2001年08月

靖国神社関連の年表

靖国神社関連の年表

年号(西暦)出  来  事
文久2年(1862)津和野藩士福羽美静らが京都霊山に殉難志士の霊を祀る
明治2年(1869)戊辰戦争終結
東京招魂社創建
第1回合祀祭が行われる
政府より永世石高1万石が下付される(後に政府の財政難で半額返上)
明治5年(1872)本殿竣工
明治7年(1874)明治天皇初めての行幸
明治12年(1879)東京招魂社を靖国神社と改称。別格官弊社に列せられる。
明治15年(1882)遊就館開館(西南戦争の祭の義援金の残余で建設された遺品・武具の展示館)
明治22年(1989)大日本帝国憲法発布・皇室典範制定の臨時祭
明治28年(1985)日清戦争の臨時祭
昭和15年(1940)皇紀2600年祝典
昭和16年(1941)真珠湾攻撃により日米開戦
昭和20年(1945)第2次世界大戦の終戦
連合国軍総司令部(GHQ)が、政府による神社への保証、支援などを廃止する「神道指令」を発令
昭和天皇の行幸
昭和21年(1946)日本国憲法公布
昭和22年(1947)日本国憲法施行
昭和26年(1951)幣原喜重郎首相 参拝
昭和27年(1952)宗教法人靖国神社設立
昭和天皇行幸
昭和29年(1954)ニクソン米副大統領来日。吉田茂内閣が靖国神社参拝を奨めるが、これを拒否。
昭和34年(1959)「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」竣工式並びに追悼式を挙行。昭和天皇出席。
昭和44年(1969)政府自民党、靖国神社の国営化を内容とする靖国神社法案を国会に提出。以後毎年国会に提出(5回にわたり廃案となる)。
昭和天皇の行幸
昭和50年(1975)昭和天皇の行幸
●三木武夫首相、初の終戦記念日参拝。自らの靖国参拝を私的参拝と規定。
昭和52年(1977)津地鎮祭裁判最高裁判決
昭和53年(1978)●福田赳夫首相 参拝
A級戦犯14名、昭和殉難者として合祀
昭和55年(1980)●鈴木善幸首相 参拝
昭和56年(1981)●鈴木善幸首相 参拝
昭和57年(1982)●鈴木善幸首相 参拝
昭和58年(1983)●中曽根康弘首相 参拝
昭和59年(1984)●中曽根康弘首相 参拝
昭和60年(1985)●中曽根康弘首相 公式参拝
昭和61年(1986)中曽根首相公式参拝見送られる
昭和63年(1988)山口県殉職自衛官合祀事件最高裁判決
平成7年(1995)村山富一首相談話により、「痛切な反省の意と心からのおわび」と、先の戦争を謝罪




靖国神社参拝問題の見解
靖国神社視察記
靖国神社関係年表


このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

靖国神社を参拝した小泉純一郎首相の談話

靖国神社を参拝した小泉純一郎首相の談話

 わが国は明後8月15日に、56回目の終戦記念日を迎えます。21世紀の初頭にあって先の大戦を回顧するとき、私は、粛然たる思いがこみ上げるのを抑えることができません。
 この大戦で、日本は、わが国民を含め世界の多くの人々に対して、大きな惨禍をもたらしました。とりわけ、アジア近隣諸国に対しては、過去の一時期、誤った国策に基づく植民地支配と侵略を行い、計り知れぬ惨害と苦痛を強いたのです。それはいまだに、この地の多くの人々の間に、癒(いや)しがたい傷痕(きずあと)となって残っています。
 私はここに、こうしたわが国の悔恨の歴史を虚心に受け止め、戦争犠牲者の方々すべてに対し、深い反省とともに、謹んで哀悼の意を捧(ささ)げたいと思います。
 私は、二度とわが国が戦争への道を歩むことがあってはならないと考えています。私は、あの困難な時代に祖国の未来を信じて戦陣に散っていった方々の御霊(みたま)の前で、今日の日本の平和と繁栄が、その尊い犠牲の上に築かれていることに改めて思いをいたし、年ごとに平和への誓いを新たにしてまいりました。
 私は、このような私の信念を十分説明すれば、わが国民や近隣諸国の方々にも必ず理解を得られるものと考え、総理就任後も、8月15日に靖国参拝を行いたい旨を表明してきました。
 しかし、終戦記念日が近づくにつれて、内外で私の靖国参拝是非論が声高に交わされるようになりました。その中で、国内からのみならず、国外からも、参拝自体の中止を求める声がありました。
 このような状況の下、終戦記念日における私の靖国参拝が、私の意図とは異なり、国内外の人々に対し、戦争を排し平和を重んずるというわが国の基本的考えに疑念を抱かせかねないということであるならば、それは決して私の望むところではありません。私はこのような国内外の状況を真摯(しんし)に受け止め、この際、私自らの決断として、同日の参拝は差し控え、日を選んで参拝を果たしたいと思っています。
 総理として一旦(いったん)行った発言を撤回することは、慙愧(ざんき)の念に堪えません。しかしながら、靖国参拝に対する私の持論は持論としても、現在の私は、幅広い国益を踏まえ、一身を投げ出して内閣総理大臣としての職責を果たし、諸課題の解決にあたらなければならない立場にあります。
 私は、状況が許せば、できるだけ早い機会に、中国や韓国の要路の方々と膝(ひざ)を交えて、アジア・太平洋の未来の平和と発展についての意見を交換するとともに、先に述べたような私の信念についてもお話ししたいと考えています。
 また、今後の問題として、靖国神社や千鳥ケ淵戦没者墓苑に対する国民の思いを尊重しつつも、内外の人々がわだかまりなく追悼の誠を捧げるにはどのようにすればよいか、議論をする必要があると私は考えております。
 国民各位におかれては、私の真情を、ご理解賜りますよう切にお願い申し上げます。

2001年8月13日




靖国神社参拝問題の見解
靖国神社視察記
靖国神社関係年表


このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

靖国神社視察記

2001年夏の小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題に関して、井手よしひろ県議は、靖国神社並びに千鳥が淵の国立戦没者墓苑を視察しました。
yasukunimap

010815yasu_ooyama010810yasukuni_mon


 靖国神社の正門に当たるのが大鳥居。柱の高さが25m、横木の長さが34m、重さが100tで国内最大級の鳥居といわれています。
 大鳥居の左手の国旗掲揚塔は高さが30mもあり、縦2m、横3mの特大の日章旗が翻っています。
 右手手前には、10mを超える石製の「靖国神社の社号標」があります。この「社号標」は、戦前と戦後で高さが違うというエピソードがあります。1894年に建立された社号標は「靖國神社」の文字の上部に、国家への功労者をまつっていることを示す「別格官幣」の文字が刻まれていました。しかし、戦後、GHQの命令により、その部分は切断され、「社号標」は当初の四分の三程度に低くなりました。現在の「社号標」をよく見ると、文字の上の余白が少なく、バランスが崩れているのが良くわかります。
 広い参道を進むと、中央に大きな銅像があります。靖国神社の前進である「東京招魂社」の創建に中心的な役割を果たした大村益次郎の銅像です。

yasukunimap2

010815yasu_taiho010815yasu_3mon
010815yasu_honden010810yasukuni
010815yasu_2mon


010810yasu_mon 道路を挟んで本殿がある地区に入ります。青銅製の大鳥居をくぐると、神門に至ります。
 ひのき造りの荘厳な門で、扉の両方には直径1.5メートルもある菊の紋章が輝いています。
 神門を抜け、中鳥居を過ぎると、目前に拝殿が迫ります。拝殿前には、賽銭箱が据えられています。
 拝殿の奥には、本殿があります。一般の参拝者は直接、本殿に参拝することは出来ません。お祓いを受け、本殿に入り、玉串を奉納して参拝することを昇殿参拝といいます。昇殿参拝するには、参集所にて記帳を行い、初穂料(玉虫料)を納めます。「初穂料(玉串料)は、お志で結構です」と言われていますが、1万円以上が常識的な金額のようです。
 参集所の裏手には、過去の戦争の戦利品や遺品などを展示する「遊就館」があります。現在は、改修中のため、靖国会館の2階の特設会場で「かく戦えり、近代日本」との展示が行われていました。2002年7月には、全面改装され、オープンされる予定です。新装オープン時には、零戦も展示される予定です。
 「遊就館」の前には、なぜか、大砲や高射砲、戦艦大和の主砲の砲弾(実物模型)などが展示されています。まさに、軍国主義の日本にタイムスリップしたような異空間が、そこにはありました。




靖国神社参拝問題の見解
靖国神社視察記
靖国神社関係年表

最終更新日:08/14/2001 01:22:40

このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

いばらきIT戦略 - 第1回IT市民講座を開催

ibarakiIT

日立IT市民の会・第1回IT市民講座開く
佐藤登氏(NTTアクセスサービスシステム研究所長)を講師に迎え開催

010801it_wide 情報通信分野をいち早く活用し、まちに活気を取り戻そうと活動している日立市の「日立IT市民の会」(野地均一代表)が2001年8月1日夜、同市西成沢町の日立地区産業支援センターで「第1回IT市民講座」を開いた。


010801it_sato 講師には県IT戦略会議のメンバーでもあるNTTアクセスサービスシステム研究所の佐藤登所長を迎え、情報通信分野での行政や民間業者がどのようなビジョンを持っているのか、ブロードバンドによって市民生活がどのように変わるか−などを話し合った。(写真:講演する佐藤登所長)



 佐藤氏は、第4回県IT戦略会議で発表したプレゼンテーションの内容に合わせて講演。

 パソコンがカラーテレビなどの家電製品と同じように普及し、情報家電製品となりつつあり、2005年には3000万世帯で高速インターネットが、1000万世帯で超高速インターネットが常時接続可能になるだろうとの見通しを示した。

 そのため超高速アクセスの常用化のための光ファイバー網の本格的立ち上がりが必要とした。

 また、ブロードバンドインフラの種類や能力を説明、研究レベルでの光ファイバーの可能性やNTTの光ブロードバンドインフラ開発計画なども紹介した。

計画では対称型と非対称型のアクセスシステムなどから、個人の受信型からスタートするが、将来は個人が各種の情報を発信する時代になると述べた。

 県のブロードバンドインフラ状況にもふれ、自治体間が共通のインフラを持つことがベターと提案。

 高知や岡山、岩手、青森、山梨県などの先進県などの状況を説明し、アメリカでの自治体ネットワークのサービス状況なども紹介した。

今後、県がなすべきこととして^饐襯屮蹇璽疋丱鵐疋優奪肇錙璽の構築xSP(様々なサービスプロバイダー)の誘致、国際記召陵驚廰G(行政系)関連サービスの推進−などを挙げた。

 参加者との質疑では、「北関東などの大きな単位でネットワークを考えては」「基盤整備の主体はどこか」「企業や自治体の利用価値はあるのか」などの質問が出きれた。

 佐藤氏は「茨城が出遅れたことを、強みに変えていくポイントを考えていきたい。また、より活用されるには提供者が使いやすさ、より役に立つ機能整備をすることが重要」とした。

 野地代表は「日立市を、茨城県を先進地にしたいという思いで活動を始めた。大勢の人たちと共通理解を深めるため、講座を継続的に開いていきたい」と話している。

参考:NTTアクセスサービスシステム研究所
参考:茨城県IT戦略会議の経過
参考:茨城県の情報通信基盤整備の必要性(PDF・2100KB):リンク切れ

010809siniba_b


 上記の内容は、新いばらき新聞の記事を元に井手よしひろが一部解説、訂正を加えました。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

いばらきIT戦略 - 教育分野のIT戦略

ibarakiIT

県立高校・1.5Mbpsの光ケーブルによるインターネット環境整備

010606koukou  茨城県では、平成13年度中に県立高等学校111校に、1.5Mbpsの光ケーブルによる専用線インターネット網を整備します。
 コンピュータ教室の42台のパソコンで、インターネットを活用した授業が可能になります。
 学校ごとにグローバルIPアドレスを取得し、インターネットによる情報の受信に止まらず、ホームページの開設やIPコム、IP電話など様々な応用展開が可能となります。
 6月中旬に4事業者により入札が行われ、東京通信ネットワーク株式会社(略称TTNet)が落札しました。TTNetが提供するTTCNスーパーステージライトといわれるサービスを利用します。特徴としては、専用線型アクセス回線による高速・高品質な常時接続サービスで、SLA(サービス品質保証)「遅延のみ」を導入し、信頼性の高い、高品質なインターネット環境が提供されます。さらに、1.5Mの高速・高品質な環境を最低限保障するシステムです。各学校までの光ファイバー敷設はTTNetが行い、イニシャルコストは発生しません。
 さらに、TTCNスーパーステージライト・サービスは、1.5M専用線で、TTNetのサーバーを経由してインターネットに接続される。DNSサーバー、WWWサーバー、メールサーバーの管理は、TTNetに委託することになる。そのため、各学校が直接インターネットの接続する方式よりも、万全なセキュリティーが確保できる。
 8月8日現在、9月からに運用開始を目指し、専用線の敷設や校内機器の設置が急がれています。
 <追記:2003/12/2>TTNetは、2003年春に同じく東京電力系の通信事業者パワードコムと合併しました。
 参考:パワードコムのホームページ:リンク切れ

教育分野でのIT戦略の課題
 教育分野でのIT環境整備には、いくつかの課題があります。
 まず第一には、小中学校の環境整備が遅れている点です。市町村立小中学校は837校あり、その基盤整備は県の情報ハイウェー整備と歩調を合わせて進める必要があります。
 さらに、この事業を進める推進母体の調整が必要になります。県立高校の基盤整備は、県教育委員会の財務課が進めていますが、小中学校は、財政負担を市町村が行います。市町村との連携を取りながら、強いリーダシップをとることができる組織作りが急務です。
 第二は、フィルタリングなどを行うネットワークセンターの構想を早急に明確化しなくてはなりません。小中校一体のシステム作りが必要です。

茨城県立高校の情報教育推進事業のタイムテーブル
2000年度

(H12年度)
2001年度

(H13年度)
2002年度

(H14年度)
2003年度

(H15年度)
2004年度

(H16年度)
インターネット専用回線

光ファイバー1.5Mbps
高等学校 111(111)   
特殊教育学校  19(19)  
校内LAN整備高等学校50(50) 21(71)20(91)20(111)
特殊教育学校  6(6)6(12)7(19)
普通教室特別教室へのパソコン

およびプロジェクター整備
高等学校 50(50)21(71)20(91)20(111)
特殊教育学校  6(6)6(12)7(19)





このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

靖国神社参拝問題の見解

靖国神社参拝問題

首相及び閣僚の靖国神社公式参拝には反対します
010810yasukuni 小泉純一郎首相は、首相就任以来、8月15日の終戦の日に靖国神社を参拝したいとの意向を再三表明していました。しかし、内外の参拝に反対する声に押し切られる形で、15日の参拝を断念し、2日前倒しの形で8月13日に靖国神社を参拝しました。(靖国神社を訪問した小泉純一郎首相の8・13談話・全文)

 13日の小泉首相の参拝は、憲法違反との指摘を避けるために、神道の独特な参拝形式を排除するやり方で行われました。すなわち、玉串料を公費から支出することなしに、ポケットマネーで献花料を支払い、本殿の両脇に花を供えました。さらに、二拝二拍手一拝(2回お辞儀をし、2回柏手を打つ、さらに一礼する)の形式をとらずに、一礼のみを行ったとされます。なお、記帳は「内閣総理大臣小泉純一郎」としたためましたが、公式参拝か私的参拝かとの記者の質問には「公式とか私的とか、私はこだわらない。首相である小泉純一郎が心をこめて参拝した」(毎日新聞による報道)と語り、公式参拝か否かは明確にしませんでした。

 私は、いかに日にちを替えようと、参拝の形式を替えようと、総理大臣の靖国神社参拝には、二つの大きな問題があると考えます。一つは、靖国神社の歴史認識、もう一つは、憲法の政教分離規定との関係です。この二つの点から、私は、首相及び閣僚の靖国神社への参拝は、認めるべきではないと主張します。

靖国神社の歴史認識
 まず靖国神社の歴史認識の問題です。(靖国神社関連年表をまとめました)

 靖国神社は、1869年(明治2年)、明治天皇の勅命によって創建された「東京招魂社」(とうきょう・しょうこん・しゃ)に起源があります。

 当時、「東京招魂社」を設立した明治天皇の考えは、「幕末の護国殉難者を国としてお祀しよう」ということだったと言われています。靖国神社のスタートは、明治維新の「官軍」の戦没者を祀る施設であったわけです。このため、いわゆる信者がいるわけでもなく、神官はじめ従事者はすべて国家公務員でした。

 その後、日本は「富国強兵」の名の下に軍国主義の道を歩み出し、1879年(明治12年)には、「東京招魂社」の名称を「靖国神社」と改称、外国との戦争・事変などで国のために亡くなった戦没者を、護国の英霊として合祀するようになりました。

 靖国神社は、内務省所管の一般の神社とは違い、陸・海軍省所管となりました。文字通り、一般の神社とは性格を異にする、軍事的色彩の強い宗教施設でした。国民は死んで靖国神社に祭られることを最高の美徳と教えられ、信仰のいかんにかかわらず参拝を強制されたのです。

 日本が敗戦した1945年(昭和20年)のポツダム宣言で、国家神道を切り離すべきであるという勧告があり、1946年(昭和21年)、靖国神社は、国家管理を離れて東京都知事の所管する一宗教法人となりました。

 また、新憲法では、20条3項で「国及びその機関は、いかなる宗教活動もしてはならない」と規定され、国家による経済的・人的支援は厳しく禁止されました。

 靖国神社の問題を一層複雑化したのは、A級戦犯の合祀問題によります。靖国神社は、戦後も引き続き、先の大戦における多数の戦没者を合祀していますが、1978年(昭和53年)にA級戦犯14人が合祀されました。この14人は戦没者ではなく、終戦直後の東京裁判で戦争責任を問われ死刑となった人たちです。靖国神社にいわゆる戦争犯罪者が、一緒に祀られるという結果になりました。極東軍事裁判は、勝者が敗者を裁くという、その国際法的合理性を疑問視する声もありますが、すくなくてもA級戦争犯罪人の東条英機元首相らは、戦争責任を逃れるものではありません。こうした人たちを「昭和の殉難者」として合祀したのです。

 当然、周辺諸国から危惧の念が寄せられ、大問題になりました。

 その理由は、例えば、中国は、日中平和友好条約を結ぶ時に、巨額な戦争賠償を日本に請求しようと思えばできたのに、当時の周恩来総理の大英断で放棄しました。

 その時、中国側は、この戦争は一部の軍国主義者が起こしたもので、加害者は一握りのA級戦犯であり、日本国民も中国と同様に被害者で、大戦によって極貧状態にある日本国民から巨額の戦争賠償を取ることは酷であると、賠償請求を放棄したわけです。

 ところが、その日中両国に対する加害者であるA級戦犯を靖国神社へ合祀したということで、周辺諸国は、そういう人たちを敬い、戦前に回帰するんのではという脅威を感じているわけです。

 それは現在も同じで、外交関係を考えると、こうした国際的な感情も配慮しなくてはいけません。「日本の内政問題に、中国や韓国、アジアの諸国が意見を差し挟むことはけしからん」との論調が見られますが、こうした歴史的背景や、国際関係を無視した一方的な見方に過ぎません。

 また、こうした見方も出来ます。

 靖国神社は、一連の経緯から、「天皇に命をささげた」が祀られる条件です。天皇の軍隊に歯向かった西南の役の西郷隆盛ら「賊軍の将」は祀られていません。もちろん、官軍と戦った幕府軍は当然のことです。

 空襲や戦闘に巻き込まれて亡くなった一般国民も祀られていません。終戦後の混乱で、シベリアなどに抑留され異国の地でなくなった多数の同胞も祀られていません。

 さらに、在日の外国人や強制的に連れてこられた外国人も祀られてはいないのです。

 こうした靖国神社の設立やその経緯を深く検証するとき、その存在は非常に偏ったものであり、靖国神社に参拝することにより、「戦没者に対して、心を込めて敬意と感謝の誠(まこと)をささげたい」との小泉首相の目的が本当に達成できるのか、疑問が大きくなっていきます。

憲法の政教分離原則に抵触

010810yasukuni_mon 次に、平和憲法との関係です。

 首相や閣僚が靖国神社に公式参拝することは、憲法第20条と第89条が関係してきます。「信教の自由」を保障した憲法第20条の1項後段に、「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」とありますが、この部分の読み方は、1946年ならびに1947年(昭和21、22年)の憲法制定議会での金森徳次郎国務大臣の答弁以来、「国およびその機関は国権行使の場面において、宗教に介入、関与してはならない」という解釈で一貫しています。

 また、憲法第20条3項には「国及びその機関は(中略)、いかなる宗教的活動もしてはならない」とし、さらに、第89条では「公金その他の公(おおやけ)の財産は、宗教上の組織もしくは団体の使用、便益もしくは維持のため、(中略)これを支出し、又はその利用に供してはならない」と、徹底しています。

 こうした憲法の規定は、ポツダム宣言を受けて、戦前の宗教政策(国家神道政策)を反省して、二度と国家が宗教を管理するようなことを行ってはならないということです。

 首相、閣僚の靖国神社への公式参拝は、憲法第20条3項で禁止する「宗教的活動」に当たると考えられます。

 ただし、この憲法の規定については最高裁の大法廷判決によって、「国は一切の宗教的活動を、無条件にしてはならないというものではない」ということが示されています。

 1977年(昭和52年)の津地鎮祭訴訟の最高裁判決では、「国およびその機関は、一切の宗教的行為をしてはいけないという趣旨ではなく、その目的、そしてその与えた効果が宗教と深く関係しているかどうか、もし、それがわずかなものであれば、それは許される」としています。

 これはアメリカの「目的・効果説」と呼ばれる判例を参考にしたものと言われていまが、当時は、有力学説も多くが強い反対説を唱えていました。

 1985年(昭和60年)8月15日、中曽根康弘首相が公式参拝しましたが、その時の官房長官談話や、今年5月8日に出た公式参拝に関する政府答弁書も、この「目的・効果説」の考え方に立っています。

 当初「目的・効果説」は、学説上反対論が多数を占めていたものの、その後の裁判例によって引用を重ねられ、わが国の判例法として徐々に確定され、支持されてきたという背景があります。

 ここでは、戦没者の慰霊は国民が等しく認める心情であり、靖国神社という存在が戦没者を祀る中心的施設になっているので、国の代表として参拝してもいいのではないかというものです。つまり、戦没者を慰霊するという目的がはっきりしていて、参拝の仕方も、靖国神社が定めた参拝方式(神道の参拝様式)を取らず、玉ぐし料も公金から支出しないということであれば、憲法に違反することはないという考え方です。

 もちろん、首相が個人で参拝することは、憲法第20条1項前段で「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する」とされており、まったく問題はありません。

 しかし、8月15日という靖国神社の慰霊祭、つまり特定の日に、首相が参拝することは、「個人としてであり、首相としてではない」と言ってもどうなのか。「目的・効果説」から、どこまで許されるのか、「許容される範囲の線引き」が非常に重要になります。

<注>「目的・効果学説」とは、(1)問題となった国家行為が、世俗的目的をもつものかどうか(2)その行為の主要な効果が、宗教を振興しまたは抑圧するものかどうか(3)その行為が、宗教との過度のかかわり合いを促すものかどうか、という3つの要件を個別に検討することによって、政教分離原則違反の有無を判断しようとするもの。(芦部信喜著「憲法新版」より)

宗教・宗派に偏らない国立墓地建設を
 靖国神社が持つ、戦前の軍国主義的拡張主義と切っても切り離すことができない歴史的意味と憲法の政教分離規定との軋轢とを考えれば、そこへの公式参拝をめぐって、毎年同じように議論が繰り返されるのは、大変心苦しいことです。

 日本の発展は、戦没者の方々の尊い犠牲の上に成り立っているんだという気持ちに、異論がある国民は少ないと思います。

 そうであるならば、「アメリカのアーリントン墓地やハワイのパンチボールのような無宗教で開放された明るい国立の墓地をつくるべきだ」と、私は主張します。

 私も、1954年にパンチボールを、1992年にはアーリントン墓地を訪問しました。特にアーリントン墓地のジョン・F・ケネディー元大統領の墓所で、平和を祈る燈火を目の当たりしした時の、厳粛な気持ちは忘れられません。原色の紅葉の木々に囲まれた、国立墓地を思い出すと、日本にも是非このような施設がほしいと思うのは、私だけではないと思います。

 日本にも、沖縄には「平和の礎(いしじ)」があります。私は、1999年春に訪れました。「平和の礎(いしじ)」は、沖縄戦終結50周年を記念して平成7年6月、糸満市摩文仁(まぶに)の沖縄県平和祈念公園内に建設された記念碑です。世界の恒久平和を願い、国籍や軍人、非軍人の区別なく、沖縄戦などで死亡したすべての人々の氏名が御影石に刻銘されています。現在、日本人が22万あまりと、米国人1万4千人余り、韓国人263人、英国人82人、北朝鮮82人、台湾28人の合計約23万8千人の名が刻まれています。2000年の沖縄サミットでは、当時のクリントン米国大統領が献花し、話題となりました。

 現在、千鳥ケ淵には戦没者墓苑があります。これよりも大規模で、戦没者のみならず、例えば、国連のPKOに参加して犠牲となった方、消防活動で亡くなられた消防士、殉職した警察官という人たちもなど、社会や人々のために尊い命を落とされた方々をも併せて追悼できる国立墓地を検討すべきだと思います。そこに、国民や、国の代表者が、年1回、敬意や感謝を捧げる日があってもいいのではないでしょうか。それが、終戦の日、8月15日であったとしても問題は起こらないような気がします。また、外国の首脳にも献花していただけるようにしてはどうでしょうか。

010815usa
アメリカ・アーリントン国立墓地/1992年11月,井手よしひろ撮影
010815ishiji_1
沖縄県糸満市摩文仁の「平和の礎(いしじ)」
010810chidori
千鳥が淵の戦没者墓地


参考:靖国神社のホームページ
参考:アーリントン国立墓地のホームページ:リンク切れ
参考:平和の礎(いしじ)のホームページ :リンク切れ




靖国神社参拝問題の見解
靖国神社視察記
靖国神社関係年表

最終更新日:01/05/2006 00:18:40

このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

不法投棄の根絶を目指す - つくば市内の廃家電品放置

touki

つくば市内の廃家電品放置

状況と経緯
つくば市作谷地区に放置された廃家電。冷蔵庫や洗濯機など2000個が放置されている。(クリックすると写真を拡大できます)

井手県議は、2000年11月,12月に現地調査を行い、県議会環境商工委員会で再三早期撤去を訴えました。

2000年12月2日には、加藤修一参議院議員ら公明党の調査団が現地を視察しました。

 つくば市内の古物商が、平成7年5月から遠東地内において廃家電を引き取り部品や金属等を回収していました。また、高野地内においては、家電リサイクル店を経営し、回収した廃家電を修理製品化して販売していました。
 平成11年6月、住民から廃家電のプラスチックを野焼きしているとの通報を受け、つくば市環境課ならびに県廃棄物担当課は、野焼きの禁止並びに廃棄物の保管基準違反として撤去指導を行ってきました。
 同時期に、つくば市作谷において廃家電を放置し始めました。
 平成11年11月には、家電リサイクル店は廃業されましたが、遠東地区、作谷地区に加えて、新たに木俣地区にて廃家電の搬入を開始しました。
 古物商に対して、県は再三の撤去指導を行ってきましたが、平成12年6月以降古物商一家は行方不明となり、3カ所とも放置されたままになっていました。
 井手県議ら公明党つくば市議団は地元住民からの要請を受け、平成12年11月に第一回目の現地調査を行いました。更に12月2日には、参議院議員の加藤修一議員とともに、第2回目の現地調査を行いました。
 こうした調査結果をもとに、12月の県議会商工環境委員会で廃家電の撤去問題を取り上げ、県当局の対応を質しました。県廃棄物対策課では、古物商に廃家電の処理を委託した業者ならびに収集運搬業者の特定が可能であり、その責任の元、早急に撤去させたいと答弁しました。

 木俣地区に関しては、収集運搬に関与した業者に対して撤去指導を行い、平成13年2月に全量を撤去しました。
 また遠東地区については、収集運搬業者と排出事業者に対して、撤去指導を行い、平成13年2月に概ね撤去されました。
 作谷地区の土地は、競売となり、つくば市内の人物が落札しました。この人物は、土地の所有者は、廃家電の撤去に関しては自らの責任ではないと主張し、撤去は実現されていません。

所在地地目堆積物および量撤去状況
つくば市遠東1161−1雑種地3969m2廃冷蔵庫およびスクラップ約3000m3収集運搬業者および排出事業者により概ね(377.07t)を撤去
つくば市木俣399−1畑(借地)廃冷蔵庫など400個収集運搬業者により全量(44.6t)を撤去
つくば市作谷3414−42原野(競売物件)廃冷蔵庫など2000個撤去されていない

撤去指導状況
 平成13年2月から、県南地方総合事務所が、競売で落札した新たな土地所有者に対して、再三撤去指導中です。
 つくば市は、県とともに土地所有者と再三話し合いを持ち、撤去について要請しています。

今後の対応
*土地所有者に更に撤去を強く指導する。
*廃家電の搬入業者(現在行方不明中)の行方を捜し、見つけ次第撤去を指導する。


このページは、茨城県廃棄物対策課より提供された資料と現地調査の結果をもとに、茨城県議会議員の井手よしひろがまとめたものであり、一切の責任は井手よしひろにあります。写真の版権は、撮影者である井手よしひろに属します。引用等は自由ですが、それによって発生したいかなる損害にも、井手よしひろは責任を回避するものとします。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

2001参院選の茨城県内比例区の結果と総括をまとめました。

010729kekka_top

010729katou_s 21世紀初頭の日本の動向を決する第19回参議院通常選挙において、公明党は選挙区で必勝を期した埼玉、東京、神奈川、愛知、大阪の5選挙区で完勝し、比例区では818万票を超える過去最高得票を獲得して8人が当選、合計13議席を獲得、改選議席を確保しました。

 茨城県においては、比例区・加藤修一候補の当選に全力を挙げ、低投票率にも拘わらず177,078票という過去最高の得票をいただきました。さらに、県内比例区では民主党を抜き比較第2党となりました。
 この大勝利は、わが党に厚いご支援をお寄せ下さった広範な県民・有権者の皆さま、とりわけ血のにじむようなご奮闘をいただいた党員・支持者の皆さま、献身的なご支援をお寄せ下さった支持団体の皆さまのご尽力の賜物であり、心から感謝と御礼を申し上げます。
 今回の参院選は、小泉内閣発足後の最初の国政選挙として、自公保3党連立の小泉内閣への国民の審判、とりわけ小泉内閣が進める構造改革の是非を問う選挙であり、どの党が改革を本当に推進できるのか、その改革の中身と実行力を問う選挙でありました。結果は、公明党の勝利とともに、連立与党3党合計で安定多数を満たす78議席を獲得することができ、自公保連立政権の信任とともに、「小泉改革」についての国民の支持を得たといえます。
 小泉連立内閣は、この国民の信託に応え、景気回復と経済活性化に総力を上げるとともに、日本再構築に向け構造改革を断行していくべきであります。わが党は、連立与党の一員として、これらの課題遂行に全力をつくしてまいります。
 今回の選挙戦では、先月に行われた都議選と同じく、小泉首相の人気、すなわち「小泉効果」がそのまま表れた自民党の勝利・復調の一方で、他党が軒並み苦戦を強いられ伸び悩みや後退を余儀なくされた中、わが党は底力を発揮して改選議席を確保し、比例区で過去最高得票を記録したことは画期的といえます。これは、わが党が現に連立与党の中で改革の原動力としての役割を発揮していることが評価されたことや、今回の選挙戦にあたって掲げた政策「日本アゲイン−−この国をもう一度元気にします」「人にやさしい改革」に対して国民の厚い期待が寄せられたことが、今回の大勝利につながったものと確信します。
 さらに、加藤しゅういち候補者は、環境問題の専門家であり、地球温暖化対策や環境ホルモン対策など、多くの県民が大きな関心を持つ環境問題への具体的な実績、政策、提案などが、広い共感と支持を得られた結果の勝利であると考えます。
 わが党は、今後とも、公明党の掲げる生命・生活・生存を最大に尊重する人間主義の政治を貫き、連立政権の中で引き続き、日本再生への「構造改革」の推進役を担うとともに、選挙戦で訴えた、新産業育成と新雇用創出、行政改革の徹底、子育て支援や、安心の社会保障、文化・芸術の振興、ごみ・ゼロ社会の実現などの公約実現に最大に努力し、21世紀の「新しい日本」を築く闘いの戦闘に立つことをお誓いします。
 公明党に対する茨城県民の皆様の一層のご支援とご協力を心からお願い申し上げます。

●茨城県内市町村の比例区公明党の得票状況/2001参議院選挙の結果から
 得票合計絶対
得票率
得票率 得票合計絶対
得票率
得票率
水戸市14,4127.42%15.26%十王町9799.06%17.00%
日立市12,4728.01%16.47%旭村5596.14%15.51%
土浦市9,3078.66%17.89%鉾田町1,3335.81%14.51%
古河市4,0418.49%16.99%大洋村7237.46%15.48%
石岡市2,9427.02%15.10%神栖町3,4729.62%22.68%
下館市3,2946.35%13.71%波崎町2,3467.73%17.72%
結城市2,3245.49%13.09%麻生町6624.90%11.07%
龍ケ崎市4,4267.54%15.37%北浦町4405.13%11.77%
下妻市2,0007.03%15.81%玉造町5685.08%10.05%
水海道市1,8995.72%12.49%江戸崎町1,67310.62%22.55%
常陸太田市1,8355.73%11.06%美浦村1,80212.39%26.41%
高萩市2,3838.63%16.90%阿見町3,0818.40%17.32%
北茨城市3,4938.48%18.69%茎崎町1,6127.63%14.45%
笠間市1,5936.56%12.81%新利根町7579.44%20.80%
取手市4,6246.86%13.54%河内町6947.36%16.69%
岩井市2,5267.30%17.28%桜川村4467.33%14.83%
牛久市4,2357.18%13.44%東町9108.77%17.95%
つくば市7,0245.74%12.80%霞ヶ浦町1,0586.84%14.73%
ひたちなか市8,0106.71%14.42%玉里村5327.81%16.11%
鹿嶋市4,2618.68%18.12%八郷町1,6716.90%15.77%
潮来市1,7637.00%15.01%千代田町1,4917.15%15.14%
茨城町1,8376.42%14.48%新治村6698.59%15.58%
小川町1,0376.68%13.02%伊奈町1,9419.19%19.01%
美野里町1,3727.05%15.91%谷和原村8126.86%14.55%
内原町1,0328.55%16.04%関城町8356.47%14.19%
常北町1,0719.98%19.07%明野町1,0957.72%15.02%
桂村63711.15%20.09%真壁町 1,1326.96%13.91%
御前山村3529.36%15.71%大和村5609.20%15.09%
大洗町1,3698.45%17.61%協和町9286.78%12.99%
友部町1,7666.43%12.62%八千代町1,4977.73%16.35%
岩間町9236.98%13.57%千代川村5657.56%16.46%
七会村25312.61%21.44%石下町1,5758.49%19.02%
岩瀬町1,5098.34%15.73%総和町3,3449.02%19.88%
東海村1,8796.91%13.00%五霞町7729.60%19.25%
那珂町2,1755.86%12.24%三和町3,34410.99%25.44%
瓜連町4105.59%10.23%猿島町1,0018.51%21.89%
大宮町1,8638.69%16.21%境町1,5857.40%16.85%
山方町5357.80%12.71%守谷町2,8577.50%14.75%
美和村40110.21%16.72%藤代町2,1467.94%15.72%
緒川村3017.58%12.29%利根町1,1657.19%12.65%
金砂郷町5606.09%12.21%    
水府村4928.91%15.93%    
里美村3349.00%14.79%    
大子町1,4277.21%13.68%県合計177,0787.49%15.60%


●茨城県の比例区政党別得票/2001参議院選挙の結果から
010729seito
 得票数得票率
自民党497,13143.79%
公明党177,07815.60%
民主党171,61015.12%
自由党81,7877.20%
共産党58,9155.19%
社民党47,0374.14%
新社会党27,6852.44%
保守党21,5451.90%
女性党15,1491.33%
自由と希望12,2541.08%
二院クラブ11,5561.02%


●公明党の比例区得票の増減/過去の参議院選挙・衆議院選挙の結果から
010729nendo
 得票数増減
S58年143,697 
S61年145,246+1,549
H1年120,804-24,442
H4年125,703+4,899
H10年155,397+29,694
H12年165,733+10,336
今回177,078+11,345



7月13日 神崎武法公明党代表が遊説
7月27日 加藤修一候補の熱い一日
2001参院選の茨城県内比例区の結果と総括
2001参院選の茨城県内比例区の政党別得票


このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

2001参院選の茨城県内比例区の政党別得票。

010729kekka_top

●茨城内市町村の政党別比例区得票/2001参院選の結果から
 自民党公明党民主党自由党共産党社民党新社会党保守党女性党自由と希望二院クラブ自由連合無所属の会新風
県 計497,131177,078171,61081,78758,91647,03727,68521,54515,14912,25411,5579,9102,6021,006
水戸市37,83014,41214,6326,4375,8634,9453,7112,1631538161,15780421185
日立市28,07812,47317,2814,4363,1653,4321,6971,3241,0101,38668355815737
土浦市20,7529,3087,4964,2292,8332,4921,2391,22558448567251714557
古河市9,8334,0413,4121,8961,5691,1023255003042392802195118
石岡市8,6392,9432,8101,5541,059871418421250881991584727
下館市11,1663,2943,5731,8021,2967725754753072102512206526
結城市8,4592,3252,7201,3299675941903722761531801353617
竜ヶ崎市11,5264,4264,8572,4481,7751,3534146123692553532907934
下妻市6,4412,0011,40484375334418921812784981181910
水海道市7,3471,9001,8671,4739455022422921501581451332820
常陸太田市7,6531,8352,7461,0775597469812662371821391243413
高萩市5,8982,3832,433854603725404216179149111109269
北茨城市7,7733,4942,8291,2179947713932542073891621424715
笠間市6,0041,5941,6978365185384931962489690981610
取手市12,3654,6245,8293,0153,1382,0634768944593484394038129
岩井市7,5162,5261,476951559339323265207173137110239
牛久市11,9384,2355,6402,8572,2111,8385017554212944302938225
つくば市20,9497,0249,4344,1964,5943,4261,2091,27559651280060119379
ひたちなか市22,3588,01011,4093,5012,3352,6281,4961,13880969554943714651
鹿嶋市10,1494,2623,4781,9188479083604403472792352234820
潮来市5,9201,7641,574761440338177215122201105862613
市  計268,59598,875108,59747,62937,02230,72915,81113,5167,3627,1907,2165,7781,560604
茨城町6,4911,8381,47384752039241819322568821041914
小川町4,3991,0388496112941731361281112578792819
美野里町3,9261,3731,199631358300247168169508889196
内原町3,0531,0327743692762193188988766359114
常北町2,6261,072766325214179190606330433694
桂村1,48763740216675125124414412281862
御前山村1,18935227612594614725219141933
大洗町3,7451,369920505372210134132160827648145
東茨城郡計26,9168,7116,6583,5792,2031,6591,61483688135247245310957
友部町6,0211,7672,38998868875850522527283136118329
岩間町3,37592498246822424015910615456554685
七会村6222531245915293991143911
岩瀬町5,0251,5101,101624300260255127141686293234
西茨城郡計15,0434,4534,5952,1391,2281,2879584675782112562666419
東海村5,6251,8803,111951815700387297228156140120317
那珂町7,9672,1753,1221,0737786907863022521851612223617
瓜連町1,8574106962561411901796174414638144
大宮町5,1951,8631,622686521443590128154889286148
山方町2,1795354962261251123355547251940123
美和村1,2154012231062294874232230111410
緒川村1,27030130113722169602229381752
那珂郡計25,3087,5669,5713,4342,8302,2522,41188880652847753711341
金砂郷町2,353561641261125141294625624203872
水府村1,6294923541755564160294229183290
里美村1,1583342611386269117263426111533
大子町5,4501,4289964203202881,17610496314956106
久慈郡計10,5902,8152,2529945625621,747221228110981422911
十王町2,3529801,0763202642171646488127564084
多賀郡計2,3529801,0763202642171646488127564084
旭村2,067560336220967252514742282940
鉾田町4,6561,3331,089636428258257131122898476188
大洋村2,30672355634323512782735393313972
神栖町6,2483,4732,0681,264527454172300207242156145437
波崎町6,1432,3461,7311,0243703791402362413521281013412
鹿島郡計21,4188,4365,7813,4871,6561,29070379167081842739110629
麻生町3,50866365835712917114177100783733188
北浦町2,02144039624715217686428140272163
玉造町3,3625696323681771271098595185339144
行方郡計8,8911,6721,687972458474336204276136117933815
江戸崎町3,3031,673793489341192158150841095941242
美浦村2,7991,803665435393166166118501005658113
阿見町7,8143,0822,4891,4427787392553991761991911624214
茎崎町4,2511,6131,926947802629181269137901501003411
新利根町1,8357573432401726938374734371884
河内町2,3266954132661127558773429293752
桜川村1,7724462462065636353624107211334
東町2,599910489387143954876432052823912
稲敷郡計26,69910,9797,3634,4122,7972,0019391,16259587357145213652
霞ヶ浦町3,7641,05882456427017615512681376046181
玉里村1,57053335823323310474454726373157
八郷町5,4251,6721,1518034433282461501266876811812
千代田町4,3411,4921,556779541405160200116519574306
新治村2,32067046228112514077693721403892
新治郡計17,4215,4244,3512,6601,6131,1537125904072033082708028
伊奈町4,3991,9421,159800755382105209121105131702014
谷和原村2,6138127244762932058212245874651223
筑波郡計7,0122,7541,8831,2761,0485871873311661921771214217
関城町3,228836648393229159817577484945142
明野町3,9971,0968055392361891047778365459174
真壁町4,3871,13399860225320113585985651114176
大和村1,9675604123131467456364633223197
協和町3,9039298634623232061019784446146187
真壁郡計17,4834,5543,7262,3091,1878294773703832172372947526
八千代町4,7541,4988386525212031541351566469822110
千代川村1,8685663272201708852513211271430
石下町4,0981,576836550467162106129851166959189
結城郡計10,7203,6392,0001,4221,1584533123152731911651554219
総和町7,5533,3452,0721,2207225192513082231991971553524
五霞町1,999773359329195112426644163428103
三和町5,4133,3451,288930646329162236265146138223206
猿島町2,3171,00237323822977737259363244128
境町4,6321,5861,0206064732182051601361937381215
猿島郡計21,91410,0505,1123,3222,2651,2557338427275904745309846
守谷町7,2932,8573,3401,8291,1681,1152994612143102311874812
藤代町5,5002,1472,1581,2288766511812961821241531172812
利根町3,9751,1661,45977658252110119110882123862614
北相馬郡計16,7696,1706,9573,8332,6262,28758194850451650739010238
町村計228,53678,20363,01334,15921,89416,30811,8748,0296,5825,0644,3414,1331,042402


7月13日 神崎武法公明党代表が遊説
7月27日 加藤修一候補の熱い一日
2001参院選の茨城県内比例区の結果と総括
2001参院選の茨城県内比例区の政党別得票


このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

茨城県のダイオキシン対策 - 茨城県のゴミ処理施設

980610dai_top

茨城県のごみ処理場の現状

 廃棄物処理施設の排ガス中のダイオキシン類濃度について、廃掃法に基づき測定・公表されている資料を井手よしひろが、茨城県生活環境部より資料の開示を得て、インターネット上に公開しています。
 平成12年度の市町村から報告があった35施設の内排気ガス中のダイオキシン量の最小値は、筑南地方広域行政事務組合(つくば市他)の0.00064ng-TEQ/Nm3であり、 最高値は、筑西広域市町村圏事務組合(下館市、結城市、関城町、明野町、真壁町、協和町、大和村)の81ng-TEQ/Nm3でした。
 筑西広域市町村圏事務組合は環境基準の80ng-TEQ/Nm3を超えたため、焼却運転を一時中止し点検整備を行いました。その結果、基準をクリアーしたため運転を再開しています。

010420kamine_1
2001/4に竣工した日立市の新ゴミ処理施設


2001/7茨城県公表資料
市町村名構成市町村処理能力処理方式使用開始排ガス中のダイオキシン類濃度備 考
ng-TEQ/Nm3
t/日年度8年度9年度10年度11年度12年度
1水戸市 390連続S59.79.6111.50.10.0350.0034 
   0.220.180.0039
   4.20.20.0014
2日立市 300連続S55.49.26.9514.24.31.30.023 
   24140.0099
     0.035
3土浦市 210連続H4.4447.11.10.61.60.41 
   0.862.12.5
   1.75.62.1
4古河市 90准連続H6.83.11.21.60.360.541.0  
   2.93.70.62
 下妻市    40     8年度廃止
5北茨城市 60准連続S54.445226.34.32.11.8 
   8.32.71.9
6笠間市 30機械・バッチS57.616451212312 
7ひたちなか市旧勝田市100准連続S60.4474438374844 
   38602.8
8旧那珂港市70准連続H1.4191253419.13.0  
   65129.2
9鹿嶋市 50機械・バッチS56.6130792929418.1 
10牛久市 135准連続H11.4    0.0560.0041 
    0.0840.010
    0.0890.053
11岩瀬町 20機械・バッチH9.4242413135.54.7 
12東海村 60准連続H4.40.360.280.110.0580.040.24 
    0.170.320.029
13大子町 30機械・バッチS58.37.86.917171517 
14鉾田町 40機械・バッチH5.10264.9177.31425 
   273255
15神栖町 65准連続H1.4201208.96.81629 
   113555
16波崎町 30機械・バッチS56.46.4175.85.824 休止中
17阿見町 84准連続H9.40.290.230.460.240.360.28 
   0.680.420.21
18高萩市・十王町

事務組合
高萩市、十王町65准連続S56.9121154.121.3 
   5.85.61.1
19大宮地方環境

整備組合
大宮町、那珂町、山方町

瓜連町、緒川村
120准連続H2.4135.14.14.10.432.7 
   8.16.81.7
20竜ヶ崎地方塵芥

処理組合
竜ヶ崎市、利根町

河内町
60機械・バッチS46.729182.32.3  10年廃止
180連続H11.8    0.0540.2711年新規
    0.0880.15
21猿島郡環境管理

事務組合
境町、猿島町、三和町

総和町、五霞町
120准連続H4.126832.526201.417 
   312.212
22大洗・旭・水戸

環境衛生組合
大洗町、旭村

水戸市
80准連続H4.2302831309.917 
   311127
23江戸崎地方

衛生土木組合
江戸崎町、東町、新利根町

美浦村、桜川村
100准連続H1.98.8124.93.68.946 
   6.1659.0
24友部町外二町

環境組合
友部町、岩間町

内原町
105機械・バッチH4.8243.5114.3816 
   17105.0
25麻生町外ニケ町村

環境美化組合
麻生町、玉造町

北浦町
20機械・バッチS58.322.02505.85.8  11年廃止
40機械・バッチH11.8    0.00430.21 11年新規
    0.0050.091
26筑西広域市町村圏

事務組合
下館市、結城市、関城町、明野町

真壁町、協和町、大和村
150准連続S57.11141323215.329 
   241581
27茨城・美野里

環境組合
茨城町、美野里町35機械・バッチS61.32114.518122145 
   2426 改修中
28潮来牛堀二町

環境衛生組合
潮来町、牛堀町46機械・バッチH3.4110125.24.69.831 
   5.81339
29筑南地方広域行政

事務組合
つくば市、茎崎町375連続H9.40.170.10.0930.0170.0620.00064 
   0.0410.130.0075
   0.220.220.00069
30常総地方広域市町村

事務組合
水海道市、取手市、岩井市、伊奈町

谷和原町、守谷町、藤代町
351連続H1.65.90.150.280.15440.21 
   0.340.480.028
   0.360.850.029
31霞台厚生

施設組合
石岡市、小川町

玉里村
25機械・バッチH6.445.96.65.26.11.4 
   7.97.5 改修中
32新治地方広域

事務組合
八郷町、千代田町

霞ヶ浦町、新治村
120准連続H7.41.41.81.10.960.350.31 
   1.31.40.49
33常陸太田地方

広域事務所
常陸太田市、金砂郷町

水府村、里美村
60准連続S58.45.51.233334312 
34城北地方広域

事務組合
常北町、桂村

御前山村、七会村
30機械・バッチS59.3161.86.96.96.52.2 
35鹿嶋大洋

環境組合
鹿嶋市、大洋村30機械・バッチS56.5120.441.91.98.131 
36下妻地方広域

事務組合
下妻市、石下町

八千代町、千代川村
126准連続H9.4 0.140.0870.0730.240.319年度新設
   0.10.350.047





このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: