女性の視点を防災対策に/活用進む政府の研修プログラム

避難所運営に反映へ/復興・復旧を担う役割も期待
イメージ 熊本地震から間もなく1年を迎えます。ここ数年の大災害を教訓に女性の視点に立った対策が各地で進み始めています。その知識や技術の習得へ向けて、内閣府が作成した「男女共同参画の視点からの防災研修プログラム」が活用されています。
 2016年6月に策定された内閣府の研修プログラムは、自治体の職員だけでなく、地域で防災活動の中核となるリーダーや関係者も対象にしています。研修内容は、男女の支援ニーズの違いや、具体的な災害を想定した備えを話し合うなど、5部構成となっており、災害からの復興・復旧を担う役割も期待されています。
 このプログラムを基に、千葉県我孫子市は2月に避難所での対応について研修を行いました。当日、内閣府の職員を講師に招いた座学で、男性と女性は災害による影響内容が異なる点を学びます。講師からは、「阪神・淡路大震災と東日本大震災で亡くなった人数は女性が男性を上回る」「男性に比べて女性は災害後の雇用状況や健康状態が厳しい」「避難所生活では男性より女性が不便を感じている人が多い」といった調査結果を交えた解説がありました。
 さらに、東日本大震災では女性用品だけでなく、粉ミルクや、おむつなど乳幼児用品についても女性からの要望が多かった事例を学び、女性特有の支援ニーズについて理解を深めました。
 続いて実施されたグループワークでは、「大規模な災害が起きたため、家族と共に避難所となった中学校の体育館で過ごしている」といった避難所の状況を想定し、どのような対策が取れるかについて話し合います。「避難所の運営会議のメンバーは男性と女性を同じ割合で構成し、特に子育て世代を必ず入れるようにしてほしい」などの意見が出されました。
 このほか、講師は他の自治体の先進事例について解説。全ての避難所において女性用更衣室や女性専用の授乳室・育児スペースなどの部屋をプライバシーに配慮した取り組みを紹介し、内閣府の研修プログラムに盛り込まれた内容が着実に浸透していることも学びました。
続きを読む

2017年4月6日(木) 晴れのち雨

JR日立駅で県議会報告(全国さくらシンポジウムについて、日立のさくら100年について)

日立市小木津町で県議会報告(動物愛護の推進について)

全国さくらシンポジウムに参加

取手市内で県議会報告(教育の負担軽減等について)

メロンの日
4月6日は“メロンの日”、茨城は日本一の産地
茨城県はメロンの生産量日本一。メロンの産出額ベスト3はこちら
第1位 茨城県 133億円(シェア20.6%)
第2位 北海道 122億円(18.9%)
第3位 熊本県 101億円(15.7%)
さらに、購入数量もダントツの1位です!
第1位 水戸市 6612g
第2位 さいたま市 3522g
第3位 浜松市 3404g
出荷のピークは6月ですが,4月からアンデスメロンの出荷がはじまります。ぜひ、茨城県のメロンを茨城県にお越しになってお召し上がりください。

歩数【6000】歩・移動距離【277】km

全国さくらシンポジュウムを記念して“ある町の高い煙突”増刷

全国さくらシンポジウム
 4月6日、7日の両日、「日立さくらまつり」に合わせて「2017全国さくらシンポジウム 」が、日立市内で開催されました。全国さくらシンポウムは、公益財団法人日本花の会が主催し、1982年より全国の桜研究家や学識経験者、桜愛好家、さらに桜の名所を持つ自治体の関係者の方々に呼びかけて開催されてきました。1986年から市町村との共催となり、開催地に関連するテーマで、桜の花の魅力で地域を活性化するためのイベントとなりました。
 6日行われた記念講演では、お天気キャスターの井田寛子さんが「近年の気象とさくらの開花」と題して講演しました。
続きを読む

2017年4月5日(水) 晴れ

県議会で会派勉強会(新年度の政務活動の方向性について協議)

井戸英二さんと意見交換
「みずほの村市場」バンコク店の井戸英二さんと意見交換
茨城のおいしいイチゴやブドウをタイ・バンコックで販売する井戸英二さんを迎えて意見交換。イチゴとブドウ、そしてモモがタイで受け入れられるキラーコンテンツ。茨城の若手農家も、海外の輸出をきっかけに大きく成長した事例もご報告いただきました。

歩数【6000】歩・移動距離【82】km

ハウジングプア(住まいの貧困)解消に“空き家”の活用を

空き家の有効活用を
 経済的な理由から思うように住居を確保できない人たちに、「住まいの安心」を確保することが必要です。
 高齢者や低所得者、障がい者の場合、民間の賃貸住宅への入居を断られることが少なくありません。国土交通省の調査によると、「家賃の支払いに対する不安」が家主(貸し手)に賃貸をためらわせる大きな理由となっています。
 低所得層に対する住宅のセーフティネット(安全網)に公営住宅があります。ただ、応募倍率は全国平均で5.8倍、東京都では22.8倍という狭き門です。また、公営住宅は原則家族向けであり、単身の高齢者などが新規に入居するためには敷居が高くなっています。一方、新たに公営住宅を建設することは、自治体のほとんどが財政難であることを考えれば簡単ではありません。
 単身の高齢者は今後10年間に100万人増える見込みです。不安定な収入に悩む母子家庭や自立した生活をめざす障がい者も多いのが現実です。こうした人たちが住居の確保に難渋する現状は、「ハウジングプア」(住まいの貧困)とも指摘されています。看過することのできない問題です。
続きを読む

2017年4月4日(火) 晴れ

日立市内日高町で県議会報告(3月議会の代表質問について)

日立の商店街活性化について意見交換

日立市内大甕町で県議会報告(3月議会の代表質問について)

土浦市内で県政報告、意見交換会(広域合併の可能性等について)


暮らしと仕事がちょうどイイ!〜日立市〜

歩数【6000】歩・移動距離【244】km

犬猫の殺処分ゼロを目指すふるさと納税サイトがオープン

大好きいばらき応援寄付金サイト
 茨城県では、昨年12月に制定した茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例に基づき、犬猫の殺処分頭数を減らすための取り組みを進めています。
 4月3日、茨城県の殺処分ゼロを目指す取り組みに協力していただける皆様からの寄附を募集する、ふるさと納税の窓口を開設しました。
 現在は、暫定的な窓口で県のホームページから「大好きいばらき応援寄付金」のサイトにアクセスしていただき、必要事項を記載していただくと、県税務課から申請書や振込用紙などが送られる仕組みです。
 今後6月をめどに、オンラインで決済(クレジットカードやネット銀行決済)できるよう、民間ふるさと納税サイトと調整を行っています。使いやすい「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指すふるさと納税サイト」を開設できるよう、準備を進めます。
参考:大好きいばらき応援寄付金サイト
http://www.pref.ibaraki.jp/somu/zeimu/kikaku/kifukin/index.html

2017年4月3日(月) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告(3月議会の代表質問について)

高萩市内で県議会報告(3月議会の代表質問について、芸術による地域振興について、教育費の助成拡大についてなど)

ひよっこ
NHK朝の連続ドラマ“ひよっこ”スタート
ドラマの舞台は、茨城県北西部・架空の町“奥茨城村”。
農業産出額全国第2位を誇る茨城県の北西部には、清流に育まれた豊かな田園や里山が広がります。
茨城県が連続テレビ小説の主な舞台になるのは、第14作「鳩子の海」に次いで2回目です。お楽しみに!

歩数【6000】歩・移動距離【75】km

ひたちのさくら100年、ゆかりの地“桜塚”を訪ねる

日立市諏訪台の桜塚
 新庁舎建設が進む日立市役所の山側、高台にある旧日鉱金属諏訪台社宅跡地の一角に、高さ約1メートルほどの石碑があり、そこには“桜塚”との文字が刻まれています。自然石でその文字の下方に「大正6年春(1917年)角弥太郎氏諏訪台に桜樹を植う 昭和9年4月10日」とあります。これが、日立製作所日立工場の当時工場長であった高尾直三郎が建てた“桜塚”です。
 大正4年頃、鉱山の煙害対策用として、大島桜が現在の東海村石神農場で育苗されていました。この大島桜に接ぎ木して、多くの染井吉野の苗木が作られました。こうしてつくられた染井吉野の苗木約1200本が鉱山の社宅である諏訪台、杉本、大雄院、掛橋の地域に植えられました。
 これが日立市の住宅地に植えられた染井吉野の原点です。もちろん少しの本数を個人が住宅周辺に植えたものもあったかも知れませんが、計画的に大量の本数を植えたのはこれが最初でしょう。
 諏訪台の桜はこうして鉱山の人たちによって植えられ、成長し、日立の桜名所の最初のものとなりました。桜塚に大正6年と刻まれた時から100年、今年は日立の染井吉野100年の節目の年です。
 諏訪台とは、市役所裏手から西の方、鹿野場団地東端付近までの台地上を指します。桜塚前の道路を境に海側を下諏訪台、これより山側の諏訪台貯水池付近までを上諏訪台と称していました。
 ここはかつて、日立鉱山や日立製作所の役宅(役職者用社宅)が並ぶ、いわば日立の高級住宅街でした。時とともに住む人びとは移り変わっても、ここは昔から今までずっと変わらない桜の名所です。
続きを読む

2017年4月2日(日) 晴れ

日立市内で桜の歴史を検証

桜川市、筑西市の住民との意見交換(企業誘致の推進、国道50号の4車線化等について)

日立のあんず
日立市役所に通じる杏子通りの“あんず”が咲き始まました。桜ももうすぐです!

歩数【6000】歩・移動距離【191】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: