茨城県の新たな観光振興計画について質疑

いばらきのイメージ
 10月18日、茨城県議会防災環境商工委員会が開かれ、井手よしひろ県議は茨城県の観光振興について、担当者に質問しました。
 茨城県が今年(2017年)8月に発表した、2016年の県内観光客動態調査によると、2016年1年間の入り込み客数は、6180万9千人で前年に比べて476万9千人増、8.4%の増加率なりました。増加は5年連続。国営ひたち海浜公園や筑波山など観光名所への人出が堅調に推移したほか、昨年初めて開催した茨城県北芸術祭や新たな道の駅開設効果もあり入り込み客の増加につながったとみられています。
 地域別では、震災前年の平成22年との比較で、県北臨海部が104%と初めて100を超えました。県北山間部は、173%と県北芸術祭、道の駅効果が顕著となりました。県西地区も182%と道の駅効果があるとみられます。
 市町村別では、大洗町の454万5千人が最も多く、アクアワールド県大洗水族館や海水浴場、商業施設の集客が堅調で5年連続でトップとなりました。次いで、市内イベントが盛況だった水戸市が373万7千人、つくば市369万6千人、ひたちなか市の362万3千人、笠間市361万2千人などとなっています。
 県外観光客の都県別では、千葉(703万人)、東京(546万人)、埼玉(487万人)、栃木(375万人)、福島(189万人)の順に多く、関東各都県の比率は全体の39.8%を占めています。
 外国人の観光客推計人数は、前年から2万4千人増えて25万9千人で、これも5年連続増加した。このうち茨城空港からの入国者は6万7千人だした。国内外に向けた情報発信や、旅行博や観光プロモーションによるPR活動など県内への誘客施策が徐々に浸透してきたと分析されています。
 観光の目的別では、行祭事・イベントが23.4%、歴史・文化が17.2%、スポーツ・レクリエーションが17.1%、買い物や食事など都市観光が13.2%でした。
 観光客の消費額は、前年比1.3%増の総額2730億7100万円。1人当たりの平均消費額は宿泊客が2万4665円と前年を上回わりました。一方、日帰り客は3921円と前年を下回わりました。利用した交通機関は自家用車が88.4%で、茨城県の観光客の大きな特徴となっています。
 茨城に観光で訪れた人のうち、非常に満足が50.5%、やや満足36.6%となり、全体で87.1%の方が好印象を持っています。
続きを読む

2017年10月19日(木) 晴れ

日立市内の医療機関で意見交換

高萩市内の介護施設で意見交換

県議会で委員会の審議状況などをヒアリング


八島功男代表質問<県総合計画と予算編成について>
10月10日、県議会代表質問が行われ、公明党を代表して八島功男県議が登壇しました。
八島県議は、県の総合計画の見直しと新年度予算の編成方針について、大井川新知事に質問しました。

歩数【3000】歩・移動距離【133】km

衆院選:期日前投票は入場券なしでもできます!

日立市の投票所入場券
期日前投票は手ぶらでできます!
 10月22日に投開票の衆院総選挙。当日、仕事やレジャーなどで投票が難しい人は、期日前投票を行うことが出来ます。
 投票するには各家庭に届く「投票所入場整理券」が必要だと思われがちですが、実は入場券がなくても投票できます。一般にはあまり知られていないが、免許証などにより本人確認ができれば、誰でも手軽に投票できるのです。
 茨城県選管などは「入場整理券がなくても投票はできるので、ぜひ多くの人に投票所に足を運んでほしい」と呼び掛けています。
続きを読む

2017年10月18日(水) 雨

県議会常任委員会(防災環境商工委員会)

茨城4区梶山ひろし候補の個人演説会に参加(ひたちなか市)


八島功男代表質問<大井川新知事の政治姿勢>
10月10日、県議会代表質問が行われ、公明党を代表して八島功男県議が登壇しました。
八島県議の質問に対して、大井川新知事は「失敗を恐れずに果敢に挑戦していくことにより、『活力があり、県民が日本一幸せな県』という得難い果実を手にすることができる」と強調しました。

歩数【3000】歩・移動距離【109】km

公明党がラジオ・映画CM/教育負担の軽減をアピール


公明党映画CM「母の手に守られて」全国バージョン2017衆院選
 公明党は18〜21日、全国のAM49局、FM53局(コミュニティー放送含む)で、衆院選のラジオCMを放送します。
 今回のCMは2パターンで、ともに22秒。教育費負担の軽減をめざす公明党の決意や取り組みをアピールしています。
 「幼児教育の無償化」編は、公明党が幼稚園や保育園の保育料無償化に取り組んでいることを知った子育てママたちが「うちは子ども2人で4万5000円だから、そうなれば助かるわ」などと喜ぶ内容です。
■幼児教育の無償化についてのCM(22秒)
https://www.komei.or.jp/campaign/shuin2017/radio/RCMyouji.mp3
 「私立高授業料の実質無償化」編では、家庭の経済事情で私立高校への進学を諦めそうになっている中学生が登場。山口那津男代表は「私立高校の授業料実質無償化を全国に広げていきます」と決意を述べます。
■ 私立高授業料の実質無償化についてのCM(22秒)
https://www.komei.or.jp/campaign/shuin2017/radio/RCMkouko.mp3
 また、公明党は14〜21日、全国28の映画館で、今年度から東京都でスタートした、私立高校の授業料実質無償化を全国に広げていくことをテーマにした映画CM「母の手に守られて」を上映します。

2017年10月17日(火) 雨のち晴れ

衆院選あいさつ回り(日立市内)

茨城4区梶山ひろし候補の個人演説会に参加(常陸大宮市、那珂市、常陸太田市)


比例区公明党の街頭演説<平和外交を推進し北朝問題解決へ>
10月14日、公明党の比例代表北関東ブロック・岡本三成候補の街頭演説が、茨城県内6箇所で行われました。
土浦市役所大屋根広場での街頭遊説の模様です。岡本候補は、平和外交を推進し北朝問題解決へと力説しました。

歩数【3000】歩・移動距離【120】km

立憲民主と共産が一体化!?重要政策で食い違い、選挙目当ての“野合”


 この動画は、元民主党衆院議員の小平忠正氏が、北海道10区・公明党のいなつ久候補の第一声に駆け付けた際のものです。「この国の将来のために今回私はいなつ久さんを応援すると決めた。共産党と連携した立憲民主党には任せられない!」と訴えました。小平氏は、前々回の総選挙で北海道10区で、いなつ候補と争ったライバルです。

 衆議院総選挙に向けて、マスコミ各社の獲得議席予測が紙面に踊っています。希望の党の失速と立憲民主党の支持率の向上が見につきます。
 反自民、反安倍総理の受皿として「立憲民主党」になっているとの指摘もあります。
 また、選挙戦では日本共産党との「一体化」が着々と進んでいるのも気がかりです。
 10月12日付の「赤旗」には、東京6区では立憲民主党の候補の選挙はがき1万枚に「比例区は共産党」との呼びかけが印刷されており、「首都圏の他の小選挙区にも広がっています」と大きく報じました。
続きを読む

2017年10月16日(月) 雨

衆院選についてマスコミから取材を受ける

県議会本会議(一般質問)

いばらき自民党県議との意見交換


比例区公明党の街頭演説<教育負担の権限で少子化問題に挑戦>
10月14日、公明党の比例代表北関東ブロック・岡本三成候補の街頭演説が、茨城県内6箇所で行われました。
JR水戸駅北口での街頭遊説の模様です。岡本候補は、少子化問題の対策として、教育費負担の軽減が必要だと力説しました。

歩数【3000】歩・移動距離【89】km

比例北関東必ず3議席を、公明党山口代表が訴え

山口代表と岡本三成比例候補
 10月12日、公明党の山口那津男代表は、埼玉県内で岡本三成候補(比例北関東ブロック)と共に街頭演説を行い、定数1減で情勢が緊迫する北関東ブロックでの公明党3議席死守へ「もう一押しの支援で何としても勝たせてほしい」と訴え、絶大な支援を呼び掛けました。
 山口代表は今回の衆院選の意義について、「国民生活に安心をもたらす政党を選んでいただくことだ」と述べた上で、公明党は「三つの安心」を約束すると力説。具体的には、(1)子育て支援や社会保障の充実(2)北朝鮮問題に対し世界と手を携えて解決できる(3)庶民目線の政治を進める―の3点を挙げ、「連立政権で公明党が安心をつくり出していきたい」と訴えました。
 このうち、子育て支援や社会保障の充実では、消費税率10%への引き上げに伴う増収分の使い道の変更で、幼児教育や高等教育の無償化に取り組んでいくと強調。特に公明党が独自に訴えている私立高校授業料の実質無償化に関しては、「どこに住んでも等しく支援が受けられるよう自民党と力を合わせて実現していきたい」と語りました。
 北朝鮮への対応では、諸外国から「問題解決のためには日本の政権を安定させてもらいたい」との声が出ていることを紹介し、公明党が連立政権にいることで政権基盤が強化され、各国との連携が進むと述べました。
 庶民目線の政治に関しては、公明党が連立政権を担うことで政治が安定していくと指摘し、「国民の声をしっかり踏まえた政治ができるのが公明党だ。公明党が連立政権にいることで国民の安心感につながる」と力説しました。
 岡本候補は、「子どもたちの未来を切り開くのが公明党だ。公明党に日本の未来を託していただきたい」と決意を訴えました。
続きを読む

2017年10月15日(日) 雨

桜川市長選挙「大塚ひでき」候補(現職)の出陣式で応援演説

茨城2区・額賀道廂候補の応援演説(茨城町、旧内原町、旧友部町)


立憲民主党のどこが「まっとうな政治」なのか!このデタラメを見抜いてください
立憲民主党は78人中76人が民進系で、顔ぶれはあの菅政権そのもの!
しかも選挙で共産党と協力する。これのどこが「まっとうな政治」なのか!
名前だけ変えて国民をダマす、このデタラメを見抜いてください!

歩数【6000】歩・移動距離【188】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: