北朝鮮に「リアルな危険ない」とうそぶく共産党には日本は守れない


【公明党山口那津男代表の街頭演説(2017/5/14)】
 就任したばかりの文在寅韓国大統領が北朝鮮との対話外交に意欲を示したにもかかわらず、5月14日早朝、またもや北朝鮮のミサイルが発射されました。日米安全保障条約の下、日本と米国が緊密に連携し、対応に万全を期すことが、ますます重要になっています。この日米安保条約については、朝日新聞(2017/5/2付)の世論調査で80%の人が維持に「賛成」と答えるなど、国民から幅広く支持されています。
 これに対し、共産党はいまだに「日米安保条約を廃棄」(4月23日の党綱領セミナーで志位和夫委員長の発言)と、国民の意識と懸け離れた主張を繰り返しています。
 日米安保体制を真っ向から否定する共産党にしてみれば、同体制の下で日本を取り巻く安保環境の変化を踏まえて整備した平和安全法制も、とんでもない法律となります。だから“戦争法”とのレッテルを貼って今なお廃止を叫んでいるのです。
続きを読む

2017年5月15日(月) くもり

JR常陸多賀駅で朝の県議会報告(動物愛護の推進について、地域猫活動の推進について)

がん対策についてがん対策推進室と意見交換

拓殖大学大学院の公開講座で「地方議会の現状と課題」について講義

拓殖大学大学院で公開講座
拓殖大学大学院で公開講座
拓殖大学大学院で「地方議会の現状と課題〜“ひよっこ”の現場からの報告」と題して、公開講座で講師を担当しました。大学院生を中心とする90分の講義はいささか荷が重かったのですが、学生の皆さんの真剣さに支えられ、無事にその任を全うしました。地のままで茨城の素晴らしさもアピールできたと思います。

歩数【3000】歩・移動距離【電車で移動・都内で一泊】km



茨城県のGW期間中の観光客、過去最高の285万人

GW期間中の観光地
 5月12日、茨城県観光物産課は、ゴールデンウイーク期間中(4月29日〜5月7日)の県内観光客数を取りまとめ公表しました。
 それによると、GW期間中の茨城県の観光客は285万人を超え、記録を取り始めた2002年以降で最高となりました。前年比で6万4194人(14.6%)の増加となりました。1日当たりの平均客数も31万68477人で6万8104人(27.4%)増でした。
続きを読む

2017年5月14日(日) くもり

茨城県難病団体連絡会総会に出席・挨拶(難病患者団体と意見交換)

ひたち国際大道芸<多賀会場>を視察


ひたち国際大道芸2017<多賀会場>
国内外で活躍する大道芸人が集まり自慢のパフォーマンスを披露する「ひたち国際大道芸」の2日目です。日本をはじめ、中国やカナダなどあわせて31組の大道芸人が自慢のパフォーマンスを披露しました。

歩数【6000】歩・移動距離【91】km



平成29年度県難病連総会、難病患者のQOL改善を

難病のイメージ
 5月14日、茨城県難病団体連絡会の第35回総会が開催され、井手よしひろ県議は県議会公明党を代表して出席し、来賓あいさつしました。
 県難病連は、茨城県腎臓病患者連絡協議会、全国筋無力症友の会茨城支部、全国パーキンソン病友の会茨城支部など、12団体が加盟しています。
 306疾患に拡大された難病医療助成制度は、この4月に330疾患に拡大されました。しかし、対象疾患が拡大されてにも拘わらず、患者数がそれほど増えていないのは、難病それ自体の認知度が高まっていないことにも要因があります。また、経過措置が終了するために、医療費助成の適用が外れたり負担が増える方がでます。(厚生労働省の資料「難病の医療受給者証をお持ちの皆様へ」http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/hoken/files/oshirase_tokuteiiryouhi.pdf
 こうした様々な課題のなる難病対策ですが、患者家族と行政、そして医療機関などが連携して、患者や家族のQOLの充実や治療法の確立を目指して、全力を挙げて支援していきたいと思います。
続きを読む

2017年5月13日(土) 雨

健康セミナーの開催に関する案内状・チラシ作成

ひたち国際大道芸<日立会場>を視察

住民相談(猫の一時保護施設の整備について)


ひたち国際大道芸フェスティバル2017<日立会場>
5月13日、ひたち大道芸フェスティバル2017が開催されました。1日目の日立会場はあいにくの雨。それでも、パフォーマーは訪れたお客さんに最高の技を披露していました。

歩数【6000】歩・移動距離【26】km



高齢者も安心、ペットの飼育支援の充実を

ペットシッター
 病気や入院などでペットの飼育が困難になった飼い主に代わり、自宅を訪問したり、預かって世話をする民間サービスが広がっています。飼い主の高齢化や病気が、行政による動物引き取りの主な理由となっている東京都では、シニア世代とペットの共生に向けた取り組みも動き出しています。
 「ペットは家族も同然。いない生活は考えられない」と話すのは、新宿区在住の下村節子さん。下村さんは現在、夫と娘一家のほか、大型犬のドーベルマン2匹と共に暮らしています。連れて歩くと、他人との会話のきっかけになることも多く、下村さんにとって愛らしい存在です。
 約20年前にドーベルマンを飼い始め、現在は2代目。ここ数年、下村さんは散歩のときにリードを強く引っ張られて足がもつれたり、腕や肩に負担を感じるなど体力的に難しさを感じるようになりました。また、仕事で家を空ける日中の鳴き声なども気にかかることから、自宅に来てペットの訓練や世話の補助をしてくれる「ペットシッター」のサービスを利用しています。
 ペットシッターは、依頼者から世話内容やペットの性格などを聞いた上で自宅の鍵を預かり、留守中の自宅を訪ねてペットのエサやりやトイレ掃除、散歩などを代行します。動物愛護管理法で定める、都道府県か政令指定都市に登録が必要な「第一種動物取扱業」の一つです。環境の変化に弱く、ペットホテルなどに預けられない動物にも対応できるなどの利点があります。
 こうした民間サービスを含む営利目的の第一種動物取扱業者数は都内で年々増加しており、2015年度は約4500軒。約10年で倍増しています。
続きを読む

2017年5月12日(金) 晴れ

健康セミナーの開催に関する準備

健康セミナーに関して県庁所管課と交換

県議会公明党政調会(6月県議会一般質問について)


磯山さやかの旬刊!いばらき『フラワーパーク』
磯山さやかさんが茨城県フラワーパークを紹介。石岡市にある県フラワーパークでは5月15日(月)からバラまつりを開催!およそ800品種3万株もの色鮮やかなバラたち圧巻のバラ景色をつくりだします。
世界のバラを楽しむために,茨城県フラワーパークへ出かけてみませんか?
茨城県フラワーパーク:http://flowerpark.or.jp/

歩数【6000】歩・移動距離【88】km



“もったいない”を“ありがとう”に、広がるフードドライブ常設窓口

フードドライブのイメージ
食品ロス削減 余った食品常時受け付け 東京・世田谷
 まだ食べることができるのに捨てられる、食品ロスを減らそうと、東京都世田谷区は、家庭で余っている食品を区の施設で、常時受け付ける取り組みを始めました。余った食品を回収し、福祉施設などに提供する仕組みは「フードドライブ」と呼ばれます。
 まだ食べられるのに未使用、未開封のまま捨てられている食品は、世田谷区内で年間およそ4500トンに上ると見られ、ごみの減量をさらに進めるうえでも、食品ロスの削減が課題となっています。
 世田谷区は、2015年度から家庭で使いきれない未使用食品の受け皿として、区民まつりなどのイベントに併せてフードドライブを実施し、提供された食品は、NPO法人「セカンドハーベスト・ジャパン」を通じ、有効活用されてきました。その受付は、限られた日時、会場での実施でしたので、協力したいのに参加する機会を逸してしまったという声が公明党の岡本のぶ子区議会議員に寄せられました。
 そこで、岡本議員は2016年9月の決算特別委員会で、フードドライブの常設窓口を区内に複数個所設置し、更に、集められた食品を子ども食堂などを実施している団体に提供するなど区内で食品を循環する仕組みを構築することを提案しました。
 この提案を受けて、世田谷区は、4月から新たに区内の2つの施設で、月曜を除く毎日、家庭で余っている食品を受け付ける取り組みを始めました。
 受け付けているのは、エコプラザ用賀とリサイクル千歳台で、未開封で賞味期限が2か月以上あるなどの条件を満たした、缶詰やインスタント食品、それに飲み物などです。
 世田谷区では、集まった食品を子どもたちに食事を提供する、子ども食堂などに活用してもらうことにしています。
続きを読む

2017年5月11日(木) 晴れ

JR日立駅で県議会報告(動物愛護の推進について)

水戸市内でヤングミセスとの意見交換会(子育て支援について、教育の負担軽減について)

国際観光課との意見交換(インバンド観光客の誘致について、農家民宿の活用について)


”北朝鮮”と”日本共産党”の関係を斬る!
5月7日、公明党山口那津男代表は、品川区大井町駅前で街頭演説を行い、日本共産党と北朝鮮の関係について、厳しく指摘しました。

歩数【6000】歩・移動距離【95】km



自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: