2017年3月23日(木) 晴れ

県議会報告をJR日立駅で行う

日立市立金沢小学校の卒業式に参列

動物愛護団体との意見交換(犬猫の虐待防止)

県議会予算特別委員会の質疑の内容を精査、本会議討論の原稿を調整(県議会)


平成28年度日立市立金沢小学校卒業式卒業生合唱“旅立ちの日に”
2017年3月23日、日立市立金沢小学校では64人の卒業生が、大いなる希望を胸に旅立ちました。卒業生の合唱曲“旅立ちの日に”です。

歩数【6000】歩・移動距離【91】km

予算特別委員会で高崎県議が質疑、二元代表制のもと議会の区割りを確認


 2017年3月22日、いばらき自民党が予算特別委員会に提案した平成29年度県予算案の増額修正案が、全会一致で可決されました。
 自民党議員が提案者として、通常の議員席ではなく、知事ら執行部の答弁席について、趣旨説明と公明党の高崎進議員からの質問に対する答弁を行いました。公明党の高崎県議とのやりとりは、聴きごたえがありました。
 修正案では、道路の補修や川の土砂の撤去などの維持管理費として2億円、犬や猫といったペットの殺処分ゼロを目指し不妊や去勢の手術を行う人件費や設備の費用などとして3000万円をそれぞれ増額するとしています。財源は、県の借金にあたる県債の発行で2億円、当初予算案の予備費から3000万円を充てるとしています。
 提案理由については「道路や川に関する苦情や要望が相次ぎ、当初予算案では県民の要望に応えきれていない」などとしました。
 今回の増額補正は、県道や中小河川の維持補修に2億円、犬猫の殺処分を少しでも減らすため、県動物指導センター(笠間市)から殺処分される直前に犬猫を譲り受けてくれる方に、不妊去勢をしてから渡す手術費用として3,000万円、それぞれ増額しようとするものです。
 質問に立った高崎県議は、増額修正には賛成という立場から、今回の増額修正は、地方自治法97条第2項でいうところの「長の予算の提出の権限を侵すことはできない」との条文に抵触しないか質しました。

2017年3月22日(水) 晴れ

県議会予算特別委員会を傍聴

東京都内で打ち合わせ


日立の夜景2017

歩数【6000】歩・移動距離【84】km

県議会予算特別委員会で、県予算の2億円増額を全会一致で可決

県議会予算特別委員会
 3月22日、いばらき自民党が予算特別委員会に提案した平成29年度県予算案の増額修正案が、全会一致で可決されました。
 自民党議員が提案者として、通常の議員席ではなく、知事ら執行部の答弁席について、趣旨説明と公明党の高崎進議員からの質問に対する答弁を行いました。公明党の高崎県議とのやりとりは、聴きごたえがありました。
 修正案では、道路の補修や川の土砂の撤去などの維持管理費として2億円、犬や猫といったペットの殺処分ゼロを目指し不妊や去勢の手術を行う人件費や設備の費用などとして3000万円をそれぞれ増額するとしています。
 財源は、県の借金にあたる県債の発行で2億円、当初予算案の予備費から3000万円を充てるとしています。
 提案理由については「道路や川に関する苦情や要望が相次ぎ、当初予算案では県民の要望に応えきれていない」などとしました。
 今回の増額補正は、県道や中小河川の維持補修に2億円、犬猫の殺処分を少しでも減らすため、県動物指導センター(笠間市)から殺処分される直前に犬猫を譲り受けてくれる方に、不妊去勢をしてから渡す手術費用として3,000万円、それぞれ増額しようとするものです。
続きを読む

2017年3月21日(火) 雨

県政懇談会を日立市内で開催

茨城県議会公明党政務調査会(知事提出予算案の増額修正案について意見交換、予算特別委員会質疑について打ち合わせ)


絶景茨城【筑波山】中国語版

歩数【6000】歩・移動距離【84】km

東海第2原発の原子力安全協定に関する議論のまとめ

東海第2原発を日立市から望む
 3月9日、茨城県議会一般質問でいばらき自民党の県議が取り上げた東海第2原発を巡る、原子力安全協定の拡大に関する質疑については、先のブログ「原子力安全協定は、住民の意思を原子力事業者に伝える大切なツール」http://blog.hitachi-net.jp/archives/51651094.htmlで、井手よしひろ県議の見解を示させていただきました。自民党の地元県議は、原子力安全協定は原子力事業者と県および東海村をはじめとする周辺自治体との紳士協定であり、法的な拘束力はないと指摘し、地元自治体に、再稼働や運転延長に関する“事前承認”や“拒否権”があるという考えは、マスコミがつくり出した“誤解”であると主張しました。
 これに対して橋本知事は、「(原子力安全協定の)第5条の規定は、東海第二発電所の再稼働そのものを了解する規定ではありませんが、当該工事の実施が、新規制基準に適合するための前提となっておりますことから、この事前了解が得られなければ、結果的に原子炉の再稼働は困難となります。こうした点で、第5条の規定は、東海第二発電所の再稼働に関して大きな意味を持っているものと考えているところでございます」と、県と東海村が再稼働への実質的な“事前承認”や“拒否権”を有していることを明言しました。
 この質疑は、原子力安全協定をめぐる、推進派と常識的な判断を行おうとする者の立場を理解するために、格好の場となりました。インターネットの記録から文字起こしを行い、質問と答弁を整理しました。正式な議事録が掲載されるまで、参考のためにアップロードします。また、日本原子力発電と茨城県、東海村、周辺市町村との間の原子力安全協定第5条についてご紹介します。
続きを読む

2017年3月20日(月) 秋分の日

日立銀座通り商店街【二十三夜尊縁日】を視察

地域猫の活動についてボランティアと意見交換

動物愛護の推進について愛護団体と意見交換

県議会公明党会派政調打ち合わせ(知事提出予算の増額修正について)


日立銀座通り商店街二十三夜尊“縁日”2017/3/20
【GINZA二十三夜尊縁日】
3月20日(春分の日)、日立市の目抜き通り銀座通り商店街で、二十三夜尊縁日が賑やかに開催されました。

歩数【6000】歩・移動距離【91】km

マイナンバー制度の普及と課題

マイナンバーカード
 確定申告も終わり、やれやれと思っている方も多いことでしょう。今年の確定申告からはマイナンバーの記入が必須となりました。源泉徴収の種類などにもマイナンバーの記入が求められ、マイナンバーがいよいよ身近なものとなってきました。
 マイナンバー制度は、平成25年5月に成立した「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(マイナンバー法)によるものです。マイナンバーの導入は、「社会保障と税の一体改革」の中で議論されてきたものであり、社会保障や租税の仕組みをいかに公平で効率的なものとするかが主な目的です。
 一方でマイナンバー制度には、誤解と悪宣伝がつきまとって来ました。それらによって、国民の間に情報漏洩等に対する不安があることも事実です。誤解の際たるものは、政府が広範な個人情報を蓄積し、国民のプライバシーが丸ハダカにされてしまう。マイナンバーによって個人情報の漏洩リスクが高まるといった類のものです。
 マイナンバー制度では、年金、社会保障、行政サービスなどの個別の情報は、今まで通りは厳格に管理されるのであり、必要な際にはマイナンバーをもとに情報が紐付けされるだけです。したがって万が一マイナンバーが他人に入手されても、それによって個人情報が芋づる式に分かってしまうようなことはありません。個人番号カードに、所得などの情報が記録されることもありません。
 マイナンバーは平成27年10月から順次、通知カードによって各世帯に通知されています。平成28年1月から12桁のマイナンバーが記載された「個人番号カード」(マイナンバーカード)が発行されています。
 マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きカードで券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請等、様々なサービスにも利用できます。(https://www.kojinbango-card.go.jp/kojinbango/
続きを読む

2017年3月19日(日) 晴れ

北茨城市議選告示

豊田こうしゅん候補の出陣式で挨拶、街頭で応援演説

ひるた千香子候補の街頭応援演説

北茨城市議選
北茨城市議選告示:公明党から2候補が挑戦
豊田こうしゅん(現職3期53歳)
高齢者のタクシー利用券や青色回転灯搭載車の防犯パトロールを実現。要介護4、5の認定を受けた65歳未満の住民に紙おむつ代を助成するなど、困っている人の声を反映した実績が光る。
地域の未来を開くために、中学3年生までの子ども医療費の無料化、企業誘致による雇用確保、芸術系大学のキャンパス誘致に挑戦する。
ひるた千香子(現職3期)
明朗快活で飾らない人柄が魅力。高齢者肺炎球菌ワクチン接種の公費助成、がん検診無料クーポンの配布、公共施設へのAEDの配備など実績が豊富。
「住んで良かったと心から思える北茨城市に」との思いで、茨城県北芸術祭の定期開催など文化・芸術の街づくりに情熱を燃やす。

歩数【6000】歩・移動距離【101】km

水戸の梅まつり、偕楽園好文亭でプロジェクション・マッピング上映


水戸の梅まつり、偕楽園好文亭でプロジェクション・マッピング上映
 3月18日、水戸の梅まつりの一環として、偕楽園の好文亭でプロジェクションマッピング(PM)が上映されました。
 目の前で梅が舞うように見えたり、ふすま絵が登場したりする演出を楽しみながら、偕楽園の歴史をたどる内容です。日頃なじみのない好文亭の雨戸を閉めるシーンなども登場しました。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: