常陸那珂港供用開始「船出なるか?常陸那珂港」

19990115
常陸那珂埠頭の担当者から説明を受ける井手県議(左から4人目)ら公明党議員団


981223hitatinaka 東京湾に集中する首都圏の物流再編、北関東地域の経済発展を目的に整備を進めている、茨城県ひたちなか市と東海村にまたがる広大な人工港湾・ 常陸那珂港 。その北埠頭内貿地区に平成10年12月21日、第一船が入港。公明党の井手よしひろ県議をはじめ、石井啓一衆院議員、鈴木孝治県議、山口慎吾、山本繁の両ひたちなか市議、根本鉄四郎東海村議が同港を視察しました。

 常陸那珂港は1989年に建設に着手。北関東の海の玄関口として期待を集める一方で、深刻な不況が続く“逆境”の中だけに、予定の取扱貨物量(目標は年間2600百万トン)を確保することができるかなど課題もある。

北関東自動車道との連携が最大のメリット
巨大コンテナの接岸に対応

 ひたちなか市と東海村の一市一村にまたがり、海岸線約5.5キロメートル、面積約1182ヘクタールに及ぶ広大な用地・ひたちなか地区。同地区には先月21日、中核施設となる 常陸那珂港の北埠頭の内貿地区が供用開始され、国営ひたちなか海浜公園も1991年にオープンするなど北関東の海の玄関口として生まれ変わろうとしています。

981221nitacinaka_map 防波堤や埠頭などの整備が進む 常陸那珂港 は、一極集中が進む首都圏の物流を効率化することを目的に1989年に建設が開始され、北埠頭、中央埠頭、南埠頭の三地区(総面積695ヘクタール)で構成される。3つの埠頭が完成する2010年には、年間2600万トンの取扱貨物量を目標としている。主な取扱品目は機械類、農水産品、化学製品、鉄鋼、石炭など。

 同港では、巨大コンテナ船の接岸に対応するため、中央埠頭や北埠頭には、水深12メートル〜15メートルの大型バース(船舶係留用岸壁)を整備する。これによって「オーバーパナマックス型」と呼ばれる5〜6万トン級の巨大コンテナが接岸できるようになる。

 また埠頭には、船からの積み降ろしなどの際、コンテナをつり上げる、高さ約60メートルの専用クレーン(ガントリークレーン)が据えられ、1時間当たり50個近くのコンテナをさばいて、コスト削減を図ることになっています。

 荷役作業は民間の港湾運送業者が行うが、ターミナル施設は第三セクターの常陸那珂埠頭株式会社が行い、共同利用することで業者の重複投資を減らして港湾使用料の低料金化を図る。荷役作業は24時間・365日のフルタイムサービス体制を確保する。

米軍射爆場返還から25年、住民主体の街づくりを

 このひたちなか地区は歴史の波にほんろうされ続けてきた地域です。

 1938年(昭和13年)、旧日本陸軍が飛行場と飛行学校の建設を決め、県有地・民有地を買収しました。「買収とはいえ契約の時には憲兵が横にいて、ほとんど強制収用だった」と当時を知る人は語ります。

 1939年(昭和14年)には、水戸陸軍飛行学校が開設し、敗戦で旧陸軍は解体したが、1946年(昭和21年)には飛行学校用地を米軍が接収し、米空軍の対地射爆撃場に転用されました。

 射爆撃場では演習が繰り返され、誤射、誤爆などの事故がたび重なった。特に1956年(昭和31年)には、超低空で飛んできた米軍機の車輪が自転車に乗った親子と接触、母親が死亡し、子どもも重症を負う「ゴードン事件」が発生しました。住民の間からは、「パイロットが故意に狙ったのではないか」との疑惑が広がり、演習の即時中止と射爆撃場の返還運動が一気に高まりました。

 茨城県も1961年(昭和36年)に返還推進本部を設置、国会への陳情活動も本格化させました。

 こうした返還運動に対し、米軍はようやく1971年(昭和46年)に射爆撃行為を中止。1973年(昭和48年)、現地で米軍と日本政府代表が返還文書に署名し、27ぶりに日本に返還されたのでした。

 その後、国有地となった同地の跡地利用について国と茨城県、地元自治体の協議が行われ、1981年(昭和56年)に港湾、公園、火力発電所を核とした、ひたちなか地区開発事業がスタートしました。

 現在、同地区内には、350ヘクタールに及ぶ国営ひたち海浜公園が1991年(平成3年)に部分開園し、アミューズメント施設や遊戯施設の整備のほか、植栽、わき水の保全などを行って県民に開放しています。

 一方で、国有地の開発に対する県民の関心は薄いことから、開発そのものが地元住民から遊離したものになることも危ぐされてます。

埠頭建設などにかかる地元負担金・215億円

  常陸那珂港 では1999年(平成11年)年4月から、最初の定期航路として、大阪(泉大津)と北海道(苫小牧)を結ぶ船が、週6回同港へ寄港を開始することになっています。 さらに1999年(平成11年)年末には国外航路用の北埠頭外貿地区が供用開始し、国際港湾として開港予定となっています。

 また、同港の最大の利点として強調されるのが、1998年(平成10年)4月に全線着工が決まった、北関東自動車道との連携です。北関東自動車道が完成すると、高速道が港の中に乗り入れることになります。

 北関東自動車道は常陸那珂港を起点に、茨城県水戸市、栃木県宇都宮市、群馬県高崎市など三県の主要都市を結ぶ総延長約150キロの高速道路となります。茨城県友部町で常磐自動車道とリンクし、東北自動車道、関越自動車道とも接合する予定です。

 港湾施設は新たな段階を迎えましたが、課題も多い。現在の景気低迷によって荷動きも鈍化していて、「本当に荷を確保できるのか」という不安です。貨物をストックする倉庫の建設工事は2001年以降になるため、当面は大きな物流の変化はないとの指摘もあります。

 さらに、今後の港湾建設に伴う地元負担金も頭の痛い問題です。同港建設に関するひたちなか市と東海村の負担総額は約215億円で、最終的にはひたちなか市が75%の162億円、東海村が25%の53億円を負担することになっています。

 景気後退の中で、 常陸那珂港 は順調に船出するのか。 荷主や物流業者への積極的なアピールはもとより、コスト削減などの経営努力をいかに県がバックアップできるかが、カギを握っています。

参考:常陸那珂港のHP(http://www.ingjapan.or.jp/nakako/):リンク切れ

平成11年度予算編成への要望書を提出 - 9. 大型プロジェクトの推進と地域の活性化

平成不況克服に最大の努力を!!
橋本知事に622項目の予算要望を提出


990108yosannyoubou 平成11年1月8日、井手よしひろ県会議員(写真:右)をはじめとする、茨城県議会公明党議員団(鈴木孝治県議:右2番目・足立寛作:左)は、橋本昌茨城県知事に「平成11年度の県予算編成に関する要望書」を提出しました。


 この要望書は、9大項目49中項目622項目に及び、具体的な県政への要望をまとめたものとなっている。

 今回の要望書の特長としては、(神不況の克服対策、⊂子高齢化対策(特に介護保険の充実)、9垪眄改革の推進、っ亙分権の推進、ナ〇磧Π緡邸Χ軌蕕覆匹僚室造鮟電静に訴えたことにあります。

9. 大型プロジェクトの推進と地域の活性化

9-1ワールドカップ2002の成功と県民運動の展開

(1)ワールドカップ2002を県民全体で盛り上げる運動を展開すること。

(2)ワールドカップキャンプ地の誘致を積極的に展開すること。

(3)県内主要都市に大型映像装置を設置し、県民総体でワールドカップ2002を楽しめる体制を整備すること。

(4)道路・交通基盤の整備、宿泊体制の整備を遅滞なく進めること。

(5)警備体制の準備やボランティアの育成などを積極的に行うこと。

(6)「鹿島セントラルホテル」ならびに周辺地区の整備を促進すること。

(7)新神宮橋の架け替え、鹿行大橋架架け替え事業の促進を図ること。

(8)国道51号鹿島バイパスの早期着工と東関東自動車道水戸線の早期着工を促進すること。

(9)鹿島・神栖地域の交通雑緩和のため、水郷有料道路の早期無料化を検討すること。

(10)大洗鹿島線駅周辺整備と沿線地域の住宅団地の開発を図ること。

(11)行方台地縦貫道路の建設促進を図ること。

9-2常陸那珂港の整備促進

(1)常陸那珂港地域へのFAZ指定を国に強く要望し、常陸那珂港を国際貿易港への整備を促進すること。

(2)常陸那珂港整備に当たっては、24時間365日荷役体勢や、大型コンテナー対応施設など国際競争力を高める施策を導入すること。

(3)積極的なポートセールスにより、常陸那珂港の利用企業の確保に努めること。

(4)常陸那珂港に、テクノスーパーライナー(TSL)の母港を誘致する働きかけを行うこと。

(5)建設が予定されている火力発電所については、環境保護を最優先する仕様にするよう指導すること。

(6)港湾事業・工業団地造成事業・土地区画整理事業・公共下水道事業のそれぞれ促進を図ること。

(7)国営常陸那珂海浜公園の全面開園の促進を図ること。

(8)海浜公園内に大人も子供も一緒になって自然と触れ合える大規模な野外キャンプ場の設置促進を図ること。

(9)軌道系を含む交通体系の整備を調査検討すること。

9-3県南・県西地域の振興

(1)つくば地域は、科学万博の開催によって高められた地域イメージを損なうことなく、科学と文化の香り豊かな国際都市づくりをめざし、行政施策の積極的な推進を図ること。

(2)つくば学園都市の地区内と周辺地区の格差是正を図るとともに、その一体的な発展を促進するため、県として全力のバックアップをすること。

(3)つくば市と茎崎町の合併が早期に実現するよう、環境づくりに全力で取り組むこと。

(4)つくば学園都市と首都圏および周辺市町村を結ぶ交通網の整備を早急に実現するとともに、バスの公共交通機関等による地域内交通手段の充実強化に全力をあげること。

(5)JR常磐線土浦駅とつくば学園都市を結ぶ新交通システムの導入を目指し、検討を進めること。

(6)土浦市・つくば研究学園都市および牛久市を中心として研究開発機能や業務管理機能などの諸機能の集積を図る業務核都市の早期整備に全力をあげること。

(7)県南市町村による広域行政ブロック会議を開催し、行政の境界を超えたニーズや課題に取り組み、一体的で総合的な広域行政を進めること。

(8)土浦・つくば地域に、高度技術社会に対応した人材の育成と就学機会の拡大を図るため、工科系の大学の誘致を実現すること。

(9)国土庁の策定した「新つくば計画」については学園都市および周辺市町村がそれぞれの特色・個性を発揮しつつ都市機能の分担を図れる複合的な多核都市づくりをめざせるよう、国に積極的に働きかけること。

(10)学園都市を核とした地域整備を促進するため「グレーターつくば構想」の早期具体化を積極的に推進すること。

(11)首都圏中央連絡自動車および常磐新線のインパクトを活用し、県南地域の開発適地の事業化を図り、都市機能、住宅機能、工業機能などの充実に全力で取り組むこと。

(12)竜ケ崎地域の保健医療体制を強化するため、総合病院の整備を積極的に支援すること。

(13)造成・開発・分譲中の工業団地は、企業の誘致に全力を挙げ、「内陸型・創造型産業圏」の育成を図ること。

(14)古河・総和接点開発を進め、産業文化の拠点地域として整備すること。

(15)県西総合公園・砂沼広域公園の整備を地域の防災拠点としての機能を強化して、計画的に進めること。

(16)関東鉄道常総線の輸送力の強化を図るため、複線電化を推進すること。事故が多発する踏切の安全確保対策に積極的な支援を行うこと。

9-4県央・鹿行地域の振興

(1)水戸市内の交通渋滞の解消をより積極的に推進すること。

(2)地域住民に充分協力を得ながら、新県庁舎周辺地域を、県民・市民が誇れるような緑豊かな風格ある街づくりを推進すること。

(3)賑わいがあり歴史と文化を重んじた水戸市内中心部の市街地の形成に尽力すること。

(4)県民の文化創造の拠点として「新県民文化センター」の建設構想に着手すること。

(5)国立水戸病院の「やさしさのまち『桜の郷』」への移転機能拡張を国に働きかけること。

(6)百里飛行場の民間共有化と周辺アクセス道路の整備を進めること。

(7)鹿島港の整備・波崎漁港の整備・水産物流加工拠点の整備推進を図ること。

(8)鹿島灘海岸の保全のための浸食防止対策を促進すること。

(9)鹿島港北埠頭の整備を促進すること。

(10)北関東自動車道路整備促進を国に求め、沿線開発事業を推進すること。

(11)茨城中央工業団地整備事業を推進し、優良企業の誘致を進めること。

(12)偕楽園公園内に郷土の物産・工芸品等を販売する大規模施設(仮称:梅の香センター)の設置を検討すること。

(13)偕楽園周辺の街路・県道・鉄道脇等の管理(清掃・草刈り)を、周辺整備管理委員会との連携を十分にとりながら徹底すること。

(14)那珂川の無堤防地帯を平成12年度までに解消するよう、建設省に働きかけるとともに、県も全力を上げること。

9-5県北地域の振興

(1)茨城県への首都機能の誘致に努力すること。

(2)国道6号線・245号線の日立市内の交通渋滞の解消をより積極的に推進すること。

(3)日立市に「県北生涯学習センター」を設置すること。

(4)県北総合事務所の所管地域の見直しを行い、既存の県北総合事務所を県央総合事務所と位置づけ、新たに県北地域に「県北総合事務所」の新設を検討すること。

(5)「県北産業支援センター」に積極的に出資し、運営費の補助を行うこと。

(6)「高萩・北茨城新都市整備事業」を推進すること。

(7)県北臨海部・県北西山間部の開発の促進を図ること。

(8)県北の過疎化を解消する就労の場の確保を図ること。

(9)県北山間地域の工業促進事業の優遇措置の拡充を図ること。

(10)「グリーンふるさと振興センター」の設置を検討すること。グリーンふるさと振興機構の運営体制を見直し、県北振興の中核組織として充実強化を図ること。

(11)袋田の滝・大子町周辺の整備を推進し、滝の夜間ライトアップを検討すること。

(12)FIT構想の具体化を図り、広域観光開発、工業・商業交流を活発化させること。

(13)ひたちなか地域の開発効果の県北地域全体への波及を図ること。

(14)日立港の整備充実を図り、常陸那珂港との機能分担を明確にすること。

(15)海岸浸食地域に万全の対策を講じること。

(16)肋骨道の整備を促進すること。特に、国道461号線の整備を促進すること。

(17)国道293号線の整備による栃木県への結び付きを強化すること。

(18)県道日立笠間線の整備を促進し、日立市と常陸太田市の一元的発展を促すこと。

(19)県道日立東海線の整備を遅滞なく進めること。

(20)県道十王里美線の国道6号線への延伸を早急に具体化すること。

(21)国道461号花貫踏切の立体化事業を遅滞なく進めること。

(22)十王・高萩地域への総合病院誘致を積極的に行うこと。

(23)那珂町への国際核融合実験施設(ITER)の誘致に積極的に取り組むこと。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

平成11年度予算編成への要望書を提出 - 8.農林水産業の振興

平成不況克服に最大の努力を!!
橋本知事に622項目の予算要望を提出


990108yosannyoubou 平成11年1月8日、井手よしひろ県会議員(写真:右)をはじめとする、茨城県議会公明党議員団(鈴木孝治県議:右2番目・足立寛作:左)は、橋本昌茨城県知事に「平成11年度の県予算編成に関する要望書」を提出しました。


 この要望書は、9大項目49中項目622項目に及び、具体的な県政への要望をまとめたものとなっている。

 今回の要望書の特長としては、(神不況の克服対策、⊂子高齢化対策(特に介護保険の充実)、9垪眄改革の推進、っ亙分権の推進、ナ〇磧Π緡邸Χ軌蕕覆匹僚室造鮟電静に訴えたことにあります。

8.農林水産業の振興

8-1農業自立体制の確立

(1)新食糧管理制度のもと、農業経営者の保護育成に全力を挙げること。

(2)バイオテクノロジーなどの先端技術を活用した農業を振興させること。

(3)園芸日本一を確立するため、産地の活性化と内外へのPR、ブランド化を促進すること。

(4)主要食料の自給率向上をめざすため、生産者団体との話し合いのもとに、長・中・短期の需給計画を策定するよう、国に強く要請すること。

(5)農産物価格対策については、生産される主要農作物間相互における価格がバランスのとれたものであるとともに、農家の所得と生産費が長期的に保証される総合的保証制度の確立を図るよう、国に要請すること。

(6)主産地における貯蔵・加工施設の整備を図るとともに、生産者団体にとって、その運営が可能となるような体制づくりをさらに促進すること。

(7)ブロックローテーションや田畑輪換方式を積極的に導入し、転作の定着を図るための施策を促進すること。

(8)転作作物の安定生産、定着化対策を推進するため、経済性の高い転作作物の研究開発に積極的に取り組むこと。あわせて生産性の高い畑作物の研究開発を促進し、畑作農業の振興を図ること。

(9)米飯学校給食における給食施設への助成などを拡大すること。

(10)化学肥料・農薬などの使用を抑えることを目的とした環境保全型農業技術の研究開発を積極的に助成・推進すること。

(11)おいしく安全な食料の供給を実現するために、肥沃な土壌を維持する有機農法の確立を促進するとともに、有機農産物の表示基準の一層の明確化と消費者に対する栽培経過の通知制度の確立を国に要請すること。

(12)産地間競争が激化するなか、県産農産物を対象とした恒常的かつ継続的なPRを行うことなど、本県農業のイメージアップのために全力をあげること。

(13)自然との触れ合いを求める都市住民の期待に応えるため、市街地に市民農園や学童農園が定着・発展できるよう、必要な助成措置などを講ずること。

(14)減反政策の抜本的見直しを国に要請すること。

(15)農業への株式会社の参入について検討すること。

8-2農業生産基盤の整備

(1)土地利用型農業の規模拡大のため、農地流動化対策を積極的に促進すること。

(2)農業生産力の向上および水田営農活性化対策を推進するため、かんがい排水、ほ場整備、農道整備などの基盤整備事業を積極的に推進すること。

(3)畑作農業の振興を図るため、畑地基盤の整備を促進するとともに、関連補助事業の一層の充実により生産性の向上に全力をあげること。

(4)土壌汚染防止(農薬)対策を促進するとともに、土づくりのための堆肥づくりと供給体制の確立強化に努めること。

(5)基盤整備事業等についての地元負担については、補助率の引き上げによりその軽減を図るとともに、農道・用水など公益的な性格の強いものについては全額補助とすること。

(6)農道(特に広域農道)の管理ついて、県が積極的に関われるように、国と検討すること。

8-3快適な農村づくりと農業後継者対策

(1)活力ある農村社会をつくるため、農業・農村活性化農業構造改善事業を積極的に推進すること。

(2)農業の体質強化を進めるとともに、若い農業者にとって魅力ある農業確立を図ること。

(3)農村集落排水事業の国・県の補助率を引き上げ、住宅改造費の軽減などを促進し、立ち遅れている上下水道・道路など農村生活関連社会資本の充実を図ること。

(4)農村と都市の交流ネットワークの形成、地域の創意工夫に基づく人材育成に積極的に取り組むこと。

(5)後継者定着のため農業従事者が、他産業並みの所得水準を確保できるような諸対策を国に要請するとともに、県においても積極的な取り組みを図ること。

(6)後継者養成資金の拡充を促進するとともに、後継者の育成に必要な技術・経営研修制度などの施策の充実強化を図ること。

(7)農機具や農薬などによる事故を防止するための安全対策に積極的に取り組むこと。

(8)女性農業従事者の研修システムの創設による農業技術の向上・女性用農業機械の開発などを促進するとともに、育児や介護に関する施設サービスやホームヘルパーの充実、休日のルール化や代替労働などを進め、女性農業従事者への支援の強化を図ること。

(9)農村は高齢化人口比率が相対的に高く推移しており、高齢化対策事業に積極的な取り組みを図ること。特に、特産品、工芸品などの加工技術に長けた高齢者の人材バンクを検討すること。

(10)女性農業従事者の地位向上を図るため、農林業団体などの運営や地域の方針決定などへの女性の参画を促進すること。

8-4冷害・風水害対策の強化

(1)冷害・干害・風水害などに関する短期・長期気象情報の的確な把握と伝達体制の整備強化を図ること。

(2)防風林の見直しを図るとともに、寒冷地農業に関する生産技術体制の一層の充実強化を促進すること。

(3)災害農家救済のため融資資金限度額の引き上げ、償還期間の長期化、利子補給の拡大、貸付条件の緩和、申請手続きの簡素化などを促進すること。

(4)県農業データベースを充実し、気象情報の提供やその対応を指導する体勢を整備すること。

8-5畜産・果樹・花き対策の強化

(1)乳用牛の改良、常陸牛など銘柄畜産物の確立を促進するため、安全で高品質な畜産物生産に寄与する優良畜種の導入を図ること。

(2)畜産業の振興を図り、病原性大腸菌などの細菌汚染を防止するために、総合的食品衛生管理体制(HACCAP)の導入を図ること。

(3)常陸牛、ローズポークなどの銘柄畜産物をはじめとする畜産物の消費拡大を図るため畜産フェアの開催などに積極的に取り組むこと。

(4)畜産物の価格安定対策に積極的に取り組むこと。

(5)家畜糞尿処理施設の整備、環境保全に対する啓蒙指導などにより、畜産公害対策を強力に推進すること。

(6)国際競争や産地間競争に負けない畜産農家を育成するため新時代に対応した畜産技術の研究開発拠点となる畜産試験場の移転整備を早急に実現すること。

(7)銘柄産地および新産地の育成などにより野菜・果樹・花きの振興を促進するとともに、生産計画、品質の向上、生産価格の安定、流通対策などに積極的に取り組むこと。

(8)野菜供給安定基金の強化を国に働きかけるとともに、流通機構の近代化・合理化を図り、野菜など食品の価格安定対策を促進すること。

(9)野菜生産農家の省力化を図るため、野菜生産機械化一貫体系の確立、出荷規格の簡素化などに積極的に取り組むこと。

(10)輸入食品の安全性を確保するため、ポストハーベストなどの厳格な残留基準の設定を国に強く要請すること。

(11)全国の3分の1の生産を占める蓮根について、その銘柄化を含め、生産・流通・加工などの対策を積極的に推進すること。

(12)養蚕の振興を図るため、経営基盤の整備・担い手の育成・蚕病防除対策の充実強化などの対策を講ずること。

(13)バイオテクノロジーなど先端技術を活用した技術開発を促進すること。

(14)園芸施設農家等の出荷時期等の繁忙期に、パートで仕事をやってくれる担い手をあらかじめバンク化しておく事業を進めること。

8-6水産業・林業の振興

(1)漁業を取り巻く国際環境の変化に対応し、水産外交の強力な展開・国内法の整備などを国に要請すること。

(2)国際漁場の規則に対応するため、沿岸・沖合・内水面漁業の振興と漁港の整備を進めるとともに、漁村の社会福祉充実と環境整備のための諸対策を強化すること。

(3)漁業協同組合については、漁業生産と漁村生活の要であるとの観点から、その経営基盤の一層の安定対策に取り組むとともに、合併促進を図ること。

(4)水産物の価格安定のため、当面、漁価安定基金制度を充実するとともに、消費の拡大と消費者のニーズにあわせた良質で安価な水産物を安定供給できるような流通の合理化や加工の高度化を促進すること。

(5)水資源の涵養や県土保全・自然環境の維持保全、また、木材供給などの観点から、林業振興のための具体的な施策に積極的に取り組むこと。

(6)都市近郊の森林を整備保全するため、平地林保全特別対策事業の円滑な推進を図り、平地林・斜面林などの積極的な造成、保全に取り組むこと。

(7)県民の緑化意識の高揚を図るため、一人一木植栽推進事業を積極的に推進すること。

(8)地域林業の振興対策を促進すること。

(9)林業研究対策の強化を図るとともに、林業労働者の待遇改善を促進すること。

(10)木材流通加工販売の拠点づくりを促進すること。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

平成11年度予算編成への要望書を提出 - 7.人間性豊かな教育の実現

平成不況克服に最大の努力を!!
橋本知事に622項目の予算要望を提出


990108yosannyoubou 平成11年1月8日、井手よしひろ県会議員(写真:右)をはじめとする、茨城県議会公明党議員団(鈴木孝治県議:右2番目・足立寛作:左)は、橋本昌茨城県知事に「平成11年度の県予算編成に関する要望書」を提出しました。


 この要望書は、9大項目49中項目622項目に及び、具体的な県政への要望をまとめたものとなっている。

 今回の要望書の特長としては、(神不況の克服対策、⊂子高齢化対策(特に介護保険の充実)、9垪眄改革の推進、っ亙分権の推進、ナ〇磧Π緡邸Χ軌蕕覆匹僚室造鮟電静に訴えたことにあります。

7.人間性豊かな教育の実現

7-1民主的な教育行政の確立

(1)「いばらき県版チャイルドライン」を創設し、24時間、年中無休、また無料(フリーダイヤル)で、児童生徒からの電話相談に対応できる体制を整えること。

(2)全中学校・高校にスクールカウンセラーを配置すること。

(3)30人学級を早期に実現するよう国に働きかけること。また、チームテーティング、補助教員制度等を積極的に推進すること。

(4)学校5日制に伴い、ゆとりある教育を実現するためカリキュラムの見直しなど学習指導要領の抜本的改革を促進するよう国に働きかけること。

(5)学校5日制の導入のため教師や父母のコンセンサスづくりを促進するとともに、学力水準の維持・障害児教育への対応・地域社会の受け皿づくりなどの課題・条件整備に全力で取り組むこと。

(6)消費者教育・交通安全教育・エイズ教育など実生活に役立つ知識の習得や生活の知恵を身につけるための生活者教育の推進を図ること。

(7)資源浪費的なライフスタイルの見直しを促進するとともに、人間が自然をどう捉えて、どう調和していくかを教える環境倫理をはじめとする環境教育の充実強化を図ること。あわせて県立自然博物館の積極的な活用を図ること。

(8)教師が使命感を深め、教師の職責にふさわしい指導力や見識を持てるよう、初任者研修制度の充実・国内交流研修の推進・海外研修制度の充実などを図ること。

(9)教師の自主研修・教材研究にゆとりある時間を与えるなど労働条件の向上を推進すること。

(10)登校拒否児童、生徒のためのキメ細かな対応を講ずるとともに、学校カウンセリングの導入・充実・強化を図ること。

(11)障害者教育の充実強化を図るとともに、障害者が健常者と協力して学習できる体制づくりを推進すること。

(12)経験豊富な教員の配置により教育効果を高めるため、教員の適正配置に取り組むこと。

(13)小学校、中学校、高等学校間の教員の異動に関しては、教員本人の意向を十分に尊重すること。

(14)単位制普通高校、総合学科高校を充実し「特色ある高校づくり」「行きたい学校づくり」に積極的に取り組むこと。

(15)近接の高校が相互に関連の単位の取得に便宜を図るなど、相補性をもつことのできる高校づくりを推進すること。

(16)水戸南高校の単位制課程について、多様な教育活動が可能となるよう万全を期すこと。

(17)養護学校と普通学校の交流を積極的に行うこと。また、養護学校高等部における職業教育について内容の充実・強化を図ること。

(18)県立養護学校のスクールバスの増車により通学時間の短縮化を促進すること。

(19)県立養護学校へのプール設置を促進すること。

(20)「就学時健康診断の知能検査」を就学決定の材料にして、障害児の排除につながらないように市町村教育委員会を指導すること。

(21)養護学校高等部において「訪問教育」を早急に実施すること。

(22)端息などで長期入院中の子供たちの「病院内学級」にマルチメディアを活用し光ファイバーケーブルを利用したテレビ会議システムを応用した学習システムを整備すること。

(23)つくば地域に、県立養護学校を早期に設置すること。

(24)児童生徒の人権を重視した校則の見直しを促進し、のびのびした教育がうけられる環境づくりに努めること。

(25)幼稚園・保育所と小学校教育の連携を密接なものにするため、教職員の交流・協議機関の設置を促進すること。

(26)子供たちが大自然の中で素晴らしい体験のできるマリンスクール(洋上学校)事業の促進を図ること。

(27)全ての教員が、児童生徒の「良き相談相手」あるいは「良き聞き手」となるべく、カウンセリングマインドを身につけるため、「カウンセリングのための研修」を受けられるよう、その条件整備を図ること。

(28)学校と家庭の結び付きを強めるため、県教育庁の責任で「教育だより」を県内の全公立学校の児童・生徒の家庭に月刊で届けられるようにすること。

(29)教育相談の実際の窓口になる教育事務所などの生徒指導相談室などに専門の精神科医や心理学者を相談員として配置し、心の面で障害を持つ児童・生徒に対して、早期発見・早期治療が施されるような体制の整備を図ること。

(30)学校・家庭・地域社会の三者が一体となって、いじめ問題にたいする具体策を立てられる組織作りを図ること。

(31)教職員の健康管理、精神衛生管理のために、常時相談に乗れる窓口を開設すること。

(32)中学・高校でのボランティア教育に関して検討を開始すること。

(33)県立高校でのインターネット接続を促進し、パソコン、マルチメディア教育を進めること。

(34)教員のマルチメディア教育への資質向上を図ること。また、採用にあったて、マルチメディアの基礎知識を問う試験内容を検討し、時代即応の人材を確保すること。

(35)高校での交通安全教育を徹底すること。特に、高校生の二輪車運転教育を充実すること。

(36)校長、教頭など幹部教員への昇任制度をより透明性の高いものにすること。

(37)教員採用を計画的に行い、採用枠を早めに明示すること。

(38)教員採用試験の改善に努力すること。具体的には、面接に民間人を採用すること。実技試験にパソコンの習熟度を加えること。

(39)県立高等学校事務長(事務局長)の広域的移動を意識的に行うこと。

(40)生涯教育体制の確立と推進のため、県北地域(日立市)に生涯教育学習センターの新設を図ること。

(41)教育の場での情報公開を進めること。具体的には、小中学校の内申書や指導要録の一定要件下での公開を検討すること。

7-2教育費負担の軽減

(1)私学への公費助成を拡充して、授業料父母負担の軽減を図り、公私立間格差の是正を促進すること。

(2)副読本や特別活動に要する費用の完全無償化を図るなど義務教育の無償化を徹底すること。

(3)各種の就学奨励費・奨学金制度を拡充・強化するとともに教育融資制度の充実を働きかけるなど、教育の機会均等の実質的促進を図ること。

(4)私立幼稚園の学校法人化を促進するとともに、そのための条件整備・公費助成の強化を図ること。

(5)私立幼稚園の特殊教育の障害児補助に対する人員の枠の撤廃を国に要請するとともに、県費補助を図ること。

(6)県内市町村の大学・専門学校の奨学金制度の充実に向け助成制度を検討すること。

7-3受験教育・偏差値教育の是正

(1)学歴に偏りがちな雇用のあり方の是正を、国に強く要請すること。

(2)詰め込み教育・知識偏重教育を是正し、落ちこぼれのない、ゆとりのある授業ができるようにすること。

(3)早期に県立の中高一環教育校の設立を検討すること。

(4)県立高校の入学者選抜制度の見直しを図り、推薦入学枠の拡大に取り組むこと。

(5)公立高校推薦入試の願書受付の際、受験生自筆による志願理由書の提出を求めるよう改善すること。

(6)公的資格制度の拡充整備を積極的に推進すること。

(7)学歴偏重型社会を改めるため、総合学科高校を拡大すること。

(8)県立の全日制普通科高校においても、単位制高校を整備すること。

7-4施設など教育環境の整備

(1)教育内容に関わる視聴覚施設などの教育施設整備を推進すること。

(2)公立高校におけるコンピューター及びマルチメディア機器の教育的活用を図ること。

(3)平成11年度中に全県立高校へのインターネット接続を完了し、市町村立小中学校についても、接続を指導すること。

(4)公立高校における教師と生徒の教育効果を高める場として、共同宿泊施設の整備を推進すること。

(5)情報産業・先端型企業等に携わる人材を養成するため、工科系大学など高等専門教育機関の誘致促進を図ること。

(6)本県への短大・4年制大学などの誘致促進を図ること。

(7)屋内・屋外体育施設の整備助成をするとともに、スポーツ・レクリエーション活動を推進するための社会体育施設の整備充実を図ること。

(8)社会教育関係施設の充実強化を図るとともに、専門職員を積極的に配置し、社会教育の振興を図ること。

(9)小中高校など全ての学校が地域のコミュニティセンターとして活用できるような整備充実を図ること。また余裕教室(空き教室)の地域社会への解放など積極的な活用を図ること。

(10)新たに「教育相談室」や「PTA会議室」などを充実すること。特に、いじめで欠席する子のために、一時的に緊急避難して適切な学習機会を確保する「やすらぎの教室」(仮称)を早急に整備すること。

(11)障害を持つ児童・生徒の在籍する学校へのエレベーター設置を推進すること。

(12)県立図書館の改築を図るとともに、県立図書館の人的資源を整備・充実させて高度な専門的資料要求にも対応するサービスを展開できる態勢づくりに努めること。

(13)県立図書館の資料費を大幅に増額し、施設・備品の充実等を促進し、県立図書館のソフト・ハード両面からの充実強化を推進すること。

(14)県立高校の図書館を生徒並びに地域住民に、土曜日や日曜日に開放すること。

(15)市町村図書館の建設費助成の大幅増額を図るとともに、市町村図書館の分館・分室建設及び移動図書館、資料費などへの助成を推進すること。あわせて県内全市町村への公共図書館の早期設置を促進すること。

(16)小中高の学校図書館が、施設・設備の物的側面(適切な高さの書架・充分な照明・ストーリーテリングの部屋・横になれる自由な空間・ブラウジングスペース・AVホール・スタジオ・生徒数に応じた閲覧席・新鮮で魅力ある蔵書など)および人的側面(適切かつ専門的に教育を受けた意欲ある司書教諭・スタジオエンジニア・コンピュータ専門のオペレータなど)において、充実が図れるよう抜本的改革を検討するための検討委員会を設置すること。

(17)身近な生涯学習の場として中学校区ごとの公民館の設置を促進すること。

(18)地域の防災拠点としての学校の機能を充実させ、老朽校舎の建て替えを促進すること。

(19)学校5日制の対策として、博物館(美術館)、青年の家、公民館等の公共施設を使っての活動が十分できるよう、県として企画立案を推進すること。

7-5文化・スポーツの振興と国際交流の推進

(1)県立の博物館、美術館、水族館などの施設に対して、県民の入場料無料化を実現すること。

(2)博物館・美術館・歴史館・水族館等にそれぞれの展示品について平易に解説してくれる「解説ボランティア」を県が関係する諸団体とも協力して、「養成講座」等を設けて積極的に育成助成すること。

(3)スポーツ・芸術・文化などの文化振興のために支援活動する企業への優遇税制の拡大・メセナ減税の実現を国に積極的に働きかけること。

(4)郷土に伝わる民芸・工芸等の技術・伝統を守り、その普及を図ること。

(5)郷土館や民芸館の整備と増設を図り、資料の体系的収集と計画的な保存体制を促進すること。

(6)地域のアマチュア・青少年・婦人等の行う音楽・演劇等に対する助成や地域に根ざした文化活動の奨励のための援助を積極的に行うこと。

(7)県民芸術祭の充実強化図ること。

(8)史跡等の公有化を促進するとともに、埋蔵文化財の保護を強化すること。

(9)収蔵品を持たず「企画で勝負」という美術館・博物館を設置し、県民に親しめる空間を提供できるようにすること。

(10)県立美術館の収蔵品の充実強化を図ること。

(11)国際交流の推進を図るため、各種団体との連携強化を積極的に促進すること。

(12)県内留学生に対し、援助対策を展開して国際交流の円滑化を図ること。

(13)国際的感覚を身につけた青少年育成のため、その教育にあたる教職員の海外研修制度の拡充を図るとともに、外国人教師の受け入れ・拡大などを積極的に推進すること。

(14)国際文化交流を推進するため、生活文化(民芸・民謡・音楽など)の国際交流を図る「文化のつばさ」の実現に努めること。

(15)東京芸大取手校、筑波大学芸術学系などの立地の優位性を生かして、県民の芸術・文化ニーズの高度化に対応するための国際的な芸術文化交流拠点の整備を図ること。

(16)高校生の留学及び受け入れの拡大を図ること。

(17)インターハイ関連施設の遅滞ない整備を進めること。

(18)小学生への英語とのふれあいの場を創出し、国際人としての素養を磨く土壌づくりを検討すること。

(19)美術館、ギャラリー、画廊などの緊密なアートネットワークの形成を支援し、総合的な芸術・文化支援策を講ずること。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

平成11年度予算編成への要望書を提出 - 6.生きがいと活力ある福祉社会づくりと働く者の権利と暮らしを守る

平成不況克服に最大の努力を!!
橋本知事に622項目の予算要望を提出


990108yosannyoubou 平成11年1月8日、井手よしひろ県会議員(写真:右)をはじめとする、茨城県議会公明党議員団(鈴木孝治県議:右2番目・足立寛作:左)は、橋本昌茨城県知事に「平成11年度の県予算編成に関する要望書」を提出しました。


 この要望書は、9大項目49中項目622項目に及び、具体的な県政への要望をまとめたものとなっている。

 今回の要望書の特長としては、(神不況の克服対策、⊂子高齢化対策(特に介護保険の充実)、9垪眄改革の推進、っ亙分権の推進、ナ〇磧Π緡邸Χ軌蕕覆匹僚室造鮟電静に訴えたことにあります。

6.生きがいと活力ある福祉社会づくりと働く者の権利と暮らしを守る

6-1.地域福祉・社会福祉対策

(1)生活保護受給者の人権を守るために、諸制度の見直しを図ること。特に、銀行振込による保護費の受給体制を整備すること。

(2)脳血管障害や事故などにより、収入が激減した家庭への支援策を検討すること。

(3)民間福祉活動の中核的組織である市町村社会福祉協議会の体制強化および財政支援のためのキメ細かな具体的予算措置を図ること。

(4)高齢者や障害者に対する食事宅配サービスについて積極的に助成措置を図ること。

(5)高齢者・障害者福祉の地域の拠点である「在宅介護支援センター」の整備を促進すること。

(6)訪問看護ステーションの整備を促進し、訪問看護の地域格差解消につとめること。

(7)地域参加によるボランティア活動の活性化を図ること。そのため、公的部門の専門家との連携強化、介護等に必要な知識の研修など、ボランティア活動の基盤の強化を図ること。

(8)一般のサラリーマンや青少年・主婦への啓蒙のために、地域の公民館あるいは職場等において「介護講座」を開催すること。

(9)「在宅介護研修センター」を充実させ、介護福祉機器等の展示、住宅改造のモデルルーム等を整備すること。

(10)社会福祉施設を地域に開放するなど地域社会との結合を強めるとともに、保険・医療機関との連携強化を図ること。

(11)新たに社会福祉施設を地域に設置する場合は、地域の青少年が身近に触れ合いの機会がもてるように、学校の近くに設置すること。また空き教室等については積極的に社会福祉的施設に改築すること。在宅介護家庭への支援機能と同時に、もって青少年の日常生活空間と融合できる場とすること。

(12)県立高校に福祉科を設置することにより、福祉の担い手の養成・確保を図ること。

(13)公共施設の施設内外のサインの整備を図ったり、盲人用道路標識上の放置自転車・自動販売機・ゴミ箱等の障害物の撤去を行い、地域において老人や障害者が安心して暮らせる福祉の街づくりの推進を図ること。

(14)「人にやさしいまちづくり条例」を活用し、駅や公共施設などの整備を促進すること。

(15)福祉人材情報および施設サービス情報等の「いばらき福祉データベース」を一層充実させること。

(16)市町村や老人ホームなどの介護施設をバソコンネットワークで結び、施設の空きベッド情報や訪問看護婦の予約状況を検索できる介護情報提供サービスを整備すること。

(17)小中高の学校教育の中で介護などの具体的演習を盛り込み、福祉教育の推進を図ること。

(18)介護休業制度の法制化に伴い、県民および事業者に、早期にその趣旨を徹底すること。

(19)在宅福祉サービスの利用率を向上させるため、福祉専門家や学識経験者等によるプロジェクトチームを編成し、具体的対策を研究調査すること。

(20)「人にやさしいまちづくり条例」に則り、「茨城県・人にやさしいまちづくり賞」等の設置を検討すること。

(21)コンピュータのネットワークを利用した「医療福祉INS」を設置し、専門病院、福祉施設などの情報を、保健所、医療機関、市町村役場から検索できるようにすること。

(22)在宅福祉サービスの利用率を向上させるため、福祉専門家や学識経験者等によるプロジェクトチームを編成し、具体的対策を研究調査すること。

(23)県職員等が、本格的に手話・点字・介護を学べる「ボランティア研修制度」(仮称)を創設すること。また、「ボランティア休暇制度」を導入すること。

6-2医療対策

(1)病原性大腸菌O157に対する対策を恒常的に講じること。

(2)だれもが必要な医療と保健サービスが受けられる体制づくりを推進するため、医療機関・福祉施設などやそこに従事する人材が計画的に配置され、有機的に機能するような地域保健医療網の整備促進を図ること。

(3)保健所運営体制を強化し、予防医療対策・成人病対策などの充実推進を図ること。

(4)脳機能障害で入院治療した患者の後遺症をできるだけ小さく食い止められるよう、在宅でリハビリができる体制を構築すること。

(5)地域健康づくり対策および予防医療対策を推進するために、その中心的な役割を担う市町村保健センターの計画的な整備を促進すること。

(6)学校や公営住宅内公園の砂場における犬や猫のふん等による大腸菌等の汚染状況を調査し、大腸菌汚染防止策を図ること。

(7)動物指導センターを拡充すること。飼主に見捨てられた犬や猫の里親を募集したり、老人や子供が自然に恵まれた敷地内で自由に動物と触れ合うことが出来、さらに犬や猫を飼っている人などに飼い方やしつけの仕方を正しく知ってもらえるような講座を開催したり出来るような施設を検討すること。

(8)救急医療体制を充実強化するため、病院群輪番制の整備や心電図電話電送システムの整備及び救急隊員のドクターカーによる臨乗実習など、より積極的な施策の展開を図るとともに、救急救命に当る人的養成の研修体制を県としても整備すること。

(9)ドクターカーの配置強化と、救急救命士の充実を推進すること。

(10)筑波メディカルセンター内に整備されている「中毒110番」制度の充実を働きかけること。

(11)医師・看護婦・放射線技師・理学療法士・作業療法士などの医療従事者の養成確保を図ること。

(12)地域に根を下ろした家庭医療制度の確立を促進すること。

(13)特定疾患などの公費負担の拡大充実を図ること。早期発見、早期治療などによるガン予防対策の充実強化を図るとともに、末期患者のためのターミナルケアの整備等を含む総合対策の充実強化を図ること。

(14)MRSAや肝炎ウィルス等が病院・特別養護老人ホーム・老人保健施設内等で感染しないよう防止策を図ること。

(15)県立こども病院に、付き添い家族のための宿泊施設の整備を図ること。

(16)花粉症有症者に対して、スギ花粉(及びそれ以外の花粉も含め)の基礎データを天気予報並みのきめこまやかな飛散予測体制を整備すること。

(17)乳幼児等のアトピー性皮膚炎で悩む家族に対して、医師や栄養士などの専門家による無料相談体制を保健所等に整備すること。

(18)脳機能障害を未然に防止するための諸施策を図ること。具体的には、「脳ドック」に対する公的補助を検討すること。

(19)骨粗鬆症予防を早くから徹底させるために、18〜39歳(特に女性)を対象とした、骨の検診「骨ドック」に対して必要な助成措置を図ること。

(20)県下どこでも身近に、専門的・集中的にエイズ検査・治療が受けられる予防医療体制の整備を図ること。

(21)腎バンク・アイバンク・骨髄バンク等各バンクの整備促進を図り、助成措置を拡充すること。

(22)脳死状態での臓器移植を推進するため、ドナーカードの啓蒙普及に力を注ぐこと。

(23)予防・治療・リハビリテーションにいたる一貫した医療体制の整備充実すること。特に予防のためのクアハウス利用等によるリフレッシュ(健康増進)対策に積極的に取り組むこと。

(24)個人の病歴・診療歴・投与中の薬等を登載した光カードによって、いつでもどこでも安心して診療が受けられるようになる健康管理システムの導入を検討すること。

(25)心肺蘇生法を中心とした救急処置を広く一般県民に普及するように、学校・職場・地域等で各種講習会を設けて推進する体制を整備すること。

(26)人工中耳などを取り入れる患者に対しの医療費補助制度の存在を啓蒙すること。特に、子供におこなう場合のトレーニング施設等を整備すること。

(27)針・灸などのいわゆる民間治療に関して医学的に有効性が立証されるものについて何らかの助成策を図ること。

(28)国立水戸病院の移転充実を図ること。

(29)県北地域ガンセンターの整備を遅滞なく進めること。

(30)県南地域(竜ヶ崎市)への総合病院誘致を促進すること。

(31)県立友部病院の新築計画を進めること。特に、青少年病棟・薬物中毒患者病棟の充実を図ること。

(32)精神障害者のデイケアーを充実させること。

(33)薬害中毒患者の社会復帰施策を検討すること。

(34)県民の糖尿病予防体制を強化するため、「糖尿病予防対策委員会」(仮称)を組織し、予防対策を体系的にまとめた「糖尿病ストッププラン」(仮称)を策定すること。

(35)痴呆性老人や身障者の治療に「音楽療法士」の育成を図ること。

(36)ALSなどの拠点病院を整備し、病院間の難病データベースを創設すること。

(37)重症難病患者の自己負担軽減のため、県単の補助制度、ヘルパー派遣制度などを整備すること。

(38)県立医療大学付属病院を総合的なリハビリ病院として整備すること。将来の増床も含めて整備計画を策定すること。

(39)白血病などの治療のため、臍帯血の有効利用を促進すること。県立こども病院を中核とする「茨城県臍帯血データベース」を構築すること。

(40)遺伝子組み替え食品の安全性確保のため、表示義務づけを図ること。

(41)化学物質過敏症に関して総合的な対応体制を整えること。

6-3心身障害者(児)対策

(1)いきいきと心身障害者(児)が地域社会の中で健常な人と一緒に日常生活が営めるよう、将来を展望した総合的施策を図り、現行対策を見直しながら、必要な措置を図ること。

(2)養護学校・職場・地域において障害者(児)に対して、人権侵害があった場合に基本的人権を守る立場から必要な措置を図ること。また、相談窓口の充実を図ること。

(3)心身障害者のディケア及びナイトケアのサービス体制を整備すること。

(4)養護学校卒業後の障害者が、プール・音楽室・体育館を利用でき、同時に作業室・日常生活訓練室・社会適応訓練室などで機能回復訓練も受けられる障害者福祉施設(フレンドホーム)の設置を図ること。

(5)障害者の自立を補助するため、電話・ファクシミリ・テレビ電話や盲導犬・聴導犬の育成訓練の助成・貸与の便を図ること。

(6)障害者世帯向け公共住宅の建設及び優先入居を図ること。

(7)県営住宅で、聴導犬、アニマルセラピーのための小動物を飼えるよう所用の条例改正を検討すること。

(8)精神障害者(児)および精神薄弱者(児)さらには身体障害者(児)が作業等を行う作業所・授産施設への補助を充実強化すること。

(9)企業と自治体等が協力して障害者の働く場を作る第3セクター方式の「福祉工場」をより定着させるべく必要な助成措置を図ること。

(10)障害者の評価・認定のあり方・等級などの見直し改善を図るよう国に働きかけること。

(11)オストメイト対策の充実強化を図ること。

(12)心身障害児の早期療育体制の整備・充実を図ること。

(13)情緒障害児母子療育事業及び自閉症児療育対策の充実を図ること。

(14)学習障害児(LD児)に対して、専門的な医療チームによって短期間の入院をさせ、医学的に障害の基盤を明らかにし、家族や教師に治療をかねた教育方法をアドバイスする「ドック入院」を実施させ、必要な助成措置を図ること。

(15)障害をもつ児童について保育所・幼稚園における混合保育を推進すること。

(16)障害者のニーズ・障害の種類に応じ、入所施設・通所利用施設の計画的整備を図ること。

(17)「内原厚生園」の新築改修を早期に実現すること。

(18)「こども福祉医療センター」の新築改修を推進すること。

(19)施設入所者の高齢化に対応した施設の整備を図ること。

(20)障害者雇用拡大を図るため、障害の程度に応じた障害者能力開発センターの整備を促進すること。

(21)障害者の職業訓練にコンピューター・エレクトロニクスなどの導入活用等を図り、障害者の職労の場の拡大を図ること。

(22)障害者の社会参加を進めるため、官公署・病院・公共施設・道路などの点字ブロック、電光表示板の整備及び手話通訳員の配置などの促進を図ること。

(23)障害者の社会参加と生きがい対策を促進するため、クラブ活動指導員を置き、クラブ活動の推進を図ること。

(24)企業の障害者雇用率を高めるよう積極的な行動計画を立て、雇用の向上を働きかけること。福祉作業場、福祉工場などへの作業依頼を行った企業については、障害者雇用率の算出に特別の配慮を行うこと。

(25)障害者にインターネットでニュースや生活情報を提供し、障害者同士の交流を推進する「障害者情報ネットワーク」を整備すること。

(26)知的障害者が共同生活することで自立を目指す「知的障害者グループホーム」への移行をスムーズにするための、自活訓練システムを整備すること。

(27)障害者がパソコンでの職業訓練を受けられる施設を拡充すること。

6-4母子の健康と児童の健全育成

(1)学校教育・社会教育を通じて適切な性教育を行い、結婚・妊娠・分娩・産後の正しい知識及び家族計画の理念の普及徹底を図り、母子保健教育を推進すること。

(2)保健婦・助産婦などの確保を図るとともに、その待遇改善と研修の充実を促進すること。

(3)児童福祉施設(児童館・保育所等)の整備充実を図るとともに、指導員・相談員などの強化を促進すること。

(4)就労と育児を両立指せるための家庭支援策(事業所内保育サービス・時間延長保育サービス・駅型保育サービス・在宅保育サービス・放課後児童対策等)を積極的に助成措置すること。

(5)保育料負担を大幅に軽減すること。

(6)乳児保育・障害児保育などの特別保育対策及び保育所の機能の拡充を図ること。

(7)出産・育児不安を解消させるための家庭支援策(育児等に関しての情報を24時間受けることができる体制作り・共働き家庭の子育てに関する相談を土日に受けられる体制作り等)を積極的に助成措置を図ること。

(8)育児支援ボランティア等の育成策に積極的な助成措置を図ること。

(9)いわゆるチャイルド・ヴィジョンによる子供にやさしい街づくり事業・おもちゃ図書館事業等に支援を行うこと。

(10)子供の健全育成を図り、児童虐待などからこどもを守るため、児童相談所を中心に家庭・学校・教育機関・警察などとの間の連携を強めること。

(11)子供の心の健康づくりを進め、母親に対する正しい育児知識・家庭教育に関する知識の普及を図ること。

(12)母子家庭における母親の就業及び職業訓練対策を充実するとともに、各種貸付金制度の改善を働きかけること。

(13)父子家庭対策を確立し、その充実強化を図ること。

(14)母子(父子)家庭の母(父)または子が病気の場合の緊急保育制度及び介護人派遣制度の整備拡充を図ること。

(15)登校拒否あるいは不登校等ひきこもりの症状が強い児童生徒に対して行われている「メンタルフレンド(心の友)派遣事業」の充実整備を図ること。

(16)「メンタルフレンド派遣事業」を、一人親家庭への派遣など、多面的な運用を図ること。

6-5男女共同参画型社会の創造

(1)女性の人権確立と地位の向上を目指した諸対策の推進を図ること。特に「男女雇用機会均等法」を実効性あるものに改善するよう、国に働きかけること。

(2)現行の「男女雇用機会均等法」については、それが各職場で有効に機能するよう、県として具体的に働きかけること。

(3)幼児期からの一貫した男女平等教育を促進するため、家庭・学校・社会などの教育分野での具体的施策を推進すること。具体的には、全ての公立学校で男女混合名簿制を採用すること。

(4)消費者保護対策を推進するため、リーダー養成などの施策充実を図ること。

(5)「育児休業法」を実効性あるものに改善するよう、国に働きかけること。改善されるまでの間は、県として各会社において育児休業を安心して取れるよう助成策を図ること。

(6)女性パート勤労者に対する職業能力開発の充実を図ること。

(7)女性の社会進出を支援する活動拠点として「茨城県女性総合センター」を設置し、情報交換、学習・研修、人材育成、相談・カウンセリング、交流・レクリェーション等様々な活動を展開すること。

6-6勤労者対策

(1)勤労者の暮らしと安全を守るため労働条件の改善・整備を図ること。

(2)勤労者福祉対策の一層の充実を図ること。特に、勤労青少年の福祉施設の充実を図ること。

(3)勤労者の持ち家対策の充実を図ること。

(4)中小企業の労働力確保を推進する官民合同の協議会(人材情報の交換、人材獲得につながる有効な雇用管理手法等を検討)を設置すること。

(5)中小企業退職金制度への加入促進を図ること。

(6)県内新卒者の雇用創出のために、所用の政策を実行すること。

(7)パートタイマーなど不安定雇用勤労者対策を推進するため、労働条件の改善などの諸対策を行政面から積極的に働きかけること。

(8)県内の中小企業に対する魅力ある職場づくりのための指導助成の充実を図ること。

(9)厳しい雇用状況を改善するために全力を挙げること。特に企業のニーズに対応した能力開発や技術習得などを積極的に進めること。

(10)事業主や勤労者に対して、職業能力開発に関する情報提供、相談サービスなど積極的に展開すること。

(11)民間企業に働く勤労者の待遇や雇用を巡るトラブルの相談窓口の設置を図ること。またメンタルアドバイザー(精神的な悩みの相談員)の設置を図ること。

6-7消費者保護行政の充実

(1)消費者センターの整備充実を図るとともに、市町村センターの育成を図り、その連携強化を図ること。

(2)消費者に対し適切かつ迅速な情報を提供し、被害の未然防止・拡大防止を図ること。

(3)カード破産問題・多重債務問題の相談窓口を設置すること。

(4)PL法施行に伴う相談窓口の充実を図ること。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

平成11年度予算編成への要望書を提出 - 5.安全で快適な県土づくり

平成不況克服に最大の努力を!!
橋本知事に622項目の予算要望を提出


990108yosannyoubou 平成11年1月8日、井手よしひろ県会議員(写真:右)をはじめとする、茨城県議会公明党議員団(鈴木孝治県議:右2番目・足立寛作:左)は、橋本昌茨城県知事に「平成11年度の県予算編成に関する要望書」を提出しました。


 この要望書は、9大項目49中項目622項目に及び、具体的な県政への要望をまとめたものとなっている。

 今回の要望書の特長としては、(神不況の克服対策、⊂子高齢化対策(特に介護保険の充実)、9垪眄改革の推進、っ亙分権の推進、ナ〇磧Π緡邸Χ軌蕕覆匹僚室造鮟電静に訴えたことにあります。

5.安全で快適な県土づくり

5-1.万全な防災対策の整備

(1)消防力の拡充を図るため市町村の指導、県費補助の拡充を図ること。

(2)地域防災計画の全面見直しと、市町村地域防災計画の策定への指導、援助を図ること。

(3)県内全域の地震被害想定を実施すること。

(4)県南30市町村に限られた震災対策への県費補助を県内全市町村に拡充すること。

(5)県有公共施設の耐震診断を早急に完了し、老朽化した施設の具体的な改修計画を策定すること。

(6)県営住宅の耐震診断を行い、具体的な改修計画を策定、実施すること。

(7)防災ボランティアの組織化とコーディネーターの育成を図ること。

(8)地域防災組織の育成・指導を充実させること。

(9)起震車の増備を図り、地震災害への啓蒙活動を強化すること。

(10)防災担当者の宿舎等の整備などを図り、地震等の突発的災害に即応できる体制を整えること。

(11)県立都市公園などを都市防災のモデル拠点として位置づけ、飲料水供給施設等を整備すること。

(12)被災建物の応急危険度判定士の養成、補償問題等に対して的確な対処を図ること。

(13)災害時におけるライフラインの確保のために、ライフライン事業者間の連携を推進すると同時に、各種ライフラインの施設の情報の一元化を図ること。

(14)大規模災害時の応急保健医療の充実ために、傷病者の最寄りの医療施設への臨時的な収容(転院)や難病・人工透析患者などの保護、継続的な診療ができる「災害協力病院」の選定等、医療機関相互の連携による自発的な「災害時医療施設協力システム」(仮称)の構築を図ること。

(15)既存の「茨城県救急医療情報コントロールシステム」と連動させながら、災害時にも対応可能な「広域災害医療情報システム」(仮称)の導入をめざし、「茨城県救急医療対策協議会」を中心として検討すること。

(16)原子力モニタリング体制を一層強化し、そのデータを逐次県民に公開するシステムを構築すること。

(17)県の災害情報(原子力事故、地震、大規模火災、自然災害、津波、有毒物質の漏出他)の拠点として、24時間365日稼働の「県危機管理センター」を創設すること。

5-2.生活環境の整備

(1)快適な居住環境をつくるため、全国的にみて低位にある上下水道の整備に全力をあげること。

(2)市町村負担・受益者負担を軽減するため、下水道法改正を国に要請すること。

(3)水道水源の安全性確保に努めること。

(4)老朽化した水道管(特に石綿セメント水道管)の更新を促進すること。

(5)電線の地下埋設化(共同溝、キャブ化)を促進すること。

(6)オープンスペースの確保を図るとともに、駐車場付置条例の制定を促進するなどの都市対策を進めること。

(7)都市公園・道路及び農林地・その他の都市空間における樹木数や公園面積を増やすため「緑の増加計画」を立て、その積極的な推進を図ること。

(8)公園・街路・水辺・斜面等の緑地を緑道で結ぶ「緑と水のネットワーク計画」を強力に推進すること。

(9)老朽化した県営住宅の建て替え計画の促進を図ること。

(10)公営住宅の建設を促進すること。特に、高齢者、障害者用の住宅の建設を進めること。

(11)持ち家取得を容易にするための助成制度の充実を図ること。

5-3.環境保護行政の展開

(1)産業廃棄物の処理が適正におこなわれるよう、不法投棄パトロールカー等を導入し監視体制の強化を図ること。

(2)地域環境プランの策定を促進し、快適な居住環境の保全を図ること。

(3)ゴミ減量化を促進するなど、循環型ライフスタイルの定着の積極的に取り組むこと。

(4)産業廃棄物処理の減量化と有効利用の促進を図ること。

(5)ゴミの分別収集を促進し、資源ゴミの再資源化、リサイクルシステムの構築を図ること。

(6)環境教育・環境学習を促進すること。

(7)地球環境を視野にいれたグローバルな観点に立った環境保全に努めること。特に、県庁内に温室効果ガス削減対策プロジェクトを発足させること。

(8)フロンガス対策のため、県内全市町村からのフロンガスの回収と分解を開始すること。

(9)第8次廃棄物処理施設整備計画にのっとり、缶・瓶を再資源化する施設を早期に設置し、ゴミの減量化を本格的に展開すること。

(10)大気汚染測定について、従来の煤煙を中心とする測定項目を見直し、新たに、清掃工場や自動車排気ガスより発生するベンゼン・アセトアルデヒド・ホルムアルデヒド、クリーニング業に利用されるテロラクロロエチレン・トリクロロレチレンなどの微量でも人体に影響のある(発ガン性物質)をも測定項目とすること。

(11)ゴミのリサイクル、ダイオキシン抑制の立場から、ゴミのRDF化施設に間しては、住民の理解を得ながら積極的に推進すること。

(12)ダイオキシン排出抑制のため、小規模焼却炉の使用中止、ならびに広域化、大規模化、連続運転化を強力に推進すること。

(13)ダイオキシンとがん等の因果関係を調査し、県民の不安の払拭を図ること。

(14)化学物質過敏症への対策を具体的に実行すること。(県営住宅の見直し、保健所の対応窓口に充実)

(15)環境ホルモン対策に積極的に取り組むこと。

(16)公共関与の最終処分場整備を具体的に推進すること。

5-4.交通事故の抑止と道路交通網の整備

(1)交通事故による死者数を抑制するために、シートベルト、チャイルドシートの励行や飲酒・速度違反運転の撲滅を目指し、より積極的かつ効果的な県民運動を展開すること。

(2)交通事故の多いお年寄り・高校生・子供などのため、その年齢層にあった教育や意識にあった教育・意識の高揚などキメ細かな対策を図ること。

(3)住み良い地域づくりのため、生活道路の整備促進を図ること。

(4)児童生徒を交通事故から守るための、通学路の総点検と交通安全施設の整備を促進させること。

(5)年寄り子供などを事故から守るため、その立場にたったキメ細かな交通安全施設の強化を図ること。そのために事故が多い箇所から、総点検を早急に実施すること。

(6)信号機の高度化、統一的管制システムの充実を図り、交通渋滞緩和のために全力を上げること。

(7)歩行者を保護する押しボタン信号を、地域の実情に合わせて増設すること。

(8)北関東自動車道・東関東自動車道水戸線・首都圏中央連絡自動車道等の県の基盤整備につながる幹線の建設促進を図ること。

(9)老朽化した橋梁の掛け替えを促進すること。

(10)高校生への交通安全教育を徹底し、二輪車・自転車等の実地講習を積極的に行うこと。

(11)道路構造そのものを歩行者中心に置いた、車の流れより歩行者の流れを優先した道路づくりを住宅地を中心に整備すること。

(12)交通違反の無人取り締まり装置などを整備し、県民への情報公開を進めること。

5-5.軌道系交通機関の整備

(1)常磐新線の工事進捗を国に積極的に働きかけること。沿線開発に関しては、住民への理解を十分に得ること。

(2)地下鉄千代田線の取手駅までの運転本数を増やすとともに取手以北への乗り入れを促進し、営団地下鉄の本県への乗り入れを積極的に働きかけること。

(3)JR中距離電車の運転本数の増加、ラッシュ時快速電車の中距離電車への置き換え運転、土浦〜我孫子間の区間電車の運転、快速電車の水戸までの延伸による常磐線の輸送力増強を図ること。

(4)JR常磐線の東京駅への乗り入れを積極的にJRおよび国に働きかけること。

(5)沿線開発の進展に伴う需要増加に対応するため関東鉄道常総線の電化・複線化を促進し、常磐新線との一体的な開発を促進すること。更に、踏切の安全確保を徹底すること。

(6)JR宇都宮線(東北本線)の県内区間での新駅整備を具体化すること。

(7)東北新幹線古河駅の設置を働きかけること。

(8)JR水戸線のダイヤ整備、スピードアップを働きかけること。

(9)JR水郡線に、県北地域の観光客誘致のため、常磐線と直結する新型ディーゼルカーの導入を要望すること。

(10)鹿行地域の振興やワールドカップ招致のために、鹿島臨海鉄道鹿島線の整備を積極的に取り組むこと。

(11)土浦・つくば・石岡方面と鹿島地域を公共交通でつなぐ方策を検討すること。

(12)JR常磐線の踏切事故を防止し交通渋滞を解消するため、主要踏切の立体化及び踏切の改修を行うこと。

(13)JR常磐線の上野発特急電車(少なくても高萩まで運行)の最終時刻を一時間繰り下げるよう働きかけること。

(14)高齢者や身体障害者のためのエレベーターやトイレの設置等、駅施設の改良を鉄道会社に働きかけること。また、改良のための補助制度を創設すること。

5-6.飛行場の誘致・整備・安全性の確保

(1)百里飛行場の民間共用化を強力に推進すること。

(2)百里飛行場の民間共用を前提に、周辺の道路等の面的整備を行うこと。

(3)首都圏第三空港についての調査検討を行うこと。

(4)防災ヘリコプターの離着陸拠点を主要都市に整備すること。

(5)県内民間飛行場の安全確保と航空機事故防止にため最大限の努力を払うこと。

5-7.水資源対策

(1)霞ケ浦の水質監視体制の充実と汚濁メカニズム解明のより一層の強化を図ること。

(2)霞ケ浦周辺の公共下水道の整備を促進すること。

(3)霞ケ浦の富栄養化防止条例の施行に伴う諸対策をキメ細かくかつ積極的に展開するとともに、必要な財政援助を強力に推進すること。

(4)湖沼水質保全計画による水質目標の達成のため全力を上げること。

(5)常陸川の水門操作をキメ細かく行い、霞ケ浦の閉鎖性緩和に全力をあげること。

(6)霞ケ浦導水事業を住民の協力を得ながら促進すること。那珂川の水が霞ケ浦や桜川に流入する際は、その放流口を滝や噴水にして、市民親しまれる景観を工夫すること。

(7)生活雑排水対策を推進するため、流域住民への啓発に努めるとともに、生活雑排水処理施設および汚泥処理施設整備などに対する補助の拡大強化を図ること。

(8)建設省の所管になっている霞ケ浦の湖面管理について、県も積極的な対応をすること。

(9)し尿浄化槽の維持管理の徹底を図るとともに、雑排水との合併化を促進すること。

(10)霞ケ浦の水質浄化を図るため、農村集落排水事業の積極的な推進を図ること。

(11)霞ケ浦および流入河川河口の底泥を浚渫するため、処分地の確保・処理方法・底泥の利用などの施策化を積極的に推進し、その計画的事業化を促進すること。

(12)霞ケ浦の夏季に大量発生するアオコ除去対策に全力を上げること。

(13)霞ケ浦湖北流域下水道の処理水を利用した親水行政を展開すること。

(14)霞ケ浦湖内での砂・砂利の採取について、水質浄化の観点から手法や量等の再検討を建設省に要請すること。

(15)霞ケ浦流入河川や霞ケ浦の湖岸に葦や蘆のゆったりとしたベルト地帯をつくり、自然浄化作用を助長すること。

(16)霞ケ浦用水事業については、受益者負担を最小限に止めるよう最善を尽くすこと。

(17)世界湖沼会議の成果を踏まえ、「霞ケ浦環境センター」を早期に具体化すること。

(18)河川・湖沼・海岸などの水辺空間の多目的利用による水辺環境の整備を図り、親水行政を促進すること。

(19)河川堤防の整備に当たっては、自然に優しい工法を研究、導入すること。

(20)自然環境と調和した都市づくりを推進するため、都市景観条例の普及定着を図ること。特に、霞ケ浦・千波湖などについて、その水辺利用を適用対象として検討すること。

(21)霞ケ浦の水質浄化や水資源の確保に重要な役割を果たしている平地林・斜面林の造成保全に全力をあげること。

(22)トリクロロエチレン等の塩素系有機溶剤による地下水汚染防止対策を推進すること。

(23)井戸水の定期検査を促進し、安全な飲料水の確保に万全を期すこと。

(24)安全で良好な水道水を提供できるよう、水道供給施設の整備を促進するとともに、源水対策、監視体制の強化を図ること。

(25)ゴルフ場における農薬使用の厳しい制限と場外排水の防止を図るとともに、その監視・指導体制の強化を促進すること。

(26)県民の快適な住環境を整備するため、合併浄化槽整備や農村集落排水事業への補助金を充実させること。

(27)那珂川水系の堤防工事の進捗を強く国に働きかけること。

5-8原子力施設の安全対策

(1)原子力施設の過度の集中化をなくし、安全性の確保体制を強化すること。

(2)原子力施設の安全対策との情報公開を徹底すること。

(3)放射性廃棄物の処理体制の完璧を期すること。

(4)原子力関連法に地元自治体の関与権を明確にした改正を国に要請すること。

(5)原子力関係施設と県及び関係市町村と結んでいる安全協定については、住民の意思を十分に反映できるように改めること。

(6)放射性物質の搬送に関して、沿道自治体への通告を行うよう国に申し入れること。

(7)原子力施設での事故、放射性部室搬送時の事故等に対応できる防災体制並びに連絡通報体制を市町村が整備できるよう必要な指導、補助を行うこと。

(8)原子力モニタリング体制を一層強化し、そのデータを逐次県民に公開するシステムを構築すること。

(9)県の原子力事故通報体制を強化し、24時間365日稼働の「県危機管理センター」を創設すること。

5-9.県民の安全を守る警察行政の推進

(1)県警警察官の増員と、装備・設備の近代化を図ること。

(2)警察官OBなどを活用し、交番機能の充実を図ること。

(3)犯罪被害者の精神的な悩みや家族などの相談に応ずる、総合的な相談窓口「犯罪被害者対策室」を県警本部内に常設すること。

(4)青少年や中高生にも拡大しつつある覚醒剤等の薬物汚染を予防する対策を図ること。

(5)犯罪捜査に支障のないことを前提に、犯罪の発生状況を示した「犯罪注意マップ」(仮称)を検討すること。(例えば、「車上狙いマップ」、「痴漢・のぞきマップ」など)

(6)交番や駐在所を訪れた外国人のために、電話やテレビ電話を活用した「電話転送翻訳システム」を整備すること。

(7)交通事故多発地点の地図を作製して事故防止を呼びかけること。(「ひやりMAP」を県内全ての市で作成すること)

(8)コンピュータやインターネットを使った犯罪への対応力を強化すること。

(9)広域的な詐欺事犯・経済事犯への対応を強化すること。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

平成11年度予算編成への要望書を提出 - 4.少子高齢社会への対応

平成不況克服に最大の努力を!!
橋本知事に622項目の予算要望を提出


990108yosannyoubou 平成11年1月8日、井手よしひろ県会議員(写真:右)をはじめとする、茨城県議会公明党議員団(鈴木孝治県議:右2番目・足立寛作:左)は、橋本昌茨城県知事に「平成11年度の県予算編成に関する要望書」を提出しました。


 この要望書は、9大項目49中項目622項目に及び、具体的な県政への要望をまとめたものとなっている。

 今回の要望書の特長としては、(神不況の克服対策、⊂子高齢化対策(特に介護保険の充実)、9垪眄改革の推進、っ亙分権の推進、ナ〇磧Π緡邸Χ軌蕕覆匹僚室造鮟電静に訴えたことにあります。

4.少子高齢社会への対応

4-1.少子化への機敏な対応

(1)乳幼児の医療費無料化を拡大し、未就学児の医療費無料化を推進すること。また、自己負担分の撤廃を検討すること。

(2)不妊に悩む夫婦の相談・指導に当たる「不妊専門相談センター」(仮称)の設置を検討すること。また、不妊治療にも保険適用を図るよう国に強く要望すること。

(3)いつでもどこでも利用できる保育サービスを整備すること。また、保育料の大幅軽減を図ること。

(4)保健婦・助産婦などの確保を図るとともに、その待遇改善と研修の充実を促進すること。

(5)児童福祉施設(児童館・保育所等)の整備充実を図るとともに、指導員・相談員などの強化を促進すること。

(6)就労と育児を両立指せるための家庭支援策(事業所内保育サービス・時間延長保育サービス・駅型保育サービス・在宅保育サービス・放課後児童対策等)を積極的に助成措置するを図ること。

(7)乳児保育・障害児保育などの特別保育対策及び保育所の機能の拡充を図ること。

(8)出産・育児不安を解消させるための家庭支援策(育児等に関しての情報を24時間受けることができる体制作り・共働き家庭の子育てに関する相談を土日に受けられる体制作り等)を積極的に助成措置を図ること。

(9)育児支援ボランティア等の育成策に積極的な助成措置を図ること。

(10)いわゆるチャイルド・ヴィジョンによる子供にやさしい街づくり事業・おもちゃ図書館事業等に支援を行うこと。

(11)子供の健全育成を図り、児童虐待などからこどもを守るため、児童相談所を中心に家庭・学校・教育機関・警察などとの間の連携を強めること。

(12)子供の心の健康づくりを進め、母親に対する正しい育児知識・家庭教育に関する知識の普及を図ること。

(13)母子家庭における母親の就業及び職業訓練対策を充実するとともに、各種貸付金制度の改善を働きかけること。

(14)父子家庭対策を確立し、その充実強化を図ること。

(15)母子(父子)家庭の母(父)または子が病気の場合の緊急保育制度及び介護人派遣制度の整備拡充を図ること。

(16)医療・福祉両面から対応できる小児療育センターの設置を県西・県北地域にも促進すること。

(17)登校拒否あるいは不登校等ひきこもりの症状が強い児童生徒に対して行われている「メンタルフレンド(心の友)派遣事業」の充実整備を図ること。

(18)「メンタルフレンド派遣事業」を、一人親家庭への派遣など、多面的な運用を図ること。

(19)児童手当の所得制限を大幅に緩和するよう、国に要望すること。

(20)児童福祉法の大改正を控え、医療保健までを含めた幅広い分野で子育て家庭を支援する体制を整備すること。

4-2高齢者対策

(1)安定した基礎年金制度の確立を国に強く要望すること。

(2)高齢者及び家族などのプライバシーの保護を前提に保健所・福祉事務所・市町村での公的部門の医療機関や福祉施設等の間で、それぞれのもつ各種情報を適切に管理・交換し、相談・指導・援助などを迅速かつ効果的に行えるように体制整備を行うこと。

(3)高齢者や障害者などが長年住み慣れた地域で安心して暮らせるような地域融合型の在宅福祉推進の充実を図ること。

(4)在宅介護支援センターの設置を積極的に促進し、在宅福祉サービスと施設福祉サービスとの有機的連携を図ること。

(5)独居老人の緊急連絡のための緊急通報システムをより付加価値の高いものとしていくこと。

(6)ケア付き高齢者住宅の建設を促進すること。

(7)介護などの福祉サービスについて、マンパワーの不足を補い、その作業負担を軽減することに役立つような高度な科学技術を利用した機器の普及を図ること。

(8)老人性痴呆疾患センターの整備強化を図ること。

(9)高齢者の特性にふさわしい職業の開発を行うなど、高齢者雇用の拡大を図ること。また、中高年齢者を対象とした職業訓練施設の整備充実を図ること。

(10)わくわく財団と市町村高齢者福祉事業団との連携を充分図るとともに、市町村高齢者福祉事業団の未設置市町村に対する指導の強化を図ること。

(11)寝たきり老人・痴呆性老人の介護慰労金を段階的に拡大して、扶養意識を高揚すること。

(12)高齢者の知識・経験を社会奉仕活動・ボランティア活動に活用するための計画と体制づくり・高齢者の生きがい対策を推進すること。

(13)県営住宅に老人単身者用住宅・ペア住宅・ケアハウス・老人室付同居住宅などを整備すること。更に、高齢者に対して家賃面などで特別な配慮を図ること。

(14)高齢者の適したスポーツの振興などによる健康づくり対策を促進するとともに、健康診断等の充実を図ること。

(15)24時間いつでも利用できるような老人訪問看護制度を達成するために、訪問看護ステーションに対して人的、財政的な支援を行うこと。

(16)老人性痴呆症の高齢者に対してグループホームケアをしようとする特別養護老人ホームや老人保健施設等に対して所用の助成措置をすること。

(17)外出して行方の分からない老人性痴呆症などのお年寄りを捜すため「徘徊老人SOSネットワーク」を警察や自治体を中心に公的機関や民間団体が手を結ぶ地域ぐるみの連絡網を整備促進すること。

(18)老人性痴呆症等の高齢者の権利を守るシステム整備に取り組むこと。例えば、日常生活での金銭・財産の管理が不十分な人に対する援助サービスを実施すること。

(19)社会福祉施設への補助金運用に関して、監査・指導を徹底すること。

4-3公的介護保険導入への十分な準備

(1)公的介護保険制度の導入に向けて、万全な体制を取ると共に、公平・公正な介護サービスが可能となるよう市町村を積極的に指導すること。

(2)公的介護保険の広域実施を推進し、介護サービスの十分な提供を図ること。

(3)公的介護保険制度実施の最低条件となる老人保健計画の完全実施を図ること。

(4)要介護認定時の不服申し立て体制を十分に整備すること。

(5)高齢者への配食サービス、声かけサービス(定期的に単身高齢者に電話による安否確認や声かけを行うサービス)、移動サービス(病院や福祉施設への移動を助けるサービス)の介護保険適用を進めること。

(6)要介護認定において保険適用にならない高齢者への福祉対策に万全を期すこと。

(7)介護保険料や保険サービス料負担に耐えられない低所得者への支援策を十分に検討すること。

(8)寝たきりの高齢者を在宅介護する家庭に支給されている介護慰労金を堅持すること。

(9)公的介護保険の県民への広報体制を強化すること。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

平成11年度予算編成への要望書を提出 - 3.地方分権の推進と県民本位の行政システムの構築

平成不況克服に最大の努力を!!
橋本知事に622項目の予算要望を提出


990108yosannyoubou 平成11年1月8日、井手よしひろ県会議員(写真:右)をはじめとする、茨城県議会公明党議員団(鈴木孝治県議:右2番目・足立寛作:左)は、橋本昌茨城県知事に「平成11年度の県予算編成に関する要望書」を提出しました。


 この要望書は、9大項目49中項目622項目に及び、具体的な県政への要望をまとめたものとなっている。

 今回の要望書の特長としては、(神不況の克服対策、⊂子高齢化対策(特に介護保険の充実)、9垪眄改革の推進、っ亙分権の推進、ナ〇磧Π緡邸Χ軌蕕覆匹僚室造鮟電静に訴えたことにあります。

3.地方分権の推進と県民本位の行政システムの構築

3-1地方分権の推進

(1)国の地方分権審議会の勧告の主旨が十分生かされるよう、国に働きかけること。

(2)地方主権の推進のため、補助金行政の見直しと機関委任事務の撤廃を国に強く働きかけること。

(3)国の機関委任事務廃止に伴う、事務の整理(振り分け)に適正かつ迅速に取り組めるようにすること。

(4)地方自治体の利害に関係する法令の制定・改廃・国の予算計画の策定・地域指定等について地方自治体の意向が反映されるよう制度の確立を国に要請すること。

(5)国の地方自治体に対する規制・関与等の見直しについて国に要請すること。

(6)地方主権を推進させるため、地方自治体の独自財源の拡大、財政基盤の強化を国に要請すること。

(7)市町村が、地方分権を担い得る自治体として自立できるよう、行政の広域化を推進するとともに行財政の充実を目指し指導すること。

(8)市町村のインターネット網の整備、コンテンツの充実に対して、財政的補助、技術的指導を積極的に行うこと。

(9)定住外国人への地方参政権付与を進めること。

3-2地方財源の確保

(1)地方財政の充実のため地方交付税の合理化および増額を国に要請すること。

(2)公営企業の健全化と国民健康保険会計の健全化を図ること。

(3)財政基盤の確立を図るため、自主財源の確保に努めること。

(4)安定的な自主的財源を確保するため税体系の見直しを国に要望すること。

(5)地方税の見直し(特に、事業税における課税標準額の分割)について、国に要請すること。

(6)県税の収入未済額の圧縮に努めること。

(7)超低金利時代の到来により、福祉等の事業の遂行に支障をもたらす恐れがあるものは、あらかじめ必要な財源措置をはかること。

(8)不況克服のための減税財源を国税中心に行い、地方税への負担をなくすことを強く国へ要望すること。

3-3県民への情報公開とサービスの向上

(1)県民への積極的な情報公開を推進し、食糧費・出張旅費などの資料は全面公開を原則とすること。

(2)情報公開制度の適切な運用を図ること。開示手数料の引き下げや開示対象者の範囲拡大を検討すること。インターネットでの情報開示を拡大すること。

(3)オンブズマン制度・外部監査制度の導入を含めて県民の県政への参画機会を増やし、行政の公正な執行を図ること。

(4)公共工事の入札制度の見直しを更に進め、1億円以上の公共工事に関しては、「条件付一般競争入札」にし、最低制限価格制度を廃止すること。

(5)県の行う公共事業並びに物品・サービスの購入に関する入札結果を、データベース化し、県民に広く公開すること。

(6)いわゆる官官接待は廃止し、食糧費の圧縮、適正な執行を図ること。

(7)マルチメディア時代に対応したワンストップ行政サービスを実現すること。

(8)旅券発行業務の窓口の拡大、ならびに業務時間の拡大を行うこと。

(9)県民に身近な行政をめざし、県北地域と県央地域の総合事務所の所管地域の見直しを図ること。

(10)昼休み時間の窓口業務を、すべての窓口で行えるよう努めること。

(11)情報公開条例の抜本的見直しを行い、県議会や県警本部を情報公開条例の対象に加えるよう検討すること。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

平成11年度予算編成への要望書を提出 - 2.行財政改革の推進

平成不況克服に最大の努力を!!
橋本知事に622項目の予算要望を提出


990108yosannyoubou 平成11年1月8日、井手よしひろ県会議員(写真:右)をはじめとする、茨城県議会公明党議員団(鈴木孝治県議:右2番目・足立寛作:左)は、橋本昌茨城県知事に「平成11年度の県予算編成に関する要望書」を提出しました。


 この要望書は、9大項目49中項目622項目に及び、具体的な県政への要望をまとめたものとなっている。

 今回の要望書の特長としては、(神不況の克服対策、⊂子高齢化対策(特に介護保険の充実)、9垪眄改革の推進、っ亙分権の推進、ナ〇磧Π緡邸Χ軌蕕覆匹僚室造鮟電静に訴えたことにあります。

2.行財政改革の推進

2-1. 地方財源の充実確保

(1)地方税財源の確保を国に働きかけること。

*国と地方との税源配分の逆転現象の解消を図ること。

*法定外普通税の課税自主権を確保すること。

*法定外目的税の創設を目指すこと。

*消費税のうち地方分を1%から2%に引き上げることを国へ要望すること。

*不況克服のための減税財源を国税中心に行い、地方税への負担をなくすこと。

(2)県税未済額の縮減に全力を挙げること。

(3)病院会計、福祉分野での事業会計、競輪事業会計、企業会計などに企業経営的手法を導入し、一般財源からの繰り出しを圧縮すること(一般財源への繰出しを拡大すること)。

(4)遊休県有施設、県有地の有効活用を図り、不要不急のものは積極的に処分を行うこと。

2-2組織機構のスリム化、効率化

(1)福祉部と衛生部の統合を円滑に推進し、統一的で効率的な福祉、医療行政の展開を図ること。

(2)児童相談所、婦人相談所、精神薄弱者相談所、身体障害者相談所などの相談機能を統合し、総合的な相談所を整備すること。

(3)産業技術専門学院(公共職業訓練所)については、社会情勢の変化を勘案し、再編整備を断行すること。

(4)農林水産部に農地局を編入し、組織のスリム化と効率化を図ること。

(5)農業改良普及センターと土地改良事務所の連携を強化すること。

(6)生涯教育、文化事業は知事部局への移行も含め、一体的な政策展開を図ること。

(7)県の出資法人の合理化と、その情報開示を徹底すること。

2-3事務的経費の徹底的な削減

(1)一般事務経費の大幅な削減を図ること。そのために、事務経費、食糧費、出張経費などを逐次公開し、削減効果を明確に開示すること。

(2)事務経常経費を大幅に削減すること。

*決裁体制を見直し効率的なシステムを構築すること。

*不要な書類、申請書、押印などの大幅削減を図ること。

*OA化を進め、庁内イントラネットの導入、DTPによる印刷経費の削減、データーの共有化・電子データ化の推進を図ること。

*省エネを徹底し、資源のリサイクル活用を徹底すること。

(3)県職員や県議会議員の海外出張時の「支度料」を、定額支給から出来高支給(実費精算払い)への変更を検討すること。

2-4. 事務事業・補助金の抜本的見直し

(1)事業費の削減規模は、総枠で15%以上を確保すること。

(2)事務事業の見直しの基本としては、福祉(民生)費、医療(衛生)費、教育費については、事務経費、人件費を除く予算枠の削減は行わないこと。

(3)公共事業費の削減を思い切って断行すること。特に、県単公共事業費の20%以上の削減を図り、国補事業についても15%以上の削減を行うこと。

(4)公共事業の単価縮減に取り組むこと。具体的には、平成12年度末まで3割縮減を目指し、縮減計画を立案すること。

(5)各種記念行事、式典等は出来るだけ簡素化して実施すること。

(6)公共工事等での完成時の業者への金一封等の虚礼は原則廃止すること。

(7)未利用の県有財産の売却を進めること。その際「参考価格」的なものを事前公開することを検討すること。

2-5大規模建設事業の見直し

(1)社会的、経済的情勢変化を勘案した事業の抜本的見直しを図ること。(時のアセス手法の大胆な実施)

(2)サッカーワールドカップ関連事業、インターハイ関連事業など実施時期が明確な事業は遅滞なく進めること。

(3)防災関係(防災情報ネットワーク整備事業)、医療関係(地域がんセンター整備)、福祉関連(桜の郷整備計画の一部、県立福祉施設の更新事業)、教育関連(高等養護学校整備計画、生涯学習センター整備計画)などを優先して事業着手すること。(ただし、事業完成時期は若干の延期はやむおえない)

(4)その他の大規模建設計画は、実施予算執行を2001年度以降とすること。

2-6.人件費、公債費の抑制

(1)人件費についても削減目標を設定し、総枠3%削減を計ること。

(2)交通費、出張旅費、食料費など各種経費についても20%以上の大幅削減を図ること。

(3)職員退職金の退職時上載せ支給を再検討すること。

(4)地方事務官の報奨金支給を再検討すること。

(5)幹部職員に関する給与引き上げを当分の間凍結すること。

(6)県債の償還方法の変更による負担の平準化をはかること。

(7)県債の借り換えによる県債利子の圧縮を図ること。

(8)一時借入金の金利負担のため、複数の金融機関による入札制度なども視野に入れた多様な資金調達方法を検討すること。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

平成11年度予算編成への要望書を提出 - 1.不況克服対策

平成不況克服に最大の努力を!!
橋本知事に622項目の予算要望を提出


990108yosannyoubou 平成11年1月8日、井手よしひろ県会議員(写真:右)をはじめとする、茨城県議会公明党議員団(鈴木孝治県議:右2番目・足立寛作:左)は、橋本昌茨城県知事に「平成11年度の県予算編成に関する要望書」を提出しました。


 この要望書は、9大項目49中項目622項目に及び、具体的な県政への要望をまとめたものとなっている。

 今回の要望書の特長としては、(神不況の克服対策、⊂子高齢化対策(特に介護保険の充実)、9垪眄改革の推進、っ亙分権の推進、ナ〇磧Π緡邸Χ軌蕕覆匹僚室造鮟電静に訴えたことにあります。

1.不況克服対策

1-1. 地域振興券事業の円滑実施

(1)市町村が行う地域振興券事業の円滑な実施を強力に支援すること。

(2)市町村の枠を超えた広域実施など、住民の立場に立った制度の実施を推進すること。

(3)支給対象見込み者の申請書の郵送や地域振興券の郵送による配布などを市町村に指導すること。

(4)地域振興券事業の経費全額(振興券の郵送経費などを含む)を国が責任を持って負担するよう強く働きかけること。

1-2. 金融支援策の強化

(1)信用保証協会の経営基盤を強化し、中小企業に対する保証業務の拡充を図ること。

(2)企業のリストラ支援融資の金利に県費助成を行い、無利子の融資制度を創設すること。

(3)中小企業向けの制度融資に、無担保・無保証融資を拡充すること。

(4)中小企業者の新分野(ベンチャービジネス)進出のための融資制度の枠を拡大し、利用しやすくすること。

(5)大型店の進出に対応した融資制度の内容の充実を図ること。

(6)県内の金融秩序の維持のため、信用金庫(組合)・農業協同組合等の金融機関の情報公開(ディスクロージャー)を、更に推進すること。

(7)県内金融機関の中小企業への貸し渋りに対して十分な対策を行うこと。

1-3. 製造業経営の安定と指導の充実

(1)工業技術センターの施設及び研究指導機能の拡充強化を図ること。

(2)住宅混在地における中小工場の移転促進を図ること。

(3)中小企業の技術開発力の向上を図ること。

(4)中小企業のリストラを支援し、自立化促進を図ること。

(5)つくば地区の研究機関が有する技術シーズを県内企業へ移転促進すること。

(6)下請企業の受注の確保と取引のあっせん強化を図ること。

(7)県上海事務所を活用した中国進出企業の支援策の展開を図ること。

(8)新産業(ベンチャービジネス)の育成策の展開を図ること。

(9)県北産業支援センターを地域製造業活性化の中心拠点として支援すること。

(10)中小製造業の高度な技術やノウハウを県内外に紹介する仕組みを整備すること。

1-4. 商業経営の充実安定

(1)商業の高度化をさらに図ること。

(2)商店街の環境整備の促進を図ること。

(3)市街地再開発にともなう商業拠点の整備充実をさらに図ること。

(4)商店街の活性化のためのリーダー育成を図ること。

(5)街路、駐車場の整備、空き店舗の活用、買い物バスの運行など商店街の活性化を図ること。

(6)街づくりと一体となった新しい商業集積づくりの推進を図ること。

(7)小規模企業の指導・育成を図ること。

(8)中小流通業の活性化と県内流通機能の強化を図るため、流通施設の整備を促進すること。

(9)中小企業の国際化を促進すること。

(10)卸売業及びサービス業の振興を図ること。

(11)アーケードや店舗等の防災対策に対する県費での補助を全県に拡大すること。

(12)国、県、市町村が一体となり、個人消費を喚起するためのプレミア付き地域商品券の発行を推進すること。

1-5. 地場産業の育成

(1)地場産業、伝統産業の育成強化を図ること。

(2)立地環境の整備、設備の近代化を図ること。

(3)地場産業振興のビジョンの具体化を図ること。

(4)観光振興対策の一環として市町村が行う観光関連施設を整備し、事業に対して県は積極的に支援すること。

(5)地場産業振興拠点施設の整備を図ること。

(6)観光客の受け入れ体制の整備充実を図るとともに、本県観光のイメージアップと誘客宣伝について、県が主体となって推進すること。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。
6期24年にわたり
茨城県議会議員を務めました。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: