「エンジン01文化戦略会議」オープンカレッジ開催

2017/2/25付けの公明新聞 茨城県水戸市で2月17日から3日間、多彩な分野の専門家たちで構成されたボランティア集団「エンジン01文化戦略会議」 主催の公開講座(オープンカレッジ)が開催されました。エンジン01文化戦略会議のメンバーを中心に、 ジャーナリストの田原総一朗氏などの著名人を含む150人以上の有識者が講師と して集結し、110を超える講座が展開されました。各界の英知に触れる機会を求めて県内外から延ベ1万8000人が来場しました。この水戸でのイベント開催は、3年前の県議会で公明党の高崎進県議が提案したものです。(2017/2/25付けの公明新聞より引用しました)

 初日(2月17日)は、「みつめる歴史 明治維新は水戸から始まった!」と題してオープニングシンポジウムが、県立民文化センターで開催されました。歴史学者の磯田道史氏や水戸徳川家15代当主で公益財団法人徳川ミュージアム理事長の徳川斉正氏らが出席し、水戸に徳川家が生まれた背景や徳川慶喜が大政奉還を決断した歴史などについて白熱した議論が展開されました。
 2日目は、茨城大学の各教室を会場に、地域活性化や文化・芸術、経済、防災・減災など多彩な講座が4時限に分けて行われました。「みつける 水戸の新観光アイデア」と題する講座では、専門家たちがドイツ東部の ドレスデンや埼玉県川越市など国内外の有名な観光地を例に挙げ、景観の整備が観光振興と街の誇りにつながることを語り、参加者を 引きつけました。
 最終日には、「寿命125歳時代の人生設計・恋愛設計」をテーマに開かれたクロージングシンポジウム で、田原総一朗氏を交えて充実した生き方や恋愛観について議論が展開されました。
 このほか、中・高生を対象としたプロのマンガ家やピアニストなどによる特別授業や、有識者と夕食を共にしながら語り合う交流会『夜楽』も行われました。
続きを読む

日立市:子ども医療費18歳まで無料化予算計上

日立市役所新庁舎
 2月24日、井手よしひろ県議は日立市役所を訪れ、横山伸一副市長より平成29年度新年度予算について説明を受けました。
 日立市の一般会計は708億1900万円で、前年度当初比60億6500万円(7.9%)減で、過去最大となった前年度に次ぐ予算規模となりました。新市庁舎建設が前年度までに一段落したため、前年度比77億5400万円減の9億1100万円となりました。一方、JR大甕駅周辺地区整備が本格化することや“ひたちBRT”の第2期区間工事に関わる予算などが盛り込まれています。
 日立市議会公明党が要望していた、子育て支援や地方創生などの充実にも、具体的な予算が計上されました。
 特に、子育て支援のために子ども医療費助成制度(小児マル福)を18歳まで拡大することは、高く評価できます。助成対象は入院、外来を対象とし、18歳に達した日以降の3月31日まで助成します。今年、10月1日から実施されます。
 また、結婚支援のために、新居の住居費、引っ越し費などを補助します。補助金は最大24万円です。
 妊娠中または出産後に支援者がいない家庭に、家事ヘルパーを派遣して負担軽減と孤立化を防ぐ事業をスタートさせます。一日1回90分以内。産前産後で20回派遣します。(多胎児の場合は40回派遣)
 お誕生おめでとう事業として、出産祝い金を支給します。第1子1万円、第2子3万円、第3子以降10万円です。
続きを読む

2017年2月23日(木) 雨のち曇り

JR日立駅で県議会報告(平成29年度県予算の大綱について他)

川又家告別式に参列

筑西市長との意見交換、筑西市役所庁舎視察(スピアカビル)

県議会代表質問、一般質問について会派意見交換(水戸市内)


東山魁夷の大作「唐招提寺御影堂障壁画」を茨城初公開:県近代美術館
戦後を代表する日本画家、東山魁夷(1908〜99年)が10年の歳月をかけて完成させた「唐招提寺(とうしょうだいじ)御影堂(みえいどう)障壁画(しょうへきが)」が、2月11日から、水戸市千波町の県近代美術館で公開される。本県で初めて。唐招提寺を開いた鑑真和上が海を渡って訪れた日本の自然美と、中国の風景を68面のふすまや床の間に描いた「東山芸術の集大成」といわれる。会期は4月2日までです。
ふすま絵と床の間の絵68面で構成される障壁画は、総延長約80メートルに及ぶ大作。構想から完成まで10年を要しました。中国の鑑真和上が訪れた、青や緑を基調に彩られた日本の山海と、水墨で表現した中国風景を調和させています。
68面のうち、「濤声(とうせい)」は日本の海が鮮やかな青色で描かれ、「揚州薫風(ようしゅうくんぷう)」は鑑真和上の故郷中国の壮大な風景が墨一色で表現されています。
会場では、畳敷きの展示台を設けた臨場感あふれる空間に、障壁画を立体的に陳列。障壁画を制作するため、東山氏が日本や中国各地でしたためたスケッチや下図、試作なども合わせて展示しています。

歩数【6000】歩・移動距離【162】km

圏央道:2月26日県内区間全通、茨城県に新たな可能性

圏央道
 2月26日、いよいよ圏央道の茨城県内区間(つくば中央IC〜境古河IC)が開通し、東関東自動車道、東北自動車道と接続されます。成田空港や都心、東北などへのさらなるアクセス向上が実現します。東関道、常磐道、東北道(関越道)、中央道、東名と首都圏を環状につなぐ大動脈が完成します。既に境古河IC近くにトラックメーカー日野自動車が本社工場を整備し、工作機械大手のファナックも筑西市への工場建設を決定。阿見東IC近くには雪印メグミルクが工場を稼働させており、生活用品大手のアイリスオーヤマも工場建設を決めるなど生産・物流拠点の進出が相次いでいます。
 また、つくば関城工業団地(筑西市)、結城第一工業団地矢畑地区(結城市)、つくば下妻第二工業団地(下妻市)などの工業団地が、いずれも短期間で完売しています。茨城県は高まるニーズに応えるために、圏央道沿線における産業用地の開発を支援するほか、優遇制度の充実を図るなどして、今後もさらに立地環境の整備を進めていく考えです。
 平成28年度上期の工場立地面積で見てみると、茨城県は圧倒的な全国第一位となっています。工場立地面積の上位地域は、^饐觚(71ha)、∋綾展(44ha)、 J叱妨(33ha)、つ耕邯(28ha)、サ楙觚(27ha)です。
続きを読む

2017年2月22日(水) 晴れのちくもり

JR常陸多賀駅で県議会報告(平成29年度県予算の大綱について他)

諏訪梅林の開花状況を調査

県議会で代表質問のヒアリング(大規模災害対策他)

県近代美術館で「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」の状況を視察

県工業技術センターで「模擬スマート工場」を視察


映画『沈黙−サイレンス−』を観てきました
2016年度アカデミー賞ノミネート(撮影賞)
遠藤周作が50年前に発表した戦後日本文学の金字塔「沈黙」をマーティン・スコセッシ監督が完全映画化。
日米のキャスト・スタッフが集結し、スコセッシ28年の想いを結実させた渾身の一作。人間の本質を問う重厚なテーマ、外国映画クオリティを越えた美しい江戸初期の日本が舞台です。
3時間近い大作ですが、監督の思いがこもった重厚な作品に仕上がっていました。
原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊)
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス マーティン・スコセッシ
撮影:ロドリゴ・プリエト
美術:ダンテ・フェレッティ
編集:セルマ・スクーンメイカー
主演:アンドリュー・ガーフィールド アダム・ドライバー 浅野忠信 窪塚洋介 イッセー尾形 塚本晋也 小松菜奈 加瀬亮 笈田ヨシ AND リーアム・ニーソン
http://chinmoku.jp/

歩数【6000】歩・移動距離【96】km

茨城県・模擬スマート工場を整備し、中小企業に開放

模擬スマート工場
 2月22日、井手よしひろ県議は21日に稼動した「模擬スマート工場」を視察しました。
 インターネットで各工程のロボットを制御し、生産する「スマート工場」のモデル施設が、県工業技術センターに完成しました。産業用ロボットやIoTの導入を検討する中小企業などに開放されます。県によると、模擬スマート工場を公的機関が設置したのは全国で初めてです。
 このモデルスマート工場は、県が中小企業支援のため、約1億1500万円をかけて整備しました。広さは約60平方メートル。部品などの「加工」や「組み立て」「検査」の3工程で構成し、ロボットを1台ずつ設置した。配置されたロボットは、安川電機の「双腕ロボット」、 THKインデックスの「人協働型ロボット」、ファナックの「垂直多関節型ロボット」の3機種で、各メーカーの特色ある機種を実体験することが出来ます。
 ロボット3台をネットワークで結ばれ、作業者が離れた場所からパソコン、タブレット、スマートフォンで指示することができます。IoT活用により、各工程の進捗をリアルタイムで把握できるほか、問題が発生した場合、すぐに生産計画や指示を最適化できます。また、急な発注変更などにも柔軟に対応できます。
続きを読む

2017年2月21日(火) 晴れ

JR大甕駅で観議会報告(平成29年度県予算の大綱について他)

県議会で代表質問のヒアリング(がん対策の推進他)

茨城県土地家屋調査士政治連盟の総会であいさつ、意見交換


空から見た日立の海
日立の海のドローン空撮映像、フェイスブックビデオバージョンです。
海は、海水浴はもちろん、その美しさで、一年を通して私たちの目を楽しませてくれます。むしろそれこそが、「海のある街で暮らす幸せ」かもしれません。

歩数【6000】歩・移動距離【85】km

土地家屋調査士の会合であいさつ、“地籍調査”の着実な進展を

日立市の地籍調査の進捗状況 2月21日、茨城土地家屋調査士政治連盟の定期総会に出席しました。
 土地家屋調査士の皆さんに関連する課題は、なんと言っても、空き家対策と災害復興対策。総会では、特に災害復興対策について指摘し、会員の皆さまのご協力をお願いするとともに、国や自治体の体制整備の必要性を強調しました。
 市町村が中心となって行う地味ですが、重要な仕事に“地籍調査”というものがあります。地籍調査とは、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。「地籍」とは、いわば「土地に関する戸籍」のことです。各個人には固有の「戸籍」という情報があり、様々な行政場面で活用されているのと同様に、土地についても「地籍」の情報が行政の様々な場面で活用されています。
 日本では、土地に関する記録は登記所において管理されていますが、土地の位置や形状等を示す情報として登記所に備え付けられている地図や図面は、その半分ほどが明治時代の地租改正時に作られた地図(公図)などをもとにしたものです。そのため登記所に備え付けられている地図や図面は、境界や形状などが現実とは異なっている場合が多くあり、また、登記簿に記載された土地の面積も、正確ではない場合があるのが実態です。
 地籍調査が行われることにより、その成果は登記所にも送られ、登記簿の記載が修正され、地図が更新されることになります。また、固定資産税算出の際の基礎情報となるなど、市町村における様々な行政事務の基礎資料として活用されます。
(右上のマップは、日立市の地籍調査の進捗状況です。着色された場所が完了または、進行中の場所です。無色が未着手の場所です。日立市では、 緊急に地籍調査が必要な地域については調査が完了しています。平成27年度末時点、進捗状況は85%です)
続きを読む

2017年2月20日(月) くもり

県議会で代表質問のヒアリング(動物愛護、鹿島サッカースタジアムへのオリンピックサッカー競技誘致他)

平成29年県予算内示会、28年度補正予算説明


茨城県近代美術館:東山魁夷の大作「唐招提寺御影堂障壁画」を初公開
 戦後を代表する日本画家、東山魁夷が10年の歳月をかけて完成させた「唐招提寺御影堂障壁画」が、3月11日から、茨城県近代美術館で公開されています。唐招提寺を開いた鑑真和上が海を渡って訪れた日本の自然美と、中国の風景を68面のふすまや床の間に描いた「東山芸術の集大成」といわれています。会期は4月2日までです。
 ふすま絵と床の間の絵68面で構成される障壁画は、総延長約80メートルに及ぶ大作。構想から完成まで10年を要しました。中国の鑑真和上が訪れた、青や緑を基調に彩られた日本の山海と、水墨で表現した中国風景を調和させています。
 68面のうち、「濤声」は日本の海が鮮やかな青色で描かれ、「揚州薫風」は鑑真和上の故郷中国の壮大な風景が墨一色で表現されています。
 会場では、畳敷きの展示台を設けた臨場感あふれる空間に、障壁画を立体的に陳列。障壁画を制作するため、東山氏が日本や中国各地でしたためたスケッチや下図、試作なども合わせて展示しています。
 東山氏は東京美術学校を卒業後、ドイツに留学。戦後は日展を中心に風景画を数多く発表。68年には皇居新宮殿壁画を完成させるなど日本画壇を代表する一人として活躍。翌69年、文化勲章を受章しました。

歩数【6000】歩・移動距離【82】km

茨城県の29年度予算、子育て支援に重点

予算内示会
井手県議らの主張実り、動物愛護推進の新規事業3400万円
 2月20日、井手よしひろ県議ら茨城県議会公明党に、茨城県の新年度(平成29年度)の当初予算案が内示されました。新年度予算は、道路の整備や補修など公共事業のほか、教育や保健福祉を通じた子育て支援の充実に力点が置かれ、一般会計の総額でおよそ1兆1118億円と過去4番目の規模となりました。
 一般会計の総額は1兆1117億6600万円で、復興予算がピークを越えたことにより、今年度と比べて率にして0.8%減り、2年連続の減少となりましたが、過去4番目の規模となっています。
 歳入(収入)面では、県の収入の3分の1を占める県税収入が微増となることなどから、県の貯金にあたる基金からの繰り入れを行わなくても、今年度並みの歳入を確保できたとしています。
 一方、歳出(支出)面では、公共事業などの土木費が今年度より8.3%増え、災害時の緊急輸送道路の整備や堤防のかさ上げなどの津波対策、関東・東北豪雨を受けた治水対策(鬼怒川緊急対策プロジェクト)などのほか、道路の整備や修繕などを行うことにしています。
 このほか、教育費が0.3%増加し、現在、小学生と中学1年生が対象の少人数学級を中学2年生まで拡大します。
 さらに、保健福祉費を2.3%増やして保育士不足の解消に向けた処遇の改善や、子どもの多い世帯に対する保育料の支援、不妊治療への支援の拡充などを行うとしています。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: