1998年08月

動燃東海屋外貯蔵ピットズサン管理アーカイブ - ピット内の詳細

970829pit_top

屋外貯蔵ピット内の詳細


970826pit_iri
滞水量の一番大きいC槽のマンホール:今回の調査写真はここから撮影
970826pit_ue
屋外貯蔵ピットの全体写真(動燃提供):右の建屋は構内洗濯場
970826pit_ent
ピットへの入り口付近(97/8/29撮影)

970826pit_zemen1
ピット付近の図面


ピットNo1の詳細図面
ピットNo2の詳細図面

(1)廃棄物保管の状況

 保管されているものは、ウラン廃棄物である。ウラン廃棄物とは、低レベル放射性廃棄物の一種で、ウラン濃縮工場などから出る。
 原子炉内で生まれる放射性核種は含まれず、放射能レベル自体はきわめて低い。天然ウラン鉱石から金属ウランなどを作る精錬工場から出たかすや、工場の解体で残ったタンク類の破片などが主なもの。
 放射能が半分になる半減期が約十億年と長いため、三百年で大きく減衰する原子力発電所から出る低レベル廃棄物と一緒に処理するのは適当ではなく、最終処分方法はいまだに決まっていない。
 廃棄物保管用の200リットルドラム缶換算で、約2,000本である。
 また、ピット内には屋根を作った際の残材などを入っていることが確認されている。
 屋根の補強材等の痛みを見られ、ドラム缶の腐食も著しい。
 内容を記録した原簿も紛失しており、詳細な内容は不明である。
 現在は、廃棄物の出し入れはできず、隔離された状態となっている。
 
動燃が発表したピット内部の写真
1993年の撮影

動燃が公開したピット内の写真にリンクします。※リンク切れ
100点以上の写真から、驚くほどずさんな管理が裏づけられています。
970829pit_e
No2ピットE槽の写真
970829pit_d
No2ピットD槽の写真
970829pit_c
No2ピットC槽の写真
970829pit_b
No1ピットB槽の写真
970829pit_a
No1ピットA槽の写真


(2)放射線管理

 本ピットは構造上、人が立ち入ることが困雑であるため、管理区域内の測定は行わず、ピット上部(管理区域)において線量当量率の測定を毎週1回実施し、ピット上部での線量当量率はバックグラウンドレベル(0.5マイクロシーベルト/時以下)であることを確認している.

(3)滞留水の処理

  ピット内の滞留水をくみ出して、隣接する焼去施設内での適切な処理(蒸発処理、希釈処理)により、保安規定で定める排出基準に適合することを確認の後、中央排水処理場(非管理区域)に排出している。

  ‖變運紊凌絨矛晃

 平成9年8月時点までのピット内滞留水量の水位傾向を図−5に示す。滞留水のくみ出しを実施しない場合、水位は上昇傾向を示している。

  滞留水の放射能濃度

 測定した結果、全α:0.001〜10ベクレル/ml、全β:0.01〜10ベクレル/mlとなっており、滞留水の多い槽の放射能濃度は、より厳しい全α濃度の排出基準と比較して約10倍程度、滞留水の僅かな槽の放射能濃度は1,000〜10,000倍の濃度となっている。

(4)ピットからの漏洩の可能性

 ピットの各槽内の水位は、これまでの観察で増加傾向にあるものの、減少はみられないことから、ピット外への漏れはないものと考えている。

(5)環境監視

  事業所北側境界付近を流れる新川において、年2回河川水及び河底土を採取し、全β放射能を測定した結果は図−6及び図−7に示すとおり平常の変動範囲内であり、対象地点の久慈Jll上流と同レベルであることを確認している。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

週刊アサヒ芸能の連載記事「あなたの街のダイオキシン」に、井手よしひろのインタビューが掲載される

竜ヶ崎ゴミ処理場のダイオキシン対策
週刊アサヒ芸能にインタビュー記事掲載

980822asahi
週刊アサヒ芸能
1998年9月2日特大号
1998/8/24発売
徳間書店 発行
あなたの街のダイオキシン(2)
林 義人


 茨城県議会の井手よしひろ県議は、早くから城取清掃工場のダイオキシン汚染問題に注目し、県に一刻も早い対応をするよう要請してきた。みずからのインターネットのホームページでも、この問題についての一連の動きを詳しく伝えている。井手県議は、今が対策に動きだす「千載一遇のチャンス」だと語る。

 「県の調査では城取工場のダイオキシン排出は、よその焼却場に比較してそれほど大きくない。にもかかわらず、ここでもし住民の血液汚染が標準の20倍も進んでいるのだとしたら、これは日本中いたるところにある焼却場の問題ということになります。竜ヶ崎や新利根町の住民には、ここまでの運動を仕上げて日本の世論を動かしてもらった。茨城県は今度全国最大規模の住民100人の血液検査を実現するため、ワーキングチームを発足させます。亡くなった、お2人のリーダーの執念がようやく実を結ぶことになるわけです」

いばらきのダイオキシン対策
http://www.jsdi.or.jp/~y_ide/980610dai.htm




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

動燃東海屋外貯蔵ピットズサン管理アーカイブ - ピットの状況と経緯

970829pit_top

屋外貯蔵ピットの管理の状況

 

970826pit_big 
ピット内の状況


 廃棄物屋外ピットは、地面から掘り下げる構造で、No1、No2の二つのピットがある。
 No1は、東西17.1メートル、南北7.5メートル、深さ約3.2メートルで、2つの区域(A槽、B槽)に分かれている。
 No2ピットは、東西約19.7メートル、南北12.4メートル、深さ約4メートルで、内部は3つの区域(C槽、D槽、E槽)に分かれている。
 床と側壁と天井をコンクリート(厚さ約20センチ)で固め、ドラム缶約2000本を3段に積み上げている。
 1967年から70年ごろに完成した。動燃の前身である原子燃料公社が、ウラン精錬などで出た廃棄物をここに貯蔵していた。
 貯蔵ピットには、深さ約20センチの排水用の溝が設けられていたが排水溝よりも数センチ上まで浸水していた。1982年には科学技術庁が検査し、水を抜き出すよう指示。動燃は天井と側壁の防水工事をした。ところが、側壁の工事をした95年3月ごろから、これまで以上の大量の浸水が起きるようになり、最高で2.5メートルの水がたまり、現在も1.3メートルの水がたまっている。

ピットNo1の詳細図面
ピットNo2の詳細図面

 経 緯

(1)建設及び使用開始時期
 ・No1ビット  建 設:昭和42年4月〜12月
        (搬入開始:昭和42年8月)
 ・No2ビット  建 設:昭和44年6月〜昭和45年3月
        (搬入開始:昭和44年8月)

(2)昭和45年7月17日:使用変更許可を取得

 ウラン製錬業務の終結に伴い、製錬事業規則の適用をはずれ、核燃料使用施設として使用変更許可を申請、取得した。

(3)昭和57年4月15日:科学技術庁保安規定遵守状況調査

 検査官が内部を目視確認し、「ビット内の水の除去と廃棄物の異常の有無を定期的に確認すること」との口頭による指導を受けた。


(4)平成4年4月:ビット上面全面の防水塗装工事

 雨水の浸透防止のため、ピット上面全面に防水塗装工事(ウレタン系樹脂を使用)を実施した。

(5)平成5年10月〜平成7年3月:ピット外壁の防水工事等

   (神5年10月 事前調査

貯蔵物の状態、表面汚染密度、表面線量当量率、空間線量当量率、内壁の表面汚染密度、滞留水の測定
分析を実施。結果として、
貯蔵物の形態としては、一部のドラム缶に腐食がみられた.
天井敷設時に支柱として使用した木材やコンクリート片等の廃材が存在
貯蔵物(容器)及びピット内壁面(4ヵ所)の表面汚染密度は検出限界以下
貯蔵物(容器)の表面線量当量率の範囲は0.5以下から4マイクロシーベルト/時
滞留水の分析測定結果(放射能レベル)
全α放射能0.01〜1ベクレル/ml  全β放射線0.02〜1ベクレル/ml

   ∧神6年10月 地質調査

 ピット外壁の防水工事に資するため、ピット周辺の地質調査を実施した。
結果、地下水位はピット底面よりさらに約2m低く、ピット上部とはぼ同レベルの地表面から、約6m下にあることが判明した。なお、この際採取したコアボーリングについて、平成9年2月に放射青扮析を実施した。(図−4参照)


   な神7年3月 ピット外壁の防水工事

 ピット外周に薬液を注入した。(シリカゾルと特殊ケイ酸ソーダの混合液)


(6)平成8年2月:ピット周辺法面の補強工事





このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

動燃東海屋外貯蔵ピットズサン管理アーカイブ - 屋外貯蔵ピットの概要

970829pit_top

ウラン系低レベル放射性廃棄物
屋外貯蔵ピットの概要


970827dounenn
970826pit_1
貯蔵ピット1概要図面
貯蔵ピット2概要図面

施設の概要

 動燃・東海事業所の廃棄物屋外貯蔵ピットは、昭和42年8月以来、不燃性固体廃棄物の保管廃棄施設として原子燃料公社時代におけるウラン製錬等で発生した廃棄物を保管してきており、従来より、内部の点検、ビット内の結露水や雨水による滞留水(以下滞留水)の除去等、管理に努めてきた。

 しかしながら、近年、滞留水の増加が著しく、また保管ドラム缶の腐食も顕著になってきた。このため、滞留水の水処理を行うとともに、今後、ビット内の保管廃棄物は、現在、建設を進めているウラン廃棄物処理施設(UWTF)にて、順次処理する計画である。

施設の概要

施設名称:廃棄物屋外貯蔵ピット
使用目的:ウラン製錬等で発生した不燃性固体ウラン廃棄物の保管
適用法令:核燃料物質使用規則
構造:地下ビット方式(ピットNo1ピットNo2
鉄筋コンクリート造り、防水モルタル施工、壁厚 約20
天井部はコンクリート覆いで約50cm角の点検口及び通風口を設置
No1ピット 2槽(A,B:1槽寸法 約8mx約8mx約3.2m)
No2ピット 3槽(C,D,E:1槽寸法 約6mX約12mx約4m)
各槽内には滞留水を集水して排水するための集水升を設置。
廃棄物保管量:200リットルドラム缶換算で 約2,000本

建設及び使用開始時期
No1ビット 建 設:昭和42年4月〜12月
廃棄物搬入開始:昭和42年8月
No2ビット 建 設:昭和44年6月〜昭和45年3月
廃棄物搬入開始:昭和44年8月




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

アスキー発行の「テック・ウィン」98年9月号に、井手よしひろのインタビュー記事が掲載される

日本の財政を問う
テックウィン誌にインタビュー記事掲載


980808tech_win
TECK Win
1998年9月号
1998/8/8発売
(株)アスキー 発行


 自ら「借金大国日本を考える」というホームページを開設している現職の茨城県議会予算特別委員会委員である井手よしひろ氏。日本の最大の問題点は、予算の情報が公開されていないことだと語る!

 「いまの日本は、返すアテのない赤字国債を発行し続けている状態。借金を返すために、さらに借金を重ねるサラ金地獄に陥っているといっていいでしょう。さらに、表の数字には出てこないいわゆる「隠れ借金」というものもあります。これは本来、ー般会計で払うべきところを、厚生年金などの特別会計から資金を借りて、特例的に支出を先送りしたりする会計上のやり繰りのこと。1996年度末でたとえば、旧国鉄の債務は、現在27兆5811億円にも拡大しています。これ以外にも、約16兆円の隠れ借金があると言われ、大蔵省は、こうした小手先の帳じり合わせで見かけ上の歳出を減らす「粉飾予算」を組むことで、長年続いてきた財政危機を先送りしてきたのです。

 なぜ、このような状況になったのかというと、政治的リーダーシップが欠如していたため、歳出を抑えきれなかったというのも原因のひとつです。

 歳出を抑えないとすると、歳入である税金を増やすしかありませんが、増税政策を採った橋本政権の時代は、景気が悪化して収税も思うようにいかず、完全なマイナス・スパイラルに陥り、さらに財政を悪化させたといっていいでしょう。

 増税政策は、いつまでも景気が右肩上がりのグラフを描いていくという幻想に基づくもの。景気がいい時代であれば、国や国民にもパワーがあるので、多少の失敗は帳消しにできたことでしょう。しかし、とうに峠を越してしまった現代では、問題は単純ではありません。さらに、これから少子高齢社会がやってくるために、税金を支払う人の数は減る一方です。こんなことは昨日今日わかったことではありません。本来なら、もっと以前から、対策を考えておくべきだったのです。茨城県では「高齢者福祉の充実がもたらす経済的効果に関する調査研究」という試算を行なった結果、高齢者福祉への投資は建設や土木などに比べて経済効果が高いことがわかりました。今後は、こういった時代に即した景気浮揚策を考えることも重要です。

 しかし、財政うんぬん以前に、国家予算についての情報があまりにも少ない。国民に憎報が公開されていないということが最大の問題なのではないでしょうか?

 もちろんある程度の努力をすれば、情報を得ることはできるでしょう。たとえば各省庁に問い合わせると、親切に速達で資料を送ってくれたりします。しかし、知りたい情報を国民がすぐに得ることができないのは、まったく不完全といわざるをえません。自分たちの税金がどう使われているのか、国民ひとりひとりが目で見て判断できる環境が絶対に必要です」。

借金大国日本を考える
http://www.jsdi.or.jp/~y_ide/syakkin0.htm




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: