茨城県議選2018/公明党4候補完全勝利

 12月9日、任期満了に伴う茨城県議会議員選挙の投票が行われ、公明党は候補者全員当選を果たしました。自民党は選挙前とほぼ同じ勢力を維持し、立憲民主党が全国の都道府県議会議員選挙で初めて議席を獲得しました。共産党は現有議席を一つ減らし2議席にとどまりました。
 茨城県議会議員選挙は32の選挙区、合わせて62の議席をめぐって争われました。県内全体の投票率は41.86%で過去最低となりました。32選挙区中13選挙区に立候補した18人が無投票で当選しました。「一票の格差」や人口と定数の逆転現象を是正するための区割り変更に伴い、22あった1人区が今回から14に削減しましたが、無投票区数は前回と同じでした。
 水戸市・城里町選挙区では、公明党のたかさき進候補(現職3期)が、泡沫候補が一人もいない少数激戦の大変厳しい選挙戦を勝ち抜きました。低投票率の中、前回票を上回り1万6117票を獲得し、第2位で当選を果たしました。

たかさき進候補の御礼のご挨拶
【水戸市・城里町選挙区:定数6】
当 17,555 加藤明良(自民)
当 16,117 高崎 進(公明)
当 14,372 玉造順一(立民)
当 13,452 川津 隆(自民)
当 11,769 江尻加那(共産)
当 11,305 舘 静馬(自民)
落 8,382 佐藤光雄(国民)
続きを読む

子どもの貧困対策、民間の力を生かす視点が重要

子どもの貧困率の推移
 全ての子どもたちが、希望を持って暮らせる社会づくりは喫緊の課題です。
 経済的に困窮する子どもを教育や生活、経済面から支援する「子供の貧困対策に関する大綱」の見直しについて、内閣府の有識者会議の論議がスタートしました。来年夏の取りまとめをめざします。
 日本の2015年の子どもの貧困率は13.9%です。前回12年調査に比べ2.4ポイント低下したとはいえ、7人に1人が貧困状態にあるという現実は看過できません。子どもの貧困対策は国の最優先課題の一つです。
 公明党の主導で2013年に成立した「子どもの貧困対策推進法」に基づき、14年に閣議決定された現大綱は、教育費負担の軽減や保護者の就労支援などを掲げています。
 大綱を基に政府は、困窮世帯への学習支援や給付型奨学金の創設、児童扶養手当の拡充などを進めてきました。その結果、生活保護世帯やひとり親家庭、児童養護施設の子どもの高校、大学進学率が上昇しました。“貧困の連鎖”を断ち切るために欠かせない教育格差の是正が着実に進んでいます。
 しかし、一般世帯の進学率と比べると、特に大学進学率で大きな開きがあります。給付型奨学金の拡充など教育費負担の一層の軽減が必要です。
続きを読む

水道法改正法成立、適切な施設管理進める

水道のイメージ
 12月6日、主に各市町村が経営する水道事業の基盤を強化し、計画的な水道管の更新や耐震化などを推進する改正水道法が、衆院本会議で、自民、公明の与党両党や日本維新の会などの賛成多数で可決、成立しました。

改正水道法のポイント
【施設の維持・修繕】
一、事業者に対し、施設台帳の作成・保管を義務付け
【広域連携】
一、都道府県が市町村などで構成する協議会を設置することを可能に
【官民連携】
一、コンセッション方式を導入しやすく
一、料金は自治体が条例で枠組みを決め、国が審査し許可


 水道事業は、人口減少に伴う水の需要減や、単純計算で約130年かかるとされる老朽化した水道管の更新などの課題に直面しています。このため改正法は、事業継続に向けた国や自治体の責務を明確化。適切な資産管理や複数の事業者による広域連携、民間のノウハウを活用する官民連携の推進なども盛り込まれました。
続きを読む

投票日まであと3日間、逆転勝利へ猛攻を

太田前国交大臣の激励を受ける八島いさお候補
 茨城県議選は12月9日の投票日まであと3日に迫りました。12月5日、公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は、情勢が全く予断を許さない、つくば市選挙区(定数5)の現職田村けい子候補と、土浦市選挙区(定数3)の現職八島いさお候補の応援に駆け付け、絶大な支援を呼び掛けました。さらに、5日には石田祝稔政務調査会長も現地入りし、支援を訴えました。
 太田議長は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の茨城県区間が昨年2月に全線開通したことに触れ、「国土交通相の時に公明党の茨城県議と連携して推進し実現できた。結果を出すのが政治の役割。一番結果を出してきたのが公明党だ」と力説しました。
 さらに、公明候補の逆転勝利に向けて「選挙は最後の3日間で勝敗が決する。何としても皆さんの力で勝たせてください」と訴えました。
続きを読む

公明新聞【北斗七星】に茨城県議会公明党の活動が紹介される

公明新聞【北斗七星】2018/12/8
 12月5日付けの公明新聞の一面コラム【北斗七星】の県議会公明党の活動が紹介されました。
「6年連続魅力度ランキング最下位」と聞けば、どこの都道府県か察しがつく人もいるかもしれない。茨城県である。「口べたな県民性だからしょうがない」「中途半端な順位より目立っていい」などの自虐的な声も漏れるが、一向に上がらない順位に気をもむ業界の人も
◆一方で「全47都道府県幸福度ランキング」も存在する。こちらは、茨城県は今年11位。前回2016年の26位からジャンプアップ。両方とも一つの指標にすぎないが、住んでいない人の魅力度は低く、県民にとっての魅力度は低くないとも言えよう
◆日頃から茨城県を取材していて強く感じるのは、県の施策が充実していること。県議会公明党は、昨年の新知事誕生に際し、知事と7項目の政策協定を結んだ。18歳までの医療費助成や県独自の給付型奨学金制度の創設などは、すでに実現。“幸福度”の向上に努めてきた
◆もちろん、魅力度が低いままでは観光や消費、移住促進など多方面への悪影響も懸念される。県議会公明党は政策協定の中に、魅力度日本一をめざし県の情報発信力の強化を図る旨も盛り込んでいる
◆12月9日は茨城県議選の投票日。“幸福度”の向上を“魅力度”アップにどうつなげるか。明確なビジョンを持って改革に挑んでいる公明の4候補に、絶大な支援をお願いしたい。(慧)

続きを読む

海のプラごみ対策/消費者の理解と協力が不可欠

海岸のイメージ
 12月2日、日本サーフィン連盟日立支部が主催した日立市河原子海岸の清掃作業に参加しました。驚いたことは、プラスチックごみ(プラごみ)の多さです。
 プラごみの海洋流出をどう抑えるか。実効性ある取り組みが重要です。
 政府は、プラごみの拡大防止などに向けた「プラスチック資源循環戦略」案をまとめ、12月28日まで国民から意見を募っています。
 プラスチック資源循環戦略は、◎2030年までに使い捨てプラスチック排出量の25%削減、◎レジ袋の有料化義務付け、◎分解可能で環境に優しいバイオマスプラスチックの普及、◎洗顔料などに含まれる大きさ5ミリ以下のプラスチック粒子「マイクロビーズ」の削減――などを明記。
 公明党の提言も盛り込まれています。
 世界のプラスチック生産量のうち、毎年800万トンが海に流出しているとされる。このままでは、2050年までに海中の全ての魚の合計重量よりもプラごみの方が重くなるとの予測もあります。事態は深刻です。
 来年は、20カ国・地域(G20)首脳会議が日本で開催される。プラごみ対策を国際的に進めるため、日本が旗振り役を担うべきです。
続きを読む

山口那津男代表、茨城県議選の4選挙区で訴え

公明党4候補
 情勢が緊迫する茨城県議選。12月2日、公明党の山口那津男代表は、つくば市選挙区(定数5)で現職の田村けい子候補、土浦市選挙区(3)で現職の八島いさお候補、水戸市・城里町選挙区(6)で現職のたかさき進候補、日立市選挙区(4)で新人の村本しゅうじ候補の街頭演説会に駆け付け、激戦突破へ、絶大な支援を訴えました。
 山口代表は、「大衆とともに」の立党精神を掲げる公明党について、「国、県、市町村の各議員が力を合わせて、政策を実現できる、打てば響く唯一の政党だ」と強調しました。
 その上で、発達障がい者の支援拡充を例に挙げ、国政では、さまざまな状況にある発達障がい者に対応するため、公明党が改正障害者基本法の障がい者の定義に発達障がい者を盛り込ませた一方、県政においては「発達障害者支援センター」(つくば市内)の来年1月開設を後押ししてきたと力説。法改正から、きめ細かなサポートまで「国民に寄り添う公明党は、“人に優しい政治”をつくる推進力だ。どうか、激戦となっている茨城県議選を勝ち抜かせてください」と呼び掛けました。
続きを読む

茨城県が結婚優待パスポート配布開始

181203mage 茨城県は、社会全体で結婚を応援する機運を高めようと、新婚や結婚を予定しているカップルを対象に、協賛店で提示するとさまざまな特典やサービスを受けられる「いばらき結婚応援パスポート・アイパス(iPASS)」の配布を「いい夫婦の日」(11月22日)から開始しています。
 対象者は、2018年4月以降に結婚したカップルか、1年以内に結婚を予定しているカップル。有効期限は1年間で、前者は結婚した日から、後者は発行日から利用できます。婚姻届の提出時に各市町村の窓口で受け取るほか、専用ホームページで申請書をダウンロードして郵送で申し込む方法があり、スマホのアプリでも入手できます。
参考:いばらき結婚応援パスポートのHPhttps://www.kids.pref.ibaraki.jp/kids/ipass/

■協賛店で料金割引などの特典
 特典やサービスの内容は、各協賛店が独自に設定。ブライダル関係の場合、披露宴の総額からの10%引きや30万円相当の衣装代金のプレゼントなどがあります。不動産では、成約時に家具や照明をプレゼントしたり、リフォーム費や仲介手数料の割引などをサービスしています。また、外食や買い物のジャンルでは、料金割引やポイント付与があり、すべてのサービス内容がiPASSのホームページに記載されています。
続きを読む

携帯電話料金、利用者が選択しやすい仕組みに

携帯電話のイメージ
 総務省の有識者会議が、携帯電話料金の引き下げに向けた緊急提言案を公表しました。
 国際的に割高とされる日本の携帯電話料金。適正な価格のあり方について、官民が本腰を入れて議論する契機にすべきです。
 通信料金と端末代金を完全に分離し、一定の契約期間を条件に端末代金を割り引く「2年縛り」「4年縛り」といった料金プランの実質禁止を求めています。
 政府はこれまで、携帯大手各社に対して料金プランの見直しを求めてきましたが、料金は高止まり状態が続き、抜本的な改善に至っていません。
 この点で今回の提言案は、販売手法の大幅な変更を携帯各社に迫るものです。これにより、新規事業者の参入が促進されて競争が活発化すれば、料金の引き下げにつながる可能性もあるだけに、提言案が持つ意義は大きいといえます。
 その上で、料金の適正化において何より重要な点は、利用者が選びやすい料金プランを用意することです。
 提言案も指摘しているように、利用者が正確に理解できないような過度に複雑な料金プランは見直しを求めたいと思います。必ずしも必要でないサービスまで上乗せするようなことは避けるべきです。
続きを読む

茨城県議選告示、公明4候補の第一声動画

 11月30日、茨城県議会議員選挙が告示されました。公明党の4候補は、多くの皆さまのご支援を受け、元気に出発したしました。
 4候補の出陣式での挨拶、遊説第一声の動画を制作いたしました。ぜひ、ご視聴下さい。


【つくば市】田村けい子候補の出陣式での挨拶
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: