昨年(2019年)10月に発生した台風第19号では、荒川水系入間川流域、那珂川、久慈川、多 摩川において甚大な被害が発生しました。 この災害に対して、1月31日、国土交通省関東地方整備局は、関係機関が連携しとりまとめた関東4水系における「緊急治水対策プロジェクト」を踏まえ、河道掘削、堤防整備、 遊水地整備等の治水対策を、概ね5年(令和元年度〜令和6年度)で実施する計画を発表しました。このうち、久慈川水系の茨城県管理区間(常陸太田市、常陸大宮市、大子町)では、 国が権限代行により河道掘削、堤防整備等の治水対策を進めていくことになりました。
 予算規模は総額855億円、従来の河道や堤防整備のほか、霞堤(かすみてい)や遊水地整備など河道外も含めた流域全体での治水計画で、浸水想定区域では住民に理解を求めながら家屋移転や高台整備も検討していくとしています。
 多重防御治水の推進を掲げる緊急治水対策プロジェクトは、_脇擦領下能力の向上、⇒型紂γ留機能の確保・向上、E效詫用・住まい方の工夫、が3本柱となっています。記録的豪雨を伴った台風19号では両河川で氾濫危険水位を大幅に超過し、堤防の決壊や越水が同時多発したことから、「河道内の整備だけでなく、流域できちっと水を受け止める対策が必要」としました。
■久慈川緊急治水対策プロジェクト
https://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000767241.pdf
■那珂川緊急治水対策プロジェクト
https://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000767242.pdf
緊急治水対策プロジェクト
 河道の流下能力向上については河道内の土砂掘削、樹木伐採による水位低減を行います。計画的に洪水を流域にためる遊水地や水を逃がす開口部を設けた「霞堤」を整備するほか、浸水想定区域では災害危険区域設定など土地利用制限、家屋移転、住宅かさ上げ、高台整備を検討します。
 具体的には、那珂川水系で霞堤1カ所(栃木県那須烏山市)と遊水地1カ所(常陸大宮市小場)を計画します。久慈川水系では霞堤3カ所(常陸大宮市辰ノ口、同市高渡、那珂市額田)を整備します。常陸大宮市小場の遊水地予定地は面積は約130ヘクタール、住宅が複数件ありります。霞堤予定地も田畑が中心の地域ですが、住宅もあります。台風19号で浸水被害のあった水戸市と大洗町の那珂川流域などで、土地利用制限や家屋移転も視野に入れた対策を検討していきます。
 各計画予定箇所にある住家戸数については、「地域の方にしっかり説明して、理解を得ていきたい」としています。
 緊急治水対策プロジェクトでは、ほかにも、減災に向けた取り組みとして、越水や決壊を検知する機器の開発・整備、危機管理型水位計や簡易型河川監視カメラの設置、要配慮者利用施設の避難確保計画作成の促進などソフト対策も盛り込んでいます。
 こうした総合的な治水計画は、県議会公明党が2014年6月の一般質問で初めて提案していました。
那珂川の治水計画
久慈川の治水計画

霞堤(かすみてい)とは、
 霞堤は、堤防のある区間に開口部を設け、その下流側の堤防を堤内地側に延長させて、開口部の上流の堤防と二重になるようにした不連続な堤防です。戦国時代から用いられており、霞堤の区間は堤防が折れ重なり、霞がたなびくように見えるようすから、こう呼ばれています。霞堤には2つの効果があります。1つは、平常時に堤内地からの排水が簡単にできます。もう一つは、上流で堤内地に氾濫した水を、霞堤の開口部からすみやかに川に戻し、被害の拡大を防ぎます。
霞堤