ひたちの大煙突とさくら(ある町の高い煙突の背景)

大煙突からみた日立市
 日立市のシンボルといえば、「大煙突とさくら」です。この一見関係性のない2つのシンボルは、実は同じルーツを持っています。
 現在日立市では、市民有志、企業、そして自治体が一体となり、新田次郎の名作「ある町の高い煙突」の映画化が進んでいます。このブログはこの映画のモチーフともなっている「大煙突とさくら」について、日立市の資料などからまとめてみたいと思います。

【日立鉱山の発展と煙害の深刻化】
 日立市の産業発展の源は、日立鉱山の創業にもとめることができます。
 佐竹氏がこの日立地域を治めていた江戸時代以前から、この地には「赤沢銅山」が存在し、細々と銅の採鉱が行われてきました。
 1905年(明治38年)、日本鉱業の創業者久原房之助がこの赤沢銅山を買収し、その名を村名の「日立村」にちなんで「日立鉱山」と改称し、近代的な鉱山経営に乗り出しました。
 日立鉱山は当時の最新技術、積極的に取り入れ、銅の鉱脈探しを進めました。わずか2年で、その後の鉱山隆盛期の核となる良質の鉱床を次々と発見。銅の埋蔵量の豊かさを確信した久原は、他鉱山の銅鉱石を買い入れて製鉄することを決断しました。銅の製錬所を本山地区から、2キロほど海よりの天童山大雄院(だいおういん)の寺域に移し、1912年(大正元年)までに合計10基の溶鉱炉を完成させました。
 時代は日露戦争から第一次大戦へ流れ、日本は大正デモクラシー、そして未曾有の好景気を迎えていました。富国強兵の時下にあって銅の需要は大幅に拡大しました。わずか7〜8年で、これだけの大規模な事業者が県北の寒村に出現したことは、現代のベンチャー企業がシリコンバレーのような地域に急成長したことに例えられかもしれません。
続きを読む

2017年12月8日(金) 晴れのち雨

住民相談(相続問題について)

井手よしひろ県政ホットラインを地元金沢団地に配布

県議会一般質問


磯山さやかの旬刊!いばらき『ひらめ』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが茨城県の魚「ひらめ」を紹介します。
茨城で水揚げされる「ひらめ」は、肉厚で市場では「常磐もの」と呼ばれ高い評価を受けています。特に冬は最も脂が乗りおいしい季節。那珂湊のお魚市場には、目の前の港で水揚げされた、新鮮なひらめを使った海鮮丼やお刺身など、地魚料理を堪能できるお店がたくさんあります。
冬こそおいしい寒びらめ、堪能してみませんか?

歩数【6000】歩・移動距離【82】km

イノベーション大県いばらきを目指して、16項目の特区申請


 12月4日、茨城県は国家戦略特区として、「ドローン」を使った物流インフラ構築に向けた実証実験、搬送用ロボットの歩道走行実験、県独自の教員免許状制度の創設、外国人材の活用など16項目を内閣府に提案・申請しました。国家戦略特区は、安倍内閣が掲げる成長戦略の目玉の一つです。新たに就任した大井川知事の新しい茨城づくりの最優先の取り組みでもあります。県は2013年度から外国人の農業実習生受け入れ延長やロボットを活用した新産業創出など、計5回の提案をしているが、残念ながらこれまでに指定が認められたものはありません。茨城県の熱意が国を動かすか、今月中にも採用されるかどうか結果が出ると言われており、大いに期待したいと思います。
 具体的には、150キロ超の大型ドローンは製造、飛行ともに航空法などで許可が必要となります。さらにドローンの飛行自体には肉眼による常時監視が必要となっており、こうした規制を緩和することで煩雑な手続きを省くことができます。数十キロ単位の荷物を運ぶドローンを研究開発している筑西市の運送会社「五光物流」と共同で特区提案しました。
(動画は「人も運べるドローン・自律飛行型GEN H-4R」 GPSおよび加速度センサ等各種センサからの情報を元に自律飛行を実現しています。重心移動システムの新たな追加により、高速移動や風の中での飛行安定性が良くなります。詳しくはhttp://www.gen-corp.jpまで)続きを読む

2017年12月7日(木) 晴れ

JR日立駅で県議会報告<12月議会について、地域おこしについて>

県議会一般質問

茨城ロボッツ公式戦
日立開催『茨城ロボッツVS愛媛オレンジバイキングス』
12月9日(土)、10日(日)の両日、池の川さくらアリーナでプロバスケートボールBリーグ、茨城ロボッツVS愛媛オレンジバイキングスの公式戦が開催されます。
県内唯一のプロバスケットチームである『茨城ロボッツ』が日立で熱戦をくりひろげます。ぜひ応援に行きましょう。
B・LEAGUE公式サイトhttps://www.bleague.jp/

歩数【6000】歩・移動距離【90】km

ネット犯罪対策、自分を守る知識身に付けよう

犯罪に遭うかもしれないと不安になる場所
 内閣府が先月(2017年11月)公表した「治安に関する世論調査」では、「犯罪に遭うかもしれないと不安になる場所」を複数回答で聞いたところ、「インターネット空間」が61.1%で首位になりました。5年前の前回調査では「インターネット空間」は約42%で、「繁華街」「路上」の次でした。「インターネット空間」の約20ポイントもの上昇は、ネット犯罪への国民のいら立ちを表しています。
 架空請求や、ネット上の誹謗中傷といった被害を避ける基本は、ネット利用者がしっかりとした自己防衛の意識を持つことです。そのための知識、マナーの普及をさらに進める必要があります。
 ネット空間を不安と回答した人の年齢を見ると、18〜29歳、30〜39歳、40〜49歳、50〜59歳の各層で70%を超えています。日本を支える現役世代がネット犯罪に不安を感じている深刻な事態でなのです。
 現実社会の中で犯罪に当たる行為はネット空間でも犯罪です。“おかしい”“危ない”と感じたらすぐにそのサイトから離れることが大原則です。
 例えば、名前や住所など個人情報を書き込ませようと誘導したり、不必要にクレジットカード情報を求めるサイトは要注意です。利用した覚えのないサイトからの一方的な請求は無視して一切連絡を取らないことも基本です。
 万が一、被害に遭ったりトラブルに巻き込まれたら、すぐに警察に相談することが大切です。その際、電子メールやサイトの画面を印刷したり、振込用紙の控えなどの資料が用意できればより早く対応してもらえます。
 また、学校教育ではネット利用の知識、マナーを標語にして教える努力も進んでいます。兵庫県警は「ネットで知り合った人に会いに行かない」「パスワードは家の鍵と同じ、秘密にしておこう」などの注意事項を盛り込んだ標語を作ってPRしています。
続きを読む

2017年12月6日(水) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告<12月議会について、地域おこしについて>

井手よしひろ県政ホットラインを地元金沢団地に配布

県議会一般質問


農林水産祭で天皇杯を受賞JAなめがた、知事に報告
11月29日、JAなめがた甘藷(かんしょ)部会連絡会が農林水産祭で天皇杯を受賞し、行方市の鈴木周也市長や生産者が、県庁に大井川和彦知事を訪ね、報告しました。
本年度新設された「多角化経営部門」で受賞した。焼き芋の焼き方や味を左右する成分を分析し、高品質生産を確立したほか、菓子メーカーの白ハト食品工業と提携した体験型農業テーマパーク施設で6次産業化に取り組むなど、生産者の所得向上や地域活性化への貢献が評価されました。
大井川知事は「新しい農業経営で、これからも日本一を目指してほしい」と激励。同JAの棚谷保男組合長は「食のグローバル化が進む中、焼き芋で世界に打って出たい」、箕輪秋雄部会長は「新たなサツマイモの食べ方も提案していきたい」と意欲を見せました。

歩数【6000】歩・移動距離【85】km

日立で進む2つの素敵な夢に、投資してみませんか?

ねこ本カフェ
 日立の北と南で、ちょっと変わった“本”をめぐるクラウドファンディングが進んでいます。
 まず、北の「ねこ本カフェ」をご紹介します。
 クラウドファンディングサイトReadyforに、「ねこ本カフェ」をオープンさせるための支援を呼び掛けているのは猫雑貨店「ねこりん」のオーナー・林崎絵梨さんです。林崎さんは、社会人1年目で発症した線維筋痛症を発症。当時、ほぼ寝たきりの生活をしていた林崎さんの心の支えとなってくれたのが、飼っていた3匹の猫たちでした。しかしその後、さらに体調が悪化。日立に帰郷したことも重なり、その猫たちを手放さざるを得なくなってしまいました。そうした猫への罪滅ぼしの気持ち、感謝の気持ちを込めて猫愛護の啓蒙活動をしています。
 林崎さんは「少数の人で愛護活動をしているだけでは限界がある。大勢の人に猫の問題を知ってもらうため、猫の本やかわいい雑貨を入り口にしてほしい」という思いで「ねこ本カフェ」のオープンを目指しています。
 カフェの場所は日立市日高町、JR常磐線小木津駅西口広場前の空き店舗。店内には猫に関する本を1000冊程度用意し、ドリンクやフードのオーダーをすると読書スペースを利用できるシステムです。お店の中に本物の猫ちゃんはいませんが、譲渡情報や啓発資料を提供。委託や手作りの猫雑貨を販売します。すでに、700冊の本が集まっています。
 プロジェクトは12月22日までに目標金額の50万円が集まった場合にのみ成立。集まった資金は改装、じゅう器、備品の購入などに使われます。オープン予定は2018年1月頃です。
「かわいい!」から猫の問題を考える「ねこ本カフェ」を日立市へ
https://readyfor.jp/projects/necolin続きを読む

2017年12月5日(火) 晴れ

JR大みか駅で県議会報告<子育て支援の充実、地域おこしについて>

水戸市内で県政に関わる意見交換(茨城県医師会、茨城県建設業協会他)

日立の日の出
日の立ち昇るところ、領内イチ
「日立」の名の由来をご存知ですか?
この名は、水戸黄門として親しまれている徳川光圀公が、神峰山の山頂を訪れ、海から昇る朝日の美しさを「日の立ち昇るところ領内一」と称えたという故事に由来すると言われています。
日立製作所は、この地で創業したために“日立”という地名を社名に採用しました。
日立市は東側に太平洋を望み、西側に山々が広がっているため、海から緩やかに山へと続いていく特徴的な地形を有しています。そのため海からはもちろん、高台に登ればいたるところから海から立ち昇る朝日を見ることができます。
日の出のおすすめスポットを日立市がまとめましたので、参考にしてみてください。
http://www.city.hitachi.lg.jp/miryoku/miryoku/hinode.html

歩数【6000】歩・移動距離【99】km

日本版観光DMO、地方の観光振興に役割大きい

観光DMO
 日本を訪れる外国人観光客が増え続けています。その勢いを地方振興にもつなげる必要があります。観光庁によると、今年の訪日客数は2800万人を超え、5年連続で記録を更新する見込みです。今年1〜9月期の訪日客消費額も初めて3兆円の大台を突破、年4兆円の達成は確実です。
 政府は、2020年までに訪日客を4000万人、消費額を8兆円にする目標を掲げています。そのカギを握るのが地方の魅力発信です。今もなお東京、富士山、関西を巡る「ゴールデンルート」が中心となっている訪日客の目を、どう地方に向けさせるかです。
 この点で注目したいのが、「日本版DMO(デスティネーション・マネジメント・オーガニゼーションの略)」です。
 欧米で導入されているDMOは、自治体や事業者など幅広い連携によって地域観光を推進する法人組織。訪問客の調査・分析や観光ルートの開発など、観光振興に必要なさまざまな戦略を担う、いわば地域観光の司令塔です。
続きを読む

2017年12月4日(月) くもりのち雨

日立市内で県議会報告<子育て支援の充実、地域おこしについて>

大井川和彦知事就任祝賀会に出席


磯山さやかの旬刊!いばらき『奥久慈しゃも』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが「奥久慈しゃも」を紹介します。
全国の品評会で1位にも選ばれ,多くの有名店でも使われている茨城のブランド地鶏「奥久慈しゃも」は、奥久慈の大自然の中でじっくり育てられているため、低脂肪で引き締まった肉質が特徴です。その味を堪能するため大子町へ。しゃも鍋をはじめ、しゃもづくしの料理がいただけます。
奥久慈しゃものおいしさ、味わってみませんか?

歩数【6000】歩・移動距離【30】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: