ほっとメール@ひたち

茨城県議会議員の井手よしひろが茨城の県政情報や日立市のローカル情報をお伝えします。

千年に一度の災害は、千年に一度の学び

2つの風ロゴ

南三陸ホテル観洋女将・阿部憲子
あべ・のりこ
気仙沼市出身。東洋大学短大ホテル観光学科卒業後、水産業、観光業を営む「阿部長商店」入社後、1977年、初代女将に就任。2014年1月には全国のホテルや旅館を対象にした第39回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」「人気温泉旅館ホテル250」に選出。
(第三文明2014年4月号から抜粋)


「津波てんでんこ」をもっと広めたい
140422abe 今あらためて思うことは、先人の教えを守ることの大切さです。
 父の教えがあったからこそ、スタッフを守り、地域貢献ができました。多くの人の話を開いても、「大きな地震があったら少しでも高いところに」という、先人の教えを守った人たちの多くが助かりました。
 東北には「津波てんでんこ」という言い伝えがあります。津波が来たら自分の命は自分で守るために、それぞれがてんでんばらばらに高台に逃げろ、という教えです。当然家族の安否は気になりますが、それぞれを信じて自分の命は自分で守ることが大事です。それが被害を最小限に食い止めることになるのです。この教えは津波以外でも同じだと思いますので、日本中で広まってほしいと思います。
そして、ライフラインも寸断された中で生き抜くためには、身一つでも生き残ってみせるという気持ちの強さが大事です。心が折れたら、なかなか立ち直れません。
 だからこそ、日々の心構えと準備が大事なのだと思います。
続きを読む

2014年4月21日(月) 雨

政務活動費の集計作業

住民相談(高齢の障害者の特別養護ホームへの入所)

県議会公明党政務調査会(県議会報告会の企画立案など)

カタクリの花
【いばらき春の花街道〜高萩山中のカタクリ園】
松岩寺と同じ高萩下君田にあるカタクリ園では、カタクリの花が綺麗にさいていました。あと1週ほどが見頃だそうです。(いばらき観光大臣・久保田時治さん撮影)

歩数【4500】歩・移動距離【85】km

内部被曝問題の次なる課題・坪倉正治医師

2つの風ロゴ
 東日本大震災から3年が過ぎ、被災地茨城でも、風評と風化の2つ風との戦いが大きな課題となっています。
 先日も津波で大きな被害を受けた海辺の宿泊施設の再オープンのお祝いの会で、地元の海産物業者から残念な報告をいただきました。関西に贈る品物を選んでいただき、包装をした際、「茨城の魚でつくったという表示を剥がしてくれませんか」と言われたということです。「自宅で食するには良いけれど、大切な方には贈れない」との言葉には、胸が張り裂ける思いだったと語って下さいました。
 「風評と風化−2つの風を越えて」とのテーマで、気になる出来事や記事、情報を紹介します。

本当の復興を目指して・内部被曝問題の新たな課題
医師・坪倉正治(第三文明・2014年4月号より抜粋)


 (2011年)7月に、体内に残留するセシウムを測定するホールボディーカウンター(WBC)が導入され、ここから内部被曝の実態がわかるようになりました。私自身、WBCに触れるのは初めてでしたが、震災前から導入されていた施設で検査の対処法を教わり、ごく自然な流れで内部被曝調査に関わるようになりました。
続きを読む

2014年4月20日(日) くもり時々雨

県政座談会を開催(日立市台原町)

前田家告別式に参列(常陸那珂海浜斎場)

つくばみらい市内で県議会報告(谷和原地区、伊奈地区)

里川の菜の花
里川(常陸太田市)の菜の花

歩数【2000】歩・移動距離【235】km

砂川判決と集団的自衛権、自民党の判例解釈は無理がある


 最近、集団的自衛権をめぐる、安倍晋三首相や高村正彦副総裁の発言が波紋を広げています。
 4月8日、テレビ番組で、安倍首相は最高裁による1959年の「砂川事件判決」の解釈について「個別(的自衛権)も集団も入っている。両方にかかっているのが当然だ」と述べ、判決が認めた「(国の)存立を全うするために必要な自衛のための措置」には集団的自衛権も含まれるとの認識を示しました。
 これは、砂川判決を集団的自衛権行使容認の根拠に、高村正彦副総裁が持ち出した判例解釈に歩調を合わせた発言に他なりません。 
 安倍首相は番組で、砂川判決は自衛権の個別か集団かの区別には言及していませんが、「集団的自衛権を否定していないことは、はっきりしている」と指摘しました。「必要最小限の中に含まれる集団的自衛権もあるのではないかとの議論が、有識者懇談会でも主流的になりつつある。政府としては必要最小限の行使と考えている」と述べました。
 こうした議論に対して、公明党の山口那津を代表は、4月1日の記者会見で、「砂川判決は個別的自衛権を認めたものと理解してきた」と述べ、この判決は集団的自衛権の行使容認を視野に入れたものではないとの認識を示しています。
 砂川判決は、集団的自衛権は行使できないという政府の憲法解釈が確定するより、はるか前に出されています。その判決を根拠に集団的自衛権は認められるとの論法には、法律の素人から見ても無理があります。
 逆に、安倍政権が解釈改憲に前のめりになっていることを裏付ける結果となっています。
 4月20日付の朝日新聞には憲法学者の小林節教授のインタビュー記事が掲載されました。「権力による憲法泥棒」との見出しの記事は、非常に分かりやすく説得力のあるものです。
 砂川事件を集団的自衛権の根拠とする安倍・高村両氏の作戦は、自ら墓穴を掘ってしまったようです。
続きを読む

2014年4月19日(土) 晴れ

日立地区メーデーに来賓として参加

鵜の島ヴィラ・リオープンのお祝いに出席

日立市内4か所で県議会報告(市営上の代アパート、JR日立駅前、市営御殿山アパート前、マルト高鈴店前)

笠間市内でNPOグランドワーク笠間主催のまちおこしイベントに出席

鵜の島ヴィラ・リオープン
 3・11の大震災からちょうど3年が経ちました。
 旅館は津波で甚大な被害をうけ、玄関・お食事処・大広間・大浴場などの建屋の3分の2は解体して更地となり、あの日以来休業とさせていただいていましたが、ようやく再開のめどがたち2014年の初夏まぢかの4月24日にリボーン!オープンの運びとなりました。遠くに見え隠れする一筋の光を追いかけながら、旅館再興のための事業計画を何度も練り直しては書き直し、どのような形で未来を作っていくのか家族や友人知人からも声を集めながら、旅館はやっとカタチになり始めました。
 四季の美しい日本で育った私たちは、台風が通り過ぎた後にはまばゆいばかりの青い空が広がることを知っています。大雪が解ければ温かい春が来ることも体験しました。自然は循環していく中で全てを受け入れて…全てを生かそうとし、生き抜こうとしています。わたしもそうありたいと静かに深く誓いながら、鵜の島温泉旅館がその名前もあらたに「うのしまヴィラ」としてリニューアルオープンする日まで、そしてオープンしてからも最善を尽くしながら、みなさまとお会いすることができる一日を楽しみにしています。
 これからも変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。
(うのしまヴィラ館主・原田実能さんのことばより、2014年3月11日)

歩数【1500】歩・移動距離【141】km

2014年メーデー、賃金引き上げの流れを中小企業に

日立地区メーデー 4月19日、茨城県内ではトップを切って労働者の祭典「メーデー」集会が、日立市のシビックセンター広場で開かれました。今年のメーデーは、アベノミクスを背景とした「経済の好循環」への確かな一歩を実感する集いとなりました。
 16日に経団連が発表した大手企業の2014年春闘妥結状況では、定期昇給を含めた組合員平均の月例賃金の引き上げ額は7697円となり、前年を大きく上回りました。賃上げ額が7000円を超えるのは実に16年ぶりです。
 公明党の強い主張で設置された政府と経済界、労働界の代表者による政労使会議が果たした役割は非常に大きなものがあります。今後の課題は、大企業の賃上げの流れを中小企業にも波及させ、経済の好循環の動きを本格的なものにしていくことです。
 経済の好循環は、賃上げによって個人消費を拡大させ、それが企業の収益増につながることで実現します。
 中小企業は、日本の企業の99%以上を占め、従業員数の割合は全体の約7割に及びます。日本経済の屋台骨である中小企業の従業員の賃上げなくして、経済の好循環実現はあり得ないのです。
 中小企業の春闘は、これからが本番を迎えます。大企業の業績好転によって、仕事の受注件数が増える中小企業は少なくないでしょう。好循環に向けた次の一手となる中小企業の賃上げを、進める必要があります。
続きを読む

増加する空き家の対応に、空き家対策法制定へ

空き家の戸数と空き家率 4月16日、公明党の総務部会と国土交通部会は、公明党の基本的な考え方が反映された「空家等対策の推進に関する特別措置法案(空き家対策法)」を了承しました。空き家対策法案は、放置されたままの空き家が全国で増える中、持ち主に撤去や修繕などを促すのが目的です。今後、さらなる党内手続きを経た上で、同趣旨の法案提出を準備する自民党とも最終調整し、今国会に提出する予定です。
 空き家は全国に約757万戸(2008年度:総務省「住宅・土地統計調査」)あるとされています。所有者が分からないケースも多く、市町村による対策推進の障害になっています。
 このため空き家対策法案では、市町村が固定資産税情報を基に所有者を調ベたり、敷地内への立ち入り調査を認めることにしました。とりわけ、そのまま放置すれば倒壊などの恐れがある住宅については「特定空き家」に指定し、所有者に対し撤去や修繕を命令できる権限を与えました。それでもなお命令に従わない場合は、市町村による強制撤去も可能にしています。
 一方、国に対しては空き家対策の基本方針の策定を求め、市町村はこれに基づいて対策計画を策定すことになります。これは、国が基本方針を示すことで、市町村に対策を促すのが目的です。
続きを読む

2014年4月18日(金) 雨

住民相談への対応

前田家ご焼香

農林水産委員会閉会中審議

農林水産部幹部との意見交換

総文祭2014カウンタダウンボード
総文祭2014のカウントダウンボードが、開会100日前の今日、オープンしました。
総文祭とは、全国高等学校総合文化祭の略。文化部のインターハイとも呼ばれ、全国各地から約2万人の高校生が集う高校生の文化芸術活動の祭典です。演劇や音楽、美術等の各部門に参加する約3000校、約2万人の高校生が全国各地や海外から本県に集い、ハイレベルで質の高い発表・展示が行われるほか、県内からは約5000人の高校生が運営に参加し、観客は約10万人が見込まれています。

歩数【6000】歩・移動距離【85】km

茨城空港に、スカイマーク福岡便、名古屋便が就航

茨城空港に福岡便、名古屋便就航
 4月18日より茨城空港から待望の「茨城=福岡線」が就航します。
 1日2往復で、茨城空港から福岡空港までは、約2時間。さらに、福岡空港は全国でも数少ない市街地にある空港で、繁華街「天神」まで約10分、「太宰府天満宮」まで約50分など、九州各地への移動も大変便利です。
 さらに、18日から「名古屋(セントレア)線」も1日1往復運航されます。
 午前10時前、中部空港からの第1便が到着すると、乗客およそ50人が茨城空港や県の関係者から歓迎を受けました。茨城県の山口やちゑ副知事が名古屋市の観光PRを担当する澤田愛利子さんに花束を手渡したあと、「茨城空港は、これで全国6つの都市と結ばれました。今後も首都圏第3の空港として路線を増やしていきます」とあいさつしました。
 これに対し、澤田さんは「名古屋の歴史とグルメを楽しみに、ぜひおいでください」と応えていました。名古屋から到着した便はおよそ30分後、福岡行きの第1便として飛び立ちました。
 また午後1時には、福岡からの第1便も到着し、歓迎セレモニーが行われました。セレモニーには、福岡とゆかりのある黒田官兵衛をモデルにしたご当地キャラクターも加わり、福岡親善大使の岡村真由さんは「官兵衛ゆかりの品を展示した美術館や博物館のほか、博多どんたくなどの祭りが楽しめます」とPRしていました。
 茨城空港では、福岡便と名古屋便の就航に合わせて、九州地方や愛知県の特産品を集めた物産展「茨城空港フェスタ2014」も始まり、18日から20日まで九州のからしめんたいこや名古屋の手羽先などの特産品の販売やさまざまなイベントが開かれます。
 この機会にぜひ、茨城空港からの空の旅をお楽しみください。
参考:茨城空港のHP
自己紹介
井手よしひろプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: