2018年10月2日(火) 晴れ

JR大甕駅で県議会報告(事前防災の充実などについて)

牛久市で公明党時局講演会を開催(牛久市中央生涯学習センターホール)

公明党時局講演会(牛久市中央生涯学習センター)
牛久市で公明党時局講演会を開催
牛久市中央生涯学習センターで公明党時局講演会を開催しました。
公明党の石田祝稔政務調査会長は、地震や台風などの自然災害が、各地に被害をもたらしたことを踏まえ、大規模災害に備えて「国民の生命と暮らしを守る防災・減災対策を今こそ進めていきたい」と強調しました。
井手よしひろ県議も「防災の党・公明党」として、事前防災や被災者の生活再建に全力で取り組むと訴えました。

移動距離【188】km

公明党全国大会での質疑から、“防災・減災”と“憲法問題”

山口那津男代表:公明党全国大会
 9月30日に開催された第12回公明党全国大会でかわされた党幹部と全国の代議員(地方議員)との質疑のうち、防災・減災に関わる高橋英士代議員(岡山県議)と憲法改正問題に関する井手瀬絹子代議員(愛知・岡崎市議)の内容を紹介します。

防災・減災対策

高橋英士代議員(岡山県議)
 地元・岡山県は7月に西日本を襲った記録的な豪雨により甚大な被害を受けた。特に倉敷市真備町地区は広範囲で冠水し、多数の犠牲者を出した。
 公明党は「防災・減災ニューディール」を提唱し、国土強靱化基本法の成立をはじめ、災害に強い国づくりに全力で取り組んでいるが、近年は想定外の激甚的な災害が相次ぐ。こうした災害で浮き彫りとなった課題や教訓を踏まえ、具体的にどう政策を進めていくのか。
続きを読む

2018年10月1日(月) 雨のち晴れ

水戸市内で県議会報告、政調会打ち合わせ(10月からの新規事業について)

福祉医療制度の編瀬について調査(県議会図書館他)


カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『笠間市 奮浚屬侶)』
いばらき大使「カミナリ」の二人が、県内の観光スポット等を巡りながら茨城の匠を目指して魅力を学びながら発信していきます。
10月の注目エリアは笠間市。秋の味覚「栗」は茨城県が生産量日本一を誇ります。その一大産地である笠間では、この時期、個性豊かな栗スイーツが盛りだくさん!今回は、菓子工房「福」で、フレンチのシェフがつくる栗をふんだんに使ったシュークリームをいただきます。
食欲の秋は、笠間の栗を味わってみてはいかがですか。
【笠間観光協会】http://www.kasama-kankou.jp/

移動距離【90】km

札幌市清田区、北広島市大曲地区/液状化被害の現状

札幌市清田区
 9月6日に発生し、最大震度7を観測した北海道胆振東部地震。震度5強の揺れに見舞われた札幌市清田区では、激しい振動で地盤が液体のようになって脆弱化し、大量の土砂・地下水の噴出や、地面が大きく隆起するなど液状化による甚大な被害が出ました。復旧を急ぐ同区や隣接する北広島市の現状を、公明新聞9月30日付の記事と9月17日に井手よしひろ県議が現地で撮影した写真をもとにまとめました。また、2011年3月の東日本大震災で、大規模な液状化被害が発生した茨城県潮来市日の出地区の復興の状況も紹介します。

地質調査などは完了、再建への具体策を早急に:札幌市清田区
 「住み慣れた家に早く戻りたいのに、先の見通しが全く立たなくて……」
 震度5強を観測し、大規模な液状化被害が発生した清田区里塚に住む鈴木静香さんは、苦しい胸の内を語ってくれました。自宅の2階建てアパートは「全壊」の判定を受け、現在は同じ里塚地区でも被害がなかった実母の家に、夫と娘と共に身を寄せています。

続きを読む

2018年9月30日(日) 雨

第12回公明党全国大会に参加

第12回公明党大会
第12回公明党全国大会を開催
公明党は第12回全国大会を盛大に開催しました。党代表に再任された山口那津男代表は、「新たな任期の2年間は、日本の未来を切り開く正念場だ。与党・公明党が果たすべき使命と役割は限りなく重い。引き続き自公連立政権の一翼として、日本の未来に責任感を共有し、緊張感を持って国民の負託に強く応えていく」と強調しました。
また、来年の統一地方選、参院選の勝利へ「来年の結党55年をめざして立党精神を燃え上がらせ、公明党の新時代を切り開くため、怒濤の前進を開始しよう」と呼び掛けました。
党大会では、斉藤鉄夫幹事長ら本部役員が指名・承認されました。

移動距離【電車で移動】km

公明党第12回全国大会を開催、「衆望」を担う政治を貫く!

第12回公明党全国大会
 9月30日、公明党は都内のホテルで「第12回公明党全国大会」を開催し、党代表に日立市出身の山口那津男参議院議員を再任しました。幹事長には斉藤鉄夫衆議院議員を選出しました。党代表選の立候補者が、山口代表1人だったため、大会に出席した代議員の総員賛成のもと、代表続投が決まりました。任期は2年間です。
 今回の大会では、公明党の全議員が「大衆とともに」の立党精神をたぎらせ、多様な人々の期待に応える「衆望」を担う政治を貫くことを誓い合いました。そのうえで、今年4月から約3カ月間にわたって展開した「100万人訪問・調査」運動の成果を踏まえた政策を示し、その実現に総力を挙げることを確認。さらに、来年春の統一地方選、夏の参院選の連続勝利に向け団結を固め、勇躍出発しました。
続きを読む

2018年9月29日(土) 晴れ

ひたちなか市内で県政報告(9月県議会での代表質問、一般質問について)

つなぐハローワークひたち協定書締結
生活困窮者等の就労支援窓口「つなぐハローワークひたち」を市役所内に開設
 9月27日、日立市は茨城労働局と「つなぐハローワークひたち」の設置に関する協定を締結しました。「つなぐハローワークひたち」は、市役所社会福祉課の窓口にハローワークの職業相談・紹介機能を設置し、生活に困窮される方々の就労促進を図るもので、茨城県内では初の取り組みです。
 日立市では、8月末現在で約2200人が生活保護を受給されており、近年は微増の傾向が続いています。その中で、働くことが可能と思われる方は2割超おり、こうした方々の就労を支援し、自立を促すことは極めて重要な課題です。「つなぐハローワークひたち」は、10月1日からスタートします。

移動距離【89】km

第5回いばらきショートフィルム大賞


第5回いばらきショートフィルム大賞【大賞】IMC
 いばらきフィルムミッションでは、茨城が有する自然の風景(海岸、湖畔、あぜ道など)、レトロな風景(古民家、木造校舎、寺院など)、現代的な風景(モール街、空港、港など)、そして文化や食文化などをストーリーに盛り込んだショートフィルムを募集し、最も優れた作品に「いばらきショートフィルム大賞」を授与しています。大賞の賞金は100万円です。
 さらに大賞作品は茨城の魅力を発信し、スクリーンツーリズムを推進するため、米国アカデミー賞公認国際短編映画祭である「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)」と連携して国内外の映画祭等で上映されます。
 2018年度第5回いばらきショートフィルム大賞受賞作品は、「IMC」。監督:Ark、出演者:神永圭佑、青野楓。魅力のない都道府県1位の茨城県。県庁職員の広樹(神永圭佑)は悪評を払拭しようと幼馴染の汐里(青野楓)が勤めるCM会社にPRビデオ制作を依頼します。どんなビデオにするべきか紛糾する会議の中、広樹の空想が大暴走!時空を超えたパラレルワールドが展開します。
 土浦市、常陸太田市、北茨城市、牛久市、かすみがうら市、行方市、大洗町、大子町など茨城県各地でロケを行いました。
 ストーリーがぎゅうーっと凝縮されて、テンポも抜群。いばらきの素敵な風景もちりばめられており、大賞にふさわしい作品です。是非ご視聴下さい。

続きを読む

2018年9月28日(金) 晴れ

住民相談(日立市内)

ひたちなか市で県政懇談会(子育て支援の充実などについて)

常陸大宮市で県議会報告(ドクターヘリの充実、子育て支援のためのマル福充実などについて)


カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『土浦市ぁ糞犠觚園)』
いばらき大使「カミナリ」の二人が、県内の観光スポット等を巡りながら茨城の匠を目指して魅力を学びながら発信していきます。
9月の注目エリアは土浦市。かつて城下町として栄えた土浦の街には、亀城とも呼ばれた土浦城址を整備した亀城公園をはじめ、周辺には蔵づくりなど風情ある建物が今も残ります。そんな土浦の名物グルメがカレー。生産量日本一のレンコンがたっぷり入ったカレーパンなど、市内では様々なカレーメニューが楽しめます。

移動距離【137】km

10月1日から「おとなの救急相談」#7119スタート

おとなの救急相談
 10月1日から「おとな救急電話相談」事業がスタートします。
 夜間や休日の急な病気やけがで、救急車を呼んだ方が良いのか迷うときや、応急処置の方法が知りたいときの相談ダイヤルです。看護師などが対処方法について助言するほか、受診の必要性、受診可能な医療機関を案内します。
おとなの救急相談ダイヤル
プッシュ回線、携帯電話:#7119
プッシュ回線以外、03−5367−2365
相談料は無料。ただし通話料は利用者負担となります。
利用時間
平日(月〜土) 17時30分から翌朝9時00分まで
休日(日・祝・年末年始) 9時00分から翌朝9時00分まで
 このおとなの救急相談は、平成27年第1回定例会の県議会公明党の会派代表質問で、たかさき進県議が取り上げ、休日や夜間など、県民の急病に対する不安を軽減するために、大人の救急電話相談の運用を提案したものです。
 提案から実現まで3年以上かかりましたが、やっと実を結びました。今後も県民のためになる政策を提案してまいります!
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: