次世代がん治療法iBNCT、来年度から治験へ

茨城新聞10月6日付け
 10月6日付けの地元紙・茨城新聞の一面に「次世代がん治療法BNCT、来年度治験へ」との記事が掲載されました。BNCTとは、ホウ素中性子捕捉療法)のことで、がん細胞のみに集積する性質のホウ素薬剤を患者に投与し、病巣部に中性子を照射してがん細胞を破壊する治療法です。細胞単位での治療が可能なために身体への負担が少なく、周囲の組織に広がる浸潤がんや多発病変、手術不適応症例などの難治性がんにも有効とされてます。従来の放射線療法で通常6週間必要だった照射が約30分の1回の照射で済み、治療前に薬剤集積を見ることで治療効果を事前に判断できるメリットもあり、次世代のがん治療法として大いに注目されています。
 茨城県が筑波大学、高エネルギー加速研究機構などと共同で開発するBNCTは、「iBNCT」とも呼ばれ、高速の中性子ビームを直線型の加速器で作ることに特徴があります。他の研究機関が円形の加速器・サイクロトロンを使うのに比べて小型化が可能で、かつ患者や医師、技術者の被爆や機器の放射化が少ないため、治療効率を上げることが出来ます。こうした独自の技術にこだわったため、開発計画が大幅に遅れています。
続きを読む

2018年10月6日(土) 晴れ

公明党時局講演会を常陸太田市で開催

公明党時局講演会(常陸太田市)公明党時局講演会を常陸太田市で開催
常陸太田市のパルティホールで、公明党時局講演会を開催しました。
岡本三成衆議院議員を迎え、高崎進県議、村本しゅうじ県民運動局次長が、力強く実績や政策を訴えました。
井手よしひろ県議は、マル福制度の充実や小中高等学校へのエアコン設置など、公明党が取り組んだ実績をご報告しました。

移動距離【47】km

北海道・安平町の農家・酪農家向けに「モバイルハウス」を支援開始

北海道新聞10月5日付け
 北海道新聞が10月5日報道したところによると、胆振東部地震で自宅に住めなくなった酪農家のために「モバイルハウス」の整備が、安平町で始まりました。被災地を支援する社団法人協働プラットフォームが手がけ、費用はクラウドファンディングでまかないます。搾乳や農作業で自宅周辺を離れられない農家への迅速な対応策として注目されます。
 「モバイルハウス」は、海運用コンテナと同サイズの長さ12メートル、幅2.4メートル、高さ2.9メートル。家族構成によってコンテナの連結個数を変えることができます。災害復興を目的とする協動プラットフォームが主体となり、千歳市の住宅建築業アーキビジョン21が資材を提供して組み立てます。
 協働プラットフォームの立教大・長坂俊成教授によると、24時間態勢の作業が必要な酪農家やハウス農家は避難所には行けず、壊れた自宅敷地内での車中泊やテント生活を強いられています。
 北海道と被災自治体は応急仮設住宅としてトレーラーハウスの活用を検討していますが、着工までには日数がかかるとみられます。このため、長坂教授らが「生活となりわいが一体の農家には一刻も早い支援が必要」と被災者らに呼び掛け、8戸の建設が決まりました。全て自宅の敷地内に設置します。
 4日に整備が始まった1戸では、三つのコンテナをつなげ、一両日中に完成する見通しです。入居予定で、約50頭の乳牛を飼育する農家は、「一安心できます。町外に避難している家族4人も呼び寄せられます」と道新のインタビューに答えています。
 8戸分の整備費は2600万円。プラットフォームは農家の自己負担は考えておらず、近く、クラウドファンディングを始める予定です。
続きを読む

2018年10月5日(金) 雨

県議会で政務活動報告用資料まとめ、プレゼン資料作成(SDGsについて、防災・減災について)


芸術の秋を満喫しませんか?近代美術館30周年記念特別展
「活力があり、県民が日本一幸せな県」の実現に向けた茨城県の政策ビジョン「新しい茨城づくり」について、20の施策を分かりやすく紹介します。
今回ご紹介するのは、近代美術館30周年記念特別展「ポーラ美術館コレクションーモネ、ルノワールからピカソまでー」。
国内随一とも称される質の高さを誇るポーラ美術館の西洋美術コレクションより、モネ、ルノワールなど印象派の名品やマティス、ピカソらの20世紀絵画など厳選された72点を展示しています。
魅力的な作品に囲まれて芸術の秋を満喫してみませんか?

移動距離【82】km

がん免疫治療 研究の充実で根治へ道開け

京都大学の本庶佑・特別教授 がんは、日本人の2人に1人がかかる国民病であり、抜本的対策が緊急の課題です。
 今年のノーベル医学生理学賞受賞が決まった京都大学の本庶佑・特別教授の免疫研究が、根治への道を開くことを大いに期待したいします。
 免疫治療は、がん細胞を直接攻撃するのではなく、人体に本来備わっている、病気に打ち勝つ免疫の機能を生かすのが特徴です。そのため、がんの種類に関係なく顕著な治療効果が確認されています。
 本庶氏の研究から生まれた画期的ながん免疫治療薬「オプジーボ」は、各国で用いられており、肺や腎臓、胃など一部のがん治療でも使われ始めています。抗がん剤や手術による治療が難しい末期のがんでも効果が示され、多くの患者に希望を与えています。
 そして、本庶氏が昨年の公明党京都府本部の文化フォーラムで講演したように、今後の課題は、想定外の副作用を抑えつつ、免疫治療の効果をどう高めるかです。
 政府としては、研究を支援するための環境整備に、より力を入れることが求められます。既に、2016年度からの5年間で、科学技術イノベーションの関係予算を当初の8兆円から26兆円に増額する計画を進めています。この取り組みは強化すべきです。
続きを読む

分散型電源、災害時の停電対策として注目

仮想発電所(VPP)
 先週末から日本列島を襲った台風24号の影響で、静岡県を中心に大規模な停電が発生し、一時は岐阜、愛知、三重の各県も含めて被害は99万戸にまでに及びました。
 電力会社が送電設備などの修理を進めているが、一部地域ではいまだ停電が解消されていません。一日も早い完全復旧が望まれます。
 停電は住民の暮らしに大きな影響を与えます。家電製品が使えないだけでなく、集合住宅では給水タンクに水をくみ上げるポンプが動かなくなり水道も止まりました。信号機が点灯しなくなった交差点では接触事故が頻発しました。
 先月には、北海道胆振東部地震により道全域が停電する「ブラックアウト」が発生しました。災害の発生は防ぎようがないだけに、被害を最小限に抑える手だてに知恵を絞る必要があります。
 まずは今回のような送電設備の被害を避けるため、耐震強化や電線の地中化といった取り組みを加速させなければなりません。
続きを読む

2018年10月4日(木) 晴れ

JR日立駅で県議会報告(事前防災の充実などについて)

公明党時局講演会を開催(龍ヶ崎市文化会館)

公明党時局講演会
太田昭宏元国土交通大臣を迎え公明党時局講演会
公明党の太田昭宏全国議員団会議議長(元国土交通大臣)を迎え、明党時局講演会を、龍ヶ崎文化会館で開催しました。
太田議長は、公明党が進める「防災・減災ニューディール政策」の重要性を強調。「利根川の治水においても、2019年の完成を目指して工事が進む八ッ場ダムの役割は大きい。地元と連携しながら、丁寧に建設を後押ししていく」と協調しました。
挨拶に立った井手よしひろ県議は、茨城県議会公明党が進めるSDGs達成向けての取り組みの重要性を訴えました。

移動距離【187】km

県南発達障がい支援センター創設に向けて【田村けい子の県政報告】


県南発達障がい支援センター創設に向けて【田村けい子の県政報告】
 茨城県議会公明党の田村けい子県議の県政報告の模様です。
 田村県議は、数少ない女性県議会議員として、女性ならではのしなやかな視点で、多くの提案を行い実現させています。
 特に、県南地域への発達障がい者支援センターの設置は、この12年間、引きこもり対策や発達障がい者支援の充実に力を入れてきた田村県議の大きな実績です。
 田村県議は、「政治は一人の幸せのためにある」と訴えています。
 社会的立場の弱い方々を守るために政治は何をなすべきか。常に自らに問いながら、お一人お一人のそばに寄り添い、小さな声にしっかりと耳をかたむけていきたいと語っています。

2018年10月3日(水) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告(事前防災の充実などについて)

県議会報告などの取りまとめ


【茨ひより】日本全土を丸ごと食らいつくす! 〜初ゲーム実況「スリザリオ」編〜
魅力度ランキングを上げるための妙案を思い浮かんだと言うひよりん。
スタッフ一同(そんな簡単に上がったら苦労しないよ…)と思いつつもひよりんの元に集う。
果たして、ひよりんが豪語する秘策とは…!?
▼茨ひより@茨城県公認Vtuber(@ibakira_Vtuber)
https://twitter.com/ibakira_Vtuber

移動距離【10】km

サイクルツーリズムで土浦の活性化を【八島いさおの県政報告】


サイクルツーリズムで土浦の活性化を【八島いさおの県政報告】
 県議会公明党の八島いさお県議の県政報告です。サイクルツーリズムで土浦の活性化を推進する八島県議。そして、タンデム自転車の公道走行を認めることで、障がいをもつ人も自転車の魅力を感じられる茨城をノーマザイレーションの立場から訴えます。
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: