地方への若者の移住をどのように進めるか、国の有識者会議が提言

地方都市に若者のUIJターンを
 地方への移住を望む若者をどう呼び込むか。とりわけ就労環境に関する情報を積極的に発信することに知恵を絞る必要があります。
 若者の地方移住の促進策について、政府の有識者会議(わくわく地方生活実現会議)が報告書案を取りまとめました。近く梶山弘志地方創生担当相に提出され、政府が6月に策定する地方創生施策の基本方針に反映される予定です。
 報告書案の大きな柱となっているのが、Uターンなど大都市圏から地方へ移住するための施策の強化です。
 東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県)は、昨年1年間に12万人の転入超過となりました。その大半は19歳から29歳までの若者です。
 一方で、地方移住に対する若者の関心も高い事も事実です。認定NPO法人ふるさと回帰支援センターを利用した人のうち、40代までが占める割合は増加傾向にあります。「静かな環境で仕事に専念したい」「豊かな自然の中で子育てしたい」など理由はさまざまあります。
 こうしたニーズに的確に応えることで、東京圏一極集中の流れを少しでも変え、地方創生につながることが期待できます。
続きを読む

2018年5月29日(火) 晴れ

日立市内のA型就労施設を訪問、現地調査

長岡技術科学大学を訪問、自然災害からの防災体制整備などについて意見交換

新潟知事選挙の応援

180529tosyokan
日立記念図書館に「 ある町の高い煙突 」コーナー開設
日立の大煙突にまつわる実話をモデルとして描かれた、直木賞作家新田次郎 氏の小説「ある町の高い煙突」の映画化にあたり、記念図書館では、「ある町の高い煙突」コーナーが開設されました。
コーナーでは、映画の原作や日立鉱山関係の本、映画関連情報などが展示されています。
本は貸出しもできますので、郷土を知る手がかりとして、ぜひご利用ください!
■展示期間
 映画公開終了まで(予定)
■展示場所
 記念図書館1階入口及び「ふるさと日立コーナー」
■展示内容
 小説「ある町の高い煙突」、日立鉱山関係の本(「日立鉱山史」「鉱山と市民」「日立鉱山煙害問題昔話」「大煙突の記録」「大煙突まちあるきマップ」「大煙突の破片」「天馬空を行く」「思い出の鉱山電車」「史料集共楽館」ほか)、映画のチラシや新聞記事、ロケの写真など
※記念図書館ホームページ http://www.city.hitachi.lg.jp/lib/003/p067739.html

歩数【6000】歩・移動距離【466】km

改正バリアフリー法/役割増す市町村に国の支援重要

チューリップ
 5月18日、高齢者や障がい者が円滑に移動できる社会をめざす改正バリアフリー法が国会で成立しました。
 12年ぶりとなる今回の改正は、急速な人口減少・少子高齢化に対応し、バリアフリー化を一段と加速させることが目的です。障がい者が十分に社会参加できる共生社会の実現に向けた取り組みを、2020年東京五輪・パラリンピックの開催を機に、東京だけでなく全国各地で推進する点からも大きな意義があります。
 主な改正点は、▽エレベーターの設置や職員を対象にした介助研修などの計画策定と進捗状況の公表を公共交通事業者に義務付ける▽高齢者や障がい者も参画しバリアフリーの取り組みを評価する協議会を市町村に設置する▽新たに導入する貸切バスや遊覧船もバリアフリー基準の適合対象とする――などです。
続きを読む

2018年5月28日(月) 晴れ

映画制作を通した地域おこしで、常陸大宮市長と意見交換(映画「ある町の高い煙突」ロケ地で)

高萩工事事務所から箇所付け説明を受ける

県議会で公明党政調会(6月議会質問の調整)

ある町の高い煙突常陸大宮ロケ
映画「ある町の高い煙突」常陸大宮市ロケ
映画「ある町の高い煙突」のロケが、日立市、高萩市、常陸大宮市、大子町、栃木県、山形県などで続いています。5月28日、常陸大宮市の久慈川河畔で行われたロケには、主演の井手麻渡さん、久原房之介役の吉川晃司さんが出演しました。
このロケには、映画による地域の魅力発信に取り組む三次常陸大宮も訪れ、松村克弥監督、井手よしひろ県議らと意見交換を行いました。

歩数【6000】歩・移動距離【162】km

2019年1月スタート、農家支える収入保険

農家の収入保険
 自然災害や農産物の価格下落時に、農家の収入減を補う「収入保険」制度の創設に向けて、2018年度予算案では260億円を計上しました。公明党が重点政策に掲げ、強力に推進してきた施策です。
 収入保険は農家の収入減少時、過去5年間の平均収入(基準収入)を基に、その8割程度を確保し農業経営を安定化させるもの。既存のセーフティーネット(安全網)がない野菜や果物などもカバーし、「新規の作物導入や販路拡大といったチャレンジする農業者に対しても支援する制度」(農林水産省)です。
続きを読む

2018年5月27日(日) 晴れ

100万人対話アンケート活動、防災に関する不安事項、高齢者の介護保険負担などについて聴き取り

日立市内で県議会報告


県内の和洋菓子展が一堂に 「第7回いばらきスイートフェア2018」
5月25日〜27日、県内の和洋菓子の名店が一堂に並ぶ「第7回いばらきスイートフェア2018」が、県庁で開催され家族連れなどでにぎわいました。
今年は、県内の和洋菓子店40店舗が「たまご」をテーマにスイーツ作りに取り組み、農産物の販売なども含めると計55ブースが出店しました。
初出店は4店舗で、ひたちなか市のミルアベイユは限定120個のシュークリームが午前中で完売。水戸市のパティスリーシュールミガワではアーモンドケーキや生菓子を求め客が列をつくりました。

歩数【6000】歩・移動距離【19】km

“公明党は自らの力を過小評価しないで、伸び伸びと” 外交評論家・佐藤優氏


「識者が語る公明党」 外交評論家・佐藤優氏
 この動画では、公明党の岡本三成衆院議員が公明党の歴史や政策について、佐藤氏にインタビューしています。
 佐藤氏は、平和安全法制の議論で「地球の裏側まで自衛隊を送りたい」という意見がある中、公明党がブレーキ役を果たし、「日本の平和を強化する方向で(議論が)動いた」と評価。一方、中小・零細企業への支援など「民衆の側に立ってやらないといけないことに関してはアクセルを踏んでいる」と述べ、公明党の役割を強調しています。
 軽減税率制度については、毎日の買い物で効果を実感できることや、「(年収などで線引きされず全員が対象となるため)社会に分断をつくらない」ことから、「非常に高く評価している」と太鼓判を押します。
 また、公明党への期待としては、「自らの力を過小評価しないで、伸び伸びとやること。公明党らしさをガンガンと出してほしい」とエールを送っています。

2018年5月26日(土) 晴れ

地元金沢小学校の運動会に来賓として出席

100万人対話アンケート活動、高齢者の介護保険負担などについて聴き取り

日立市内で県議会報告


晴天のもと、地元金沢小学校の運動会
運動会が秋(9月)から5月に替わり、開催の合図だった花火もなくなりました。徒競走で一等でもらえた文房具も、随分前になくなりましたね。
運動会だけは、なくならないで欲しい!そんな思いが強くなります。

歩数【6000】歩・移動距離【31】km

「はしか」12都府県に拡大、海外でも流行続く

予防接種のイメージ
国立感染症研究所感染症疫学センター第3室 多屋馨子室長に聞く
 沖縄県や愛知県などで3月以降、はしか(麻疹)の発生が相次いでいます。国立感染症研究所によると、全国12都府県で計149人(5月13日分まで)の患者が確認され、厚生労働省は海外旅行者などにワクチンの2回接種を呼び掛けています。
 効果的な予防策や注意点について、国立感染症研究所感染症疫学センター第3室(予防接種室)の多屋馨子室長に伺いました(2018年5月25日付け公明新聞記事よりご紹介します)。

■訪日客から発症/2回の予防接種が重要/まずは母子手帳の記録確認を
 今回の感染ルートは、3月に台湾から沖縄県に来た旅行客が、はしかを発症した状態で観光したことがきっかけです。はしかは、潜伏期の後に38度台の高熱が出て、咳やのどの痛みなどの症状が数日続きます。この期間は一番感染力が高いカタル期といわれ、旅行客もこの時期に訪日したと見られます。
 日本は2015年に世界保健機関(WHO)から、国内由来の麻疹ウイルスによる感染が発生していない「排除状態」であると認定を受けました。現在、感染が広がっているのは海外から持ち込まれたウイルスによる「輸入感染」とされています。
続きを読む

2018年5月25日(金) 晴れ

朝の県議会報告(6月県議会のポイントなどについて)

映画「ある町の高い煙突」の日立市内ロケ現場を視察。日立市の観光振興について地元有志と意見交換(日立市田尻町)


カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『鉾田市ぁ平失酣星爐離瓮蹈鵐僖鵝法
いばらき大使「カミナリ」の二人が、県内の観光スポット等を巡りながら茨城の匠を目指して魅力を学びながら発信していきます。
5月の注目エリアは二人の地元・鉾田市。今回は、名産のメロンが旬を迎えた鉾田で、メロン農家が手掛けるこだわりスイーツがあると聞きつけ「深作農園」へ。メロンの形をしたメロンバウムに、メロンクッキー、完熟のメロン果汁で作ったメロンパンなど、驚きのメロンスイーツが楽しめます。
春の旅は,名産いっぱいの鉾田へ!
【いばたべ】https://www.ibaraki-shokusai.net/
【深作農園】http://www.fukasaku.com/

歩数【6000】歩・移動距離【47】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: