2018年1月17日(水) くもりのち雨

JR常陸多賀駅で朝の県議会報告(防災体制の強化)

つくば市内で防災関係の専門家と意見交換(防災タスクフォースの整備、防災情報システムの整備)

阪神淡路大震災(1995年)
阪神淡路大震災から23年
6434人の尊い命を奪い、都市を壊滅させた阪神・淡路大震災から、きょうで23年。街は復興を遂げ、震災の“爪痕”は消えたかに見えるものの、今なお、心や体に負った傷が癒えぬまま暮らす被災者がいます。
私も少し早く起きて、追悼の祈りを捧げました。
震災が起きたこの日は、県議会議員として初めての議会に臨んだ思い出の日でもあります。その臨時議会が終わると、神戸の町でボランティアを行い、その惨状を目に焼き付けました。
「防災」を自らのライフワークとして、これからも取り組んでいきたいと思います。
朝の県議会報告では、自治体の防災体制の強化と東海第二発電所の再稼働はやめるべきと主張しました。

歩数【7000】歩・移動距離【197】km

スポーツ庁、部活動ガイドラインの骨子示す

部活のイメージ
 現在、スポーツ庁では、「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」を策定するために、検討会議を開始しています。1月16日に開催された6回目の会議では、ガイドラインの骨子が示され、委員間で議論されました。冒頭の挨拶で、鈴木大地スポーツ庁長官は「教員の負担軽減を前提とした上で、生徒がいかにいい形で部活動ができるか、これからの部活動の在り方をどうするのかを考えていきたい」と強調しました。

運動部活動改革プラン
 この日示された骨子案では、1.適切な運営のための体制整備、2.合理的でかつ効率的・効果的な活動の推進のための取り組み、3.適切な休養日等の設定、4.生徒のニーズを踏まえたスポーツ環境の整備、5.学校単位で参加する大会などの見直し――の5つの内容が示されました。
部活の休養日の基準も示され、平日・土日共に、少なくとも1日以上を休養に充て、週当たり2日以上の休養日を確保する。長期休業中では、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設けるなどとしました。
 また、日本中学校体育連盟(日本中体連)が主導し、合同チームの出場や教員以外の大会運営への参画など、弾力化を進めるとしています。都道府県の中体連などは、生徒や顧問の過度な負担とならないよう、大会などの統廃合を主催者に要請し、各学校の運動部が参加する大会数の上限の目安を定める――などとしました。
続きを読む

2018年1月16日(火) 晴れ

JR大みか駅で朝の県議会報告

LINE本社で自殺・いじめ・LGBTなどの相談窓口整備について意見交換

高鈴町、滑川町で県議会報告 

イメージ
茨城〜台湾(桃園)の長期チャーター便決定!
茨城空港に関する嬉しいニュースが、1月15日夕方、飛び込んできました。
大井川知事のトップセールスにより、茨城空港と台湾(桃園)とのプログラムチャーター便の増発が決まりました。
3月26日から10月25日までの約7ヶ月、茨城と台北を結ぶプログラムチャーター便が運航されることになりました。

歩数【3000】歩・移動距離【電車で移動】km

LINE本社を訪れ、自殺・いじめ・LGBT相談窓口などを意見交換

LINE本社を訪問した井手よしひろ県議 1月16日、井手よしひろ県議は、若者のコミュニケーションツール(SNS)として圧倒的なシェアを誇るLINE本社を本社を訪れ、同社公共政策室の担当者と意見交換を行いました。自殺相談窓口やLGBT相談の窓口としての可能性、茨城県のブランド力アップのツールとしてのLINEの可能性、行政手続きの簡素化やIT化等へのLINEの活用など、様々な角度から有意義な意見交換を行うことができました。
 政府は昨年、昨年発生した神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件に関して、インターネット交流サイト(SNS)上の相談窓口整備や、自殺をそそのかす書き込みなどの削除徹底に向けたサイバーパトロールの強化などに取り組んでいます。公明党は、この事件が発覚する前から、若者のいじめや自殺願望の早期発見・対応に向け、SNSを活用した相談体制の構築を提案し、一貫して推進してきました。特に、長野県では、公明党の県議会議員が提案したLINEを活用したいじめ・自殺相談窓口の試行事業が大きな成果を収め、全国的にも注目されています。
続きを読む

子ども医療費助成の"ペナルティー"縮減へ

市区町村の負担軽減、浮いた財源で少子化対策を
イメージ 自治体が独自に行う子ども医療費の助成に対し、政府が科してきた“罰則(ペナルティー)”が、公明党の主張を受け、2018年度から一部廃止されます。ペナルティーは、自治体の独自助成で受診が増え医療費の増大を招くとして、市区町村が運営する国民健康保険(国保)の国庫負担を減額調整する措置です。今回、未就学児までを対象とする助成へのペナルティーが廃止されることになりました。
 未就学児までを対象とする助成は、全1741市区町村で実施されています。窓口で医療費の自己負担分を支払った上で、市区町村に申請して助成金を受け取る「償還払い方式」の場合は、ペナルティーの対象外です。
 2018年度予算案では、ペナルティーを一部廃止し国保の減額調整措置を講じないことで生じる経費として56億円が計上されました。これにより、自治体にとっては、無理なく独自助成を続けられるようになるだけでなく、新たな財源が生まれます。
 この財源について、厚生労働省は公明党の主張を受け、他の少子化対策に充てるよう求めています。
続きを読む

2018年1月15日(月) 晴れ

県北芸術祭フォローアップ事業を視察(JR日立駅:「アートビーチくじはま」)

デービッド・アトキンソン氏の講演会に参加、インバウンド観光戦略について聴取

アートビーチくじはま
「アートビーチくじはま」が日立駅に登場!!
日立駅自由通路で、昨年(2017年)の夏、久慈浜海水浴場で開催した「アートビーチくじはま」のアーカイブ展を行っています。真夏の思い出を、また違った雰囲気でご覧いただけます。
展示は2月4日まで。フリースペースですので自由にご鑑賞いただけます。ベンチに座わり、海を眺めるのもいいですよ。
日の出のタイミングは格別の雰囲気です。
【展示内容】
・茨城大学工学部 一ノ瀬彩研究室「アートスペース(ベンチ)」及び会場構成 (協力:秋桜構造計画 廣瀬貴之)
・茨城大学工学部 矢内准教授 × 松本美枝子氏「化石の谷のアノマロカリス」
・茨城大学工学部 住谷助教「La lumiere d mer d’Hitachi」
・中崎透氏「アートビーチくじはま看板」
・津田翔平氏「近くの海と遠くの海〜顕微鏡と双眼鏡で海を覗いてみよう〜」ワークショップ作品

歩数【3000】歩・移動距離【電車で移動】km

日本一訪れたい日本のつくりかた/デービット・アトキンソン氏に聴く

デービッド・アトキンソン氏
 1月15日、安倍政権の観光戦略のキーマンとして知られるデービット・アトキンソン氏の東京都内で行われた講演会に参加しました。これには、茨城県の観光物産課長も同席しました。
 デービット・アトキンソン氏は、イギリス生まれ、オックスフォード大学卒業(日本学専攻)後、大手コンサルタント会社や証券会社を経て、ゴールドマンサックス証券会社に入社。ゴールドマンサックス社での活動中、茶道・裏千家に入門。日本の伝統文化に親しみ、創立300年余りの国宝・重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社に入社、会長兼社長に就任。日本の伝統文化を守りつつ、伝統文化財をめぐる行政や業界の改革への提言を続けています。
 日本政府観光局(JNTO)は2017年6月1日付で、デービッド・アトキンソン氏を非常勤の特別顧問に任命しました。
続きを読む

2018年1月14日(日) 晴れ

県政要望聴取(常陸太田市、常陸大宮市)

住民相談(成年後見について)


磯山さやかの旬刊!いばらき『茨城のイチゴ』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、磯山さやかさんが「茨城のいちご」を紹介します。
茨城県オリジナル品種「いばらキッス」は、綺麗な円錐形と酸味と甘みのバランスがよいのが特徴で、スイーツづくりに注目されています。
県内ではいばらキッスをはじめ茨城産いちごが味わえる「いばらきイチゴメニューフェア」を開催中。約70店舗で限定スイーツをお楽しみいただけます。
おいしいイチゴスイーツ、この機会に味わってみませんか。

歩数【6000】歩・移動距離【60】km

公明党県本部平成30年「新春の集い」


 1月13日、平成30年公明党茨城県本部「新春の集い」が開催されました。
 石井啓一国土交通大臣、梶山弘志地方創生担当大臣、大井川和彦知事を始め多くのお客様をお迎えすることができました。
 県本部顧問を務める石井国交大臣は、自公で勝利した昨年の衆院選を踏まえ「引き続き自公の安定した政権を進める」と述べた上で、来年の統一地方選や参院選に向けて必勝の決意を述べました。12月予定の県議選については「現有4議席を死守する」と訴えました。
 また圏央道の整備に触れ、地元負担がない有料道路事業を導入して、来年度から4車線化を進めると強調しました。関東・東北豪雨を受けた鬼怒川緊急対策プロジェクトも「しっかり整備を進める」と語りました。
続きを読む

2018年1月13日(土) 晴れ

公明党茨城県本部新春の集いを開催

市内田尻町で県政について意見交換


公明党茨城県本部新春の集い【井手よしひろ県代表挨拶】
1月13日、公明党茨城県本部は、平成30年「新春の集い」を開催しました。
冒頭の井手よしひろ県本部代表の挨拶です。

歩数【6000】歩・移動距離【101】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: