子どものいじめが過去最高に/早期発見へSNSを活用

こどものいじめ
 全国の小中高校と特別支援学校が2016年度に認知したいじめは、前年度比43.8%(9万8676件)増の32万3808件で、過去最多を更新したことが、文部科学省が10月26日に公表した問題行動・不登校調査の結果(速報値)で明らかになりました。3年連続の増加で、初めて30万件を超えました。
文部科学省問題行動・不登校調査の結果(速報値):http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/10/__icsFiles/afieldfile/2017/10/26/1397646_001.pdf
 こうした中、早期発見・解決へ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用する試みが注目されています。

変化する若者の交流手段
 「いじめを見逃さないよう、普段から気を遣っているが、悪ふざけなどとの見極めは難しい」。こう話すのは、近畿地方の中学校の教員です。子どもたちへの声掛けも積極的に行っていますが、「授業や学校行事の準備、保護者への対応などで、生徒一人一人と向き合うには時間が足りない」のが実情です。
 一方、文科省は、子どもの相談体制の充実へ、小中学校へのスクールカウンセラー配置を進めてきました。しかし、非常勤のカウンセラーは週1回しか学校にいないケースも多く、子どもたちが常に相談できる体制にはありえません。また、たとえカウンセラーがいたとしても、子どもたちが実際に相談するには、敷居が高いのも現実です。
 そこで文科省では、いじめに悩む子どもたちの受け皿として、電話相談窓口「24時間子供SOSダイヤル」を設けており、16年度は約4万件もの相談が寄せられました。それでも、いじめを早期に発見する対策としては、まだ十分とは言えません。
 このため、注目されているのが、多くの若者が慣れ親しむLINEなどのSNSの活用です。最近の若年層の交流手段は、音声通話よりもSNSの活用が圧倒的に多くなっているからです。総務省の調査によると、10代が平日に携帯電話で話す時間は平均で2.8分にすぎませんが、SNSを利用する時間は57.8分にも上っています。
続きを読む

2017年11月4日(土) 晴れのち雨

茨城県議会公明党地域創生プロジェクト主催「いばらき地域猫セミナー」in守谷市を開催


磯山さやかの旬刊!いばらき『茨城の紅葉(後)』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、磯山さやかさんが「茨城の紅葉」を紹介します。
日本百名山の一つ「筑波山」では深まる秋の移ろいを愛でながらハイキングが楽しめます。今回はケーブルカーを利用して穴場の絶景スポット「立身石」へ。紅葉がきれいなこの時期、紅葉ライトアップや山頂付近から関東平野の夜景と星空を楽しむ「スターダストクルージング」も実施中です。
紅葉に夜景,筑波山で美しい景色を眺めに来ませんか?

歩数【6000】歩・移動距離【199】km

国道6号大和田拡幅事業のため、石名坂交差点の位置が変わります

国道6号(新)石名坂交差点
 日立市の渋滞緩和のために、国道6号の「大和田拡幅工事」が進められています。
 今年(平成29年)中に、交通の流れの改善し、これからの4車線化工事をスムーズに行うために、石名坂交差点の付け替え工事が完了します。
 県道(旧国道)から国道6号いわき方面へ向かう際は、新しい石名坂交差点を通行することになります。今までは、国道6号に出る際は右折のみで、左折は出来ませんでしたが、新しい石名坂交差点は両方向に曲がることが出来ます。但し、国道6号方面からは、右折で侵入することはできませんので注意が必要です。
 現在の石名坂交差点は、信号機が撤去され、水戸方面への一方通行となります。福島訪問(下り方向)に進入することは出来なくなります。
続きを読む

2017年11月3日(金) 文化の日 晴れ

ひたちなか市那珂湊で県政要望聴取、意見交換

住民相談(新規事業の立ち上げについて)

笠松運動公園の黄葉
笠松運動公園の黄葉
ひたちなか市の笠松運動公園のいちょうが黄葉しています。地域の住民にとっては絶好のお散歩コースであり、ジョギングコース。多くの家族連れで賑わっています。

歩数【6000】歩・移動距離【70】km

農家の収入保険制度、2019年度産農産物から対象

農業のイメージ
 2019年産農産物から、農家の安定経営を支える新たなセーフティーネット(安全網)として公明党が提案してきた「収入保険制度」が、スタートすることになりました。制度の説明会が今月から全都道府県で開催されます。
 農林水産省による説明会は、11月14日の松山市を皮切りに全国51カ所で実施。希望者は、開催日の5日前までに、各都道府県の農業共済団体にファクスかメールで、氏名、住所、職業、連絡先(電話番号)を記載して、申し込む必要があります。日程は、農水省のホームページで確認できます。農水省は農家の経営安定に役立つ同制度への加入を広く呼び掛けています。
 収入保険制度は、自然災害による収量減のみならず、豊作に伴う農作物の価格下落など農業経営全体に関わる収入減を補う新たなセーフティーネットができることになります。農業共済など既存の補償制度の対象外となっている野菜や果樹、花き栽培もカバーします。農業経営の大規模化や多角的な複合農業の実現など、日本農業の成長産業化を見据え、農家が安心して生産に励めるようにする制度です。
 収入保険は、農家の収入減少時に、過去5年間の平均収入(基準収入)を基に、その8割程度を確保できるようにするものです。青色申告を行う農業者(個人と法人)による2019年産の農産物から対象となります。
続きを読む

2017年11月2日(木) 晴れ

朝の県議会報告(JR日立駅で10月議会の質疑について報告)

オレンジリボン(児童虐待防止)啓発運動の出発式を応援

10月県議会代表質問の報告冊子を編集、出稿


【犬猫殺処分ゼロ】犠牲になる犬猫を無くすためにできること
茨城県動物指導センターに寄せられるご相談で、「ウチの犬(猫)が子供を産んでしまい困っている」、「放し飼いにしていたら、いなくなった」といった内容のものが、恥ずかしながら少なからずあるのが現状です。
何かしらの縁があって出会い、一緒に暮らした家族である犬猫に対して、飼い主としてやってあげられることはやってあげましょう。
ずっと一緒にいるために、飼い主として犬猫という小さな家族に今何をしてあげられるかを考えてみてください。
まずできることから始めてみませんか。
・生まれてから困るより、不妊去勢手術をしましょう
・犬の散歩はリードを付けて
・猫は室内で飼いましょう
・ペット所有者明示(鑑札・名札等)をしましょう
・動物の遺棄および虐待は犯罪です

歩数【6000】歩・移動距離【31】km

待望久しかった「市道金沢諏訪線」が11月6日供用開始

市道金沢諏訪線
 待望久しかった市道金沢諏訪線の未開通部分1090mが、11月6日午前11:00より供用開始されます。
 日立山側道路(県道日立笠間線)の大久保中学校交差点から、末広町を経て諏訪町へつながる市道が開通します。山側道路から多賀及び日立地区への移動性が向上し、国道6号の慢性的な渋滞緩和、地域間の連携強化が期待されます。
 民家の移転が相続問題などから遅れて、供用開始が大幅に遅れていました。
市道金沢諏訪線

2017年11月1日(水) 晴れ

朝の県議会報告(JR常陸多賀駅)

日立市役所でシティプロモーションなどについて意見交換

コミュニティネットひたちで地域活性化事業などについて意見交換

南部図書館で展示企画について打ち合わせ

映画「ある町の高い煙突」トークフォーラムについて会場打ち合わせ

解体が進む日立市役所旧庁舎
解体が進む日立市役所旧庁舎
日立市役所でシティープロモーション等について打ち合わせ。すでに旧庁舎の解体が、青空もとかなり進んでいました。
もう議会が入っていた建物などは、完全に姿を消しています。

歩数【6000】歩・移動距離【67】km

日立市/小中学校適正配置基本方針まとまる

小学校
小学校は2クラス、中学校は3クラス以上
 人口減少、少子化が進む日立市では、小中学校の児童生徒数の減少を踏まえて、公立学校の再編検討が進められています。
 日立市の小中学生数は減少し続けています。本年度(2017年度)の児童数は8510人で10年前より約26%減少。生徒数は4724人で10年前に比べ約14%減少しました。さらに10年後には児童、生徒数ともに約24%減る見込みで、減少傾向に歯止めがかからないのが実態です。
 日立市教育委員会では、昨年(2016年)11月、学識経験者や保護者、地域団体の代表、学校関係者などで構成する学校適正配置検討委員会を設置しました。これまでに7回の検討会議を開き、その素案を取りまとめました。
 またこの間、市教育委員会は、昨年11月から12月にかけて、保護者や市民、教職員の計6847人を対象にアンケート調査を実施、計4839人から回答を得ました。アンケートでは、望ましい学校規模として小学校で「2、3学級」程度、中学校で「3、4学級」程度がよいとの答えが多数となりました。
 一連の検討会議やアンケートを基に作成された素案によると、小学校はクラス替えの必要性や同学年の教員同士が相談・協力できる体制を整えるため1学年2学級以上。中学校は多様な部活動が実施でき、主要5教科に複数教員を配置できる3クラス以上が適正規模としています。
続きを読む

2017年10月31日(火) 晴れ

朝の県議会報告(JR大みか駅)

城里町で県政懇談会(桂地区、七会地区)

県議会代表質問の報告誌の編集作業

井手よしひろ県議
JR大みか駅前で県議会報告
朝の県議会報告。JR大みか駅前で行いました。
大井川新知事の初舞台となった10月県議会。公明党が行った代表質問や一般質問、予算特別委員会の質疑から、子供の医療費無料化、私立高校の授業料無償化、給付型の奨学金の創設、少人数学級の充実等について報告しました。

歩数【6000】歩・移動距離【101】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: