平成8年9月22日、関東地方の海岸地域を襲った台風17号は、茨城県内に多大な被害をもたらした。
zyuuou 日立市内では、川尻町地内の十王川の堤防に陥没箇所が発見され、地元住民や消防関係者、土木関係者によって必死の決壊防止策が講じられた。
 井手県議も現場に急行し、土嚢積みなどに協力するととも、住民が避難した豊浦公民館を視察した。
 また、白銀町地内では、旧享楽館(現武道館)に、崖崩れの危険があり避難指令を受けた住民が避難した。
 井手県議は、避難場所の状況確認などを行った。
 9月25日には、県議会の公明・新進クラブとして、台風17号での被害状況を農林水産部や土木部で聴取するとともに、県知事への要望書を提出した。


茨城県知事 橋 本 昌 殿

茨城県議会公明・新進クラブ
鈴 木  孝 治
田 中  秀 昂
井 手  義 弘


台風17号被害に関する要望書


 9月22日、茨城県を暴風圏に巻き込んだ台風17号は、本県に多大な被害をもたらした。

 県消防防災課の9月24日現在の調べによると、北茨城市で1名が死亡、茨城町・小川町などで8名の負傷者がでた。建物の被害では、8棟が全半壊し、18棟が床上浸水、351棟が床下浸水の被害を受けた。また、農作物にも深刻な被害を与え、その被害総額は、33億円にも上ると試算されている。

 茨城県議会公明・新進クラブにあっては、このような大きな災害に当たって、被害を被った方に万全な対策を講ずるとともに、県民の安全を守り、県勢の健全な発展のため以下のような要望をするものである。

要 望 事 項


被害農家に対して「県農林水産業災害対策特別措置条例」を速やかに適用すること。
国道、県道等の主要道路の冠水対策を早急に行うこと。
国道408号線牛久市猪子地内
国道125号線古河市向堀地内
国道124号線神栖町居切地内
国道355号線八郷町東成井地内
国道354号線玉造町甲地内
県の管理する河川の堤防等の改修を早急に行うこと。
十王川(日立市川尻町地内)
備前堀川(水戸市大串町地内)





このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。