茨城県の環境政策を、田村県議が知事に質す


環境政策の推進について【田村けい子県議・2017/3/8】
 2017年3月8日、茨城県議会一般質問が行われ、公明党の田村けい子県議が登壇。橋本知事に、環境政策の推進について質問しました。
 田村議員は、茨城県の地球温暖化対策は東日本大震災などの影響で進んでいないとしたうえで、今年度末に改定される県の地球温暖化対策の実行計画をどのように進めるか、知事の考えを質しました。
 これに対して橋本知事は、改定する実行計画では県内の二酸化炭素排出量の6割以上を占める産業部門について、2030年度には2013年度に比べて排出量を9%削減するという、国の目標を上回る数値目標を示しました。
 そのうえで、橋本知事は「大規模な事業所に対し省エネ対策を助言する体制を強化するとともに、中小企業に対しては省エネ設備の導入などに補助制度を設け、排出抑制策を後押ししたい」と述べ、家庭での取り組みも含めて県を挙げて地球温暖化対策に取り組んでいく考えを示しました。

井手県議の代表質問【県北芸術祭の総括と展開】


平成29年3月議会:井手よしひろ県議の代表質問【県北芸術祭の総括と展開】
 3月3日、井手よしひろ県議は県議会公明党を代表して茨城県議会代表質問に登壇。橋本知事に70分にわたり、県政の重要課題を質問しました。今回取り上げた質問項目は、々駭△了続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた県の取り組みについて、茨城県北芸術祭の総括と今後の展開について、B腟模災害への対応について、づ豎ぢ萋麋電所の再稼働と運転期間延長について、ジでの殺処分ゼロへの取り組みについて、Εリンピックサッカー競技の誘致について、Гん対策の推進についての7項目です。
 この動画では、茨城県北芸術祭の総括と今後の展開について」の質問を掲載します。
 井手県議は、茨城県北芸術祭を3年に一度開催する“トリエンナーレ形式”で継続的に開催する。次回開催は、2019年が茨城国体と時期が重なるために2020年とする。開催にあたっては、オリンピックの文化プログラムの一環として開催する。との3点を強調しました。
 これに対して橋本知事は、次回も開催する方向で開催6市町と協議し、できるだけ早く結論を出すと答弁をしました。また、県北芸術祭の成果を継続するために、フォローアップ事業として4200万円を計上したことを説明しました。

2017年3月11日(土) 晴れ

県議会代表質問、一般質問の内容精査(水戸市事務所)

東日本大震災六周年の追悼・復興祈念式典に参列

偕楽園の「夜・梅・祭」を視察

東日本大震災六周年の追悼・復興祈念式典東日本大震災六周年の追悼・復興祈念式典
東日本大震災から丸6年。茨城県の追悼・復興祈念式典が県庁で厳粛に開催されました。
東日本大震災で、県内では、津波で大きな被害があったところや人が集まる地域の沿岸部55か所で堤防を復旧してかさ上げしたり新たに設置したりする工事が行われています。このうち50か所では工事が完了、もしくは着工していて残りの5か所も、夏ごろには着工する予定です。
また、液状化で建物が傾くなど大きな被害があった地域での対策工事も進んでいて、今月には神栖市で工事が終わり、鹿嶋市でも再来年には工事が終わる見通しです。
一方、復興に向けた課題も残されています。沿岸部の主要産業である漁業は、原発事故の後、県北地域の漁業者が主な漁場としていた福島県沖で漁ができなくなったため、北茨城市の漁港での水揚げ量は、事故前の半分程度にとどまっています。
福島県沖で漁を再開できる見通しはたっておらず、北茨城市の漁業者の間からは、若手や後継者の育成が進まないという声も上がっていて、県北地域の漁業を将来にわたってどう維持していくのか、大きな課題となっています。

歩数【6000】歩・移動距離【81】km

入居を拒まぬ空き家改修に補助、高齢者や低所得者向けの提供

空き家のイメージ
住宅セーフティネット法改正案を国会提出
 国土交通省は、民間の空き家を高齢者や子育て世帯向けなどに賃貸住宅として活用できる、新らたな制度を創設するために、「住宅確保要配慮者賃貸住宅供給促進法改正案」(住宅セーフティネット法改正案)を、今国会に提出します。
 この制度は、空き家の持ち主が高齢者ら「住宅確保要配慮者」の入居を拒まない物件として、都道府県などに登録(登録物件)します。高齢者や子育て世帯などに情報を提供し、円滑な入居を促す仕組みです。提供される物件は「専用住宅」と位置づけ、改修費や家賃、入居時の保証料などを補助することになります。
 国会での改正案成立後、新制度を秋ごろから実際にスタートさせたいとしています。
 登録住宅の入居対象は、高齢者や子育て世帯、低所得者、障がい者、被災者などを想定しています。空き家や空き室の持ち主は、都道府県や政令市、中核市に物件の広さや築年数といった情報を登録します。
 登録住宅や専用住宅の耐震改修やバリアフリー化工事に対して、国と地方自治体で最大200万円を補助します。
 改修費補助を受けた登録住宅が専用住宅となります。専用住宅は、入居者にも一定の要件が設けられます。
 公営住宅法に準じて、月収で原則38万7000円以下の世帯が対象となります。入居者への家賃と保証料補助は、特に収入が低い世帯が専用住宅に入居する場合に適用されます。具体的には、月収が15万8000円以下の世帯を対象として、家賃は4万円まで、保証金は6万円まで、国と自治体が半額づけ負担し補助します。
続きを読む

2017年3月10日(金) 晴れ

東関道水戸線の早期開通について石井国土交通大臣に要望(国土交通省)

3・11東日本大震災の記録展示視察(県庁2階ロビー)

カシマサッカースタジアムの改修工事、分煙化工事を現地調査

石井啓一国土交通大臣への要望活動
東関道水戸線の早期開通について石井国土交通大臣に要望
国土交通省に石井啓一国交相を訪ね、東関東道水戸線(潮来〜鉾田間)の有料道路事業による早期完成を求める要望書を提出しました。
これには、茨城県議会の主要会派(いばらき自民党、自民県政クラブ、民進党、公明党)の代表がすべて参加し、茨城国体、東京オリンピックを控えて、茨城の交流基盤の充実を強く訴えました。
昼食の時間を割いて、要望を受けていただいた石井国交相は、要望の趣旨を十分理解するとしてうえで、近く具体的な事業進捗を図ると答えました。

歩数【6000】歩・移動距離【210】km

田村県議が、SDGs教育の推進について質問


SDGs教育の推進について【田村けい子県議・2017/3/8】
3月8日、茨城県議会一般質問が行われ、公明党の田村けい子県議が登壇。小野寺教育長にSDGs教育の推進について質問しました。

井手県議の代表質問【SDGsの県としての取り組み】


 3月3日に行われた井手よしひろ県議の代表質問。井手県議は橋本知事に70分にわたり、 々駭△了続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた県の取り組みについて、茨城県北芸術祭の総括と今後の展開について、B腟模災害への対応について、づ豎ぢ萋麋電所の再稼働と運転期間延長について、ジでの殺処分ゼロへの取り組みについて、Εリンピックサッカー競技の誘致について、Гん対策の推進についての7項目を質問しました。
 この動画は、冒頭の「SDGsの達成に向けた県の取り組みについて」の質問・答弁です。
“SDGs”とは、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)の略。国連が2015年9月25日に全会一致で採択した、17の目標と169のターゲットからなる目標です。
 井手県議は、このSDGsを茨城県議会で初めて取り上げ、橋本知事に県としての取り組みを質しました。さらに、17の目標のなかでも重要な貧困と格差の問題を取り上げました。

2017年3月9日(木) 晴れ

朝の県議会報告(JR日立駅前:県議会代表質問について)

県議会一般質問4日目


ある町の猫がいる駐車場
茨城県では犬猫の殺処分ゼロを目指すため、4月から新たな事業をスタートさせます。
その一つが地域猫活動への支援です。
「ある街の猫がいる駐車場」の様子をスマホで撮影しました。この子たちが、地域の中で暖かく暮らせるようないばらきを作りたいと思います。

歩数【6000】歩・移動距離【91】km

原子力安全協定は、住民の意思を原子力事業者に伝える大切なツール

東海第2原発
 3月9日、茨城県議会一般質問でいばらき自民党の県議が取り上げた東海第2原発を巡る、原子力安全協定の拡大に関する質疑は、非常に残念な内容でした。
 質間者は、原子力安全協定は原子力事業者(日本原子力発電:日本原電)と県および東海村および周辺自治体との紳士協定であり、法的な拘束力はないと指摘。地元自治体である東海村に、再稼働や運転延長に関する“事前承認”や“拒否権”があるという考えは、マスコミがつくり出した“誤解”であると、切りすてました。
 地域住民に最も近い行政体である立地市町村の原発に関する関わり方を、根底から否定する暴論といわざるをえません。
 また、それは二元代表制のもと、首長とともに行政運営に責任をもつ議会そのものの自己否定であり、天に唾する議論に他なりません。
続きを読む

2017年3月8日(水) 晴れ

マイナーバーカードの交付手続き(日立市役所多賀支所)

県議会一般質問3日目(公明党田村けい子県議が登壇)

田村けい子県議の一般質問
公明党田村けい子県議が一般質問
田村けい子県議が一般質問。SDGsの発想をもとに、環境問題や教育問題への質の高い提案となりました。執行部の答弁が具体性に欠けているのがとても残念です。

歩数【6000】歩・移動距離【100】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: