2月27日、小川町・美野里町・玉里村合併協議会が開かれ、新市名称を「小美玉(おみたま)市」と決定しました。これで、協定項目にかかる実質的協議はすべて終了し、協議会は3月16日の合併協で協定内容を確認し決定、新市建設計画も決定する運びです。三町村の合併調印式は、3月22日に予定されています。
 新市名称は、前回の協議で1.いばらき市、2.小美玉市、3.百里市の三候補に絞り込み、その中から一点を投票で選ぶことなりました。県委員を除く32委員の投票の結果、「小美玉」30票、「百里」2票、「いばらき」0票で、「小美玉」が圧倒的多数を占め新市名称に決まりました。
 「小美玉市」について協議会は「三町村の頭文字が残り、新市誕生の歴史が残る。シンプルで読みやすい」などと根拠を挙げています。