ライブドア、Google 搭載で検索機能強化
livedoor NEWS(2005/4/13)
株式会社ライブドアは2005年4月14日、ポータルサイト「livedoor」の Web サイト検索機能に、米国 Google のロボット型検索エンジンを搭載した、と発表した。
ライブドア は、Google の検索エンジンと既存のディレクトリ型サイト検索、Blog 検索を連係させることで、検索機能の強化を図る。
豊富な検索オプションも用意されている。通常のキーワード検索に加え、サイトタイトルのみの検索や特定 URL 内の検索ができるほか、ファイルタイプや更新日付、言語を指定することで、絞り込み検索が可能となる(4月下旬より)。
また、Web サイト検索で検索結果を得たのち、ワンクリックでディレクトリ型サイト検索「livedoor カテゴリ」や Blog 検索「livedoor 未来検索」での検索結果も得られる。
 livedoorの検索エンジンは、昨年発表された「未来検索」というシステムがあります。登録している検索語で、新たな情報が検索競れた場合メールでお知らせしてくれる機能があり、結構重宝しています。しかし、その検索能力は「?」が3つか4つつくほど低いものでした。
 例えば、私のブログは投稿記事が1329件ありますが、ライブドアのIDで検索すると560件しかヒットしません。もっとも古い記事は、昨年の9月1日のものです。ちなみにgoogleで検索させると3760件のヒットがあります。
 ブログは情報発信のツールであるとともに、情報を整理し活用するツールでもあります。自分のブログの内容を自分で検索するという使い方は、これから非常に重要になります。その意味では、使い物にならない「未来検索」を捨てて、googleと提携したlivedoorの選択は正解です。
 なお、googleでも「未来検索」と同じようなサービスgoogleアラートがスタートしています。