2018年2月11日(日) 建国記念の日 晴れ

県議会代表質問のための原稿作成


真壁のひなまつり<和の風十六章>開幕
見世蔵などにひな人形を飾る「真壁のひなまつり 和の風十六章」が4日、桜川市真壁地区で開幕した。多様なひな人形が風情豊かな街を彩り、初日から大勢の観光客が街歩きを楽しんだ。3月3日まで。
江戸時代からほとんど変わらない町割りに、見世蔵や土蔵などが軒を連ねる同地区は県内で唯一、国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定されている。今年は約160軒の店舗や住宅にひな人形が飾られている。
初日は穏やかな天候に恵まれ、午前中から多くの人でにぎわった。江戸から昭和までのひな人形が一堂に並ぶ「潮田家住宅」(国の登録有形文化財)では、「皆さんが今年も楽しみにしてくれるのがうれしい」と、潮田美代子さんが笑顔で迎えた。
家族4人で訪れていた下妻市、草間亜矢子さんは「真壁の街並みが好き。ひな人形が飾られてさらに明るくなる感じ。貴重な街並みがこのまま残っていくといい」と話した。初めて訪れたつくば市、沖津秀雄さんは「街の中にさまざまなひな人形が飾られ、盛り上がっていて驚いた」と感慨深げだった。

歩数【6000】歩・移動距離【3】km

企業誘致促進へ、工業団地の分譲価格大幅引き下げ

工業団地の販売価格引き下げ
 2月9日、茨城県は企業誘致を促進しようと県内8つの工業団地の分譲価格を、大幅に引き下げると発表しました。
 県は新年度からの政策の柱として「産業の創出」を掲げていて、企業誘致を進め、地域の産業振興を図っていきたいとしています。
 分譲価格が引き下げられたのは、常陸大宮市と常陸太田市にまたがる宮の郷工業団地、那珂市の那珂西部工業団地、ひたちなか市の常陸那珂工業団地、茨城中央工業団地の1期地区、2期地区と笠間地区、小美玉市の茨城空港テクノパーク、行方市の北浦複合団地の8つの工業団地です。
 このうち、小美玉市の茨城空港テクノパークが、1平方メートルあたり2万6000円だったのを、1万1900円から1万3200円に49%値下げしたのをはじめ、そのほかの工業団地も36%から15%の値下げとなっています。
続きを読む

2018年2月10日(土) 晴れ

県議会代表質問のための原稿作成

日立お天気相談所
「ある町の天気相談所」発行開始!
日立市天気相談所の業務や歴史、気象に関する知識を広く知っていただきたい!という想いから、広報紙「ある町の天気相談所」を発行することになりました。
天気相談所では、全国で唯一!自治体直営での気象観測・天気予報を行っています!
毎月1回、第1金曜日ごろに、市HPに掲載していきますので、ぜひご覧ください。
http://www.city.hitachi.lg.jp/shimin/007/011/p065149.html

歩数【6000】歩・移動距離【2】km

サンドボックス制度 、技術革新のスピードアップに重要

サンドボックス制度の仕組み(日経新聞の記事より) 新しいビジネスを生み出すために大胆な規制緩和を行う「規制のサンドボックス」制度の創設を柱とした「生産性向上特別措置法案」が、現在開会中の通常国会に提出される見込みとなりました。政府は2月1日、未来投資会議を開き、成長戦略の要である「生産性革命」の実行計画を了承。この計画の目玉が、革新的な商品やサービスの開発に挑む企業や大学が、法規制にとらわれずに、技術開発に取り組める環境を整備する「サンドボックス制度」の創設です。
 サンドボックスとは、英語で「砂場」の意味です。子供が思うままに砂遊びをするように、規制がかからない環境を実験的に作り、新事業の有効性を確認します。英国とシンガポールで2016年に始まり、金融と情報技術(IT)を融合した新サービス「フィンテック」分野で計約50事業が認定されています。
 法案は、今の法規制で認められない事業を事業者主導で行えるようにするのが目的。国家戦略特区とは異なり、自治体が手続きに絡まないため、事業者の手間が省けます。さらに、特区のように地域を限定する必要はないため、事業をいきなり全国展開することもできます。サンドボックスは、事業者が実現を目指す事業の計画を国に申請し、事業に関連する閣僚が認定する仕組みを取ります。認定時には、首相が任命した有識者による「革新的事業活動評価委員会」の意見を踏まえ、制度の公平性を図ります。法案を3年間の時限立法とし、短期集中で取り組むことで、日本発の有望事業を掘り起こしたい考えです。
続きを読む

2018年2月9日(金) 晴れ

県議会代表質問のための原稿作成


磯山さやかの旬刊!いばらき『真壁のひなまつり』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、磯山さやかさんが「真壁のひなまつり」を紹介します。
桜川市で開催中の「真壁のひなまつり」。寒い中、真壁に来てくれた人をもてなそうと始まり、今ではおよそ160軒で年代物から趣向を凝らした独創的なものまで個性豊かな雛飾りに出会えます。真壁の街中では、雛飾りはもちろん、地元食材でつくったこだわりの「つくばぷりん」など、おいしいスイーツなども楽しめます。  
真壁のひなまつりでひと足早い春を感じてみませんか?

歩数【1000】歩・移動距離【6】km

つくば総合国際戦略特区、都市鉱山リサイクルシステムの実証実験を視察

戦略的都市鉱山リサイクルシステムの開発実用化
 つくばの知の集積を最大限に活用していくことで、日本の経済成長・発展に貢献することを目的に「つくば総合戦略国際特区」プロジェクトが進んでいます。日本は急速な少子高齢化、エネルギー政策など深刻な問題に直面しています。その解決のカギを握るのが科学技術。こうした課題の解決の糸口となるよう、茨城県は総合特区制度の活用により、つくばを絶え間なくイノベーションを生み出す新しい産学官連携拠点へと整備を進めています。現在、つくば国際特区では8つの具体的プロジェクトが行われています。
 2月8日、井手よしひろ県議ら茨城県議会公明党議員会は、産業技術総合研究所と民間企業・株式会社リーテルが進める「戦略的都市鉱山リサイクルシステムの開発実用化」の現場を調査しました。
続きを読む

2018年2月8日(木) くもり

産業技術総合研究所と民間企業・株式会社リーテルが進める「戦略的都市鉱山リサイクルシステムの開発実用化」を現場調査

日立市長小川春樹後援会総会に出席、来賓挨拶

リーテルを現地調査する公明党議員団
リーテルを現地調査する井手よしひろ県議ら茨城県議会公明党議員団
茨城町長岡のリーテル水戸工場では、小型家電を効率的に破砕してリサイクルする産総研との実証試験が進んでいます。

歩数【6000】歩・移動距離【101】km

いばらきイメージアップ大賞に"ひよっこ"、特別賞に"ブランド総研"

いばらきイメージアップ大賞(ひよっこ)
 2月7日、茨城県が県のイメージアップに貢献した個人や団体などを表彰する「いばらきイメージアップ大賞」の授賞式が東京都内で開催されました。井手よしひろ県議も、同席し審査員や受賞者と意見交換しました。
 いばらきイメージアップ大賞は、「いばらきのイメージアップ」や「地域の元気」につながる幅広い活動を応援するため、活動のジャンルや活動の主体を限定せず、実績のほか、今後の取り組みへの期待も込めて表彰するユニークな賞です。
 平成29年度の大賞には、42年ぶりに茨城県が舞台となったNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」が選ばれました。ロケ地となった茨城県の架空の村「奥茨城村」が、県北地域の豊かな自然環境や、出演者の茨城弁などによって、いばらきの魅力が全国に発信されたことと、茨城県北『ひよっこ』推進協議会によるオリジナルグッズ開発やイベント開催、ロケ地ツアーなども交流拡大に寄与したことが、主な選出理由となりました。
続きを読む

2018年2月7日(水) 晴れ

茨城県人会連合会新春賀詞交歓会に参加(茨城県の魅力度向上などについて参加者と意見交換)

いばらきイメージアップ大賞授賞式に参加

国会議員会館で国会議員と意見交換(国の原子力政策について)

茨城県人会連合会交歓会
茨城県人会連合会新春賀詞交歓会
茨城県人会連合会の新春交歓会に参加し、茨城県のイメージアップなどについて意見交換しました。
公明党の山口那津男代表が、ご自身のお父様と新田次郎さんの関係を語られて、映画「ある町の高い煙突」のご紹介をしてくださいました。

歩数【6000】歩・移動距離【電車で移動】km

積雪時のノーマルタイヤでの運転は“法令違反”反則金6000円

パンフレット

 今年は茨城県内も4年ぶりの大雪に見舞われ、各地でスリップなどによる事故が相次ぐなど、道路交通網が大きく乱れました。
 普段降雪が少ない茨城県内では、スタッドレスタイヤを履いたり、チェーンを携行したりするなど、滑り止めの措置をとっていない車が多く問題になっています。
 県警交通総務課は、雪の影響があった「1月22日午前8時半〜24日午前8時」と「2月1日午後3時〜2日午後4時」に発生したスリップ事故についてまとめました。事故は計876件確認され、このうち、ノーマルタイヤの事故は642件で、全体の73%を占めています。スタッドレスタイヤを装着していた車両は234件でした。
 スタッドレスタイヤは雪や氷の上でも摩擦力を発揮するため、低温でも硬くなりにくいゴムを使い、細かい溝が刻まれているのが特徴です。日本自動車連盟(JAF)の検証によると、時速40キロで雪道を走った場合、制動距離はノーマルタイヤの29.9メートルに対し、17.3メートルと半分ほど短かく、威力を発揮しました。
 ただ、凍った道路の制動距離はスタッドレスタイヤでも78.5メートルと大きく、雪道に比べ4.5倍伸びました。スタッドレスタイヤでも慎重な操作を怠れば、スリップし事故につながります。条件次第では立ち往生したり、滑ったりするため過信は禁物です。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: