2019年度税制改革、景気対策を手厚く自動車・住宅で減税

税制改革
公明党の主張実り、未婚のひとり親の住民税を非課税に
 来年度以降の税制改正を検討していた自民、公明両党は、12月14日、与党政策責任者会議で2019年度与党税制改正大綱を決定しました。2019年10月の消費税率引き上げに備え、景気対策を手厚くし、自動車や住宅の購入に伴う減税措置を拡充することになります。引き上げ後に自動車を購入した場合、自動車税を恒久的に最大年4500円引き下げます。住宅ローン減税も現行の10年から3年間延長します。
 住宅ローン減税の拡充と車体課税の見直しを合わせて、年間1600億円以上の減税となる見込みです。記者会見で公明党の西田実仁税制調査会長は「とりわけ住宅は中低所得の人が来年10月以降に購入してもメリットが出る制度になった」と語りました。
 自動車税は▽排気量100娑焚爾2万5000円(現行2万9500円)▽1000嫩僑隠毅娃悪娑焚爾3万500円(同3万4500円)――など全ての排気量で恒常的に引き下げられます。これにより約1320億円の減税となります。減税の財源を確保するため、消費税率引き上げ時に導入する環境性能割を見直すとともに、エコカー減税の対象縮小などで対応します。
 住宅ローン減税は延長後の3年間、消費税率引き上げ分に相当する建物価格の2%の範囲で所得税などから控除します。ただし、ローン残高が少ない場合は、現行制度通り、ローン残高の1%を減税。2020年12月末までの入居者が対象となります。
 公明党が強く主張した子どもの貧困に対応するため、未婚のひとり親への税制優遇措置も実現します。配偶者と死別したり、離婚したりしたひとり親と同様に子どもが1人いて、年収204万円以下の未婚のひとり親も、住民税を非課税とします。また、臨時の予算措置で、未婚のひとり親が受けられる児童扶養手当の支給額を、年1万7500円上乗せするほか、再来年度の税制改正で、さらなる税制上の措置を講じるか検討するとしています。
 住民税では、法律婚の配偶者と離婚したり死別したりした年収約204万円以下の一人親は非課税と定められています。今回の改正は、事実婚状態でないことを条件に、未婚の一人親も同条件で住民税非課税世帯の対象にするとしたものです。
続きを読む

2018年12月14日(木) 晴れ

日立市内で県議選の御礼あいさつ

ロバート・キャパ展
土浦市民ギャラリーで“ロバート・キャパ展”開催
20世紀を代表する写真家ロバート・キャパは、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線など世界の戦場で写真を撮影しました。その作品からは平和への思いがあふれてきます。
茨城新聞社では、土浦市、土浦市教育委員会との共催で、キャパの代表作品(決定版)を日本で唯一所蔵している東京富士美術館のコレクションの中から厳選した約100点を展示する「ロバート・キャパ展」を開催します。
キャパの作品に触れて、県民があらためて戦争と平和を考える機会を提供できればと思います。
2019年1月12日(土)〜2月11日(月祝)
土浦市民ギャラリー
<一般>1000円(前売) 1100円(当日)
<高校生>800円(前売) 900円(当日)
<小中学生>700円(当日)

移動距離【15】km

来年5月、日立電鉄バスの社名が消える。茨城交通と経営統合

日立電鉄バス
 12月13日、日立電鉄や茨城交通などを傘下に持つ持ち株会社「みちのりホールディングス」は、日立電鉄交通サービスと茨城交通を来年5月1日付で経営統合すると発表しました。茨城交通を法的な存続会社とする吸収合併を行います。統合後の社名は「茨城交通」となり、日立電鉄の名前は消えることとなります。人手不足が深刻な運転士の適正な配置に加え、営業・管理部門の統合でコスト削減を図ります。2022年をめどにICカードの共通化に踏み切る方針で、利用客増に力を入れるとしています。
 みちのりHDは2009年に茨城交通、昨年、日立電鉄の全株式を取得しました。両社の年間売上高は計100億円を超えまい。
 みちのりHDによると、統合を13日付の両社取締役会で決定し、国土交通省に統合を申請します。来年4月中旬には認可される見通しです。
 合併後の茨城交通はバス保有台数630台、従業員数1431人で、みちのりHGグループでは最大のバス会社となります。統合による人員削減は行わないとしています。
 茨城交通は県央、県北地域の12市町村、日立電鉄は県北地域の4市に路線バスを運行しています。統合に伴う路線変更はありません。
 合併は対等合併ですが、社名は「茨城交通」となり、いま「日立電鉄交通サービス」が走らせている路線バスも、今後は茨城交通の名前で運行されることになります。バスのデザイン変更等は、多額の投資が必要となるため、順次行う見込みです。
続きを読む

2018年12月13日(木) くもり

県議会公明党政調会(平成31年度予算要望取りまとめ)

大井川知事に面会、来年度の課題などについて意見交換

県政懇談会(土浦事務所:地元道路整備について、観光政策の具体化について)

大井川知事との意見交換
大井川知事と茨城県議会公明党の意見交換
県議選後初の茨城県議会公明党の政調会および打ち合わせを行いました。
来年度の予算要望について、年末年始の県政広報計画などについて、初当選した村本しゅうじさんもオブザーバー参加していただき、打ち合わせしました。
その後、大井川知事を訪問。来年度の主要事業などについて意見交換。具体的な予算要望については、12月25日午後、知事に提出することになりました。

移動距離【188】km

映画「ある町の高い煙突」特別試写会を開催します。

映画「ある町の高い煙突」特別試写会
 多くの皆様にご期待をいただいている映画「ある町の高い煙突」が完成しました。
 日立の先人が綴った素晴らしい歴史を見事に表現した素晴らしい作品に仕上がりました。
 映画の全国公開を前に、映画制作に多大のご支援をいただいたみなさま方を対象に、特別試写会と監督・出演俳優によるトークショーを行います!
 完成披露試写会は来春(2019年)2月2日です。日立市民会館、共楽館で開催します。ご招待状付きの年賀状を送付します。
 詳しい問い合わせは、映画「ある町の高い煙突」製作委員会までお願いいたします(f0228kame@blue.ocn.ne.jp、080-5478-9007、1月7日から問合せ可)。
続きを読む

2018年12月12日(水) 雨

文部科学省に浮島副大臣を訪ね、県北地域の文化芸術振興、日本遺産への登録などについて要望

国土交通省に石井大臣を訪ね、県北地域の道路整備、ひたちBRTの整備促進を要望

いばらきセンスを訪問、リニューアル後の店舗営業状況を調査

井手よしひろ県議、村本しゅうじ氏と浮島副大臣
文部科学省に浮島副大臣を訪ね、県北地域の文化芸術振興、日本遺産への登録などについて要望
12月12日、文部科学省に浮島副大臣を訪ね、「ある町の高い煙突」をストーリーの中心に据えた、日本遺産申請の取り組みについて、種々意見交換をさせていただきました。
文部科学省の担当課長にも同席していただき、日立市の今後の取り組みについて様々アドバイスをいただきました。
先の県議選で初当選した村本 しゅうじさんにも同行してもらい、今後の運動の方向性を共有しました。

移動距離【電車で移動】km

39〜56歳男性を対象に、風疹ワクチン接種を無料化

風疹ワクチンの接種状況 12月11日、首都圏などで感染が拡大している風疹について、厚生労働省は定期予防接種の機会がなかった現在39〜56歳の男性を対象に、2019年から21年度末までの約3年間、全国で原則無料でワクチン接種を実施する方針を発表しました。
 風疹は、妊婦が感染すると、赤ちゃんが難聴や心臓病、白内障などになって生まれる可能性があります。
 無料接種の対象は1962年4月2日〜79年4月1日に生まれた男性です。これらの男性は抗体保有率が約80%と他の世代より低く、予防接種法上の定期接種に位置付けて原則無料化し、東京五輪が開幕する20年7月までに85%以上へ引き上げることをめざします。
 ワクチンを効率的に活用するため、対象者はまず抗体検査を受け、結果が陰性だった場合に限って予防接種を受けます。18年度第2次補正予算などにより、抗体検査も原則無料となります。
 対象者は居住地の市区町村内の医療機関で抗体検査や予防接種を受けますが、企業の勤務者は、職場の健診の際に抗体検査を受けられるようにします。既に先行して無料の抗体検査を実施している自治体もあることを踏まえた公明党の主張を受け、厚労省は、統一して対策を進めるためのガイドラインを作成します。
 公明党内では、より多くの人が抗体検査を受けられるように「大型の商業施設などで実施してはどうか」などの意見が出されています
 風疹対策について、公明党は、山口那津男代表が11月20日、「第2次補正予算案に対策費用を盛り込み、全国的な感染防止策を総合的につくってもらいたい」と訴え、今月3日に石田祝稔政務調査会長が政府に提出した要望書に盛り込むなど、強力に推進してきました。
続きを読む

2018年12月11日(火) 晴れ

県議選の御礼挨拶


カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『大子町◆並淌弔梁譟法
いばらき大使「カミナリ」の二人が、県内の観光スポット等を巡りながら茨城の匠を目指して魅力を学びながら発信していきます。
12月の注目エリアは大子町。日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」は、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、四季折々に違った趣きが楽しめる茨城を代表する観光スポット。この季節の見どころは滝が真っ白に凍る「氷瀑」。さらに夜にはライトアップも実施しており幻想的な光景に出会えます。
冬ならではの絶景を見るなら大子町へ!
【大子町観光協会】http://www.daigo-kanko.jp/

移動距離【31】km

妊婦加算、適切な運用の徹底を

181212kasan 今年(2019年)4月の診療報酬改定で新設された「妊婦加算」を巡る疑問や批判の声を、国は真摯に受け止めるべきです。
 妊婦加算とは、妊娠中の女性が病気やけがで外来診療を受けると、医療費が上乗せされる制度のことです。
 妊婦は診断が難しい疾患や合併症に見舞われる頻度が高く、胎児の発育に悪影響を与える医薬品もあることから、診療には特別な注意が必要とされます。このため、妊婦であることを理由に診療を断られる事例が少なくありません。
 こうした現状を踏まえ、妊娠の継続や胎児に配慮した適切な診療を評価することで、妊婦が必要な医療を受けられるようにすることが、妊婦加算の目的です。
 しかし、投薬を伴わないコンタクトレンズの処方で加算するなど、制度の趣旨を逸脱した運用が相次いでいます。これは、受診者の理解を得られない不適切な行為です。(図表は東京新聞の記事より引用させていただきました)
 厚生労働省は、妊婦としての配慮が必要ない診察を行う場合は、加算の対象外とする見解を示しています。早急に医療現場への指導を徹底すべきです。
続きを読む

2018年12月10日(月) くもり

県議選のポスター公費負担分諸手続き(県選挙管理委員会)

村本しゅうじ選挙事務所の撤収作業


【CHALLENGE IBARAKI】#14時代の最先端へ!ベンチャー企業創出支援事業
「活力があり、県民が日本一幸せな県」の実現に向けた茨城県の政策ビジョン「新しい茨城づくり」について、20の施策を分かりやすく紹介します。
今回ご紹介するのは「ベンチャー企業創出支援事業」です。
つまるところ、新しいことにチャレンジしておられる方々を行政方面からサポートし、事業化を応援しよう!という取り組みになります。
と言ってもなかなかイメージが沸かないもの…なので!今回はねば〜るくんの協力のもと、わかりやすくリポートしていただきました!
ぜひご覧ください!

移動距離【82】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。
6期24年にわたり
茨城県議会議員を務めました。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: