熊本地震から1年、災害対策への首長の重い責任

益城町の地震被害
 4月15日、発災から1年を迎えた熊本地震。6200棟以上の住宅が全半壊し、災害関連死を合わせて37人が亡くなった熊本県益城町で追悼式が開かれました。観測史上唯一、2度の震度7に見舞われた人口3万人余りの町では今、住宅の解体、再建の槌音が響き渡っています。
 4月10日、この益城町の町長ら熊本地震や東日本大震災などで大きな被害を受けた15人の首長が、災害時にトップがなすべき事柄「災害時にトップがなすべきこと」 をまとめて発表しました。熊本地震など最近の災害では市町村長の判断が遅れたり、備えが疎かだったりして、被害が大きくなったり、混乱が広がったりしました。
 「災害時にトップがなすべきこと」は、熊本市長や熊本県益城町の町長、それに岩手県陸前高田市長や宮城県石巻市長、さらには台風などの大雨で被害を受けた兵庫県豊岡市長や新潟県三条市長など、最近の大規模な災害で被災した15人の市町村長が共同でまとめたもので、松本防災担当大臣に手渡されました。
続きを読む

2015年4月15日(土) 晴れ

住民相談への対応(市内の交通渋滞緩和)

住民との意見交換(東海第2原発再稼働問題について)


磯山さやかの旬刊!いばらき『県北観光』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが「県北観光」を紹介します。
日本の原風景が広がる茨城県常陸大宮市。四季折々の景色と古き良き情景を今に伝えるレトロな建築が立ち並びます。こちらの地域は人気ドラマのロケ地になるなど今注目を集めているスポットです。里山に佇む隠れ家カフェもご紹介。茨城産の小麦と自家製酵母で仕上げるこだわりパンが評判となっています。
茨城で心安らぐひと時を感じてみませんか?

歩数【6000】歩・移動距離【28】km

【小説「ある町の高い煙突」映画化!】企画発表会開かれる


松村克弥監督の挨拶
 新田次郎の小説「ある町の高い煙突」が映画化されることになり、4月13日、企画発表会が行われました。
 この小説は、日立市のシンボルとして長年親しまれている「大煙突」建設までの歴史をモデルとした作品で、鉱山の発展とともに生じた煙害を、市民と企業が共同で克服するまでの道のりが描かれています。
 監督は「映画・天心」「サクラ花〜桜花最期の特攻〜」など、茨城県に縁がある作品を手掛けてきた松村克弥さん。松村監督は「大煙突を造る過程の人間ドラマを描きたい」と意欲を語りました。
 このブログでは、企画発表会での松村監督、小川春樹日立市長、応援する会の原田実能事務局長、内田芳薫事務局次長の挨拶を動画で紹介します。
続きを読む

新人口推計/子育て支援を、さらに急ぎたい

日立市の人口推計
 4月10日、国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を公表しました。
 その推計結果のポイントは、
  1. 30〜40歳代の出生率実績上昇を受け、合計特殊出生率は上昇
    推計の前提となる合計特殊出生率は、近年の30〜40歳代の出生率実績上昇等を受け、前回推計の1.35から1.44に上昇(中位仮定)。 平均寿命は、平成27年、男性80.75歳、女性86.98歳から、平成77年に男性84.95歳、女性91.35歳に伸びる(中位仮定)。
  2. 前回推計と比較して人口減少の速度や高齢化の進行度合いは緩和
    総人口は、平成27年国勢調査による1億2709万人から平成77年には8,808万人と推計(出生中位・死亡中位推計、以下同様)。
    老年人口割合(高齢化率)は、平成27年の26.6%から平成77年には38.4%へと上昇。
    この結果を前回推計と比較すると、総人口は8,135万人が8,808万人、総人口が1億人を下回る時期は2048年が2053年、 老年人口割合が40.4%から38.4%と、人口減少の速度や高齢化の進行度合いは緩和する。
    老年人口(高齢者数)のピークは2042年で前回と同じ(老年人口は3,878万人から3,953万人へと増加)。
  3. 出生仮定を変えた場合の2065年の総人口、高齢化率
    出生の仮定が、高位仮定(1.65)の場合の平成77年の総人口と老年人口割合(高齢化率)は、それぞれ9,490万人、35.6%、低位仮定(1.25)の場合は、8,213万人、41.2%と推計。また、出生率を1.80に設定した場合には、1億45万人、33.7%と推計しました。
続きを読む

2017年4月14日(金) 晴れ

平成28年政務活動費の集計作業

鉾田市、行方市で県政報告・住民との意見交換(救急医療体制の整備、東関道の早期整備などについて)


夜の森のさくら2017
福島県富岡町夜の森に、今年も行ってきました。これで5回目です。
毎年毎年着実に復興は進んでいます。特に今年は、桜のライトアップが始まり、観光バスで来ている方々も目立ちます。JR夜ノ森駅の除染もかなり進んでいるように見受けました。
富岡の街の中も全く変わりました。この春には、新たな商業施設もグランドオープン。課題、問題は山積みですが、福島は少しずつ前に進んでいます。
(2017/4/12午後撮影)

歩数【6000】歩・移動距離【184】km

「ある町の高い煙突」映画化に向けて企画発表会開催

松村克弥監督「ある町の高い煙突」企画発表会
 4月13日、井手よしひろ県議らが支援している「ある町の高い煙突」映画化の企画発表会が、日立シビックセンターで行われました。
 鉱山の煙害を克服した日立の大煙突建設を巡る実話を描いた直木賞作家・新田次郎の小説「ある町の高い煙突」が映画化されることになりました。監督は「映画・天心」「サクラ花〜桜花最期の特攻〜」など、茨城県に縁がある作品を手掛けてきた松村克弥さん。松村監督は「大煙突を造る過程の人間ドラマを描きたい」と意欲を語りました。地元日立市は「大煙突は日立のシンボル」として、資金面を含めて支援すると記者会見に同席した小川春樹市長が語りました。大煙突の建設にかかわる日本鉱業(現JXホールディング)や日立製作所グループなど企業も支援を具体的に検討しています。また、市民による応援組織も立ち上がり、事務局を代表して原田実能さん、内田芳薫さんがあいさつしました。
 1905年の日立鉱山操業に伴い、銅の精錬時に発生する亜硫酸ガスは周辺の山々を枯らし、農作物に大きな被害をもたらしました。地元住民は、若者を中心に、日本鉱業と真摯な交渉を行い、高さ155.7メートルの世界一の大煙突を建設し煙害克服を克服しました。この小説は住民側の関右馬允、企業側の角弥太郎を中心に描かれ、1969年に出版されました。
続きを読む

2017年4月13日(木) 晴れ

「ある町の高い煙突」映画化に関するPR動画撮影のため、松村克弥監督に同行

「ある町の高い煙突」映画化の企画発表会に同席

県議会で地方創生に関して意見交換


日立の大煙突 映画化 松村監督「人間ドラマ描く」 新田次郎原作
続きを読む

今年度から給付型奨学金制度先行実施、締め切りは4月末


第3回OKAMOTOホットトピック(奨学金制度)
 公明党の長年の主張を受け政府が新設する、大学生らを対象とした返済不要の給付型奨学金に関し、実施主体となる日本学生支援機構は3月31日、申請手順などを示した案内を公表しています。2017年度の一部先行実施の申し込みは原則的に4月中に締め切られます。機構では「募集時期を逃さないよう注意してほしい」と呼び掛けています。
 対象は住民税非課税世帯などの大学、短大、専門学校、高等専門学校(4、5年)の学生など。これには、公明党の主張を受け、一定の要件を満たした浪人生や高校卒業程度認定試験の合格者らも含まれています。
続きを読む

2017年4月12日(水) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告(日立のさくら100年と交流人口の拡大について)

日立市内の住宅火災現場を確認

日立市立助川小学校“四代桜”を視察

福島県富岡町夜の森地区を現地調査

日立市十王町で県議会報告を行う

夜の森のさくら
福島県富岡町夜の森地区を現地調査
福島県富岡町夜の森に、今年も行ってきました。今年で5回目です。
毎年毎年着実に復興は進んでいます。特に今年は、桜のライトアップが始まり、観光バスで来ている方々も目立ちます。
JR夜ノ森駅の除染もかなり進んでいるように見受けました。
富岡の街の中も全く変わりました。この春には、新たな商業施設もグランドオープン。課題、問題は山積みですが、福島は少しずつ前に進んでいます。

歩数【3000】歩・移動距離【304】km


子どもたちを見守り、明治・大正・昭和・平成の4代咲き誇る“4代桜”

4代桜
 日立市の助川小学校の校庭には、明治・大正・昭和・平成と四代に渡って咲き続けている一本の桜の木があります。今年も見事な薄いピンク色の花を咲かせました。
 今年は日立のさくら100年の節目の年。1917年(大正4年)頃、鉱山の煙害対策用として、大島桜が現在の東海村石神農場で育苗されていました。この大島桜に接ぎ木して、染井吉野の苗木が作られました。この苗木約1200本を日立鉱山の社宅であった諏訪台、杉本、大雄院、掛橋の地域に植えたのが、日立のさくらの起源となりました。
 その桜に先立つこと10数年、1905年(明治38年)に日露戦争の戦勝記念として、助川小学校(当時の高鈴尋常小学校)の校庭に数本の桜が植えられました。日露戦争が始まると新聞には「開戦記念献桜募集」の記事が載り、人々からの寄付で桜の苗木を買い、全国の神社や公園、学校に戦勝祈願のために植えられました。残念ながらナショナリズムの発露として植えられたようです。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: