小説「ある町の高い煙突」の青年群像を通し、文武不岐の青春を訴える

県立多賀高校入学式
 4月9日、茨城県立多賀高校の卒業式が行われ、井手よしひろ県議は来賓を代表して祝辞を述べました。井手県議は、映画「ある町の高い煙突」(松村克弥監督)の撮影がいよいよ始まったことを受けて、日立の大煙突をめぐる若者の姿を通し、多賀高校の校是「文武不岐」について語りました。以下、祝辞の原稿を掲載します。

平成30年度茨城県立多賀高校入学式祝辞
 ただ今、ご紹介を戴きました茨城県議会議員の井手よしひろです。
 厳しい試練を乗り越え、多賀高校入学の栄冠を勝ち取った新入生の皆さま、保護者の皆さま、ご入学誠におめでとうございます。
 この晴れの門出に当たり、一言お祝いの言葉を申し上げます。
 
 現在、昭和の文豪・新田次郎の名作「ある町の高い煙突」の映画制作が進んでいます。この3月には満開のさくらの下、撮影がスタートしました。5月から本格的な撮影に入り、来年春の上映を目指します。
 この「ある町の高い煙突」は、今から100年前、この日立の街で命をかけて環境破壊と戦い、住民の生活と地域の環境を守った若者達の物語りです。
 明治38年、この地に日立鉱山が開業しました。やがて鉱山の宿命とも言える「煙害」が発生。亜硫酸ガスが山を荒らし、農民たちの命である作物までも奪っていきました。
 そこで、立ち上がったのが地元の若者、関右馬充でした。右馬之丞は郷士であった名家に生まれ、地元の高校を卒業し、東京大学教養学部に合格。前途洋洋の未来が待っていました。
続きを読む

2018年4月10日(火) 晴れ

JR大みか駅で県議会報告(東海第2原発の再稼働、運転延長問題などについて)

つくば地区でまちづくりの拠点、福祉の拠点整備について現地調査(田村けい子県議と同行)

筑波山登山口
筑波山の玄関口に松屋製麺所を訪ねる
田村けい子県議と共に、つくばのまちづくり拠点、福祉の拠点を現地調査しました。
つくば霞ヶ浦りんりんロードのつくば休憩所(筑波山登山口)前の「松屋製麺所」に立ち寄りました。人気のラーメン屋です。ラーメン屋といっても、製麺が本業のために、あくまでも“試食所”なのです。失礼ながら、こんな場所にありながら、お客さんが絶えません。
― 自然を楽しむ・自然を味わう・自然と営む ―
ご自宅で、「美味しく、手軽に、体にやさしいらーめんを食べてもらいたい」、
仕事に当たっては「心にも体にも良い環境で、規則正しい生活を行いながら、製麺所を営みたい」、
この想いを元に、自然豊かな筑波山麓にて、「松屋製麺所」を開始しました。
身体に良く健康に良いラーメンは創れないのか、という問いから、つくば市農業課とJAひたちの農協など各方面の方々とのマッチングをおこないました。その結果、小麦(ユメシホウ)などの地産農産物を提供していただき、化学調味料なしの麺、インスタントタイプのスープを開発しました。
豊かなつくばの自然の恩恵をうけ、働く人もお客様も幸せ、健康になれる環境をつくりだす。それが、「松屋製麺所」のコンセプト、「ー自然を楽しむ、自然を味わう、自然と営むー」なのです。
ご自宅で、おいしく、簡単に。
身体にもやさしい「松屋製麺所」のらーめんを、ぜひご賞味ください!

4種類の麺(松屋らーめん、太ちぢれ麺、全粒粉麺、細麺)に3種のスープ(しょうゆ味、みそ味、しお味)選べます。5玉にスープが付いて750円というお買い得なお値段です。
松屋製麺所:http://matsuyaseimenjo.co.jp/

歩数【3000】歩・移動距離【221】km

子ども食堂は県内に39か所、行政との連携で一層の充実を

おかえりご飯食堂
 3月3日、地域の子どもに食事や居場所を提供する「子ども食堂」の運営者らでつくる「こども食堂安心・安全向上委員会」は、食堂数が全国で2200カ所を超えたとの調査結果を発表しました。委員会の代表・湯浅誠法政大学教授は、「予想を超える広がり。特別な人が特別なことをしている場所ではなく、支え合いの地域づくりに欠かせないインフラになり始めている」と話しています。
 子ども食堂とは「子どもが一人でも来られる無料または低額の食堂」と定義されます。当初は、子どもの貧困対策の文脈で語られることの多かった子ども食堂ですが、実際に行ってみると「子どもも大人も含めた地域の交流拠点」として運営されているところが多く、その可能性は「単に子どもに食を提供するだけ」のものでも、子どもの貧困対策にも留まらない、もっと大きく、支えあえる地域を創ろうとする活動だということが見えてきいます。
 委員会によると、全国規模の調査は初めて。今年1〜3月、各地の社会福祉協議会などに問い合わせた結果、全国に2286カ所あり、東京都の335カ所が最多で、大阪府219カ所、神奈川県169カ所の順となっています。茨城県内の状況に関しては、委員会の調査によると19カ所となっています。
 ただ、地域差も大きく、委員会では「各小学校区ごとに1カ所の開設が望ましく、官民挙げての取り組みが必要だ」と訴えています。
 子ども食堂は法律上の定義や行政の枠組みがなく、全国の実態はこれまで分かっていませんでした。2012年に東京都大田区で始まった取り組みが広がったとされ、NPO法人や社会福祉法人、企業など、さまざまな組織が参画しています。
続きを読む

2018年4月9日(月) 晴れ

県立多賀高校入学式で来賓挨拶、学校幹部と部活動の意義などについて意見交換

水戸市内で医療関係者より子宮頸がん対策などについて意見聴取

のPR活動
映画「ある町の高い煙突」のPR活動にまちあるきマップを配布
 日立鉱山の煙害を克服した日立市の大煙突を巡る実話を描いた新田次郎の小説「ある町の高い煙突」の映画化に関連し、市民による同映画を応援する会が「大煙突まちあるきマップ」を作成した。 同会は7、8日に本番を迎える「日立さくらまつり」の会場で配布し、映画制作を後押しする。
 マップはA3判で、3000部作成。表面にJR日立駅東側の海岸から旧共楽館、大煙突、日鉱記念館、中里地区までの現在の姿を紹介するイラストマップを掲載。マップは大煙突に関係する史跡のほか、観光施設なども盛り込み、温かみのある手描き。日立鉱山の歴史を解説する年表も付く。裏面では日立鉱山が栄えた1945年ごろの地図を中心にして、懐かしい写真とともに当時の風物を紹介している。
 同会は昨年夏にマップ作りを企画。会員の宗形憲樹さんが中核となってワーキンググループを立ち上げ、実際にまちを歩くなどして確認しながら、約半年かけて作り上げた。
 さくらまつりでマップを配布するのは、煙害で荒れた山を回復させるためにサクラが植林され、街中にも広がっていった歴史があるためだ。同会の原田実能事務局長は「大煙突と日立のサクラの関係は意外と知られていない。この歴史を伝えたいと思った」と話している。
 配布は7、8の2日間、平和通りに設置されるさくらまつり本部ブース近く。なくなり次第終了する。
 映画撮影は3月30日にスタートした。満開のサクラがある現代の市内の風景を約1カ月かけて撮る。配役はほぼ固まり、5月の大型連休明けから、本格的な撮影を予定し、来年2月の封切りを目指す。(2018年4月7日付け茨城新聞より)

歩数【6000】歩・移動距離【90】km

薬の副作用情報を国が直接収集“MIDーNET”

副作用のイメージ
 薬の副作用による被害をできる限り抑えたい。厚生労働省は平成30年4月から、医薬品の副作用を迅速に把握するため、医療機関が保有する処方状況や患者の診療に関する情報を収集・解析できる「医療情報データベース」MIDーNET(Medical Information Database Network)の本格運用を開始しました。
 医療情報のデータベース化は、薬害C型肝炎などの被害者が要望を重ねてきたものであり、公明党も実現を訴えてきました。医薬品の安全性向上に貢献するものとして期待されています。
 MIDーNETは、電子カルテや診療報酬明細書から氏名など個人情報を削除したものを、国が医療機関から提供を受けてデータベース化し、薬を投与された患者にどのような症状が出たのか把握する仕組みです。
 この情報を、国はもちろん製薬会社や研究者が調査・解析し、医療機関への迅速な注意喚起に役立てて被害の拡大を防ぐ仕組みです。
続きを読む

2018年4月8日(日) 晴れ一時雨

日立平和通りの縁日HANAフェスを視察

日立さくらロードレースを視察

日立さくらまつりで映画「ある町の高い煙突」のPR活動

日立風流物を活用したまちおこしなどを意見交換

日立さくらロードレース
葉桜のもと日立さくらロードレース開催
第18回日立さくらロードレースが開催されました。今年も1万7000名を超えるエントリーをいただきました。残念ながらピンクのさくらのトンネルとはいきませんでしたが、シーサイドロードから眺める太平洋など、日立の美しい景色を充分に堪能していただきました。

歩数【6000】歩・移動距離【35】km

facebookの個人情報8700万件流失、原因は“診断アプリ”?

facebookのイメージ
 4月4日、SNS最大手FaceBookは、イギリスの政治コンサルティング企業ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)によって、約8700万人分の情報を不正取得されと公表しました。
 漏洩情報は、当初の推定5000万人から3700万人拡大し、8700万人規模になりました。その大半は、アメリカでのFacebook利用者であり、2016年のアメリカ大統領選に、トランプ陣営により活用された可能性があるといわれています。数あるSNSの中でも、実名登録が基本で、リアルな個人情報がヒモづけされているFacebookの情報漏洩は、影響力が大きいものがります。生年月日や出身校など詳細な個人情報から住居、地域、関心、知人、宗教、支持政党、恋愛の対象に至るまで、その情報は多岐にわたります。その上、その人の友人関係などネットワーク全般にまで情報が利用されています。
 ここで注目したいのは、その情報がどのようにして漏洩したかということです。Facebookのサーバーに侵入したり、第三者が情報を持ち出したわけではありません。
 Facebookの情報漏洩の要因は、そのほとんどが『アプリ』経由であるといわれています。『占いアプリ』や『心理アプリ』『クイズアプリ』などがあり、そのアプリを利用したいと思った人が、自ら望んで、そのアプリを登録し、利用し、個人情報を流出させてしまったのです。さらに、恐ろしいことに、自分の個人情報のみならず、友達リストなどを明け渡してしまうところに深刻な問題がありました。
 一人の不用意なFacebookの友人の存在により、どんなに個人情報をしっかりと管理していても、Facebook上の情報が漏えいしてしまいました。
続きを読む

2018年4月7日(土) くもり時々前

日立さくらまつりで映画「ある町の高い煙突」のPR活動

県政懇談会を日高町で開催

大煙突まちあるきマップを配布
大煙突まちあるきマップを配布
 日立鉱山の大煙突を巡る煙害克服の物語を描く映画「ある町の高い煙突」制作に絡み、大煙突と日立発展の歴史やまちの魅力を紹介する「大煙突まちあるきマップ」(A3判)を、同映画を「応援する会」が3000部発行した。作家新田次郎の同名の小説や大煙突を知らない人に、日立市のシンボルをPRする狙いだ。
 大煙突は1914年、煙害対策で同鉱山が当時世界一の155・7メートルの高さで建設し、亜硫酸ガスを含む煙を拡散させた。鉱山閉山後の93年、老朽化で上部が倒壊、高さは54メートルになった。
 マップの表側の「大煙突マップ」は、日立駅をはじめ、大煙突や鉱山跡地の日鉱記念館など、鉱山にまつわる場所や観光施設を訪れやすいようにイラスト付きで紹介。鉱山や大煙突の歴史がわかる年表も掲載した。
 裏側の「日立鉱山の栄えた頃」は、昭和の戦前から終戦直後頃の日立を、現日立駅付近から鉱山電車沿いに大煙突や採鉱所付近まで鳥瞰(ちょうかん)図のように表した。
 「応援する会」は、煙害で荒廃した緑の回復のため日立名物の桜が植樹された歴史を踏まえ、「日立さくらまつり」開催中の平和通りで7日に(残れば8日も)マップを無料配布する予定。
 松村克弥監督の映画は5月頃の本格クランクインに先立ち、3月末に日立で桜の撮影をしたという。同会の原田実能事務局長は「マップの配布で、大煙突と日立のまちや映画への関心を高めたい」と話している。(読売新聞2018/4/5付け)

歩数【6000】歩・移動距離【29】km

茨城県の2045年人口推計、68万人減の223万人

茨城県の人口推計 2018年3月に公表された国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の『日本の地域別将来推計人口(平成30年3月推計)』のデータをもとに、2045年の茨城県の市町村の人口ランキングを掲載します。
 社人研のデータによると、2045年の茨城県人口は223万5686人と、2015年比で約68万人減となります。2013年発表の推計(13年推計)より減少スピードが加速し、自治体別では水戸市がつくぱ市の人口を下回わります。自然減のみではなく「東日本大震災による人口流出の影響」もあるとみられます。
 2013年推計では、2040年の県人口は242万2744人で、2010年比で約55万人減。今回の推計では2040年に237万6146人でした。社人研は、2013年推計で、2020年以降は減少に歯止めが掛かると分析していましたが、今回減少が続くと予想を転換しました。この結果、県内ではほとんどの自治体が、推計人口が減りました。2045年の大子町、利根町、河内町は、2015年の半分以下とされました。人口減少率が高い順に大子町(▼55.8%)、利根町(▼51.9%)、河内町(▼51.4%)、大洗町(▼49.2%)、美浦村(▼49.1%)となっています。
 人口10万人以上都市では、日立、取手、筑西の3市が、3割以上人口減と推計されました。
 ちなみに日立市は2015年に18万5054人であったものが、2045年には11万7304人へと▼36.6%となり、つくば市、水戸市、ひたちなか市についで県内第4位の人口となるとされています。
続きを読む

平成30年度予算に盛り込まれた県議会公明党の提案

茨城県庁
茨城県議会公明党の提案で実現した茨城県の取り組み
  • 私立高等学校授業料の実質無償化を年収400万円程度の世帯まで拡充(4億7100万円)
  • 小児マル福の拡充(入院に係る医療費助成を高校3年生まで助成:3億1000万円)
  • Uターン就職や地元就職を促進し、経済的な理由により大学等進学が困難な学生の進学を応援するため、返済の必要の無い奨学金制度=県独自の給付型奨学金を創設(1億9800万円)
  • 犬猫殺処分ゼロを目指し、犬猫の不妊去勢や地域猫活動を推進(6500万円)
  • 県南地域に発達障害者支援センターを整備(6400万円)
  • 県の災害情報をスマホアプリで配信(7300万円)
  • 少人数教育を中学3年生に拡充(1億9100万円)
  • 英語の学習意欲・能力の高い中高生を対象に、インターネットを活用したトップレベルの学習やイングリッシュキャンプ等への参加プログラムを提供(3000万円)
  • インターネットを活用して、全国トップレベルのプログラミング能力を持つ中高生を育成(4700万円)
  • これまでの製造業などの企業誘致に加え、AIやIoTなど新たな成長分野の研究施設・本社機能等の誘致を促進するために、最大50億円の補助金を準備(56億円)
  • 新たに県のフラッグシップとなり、観光イメージの向上に寄与するホテル等の誘致に補助金創設(10億1400万円)
  • 若年層をターゲットに、国内外に向けた観光誘客に特化した魅力ある動画を制作・配信(1億2100万円)
  • 日本型DMO形成など魅力ある観光地域づくり、魅力ある映画制作を支援(1億6100万円)
  • 「りんりんスクエア土浦」などソフト・ハード両面からサイクリング環境を整備(7850万円)
  • アートを活用した継続的な交流環境づくりや地域主体のまちづくりを県北地域で展開(3500万円)
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: