橋本県知事が記者会見を月2回に拡充の意向

 橋本昌県知事は5月6日の定例記者会見で、定例の記者会見を月に2回に増やすこと明らかにしました。しかし、その条件として、県のインターネットで質問した記者の氏名と会社名を公表することを条件としました。
 知事の情報発信力が弱いとの批判があることは事実。5月7日付の朝日新聞茨城版には、「月刊誌などに指摘された『情報発信力の弱い知事』の汚名返上も狙った苦肉の策だが、知事の本音はどうやら『新聞に(発言が)載らない』ことへの不満。会見を、説明責任よりも宣伝の場ととらえる知事の政治姿勢には『時代錯誤』との批判もある」との手厳しい記事が掲載されました。更に、同記事には上智大学・田島教授のコメントが添えられ、知事の姿勢に対して批判的な態度を鮮明にしました。
asahi.com:MYTOWN:茨城:2004/05/07
■「説明責任の観点欠落」田島泰彦・上智大教授■
 定例知事会見が月1回というのは、説明責任を県民に果たすという観点から言えばあまりにも少ない。
 会見の増加と記者名を関連させているが、根拠をむしろ聴いてみたい。会見は本質的には、県民に対する説明責任を負う権力者に対する、メディアの共同取材の場だ。記者がどんな人でどんな質問をするかは、知事と同じような意味で説明責任がある話ではない。自分たちがメディアを通じて責務を果たす責任がある、という観点がなく、基本が違う。
 会見を増やさないことについて、記事に出ないことを理由にしているが、何を伝えるかは、メディアが県民の知る権利を念頭に主体的に判断するもの。「こういうふうに書け」というのは権力者の思い上がりだ。
続きを読む

福田官房長官が年金未納問題で引責辞任

共同通信FLASH24(2004/5/7am10:47)
福田官房長官が辞任 年金保険料未納で引責
 福田康夫官房長官は5月7日午前の記者会見で、国民年金保険料の未納問題に絡み「国民の信頼を失った」として、官房長官を辞任する考えを表明した。(中略)
 福田氏は記者会見で「公表までの対応の仕方に不手際があり、政府のスポークスマンとして政治不信を増幅したことをおわびする」と辞任理由を述べた。
 福田官房長官の辞任は、年金改革で与党と民主党の合意が成立し、5月11日にも衆議院で成立する見込みとなったことを受けたものです。
 私は、国会議員の年金保険料未納問題は、年金改革の本質的な問題ではないと考えていますが、その法律作りに携わる国会議員の資質の問題として、看過できない問題だと思います。
 福田官房長官の辞任という責任に取り方によって、むしろ大きな打撃を被るのは党代表や総理経験者までが未納期間があった民主党かもしれません。
 2004年の流行語大賞は「自己責任」で決まりかもしれません。

市町村合併を巡り田中知事と堂本知事が互いを批判

 千葉県四街道市では、千葉市への編入合併の賛否を問う住民投票が、5月16日に予定されています。こうした中、5月5日、田中康夫長野県知事が四街道市を訪れ、合併反対の演説を行いました。田中知事は、「合併して図体が大きくなると、行政サービスは悪くなる」などと持論を述べ、「千葉県には私に『ここに来るな』と電話をかけてきた女性知事がいる。私の言論の自由を奪おうとした」と、千葉県の堂本知事を批判しました。
 これに対して、堂本暁子・千葉県知事は5月6日の定例会見で、「公人としてやるべきことではない」と田中知事に反論しました。読売新聞のヤフーニュース版では、堂本知事は「全国知事会長の梶原拓・岐阜県知事に『こういうことで千葉に来るのはおかしい』とは言ったが、田中知事にも長野県庁にも電話をしていない」と語り、「そういうところが彼のパフォーマンス」と批判、さらに「長野県で合併を進めないのは自由だが、公人としての知事がよその県に行って取るべき態度ではない。公人としての認識が薄いんじゃないんですか」と、怒りが収まらない様子だったと報道しています。
 昨年秋の衆院選でも、田中知事は民主党の候補を応援するために、公務の間を縫って日本各地を遊説(?)しました。その費用の一部を公費から出していたことがわかり、返却する不祥事も起こしています。「公人としての自覚がない」との堂本知事の指摘は、正に的を射ています。公人としての自覚というよりも、大人としての常識が田中知事には通用しない、そんな気がします。続きを読む

あなたの車は大丈夫?車種別の盗難率初公表

 警察庁は5月6日、平成15年度1年間に盗まれた自動車のうち、被害が多かった車種の「盗難率」のランキングを公表しました。
 盗難率は、被害に遭った約5万台のうち、盗難台数が1000台を超えた車種について、1000台当たりの盗難台数を算出しものです。
 トップは、トヨタのアリストで10.1台。続いてランドクルーザー(トヨタ)7.1台、セルシオ(トヨタ)7.0台、シーマ(日産)5.9台、インテグラ(ホンダ)5.2台の順となっています。ほとんどが販売価格400万円を超える高級車でした。
 最も盗難率が高かったアリストを始め、上位を国産高級車が独占しました。
 ただ、盗難率が高い車種でも、電子暗号を利用した盗難防止装置「イモビライザー」を搭載した車両は、被害が激減しています。警察庁はイモビライザーの防犯効果が高いとして、今後も欧米並みに装着義務化などを関係機関に働きかけていく考えです。上位3車種の被害を詳しく分析したところ、イモビライザーが標準装備される前後の型式では、アリストの盗難率が25.8台から3.0台まで大幅に減少し、ランドクルーザーは31.5台から11.7台、セルシオは14.6台から3.8台に減りました。この結果、標準装備の型式と未装備の型式では、盗難率が2.7〜8.6倍になることが判明しました。
(写真はトヨタ・アリストS300)
<リンク>自動車盗難の防止対策について(警察庁のHPより)
<リンク>イモビライザーについて
続きを読む

2004年5月6日(木) くもり

奥歯が痛み歯医者で治療を受ける

県本部で健康セミナーや時局講演会の準備、打合せ

小林家通夜式に参列

走行距離:85km

2004年5月5日(水) 子どもの日 雨時々曇り

母校創大の同窓会に参加
私は東京八王子の創価大学の出身。昭和54年卒業の5期生です。
4年ぶりで母校で同窓の集いが開催され、久しぶりに多く友と旧交を温めました。
卒業して早25年。キャンパスの街路樹も大きく葉を広げ、友の髪も白くなったり薄くなったり、時の流れは止めようもありません。
しかし、不思議なことに、共に学生歌を歌うと、青春時代の清新な気持ちが蘇ってきます。雨にけむるキャンバスで元気の素を充電した一日でした。
明日からまた元気に、いばらきの地で活動できそうです。

2004年5月4日(火) くもり時々雨

井手よしひろ県政ホットランNo54を団地内に配布。約250件のポスティングを行いました。風が強く、蒸し暑い天候で少し疲れました。

鈴木家葬儀に際して焼香

植木家通夜式に参列

走行距離:38km

年金基金の「?」について考える

 一連の年金議論で、年金基金141兆円(平成14年度末)はもうなくなっているのでは、というはなしを聞く。テレビでも、そのムダ遣いの実情を繰り返し放送しています。様々な新聞記事や厚労省の資料から、私なりに「年金基金」の疑問についてまとめてみました。やや長文ですがご一読下さい。
 1.赤字垂れ流しの年金関連福祉施設はどうする
 2.市場運用の失敗で6兆円損失?
 3.特殊法人などに貸し付けた年金基金は不良債権化?
 4.今後の年金の支払い(年金給付)にどう活かすか?続きを読む

年金受給者の「現況届」/06年度廃止に向け準備

住基ネットを活用し、年29億円の経費を大幅削減
 年金受給者の「現況届」の廃止に向けた検討が、総務省と社会保険庁の間で行われています。これは、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)を活用した経費削減策の一つで、2006年度の実施をめざしていまする。
 「現況届」とは、国民年金や厚生年金などの公的年金受給者に対して、生存確認のために年1回の提出が義務付けられているものです。社会保険庁から郵送された用紙に氏名や生年月日などを記入して返送することになっています。現在の対象者は約2500万人にも達しています。
 「現況届」の廃止に向けた検討は、2002年12月に成立した「行政手続きオンライン化法」が契機となってスタートしました。住基ネットと社会保険庁のコンピューターを接続することによって、市町村に死亡届が提出されれば年金支給を自動的に止めることができるようになります。
 「現況届」の印刷や郵送にかかる経費は年間29億円強。死亡確認ができなかったことによる年金の過払いは2002年度だけで約93億円に上りました。また、過払いに対する返還請求コストも小さくないのが現状です。「現況届」の廃止が実現すれば、これらの事務経費の大幅削減や、過払いの解消につながります。
 このため公明党の桝屋敬悟氏は、4月16日の衆院厚生労働委員会で、住基ネットの活用による「現況届」の早期廃止を強く主張しました。社会保険庁の薄井康紀運営部長は、総務省との検討状況を踏まえ、「システム開発に2年程度かかるとして、(平成18年度を目標に準備を進めたい」と答弁しました。更に、坂口力厚労相は、「IT(情報技術)を使って明確に誤りなく、経費を削減できるという方法があるなら、一刻も早くやらなければならない」と積極的な姿勢を示しました。続きを読む

2004年5月3日 憲法記念日 晴れ

参議院選挙区選挙の支援活動(埼玉県、東京都)

走行距離:427km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: