保護世帯などから、年収360万円未満の世帯にまで広げられます。
続きを読む

ひたちなか海浜鉄道吉田社長を訪問


 5月10日、県議会公明党の八島いさお県議と村本しゅうじ県議は、ひたちなか海浜鉄道の吉田千秋社長訪ね、海浜鉄道の延伸計画について聴き取り調査を行いました。
 ひたちなか海浜鉄道湊線は、かつては茨城交通の路線でした。2008年に第三セクター化され、現路線名となっています。勝田〜阿字ヶ浦間14.3kmを結ぶ非電化路線です。
 一時は廃止も議論されたローカル私鉄ですが、三セク移行時に社長を全国から公募。吉田千秋氏を社長に迎え、経営健全化に成功しました。現在、阿字ヶ浦で止まっている湊線を、ネモフィラとコキアで全国的に有名となった「ひたち海浜公園」まで、延伸する計画が浮上しました。
続きを読む

朝日新聞社説「東海第二原発『茨城方式』が問われる」を読んで

東海第2原発 5月8日付けの朝日新聞の社説に、「東海第二原発『茨城方式』が問われる」が掲載されました。
 東海第2原発を運営する日本原電と周辺の6市村(東海村、日立市、常陸太田市、那珂市、ひたちなか市、水戸市)とは、昨年(2018年)新たな原子力安全協定を結びました。東海第2原発の再稼働について、6市村の「事前協議で実質的に事前了解を得る」と規定しています。6市村側は当然、「協定を結んだ1つの市、村が再稼働に反対すれば、再稼働させることはできない」と理解しするのは当然です。これは、事前了解というよりも拒否権と表現すべき内容です。
 しかしもう一方の当事者である、日本原電は「とことん協議する」などと、あいまいな態度を続けています。こうした基本的な確認もないままに、多額の安全工事費の支出などはけしからんと朝日新聞は主張しています。
 この事実認識には、全く異論がありません。しかし、社説までにするのならば、2点不満が残ります。
190508chizu その第1は、「少なくとも1740億円と見込まれる費用」と朝日新聞は記載していますが、別の朝日新聞の記事では、原電と支援を行う電力会社は3000億円規模の資金を調達するといわれています。再稼働に必要な「特定重大事故等対処施設」の建設に1500億円以上が必要だとされているためだと推測されますが、この記事と社説との整合性が感じられません。
参考:東海第2原発、安全対策費が3000憶円に膨張/東電が1900億円を支援?/http://blog.hitachi-net.jp/archives/51702397.html
参考:原発再稼働問題:テロ対策の施設「特定重大事故等対処施設」の設置ができなければ運転停止/http://blog.hitachi-net.jp/archives/51705811.html
 第2に、なぜこのような巨額の投資をしてまで日本原電は再稼働を目指すのかという視点が、全く欠落しています。再稼働しても運転できるのは15年程度。仮に3000億円を15年で償還するとすると、毎年金利を除いても200億円を返さなければなりません。こうした経済的合理性のない再稼働を、日本原電が選ぶ理由を明確にしなければなりません。再稼働反対を叫ぶだけではなく、しっかりと掘り下げた報道を望みます。
続きを読む

山口代表が同行し、映画「ある町の高い煙突」松村監督らが安倍首相を表敬

安倍首相を表敬する山口代表、松村監督ら
 5月7日、公明党の山口那津男代表は、映画「ある町の高い煙突」の松村克弥監督、主演の井手麻渡さんらとともに、首相官邸に安倍晋三首相を訪ね、映画の完成を報告しました。
 「ある町の高い煙突」は、昭和の文豪・直木賞作家の新田次郎の作品です。山口代表の実父・山口秀男氏は、新田氏が気象庁に勤務していたときの同僚。全国でも珍しい市が所管する気象台の責任者として日立市に奉職していた秀男氏が、煙害を克服した日立の歴史を新田氏に紹介し、取材などにも協力して生まれた名作です。
 明治から大正にかけて、日立市で問題となった鉱山から出る煙による公害を防ごうと、当時世界一となる高さ150メートル余りの煙突の建設に至るまでの人間ドラマを描いています。来月12日から先行ロードショー、22日から全国公開されます。
 松村監督や井手さんらは、安倍首相に映画のDVDを手渡しました。これに対し安倍首相は「政府としても日本映画のよさを国際社会に広めていきたい」と述べました。
 表敬訪問の後、松村監督は記者団に対し、「映画は100年前のことを描いたものですが、今の時代にも生かすべき教訓だと思う。現代の日本や世界にも伝えていきたい」と語りました。
参考:首相官邸のHPhttp://bit.ly/2DSApE0
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。
6期24年にわたり
茨城県議会議員を務めました。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: