九州北部豪雨、石井国交大臣が被災地現地調査

九州北部豪雨
 記録的な豪雨に見舞われた九州北部は、河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が相次ぎ、死者や行方不明者が出ています。道路が寸断され孤立状態に陥った集落もあります。福岡、大分、熊本の3県で一時、約18万世帯に避難指示が発令されました。7月9日23:00現在で、死亡した人は福岡県で17人、大分県で3人の合わせて20人となりました。今後も土砂災害や浸水被害の恐れがあり警戒が必要です。
 9日、石井啓一国交大臣(公明党茨城県本部顧問)が、豪雨被害の最も大きい福岡県朝倉市、東峰村、そして大分県日田市の被災地に入りました。
 公明党からは地元議員とともに江田衆院議員、霖禄葦ゝ聴、河野参院議員も同行しました。
 8日午後、福岡県では、霖禄葦ゝ聴(公明党福岡県代表)、高瀬参院議員とともに福岡県議団が、現場の声をまとめ、「緊急要望書」を小川福岡県知事に提出しました。
 今回の豪雨災害では、自衛隊や警察、消防などが1万2000人態勢で捜索・救助活動をしています。地盤が緩んでいる所が少なくないだけに、二次災害の発生には十分注意する必要があります。
続きを読む

2017年7月9日(日) 晴れ

ひたち百年塾フェスタで映画「ある町の高い煙突」を応援する会のPR活動

日立市の生涯学習の推進などについて意見交換

まちおこしイベントのあり方について意見聴取

映画「ある町の高い煙突」を応援する会PR活動
ひたち百年塾フェスタで映画「ある町の高い煙突」を応援する会のPR活動
ひたち百年塾フェスタで映画「ある町の高い煙突」を応援する会のPR活動を行いました。30度を超える炎天下の中でしたが、ひたち百年塾の皆さまのご支援で、充実した協賛募集のチラシ配布や各団体へのご案内などが出来ました。
PR活動用のノボリ、パネル(4種)、缶バッチなどを作成しました。いづれも、ご好評をいただきました。

歩数【5000】歩・移動距離【14】km

「茨城県を日本一の県に」知事選候補・大井川和彦さんの対談記事を読む

大井川和彦さんのホームページ
 7月7日付け茨城新聞に、自民党茨城県連の見開き全面広告が掲載されました。8月27日に投票を迎える県知事選の自民党推薦予定候補・大井川和彦さんと俳優の渡辺裕之さん、女子レスリング金メダリストの川井梨紗子さんとの鼎談記事です。この中で大井川さんは、知事選に臨む自らの政策の一端を語っています。
 井手よしひろ県議は、先日(2017/6/19)「茨城県政の展望と課題・県知事選の視点を考える」(http://blog.hitachi-net.jp/archives/51659131.html)との動画記事をブログに掲載しました。この視点から、大井川さんの提案を検証してみました。

評価できる「県独自の給付型奨学金創設」など教育への視点
 子どもは将来世代の主人公だけに、貧困問題は看過できない課題です。
 今日、問題になっているのが貸与型の奨学金制度ですが、社会に出れば利子を含め返済しなければなりません。貸与なので当然です。しかし、現実は返済の負担が重くのしかかり、その後の結婚や出産など、人生の設計そのものに大きな影響を及ぼしています。この教育(所得)格 差が続く限り、格差社会の一端は解消されないわけで、奨学金は制度の在り方そのものを見直す時期にきていると思います。
 国もやっと腰を上げ、貸与型から返済の必要がない給付型奨学金制度を導入する道を開きました。茨城も県独自の給付型奨学金の創設など、学びたい子どもたちが、お金の心配なく学へる教育環境を準えてやることが大切ではないでしょうか。
 また、価値観が多様化している現代に即した教育の実現も課題だと思います。私が株式会社ドワンゴで手掛けたネットの学校のように、さまざまな教育を誰で も好きなときに学べる環境の整備が重要になると考えます。特に、プログラミングなどIT教育には力を入れたいと思っています。これから、ITはあらゆる産業、社会生活に関わってきます。まさに第四次産業革命が起ころうとしている今、IT教育の充実は、まさに茨城県の将来を大きく変える力を秘めていると考えています。

 茨城県議会公明党は、県知事選の視点として、教育機会の格差解消問題を重要視しています。私立高校の授業料無償化もその発想から生まれました。「茨城も県独自の給付型奨学金の創設など、学びたい子どもたちが、お金の心配なく学へる教育環境を準えてやることが大切ではないでしょうか」との提案は全面的に支持します。ただ、所得要件や成績要件など、その制度設計は大いに工夫が必要です。また、給付型奨学金の要件として、地元茨城県にUターンすることなどを加味して、人口減少対策としても活用すべきではないでしょうか。IT教育の充実は、大井川さんの本領発揮の分野でしょう。特に、小学生などへのプログラミング教育は、是非実現して欲しいと思います。教員の養成など課題は大きいと思われます。
続きを読む

2017年7月8日(土) 晴れ

茨城県議会公明党主催「健康セミナー」の資料準備

常陸大宮市内で県政報告(県北地域の振興策について、県北芸術際の開催について)


磯山さやかの旬刊!いばらき『茨城の海(日立)』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが「茨城の海(日立)を紹介します。
南北28kmの海岸線を誇る日立市には表情豊かな6つの海水浴場が点在。河原子海水浴場では「ひたちサンドアートフェスティバル」も開催します。
海沿いの宿「はぎ屋旅館」の自慢は日立沖でとれた海の幸,海草エキスが入った琥珀色のかじめ湯です。お風呂はもちろんオーシャンビューで眺めは抜群。
茨城で夏を満喫するなら日立市へ!
【観光いばらき】http://www.ibarakiguide.jp/
【はぎ屋旅館】http://www.hagi-ya.com/

歩数【6000】歩・移動距離【63】km

九州北部豪雨に関する自治体防災情報

九州北部豪雨市町村のネット対応
 九州北部豪雨の情報が少しづつ発信されてきました。
 7月9日午前9:00現在の各自治体のホームページによる情報発信体制をまとめています。
 なお、一番被害が大きい、東峰村(facebookで情報発信)、日田市のホームページにはアクセスできません。

2017年7月7日(金) 晴れ

日立市のシティプロモ−ションについて意見交換

ミセスジャパン日本大会に出場する助川裕美子さんとともに小川春樹市長を表敬

県議会でネットを悪用したセクハラ事犯について意見交換

助川裕美子がミセスジャパン日本大会に挑戦
アリシアベリーダンス主宰の助川裕美子がミセスジャパン日本大会に挑戦
日立市在住で、アリシアベリーダンスを主宰する助川裕美子(Yumiko Sukegawa)さんが、ミセスジャパン日本大会出場への報告に、日立市長を表敬しました。
ミセスジャパン日本大会は、この秋行われる世界大会への登竜門。日立銀座通りのイベントなどでもボランティア活動を続ける助川さんは、「今回は日立の皆さんにたくさん応援していただいています。世界大会になんとしても、挑戦できるよう頑張りたい」と、小川市長に抱負を語っていました。
ミセスジャパン日本大会は7月15日北海道札幌市で行われます。

歩数【6000】歩・移動距離【91】km

NHKネット視聴に別料金、2カ月で2520円を検討

NHK
 6月26日、総務省は放送をめぐる諸課題を議論する検討会(「NHK受信料制度等検討委員会」)を開き、NHKが実施したインターネットによる放送番組の常時同時配信の実証実験結果の報告を受けました。実験では同時配信の利用者の割合はわずか6.0%でした。この結果に対し、高市早苗総務相は「十分な視聴ニーズを裏付ける内容にはなっていない」と述べました。NHKは昨年11〜12月にかけ、約5000人を対象に実証実験を実施しました。ネットによる同時配信を視聴した人は6.0%。放送後に視聴する「見逃し配信」の利用者は8.5%にとどまりました。
続きを読む

2017年7月6日(木) 晴れ

北海道旅行(北海道ガーデン街道、オープンガーデンを中心に巡る:紫竹ガーデン、六花の森、真鍋庭園、帯広市内のオープンガーデン)

北海道ガーデン街道
北海道ガーデン街道を堪能
「北海道ガーデン街道」は、十勝、富良野、旭川、大雪にある8つの民間有料ガーデンをつなぐ全長250kmの観光ルート。2009年に、それまで個々に活動していた7つのガーデンが連携して「北海道ガーデン街道協議会」を設立。首都圏などで積極的な広報活動や旅行会社へのセールスを行いました。その結果、参加施設の入園者数は2009年の35万人から2012年は55万人へ、3年で1、5倍に増加しました。
北海道ガーデン街道を構成するのは、大雪森のガーデン(上川町)、上野ファーム*(旭川市)、風のガーデン*(富良野市)、十勝千年の森(清水町)、真鍋庭園*(帯広市)、十勝ヒルズ(幕別町)、紫竹ガーデン*(帯広市)、六花の森*(中札内村)の8つのガーデンです。今回はこのうち、*印をつけた5つの庭園を訪れました。
民間ガーデン経営者が大手旅行業者、出版社などを巻き込んで、一大観光ルートを構築しました。シニアの富裕層をターゲットに、大型観光バス、豪華ホテル、レストランを融合したパック旅行が主力となっています。現在では、リピート客や外国人客(インバウンド客)をどのように獲得するかに、関心が移りつつあるようです。

歩数【1000】歩・移動距離【飛行機・レンタカーで移動】km



日立市への提言:山側団地の空き家対策

茨城県の空き家件数の推移
 平成25年に総務省が実施した住宅・土地統計調査によると、全国の総住宅数は前回調査より304万戸増えた6063万戸であり、総世帯数の5246万世帯に対し住宅ストックが量的には充足していることが示されています。つまり、総世帯総数より、住宅総数の方が多い状態です。
 空き家の数は820万戸であり、空き家率は13.5%と前回調査より0.4%上昇しています。
 また、「賃貸用又は売却用の住宅」及び「二次的住宅」を除いた「その他の住宅(一般の住宅)」の空き家の数は318万戸に上っており、総住宅数に占める割合は5.2%です。その数は過去20年間で約2倍に増加しています。
 茨城県の空き家の状況は、住宅総数の約14.6%を占める18万4700戸です。
 年々増加している空き家の中には、適切な管理が行われない結果として安全性の低下、公衆衛生の悪化、景観の阻害等多岐にわたる問題を生じさせ、ひいては地域住民に深刻な影響を及ぼしているものがあり、今後も数が増加すれば、それがもたらす問題が一層深刻化することが懸念されます。
続きを読む

2017年7月5日(水) 晴れ

北海道旅行(北海道ガーデン街道、オープンガーデンを中心に巡る:旭川のオープンガーデン、上野ファーム、美瑛・ビブレ、風のガーデン)

恵庭市のオープンガーデン
恵庭市のオープンガーデン
「オープンガーデン」とは、個人やお店などが自分で手入れしている庭を一定の期間、まちの人や観光客に公開することです。
恵庭市のオープンガーデンは、"恵み野地区"で盛んです。
ニュージーランドのクライスト・チャーチでの視察をきっかけとして、1991年夏に「恵み野フラワーガーデニング・コンテスト」が行われました。これをきっかけに、恵庭は「花のまち」として全国的に知られるようになりました。
平成17年に恵庭市民ボランティア花ガイドが活動を開始しました。「恵庭花とくらし展」では、花ガイドによるオープンガーデンツアーの案内も行っています。
恵庭の庭は、6月下旬から8月下旬が見頃となり、9月にはほとんどの庭がクローズになります。
また、庭主さんの都合により、期間内であっても敷地外からの鑑賞のみになることがあります。
オープンガーデンの場所は、毎年6月上旬頃に発行のパンフレット「恵み野花マップ&恵庭遊マップ」に掲載しています。配布場所は道と川の駅「花ロードえにわ」、市役所花と緑・観光課、支所・出張所、JR恵庭・恵み野・島松駅、恵み野商店会の一部店舗、市内観光施設等となっております。市ホームページからダウンロードすることもできます。

歩数【1000】歩・移動距離【レンタカーで移動】km



自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: