石井啓一国交相がひたちBRT、サイクリングによるまちおこしを調査

つくば霞ケ浦りんりんロード
 11月18日、石井啓一国土交通相はつくば市と土浦市を訪れ、両市などを通る自転車専用道「つくば霞ケ浦りんりんロード」と関連施設を視察しました。田村けい子県議、八島いさお県議の両県議と、宮崎勝参院議員が同行しました。
 「つくば霞ケ浦りんりんロード」は全長180キロメートル。公明党の推進で地域の活性化に向け、関東鉄道筑波鉄道線跡などを活用して整備されました。つくば市で石井国交相は、 「つくば霞ケ浦りんりんロード」を軽快に走るサイクリストや、つくば市が貸し出しているレンタサイクルを実際に視察調査しました。
 りんりんロード筑波休憩所(つくば市沼田283)で、石井国交相と田村県議は、伊藤敦史茨城県土木部長より自動車専用道整備の基本的な考え方について説明聴取。つくば霞ケ浦りんりんロードのハード整備は、「水郷筑波サイクリン グ環境整備事業自転車走行環境整備ガイドライン(2016年10月策定)」に基づき、全線に矢羽根等のコース案内や注意喚起のための路面標示を2020年度までに設置予定です。未舗装区間については、来年3月までに整備完了する予定です。今回、視察した期間は、自転車専用県道のため県土木部が進めています。
 田村県議は、サイクリングを楽しむ人が全国から集まっている状況を説明、一層の安全対策強化や案内版の充実などを要望しました。石井国交相は、マルシェや露店、フリーマーケットなどの賑わいの場を創出できるよ工夫してみてはとの提案がありました。
続きを読む

2018年11月18日(日) 晴れ

石井啓一国交大臣の県内調査に同行(ひたちBRT、国道6号大和田拡幅、霞ヶ浦つくばりんりんロード、土浦駅プレイアトレ)

藻谷浩介氏とのまちあるき・講演会に参加(土浦市総合福祉会館)

はちゅウるい館
かみね動物園にはちゅウるい館がオープン
かみね動物園の開園60周年記念事業として整備を進めてきました「はちゅウるい館」が、オープンしました。世界各地のヘビやトカゲ、ワニ、カメなど、約40種100点の爬虫類と、市の鳥「ウミウ」を複合展示するという全国初の施設で、爬虫類の観察・ふれあいや、ウミウによる水中でのエサ捕りなどをお楽しみいただけます。

移動距離【190】km

国の補正予算成立受け、小中学校のエアコン設置推進

181118komei
 12月7日に成立した政府の2018年度補正予算には、倒壊の恐れのあるブロック塀の撤去・改修や、公立小中学校などの全普通教室へのエアコン設置のための予算が盛り込まれました。すでに全国の学校施設で、子どもの安全対策が進められており、現場からの反響が数多く寄せられています。

■エアコン設置:学習環境の差をなくす/来夏まで公立小中・幼稚園に/茨城県日立市
 「同じ市立学校の間で学習環境に差が出ないよう、全校へのエアコン設置は非常にありがたい」。茨城県日立市内のある小学校校長は、率直な思いを語ります。
 日立市では、これまで普通教室のエアコン設置率が市立小学校で19.8%、市立中学校で29.3%でした。7月には愛知県豊田市で、校外学習からエアコンのない教室に戻った男児が、熱中症で亡くなる事態も発生。学校関係者や保護者の懸念が高まる中、市議会公明党(舘野清道幹事長)と村本しゅうじ党県県民運動局次長(県議選予定候補=日立市選挙区)は7月26日、小川春樹市長に小中学校の普通教室と幼稚園へのエアコン設置を求める緊急要望を行いました。
 これを受け、日立市では、エアコン未設置の市立小中学校の普通教室全てと幼稚園の保育室に、暑さが本格化する前の来年6月をめどにエアコンを整備することを決定しました。
 小川市長は、エアコンの設置を検討し始めたのは市議会公明党の緊急要望がきっかけだとした上で、「国の補正予算に盛り込まれた交付金を活用することでエアコン設置が実現でき、学習環境の充実が図れる」と強調しました。
続きを読む

2018年11月17日(土) 晴れ

土浦市内で住民相談(難病対策について)

取手市内で県政報告会

看護学校要望
看護学校の再編整備への支援を要望
11月16日、小川春樹日立市長は、日立メディカルセンターの齋藤理事長、西成田副理事長、そして日立メディカルセンター看護専門学校の末永学校長とともに、大井川茨城県知事を訪問し、日立メディカルセンター看護専門学校の再編に対する県からの支援を要望しました。
日立メディカルセンター看護専門学校では、市内の医療機関等における看護師不足の解消、そして高い専門知識と技術を持つ看護師の育成のため、再来年度を目途に、昼間3年課程の新たな看護学科を開設する計画を進めています。
今回の要望では、校舎の増築等に対する県からの財政支援を要望しました。

移動距離【204】km

11月17日公明党結党記念日、12月県議選に勝利を

公明党結党大会
 今日11月17日は、公明党の54回目の結党記念日です。公明党を献身的に支え、育ててくださっている党員、支持者、創価学会員の皆さま、広範な県民の皆さまに心から感謝と御礼を申し上げます。結党のこの日に改めて確認したいのは、公明党が一貫して掲げ、実践してきた「中道主義」「中道政治」の重要性が、いや増して高まっていることです。
 欧米諸国では社会の分断、対立が顕在化し、ポピュリズム(大衆迎合主義)の政治が蔓延しています。
 日本の場合は、歴史的、文化的な背景が異なり、直ちに欧米と同様の事態が起こるとは思いませんが、国民の政治に対する不信や不満に真摯に耳を傾ける取り組みを真摯に進めなくてはなりません。その意味から、(1)政治の安定(2)国民的な合意形成(3)建設的な政策提言――を重視する公明党の「中道政治」を進めることは、ポピュリズムの火の手を防ぐ有効な手だてです。
 英国の政治学者、アーネスト・バーカーは「政党は、一方の端を社会に、他方の端を国家にかけている橋である」と規定しました。
 中道政治の担い手である公明党が、国民と政治をつなぐ“かけ橋”の役割を果たしていかなければなりません。
続きを読む

2018年11月16日(金) 晴れ

日立サーフィン連盟との意見交換(河原子北浜海岸への全国大会誘致について)

NPOコミュニティネットひたちとの意見交換(日本遺産認定への取り組みについて)


カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『常陸太田市3(山田屋旅館)』
いばらき大使「カミナリ」の二人が、県内の観光スポット等を巡りながら茨城の匠を目指して魅力を学びながら発信していきます。
11月の注目エリアは常陸太田市。今回は、紅葉の名所「竜神峡」からもほど近く、300年の歴史が物語る名湯と美食が人気の「横川温泉元湯山田屋旅館」へ。
昨年リノベ―ションしたお部屋は、木のぬくもりと安らぎのひと時を演出する和モダンの装いに。県内トップクラスのアルカリ度を誇る天然温泉とともに、くつろぎの時間をお過ごしいただけます。

移動距離【34】km

軽減税率/庶民の生活を守る

イートインコーなどのでの対応
外食の範囲は?持ち帰りなら8%。店内の飲食スペースは外食扱い10%
 軽減税率は、酒類を除く飲食料品を購入して持ち帰る場合に、消費税率が8%に据え置かれる制度です。同じ飲食料品でも、店内外の飲食設備を利用する場合は「外食」となり10%が課されます。飲食設備とは、テーブルや、いすなどが設置された場所で、コンビニのイートインなど飲食スペースを指します。
 店側は販売時に客に対して、持ち帰りか店内飲食かを意思確認する必要がありますが、店内の掲示で確認する方法も認められています。具体的には「イートインコーナーを利用する場合はお申し出ください」との掲示があれば、申し出がない限り軽減税率の対象として扱って問題ありません。
続きを読む

2018年11月15日(木) 晴れ

朝の県議会報告(JR日立駅)

土浦市内で住民相談

取手市内で県政報告会


ガルパン家宝をゲットせよ!〜セガキャッチャーオンライン編〜
オンライン上でUFOキャッチャーができると知ったひよりんは
茨城の誇り「ガールズ&パンツァー」の景品獲得に動く!
果たして、ひよりんは無事フィギュアをゲットし家宝とすることができるのか!?

移動距離【181】km

「茨城県子どもを虐待から守る条例」を議員提案で制定

児童虐待防止ポスター 11月14日、茨城県議会本会議が開催され、議員提案により「茨城県子どもを虐待から守る条例」(以下、児童虐待防止条例と記述します)が全会一致で可決されました。
 子どもに対する虐待が、深刻かつ重大な問題となっています。児童相談所における虐待相談の対応件数は年々増加しており、昨年度は、全国で13万件を超え、茨城県においても過去最多の2256件の相談が寄せられています。
 虐待は、子どもの人権及び身体等に対する重大な侵害です。さらに、虐待を受けた子どもが親になったときに虐待をしてしまう虐待の連鎖も懸念されており、虐待は、理由のいかんにかかわらず、決して許されません。
 虐待から子どもを守るためには、虐待の予防から早期発見、発生時の迅速な対応、虐待を受けた子どもの自立支援等に至るまで、切れ目ない支援を行う体制づくりが必要です。また、虐待を行った保護者等が再び虐待を行わないよう、支援体制を整備していくことも重要です。
 このため、県、県民、市町村及び関係機関等が一体となって、全ての子どもが虐待から守られ、健やかに成長することができる社会を実現するため、今回、児童虐待防止条例が、いばらき自民党から提案されました。県議会公明党は、虐待を行った保護者の支援などに格別の対応が必要と主張し、自民党案に盛り込まれました。
 児童虐待防止条例では、県、保護者、県民、市町村、関係機関等の責務や役割を規定するとともに、相互の連携協力について規定しています。
続きを読む

2018年11月14日(水) 晴れ

朝の県議会報告(JR常陸多賀駅)

県議会本会議(採決)

今期で引退する県議と知事
井手よしひろ県議ら今期で引退する議員と大井川知事
県議会議員で今期限りで引退するのは、井手よしひろ県議(公明6期)、長谷川修平氏(県民フォーラム7期)、石塚仁太郎氏(いばらき自民2期)、先崎光氏(いばらき自民2期)。
引退議員は県議会終了後の懇談会であいさつし、長谷川氏は「大井川知事誕生を受け、全国の“雄県”に飛躍を」、井手氏は「IT化を進め、しっかり知事をコントロールする議会に」、石塚氏は「山口武平先生(元県議)におまえがやれと言われた。引退して申し訳ない」、来年2月の那珂市長選に出馬予定の先崎氏は「皆さんと県土をつくる仕事をしたい」とそれぞれ語りました。
(茨城新聞の記事より)

移動距離【84】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: