2002年02月

日立の道路レポート - 県道日立東海線(留大橋)が開通

douro

県道日立東海線(留大橋)が開通
2003年3月19日 日立と東海を直結する第3の橋が完成

road_renraku

 日立市と水戸方面を結ぶ幹線は、国道6号線の榊橋と245号線の久慈大橋の2本がありましたが、この二つの橋では、現在の交通量をさばくことは限界に達しています。特に、朝夕のラッシュは想像を絶するものがありました。

030519tome_2  その解消のために、平成9年から県道として建設が始められていた日立東海線(留大橋)が2003年3月に開通しました。

 3月19日には、久慈川に架かる留大橋(全長655メートル・総工費60億円)の開通式が行われました。橋本昌知事らがテープカットの後、東海村立白方、石神両小学校の鼓笛隊計約120人を先頭にして、地域の住民ら約580人が渡り初めをしました。

 留大橋の開通によって、付近の渋滞が大幅に緩和されました。茨城県道路建設課は、開通前と後の2月26日と4月16日の午前7時半、JR大甕駅(日立市大みか町)から東海駅(東海村舟石川)間を車で走行、所要時間を測定しました。その結果、国道6号経由ルート(約11キロ)では、開通前が28分9秒だったのに対し開通後は22分3秒。245号経由のルート(約11キロ)も、31分8秒から21分48秒と、ともに短縮された。午前7時から12時間の交通量は6号が10.4%、245号が13.9%減少していたことが判明しました。

 また、留大橋の交通量調査でトラックなどの大型車の混入率が5%と国道の3分の1だったことも分かりました。こうした結果から、「留大橋の利用者の大半は、日立市南部地域と東海村市街地に住む人々で、生活道路として活用されている」と県では分析しています。

0305tomeohhashi22
留大橋:日立側から東海側を望む
030522tome_2
東海方面から見た留大橋の山側


建設のきっかけとなった痛ましい転落事故

970410tomezen  1997年4月7日、日立市久慈町在住の親子4人が、日立市留町の久慈川に架かる留橋から車ごと水中に落下し、全員死亡するという痛ましい事故が発生しました。

 当時、雨が激しく降っていたにもかかわらず、親子は渋滞をさけるため留め橋を通行して帰宅しようとした模様。午後6時頃東海方面から日立方面に通行し、あと30メートルで対岸に着く付近で運転を誤り、水中に転落しました。

 当時の留橋は、日立市が管理する木製の橋で、増水の際は通行止めとなる、いわゆる「もぐり橋」でした。地元の人は、事故の多いこの橋を「地獄橋」とも呼び、渋滞の抜け道や農作業ではなくてはならない橋ですが、その危険性を指摘していました。延長は117メートル、幅員は2.7メートルで、日立市と東海村が国から58.5メートルづつ占有許可を得て設置していました。両側に15センチ程度の車止めはあるが、欄干等の安全設備は一切ない橋でした。これまでもたびたび転落事故が繰り返されていました。1993年に中学生が自転車で通行中に転落して死亡。94年には、普通トラックが転落した事故が起こっていました。

 留大橋の完成は、こうした事故を無くす住民の悲願でもありました。

詳細情報:留橋から落下・一家4人水死

「留大橋」との名称に地域住民の心が結晶

030524tome 県道日立東海線の新橋の名称は「留大橋」と決定されました。

 この名称は、新橋の500m下流にあった「留橋」の名称を継承して命名されたものです。

 初代の「留橋」は、明治26年に架けられ、その歴史は久慈川下流域の橋の中ではもっとも古いものです。(榊橋は明治28年、竹瓦橋は明治31年に架けられました)

 地元住民からは、この歴史ある名称を是非新橋の名称として後世に残すよう強い要望が寄せられ、井手よしひろ県議らも早くから、繰り返し県当局に働きかけを行ってきました。「留大橋」との名称に地域住民の心が結晶しました。

このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

介護保険の満足度調査:8割がサービスに満足。

介護保険利用者の満足度
<茨城県内利用者の満足度調査結果>

 介護保険が施行されて1年あまりが経過し、介護保険に対する「満足度」に関する調査を県が行いました。調査は、平成13年8月に更新申請があった人の中から、市20ケース、町15ケース、村10ケースを無作為に抽出し、市町村職員が訪問して調査しました。調査対象は介護保険施行後新たにサービスを受けた人503人、介護保険施行以前からサービスを受けていた人586人、要介護認定は受けているがサービスを受けていない人374人、合計1463人です。
<結果の概要>
 保険料:全体で7割が「妥当、おおむね妥当、安い」と感じている。高所得者ほど保険料が高くなるので、割高感を感じている。
 利用料:全体で8割が「妥当、おおむね妥当、安い」と感じている。保険料第2,第3段階に割高感を感じている人が多い。
 サービスの量および質:ほとんどのサービスで8割以上が、質・量とも「満足・ほぼ満足」と感じている。短期入所サービスの満足度が低いのは、利用日数が制限されたことによるものと推測される。

所得段階別の保険料負担感
所得段階高いやや
高い
妥当やや
安い
安い合計所得段階高いやや
高い
妥当やや
安い
安い妥当〜
安い
133211230110.0%10.0%70.0%3.3%6.7%80.0%
27369282511440216.6%15.7%64.1%1.1%2.5%67.7%
3105146517512785313.4%18.6%65.9%0.6%1.5%68.0%
41514471279419.0%17.7%59.5%1.3%2.5%63.3%
552160124520.8%8.3%66.7%0.0%4.2%70.8%
合計20123488312281,358合計14.8%17.2%65.0%0.9%2.1%68.0%


要介護度別の保険料負担感
要介護度高いやや
高い
妥当やや
安い
安い合計要介護度高いやや
高い
妥当やや
安い
安い妥当〜
安い
要支援252312212173要支援14.5%13.3%70.5%0.6%1.2%72.3%
要介護1555621148334要介護116.5%16.8%63.2%1.2%2.4%66.8%
要介護2374418755278要介護213.3%15.8%67.3%1.8%1.8%70.9%
要介護3365014514236要介護315.3%21.2%61.4%0.4%1.7%63.6%
要介護4354512516212要介護416.5%21.2%59.0%0.5%2.8%62.3%
要介護5232211623166要介護513.9%13.3%69.9%1.2%1.8%72.9%
合計21124090614281,399合計15.1%17.2%64.8%1.0%2.0%67.8%


所得段階別の利用料負担感
所得段階高いやや
高い
妥当やや
安い
安い合計所得段階高いやや
高い
妥当やや
安い
安い妥当〜
安い
11221012514.0%8.0%84.0%0.0%4.0%88.0%
23046220122933728.9%13.6%65.3%3.6%8.6%77.4%
35292405172258838.8%15.6%68.9%2.9%3.7%75.5%
42346075843.4%5.2%79.3%0.0%12.1%91.4%
51213111855.6%11.1%72.2%5.6%5.6%83.3%
合計8614570530601,026合計8.4%14.1%68.7%2.9%5.8%77.5%


要介護度別の利用料負担感
要介護度高いやや
高い
妥当やや
安い
安い合計要介護度高いやや
高い
妥当やや
安い
安い妥当〜
安い
要支援3179768131要支援2.3%13.0%74.0%4.6%6.1%84.7%
要介護12125172721246要介護18.5%10.2%69.9%2.8%8.5%81.3%
要介護2163115178213要介護27.5%14.6%70.9%3.3%3.8%77.9%
要介護3173511775181要介護39.4%19.3%64.6%3.9%2.8%71.3%
要介護4192398212154要介護412.3%14.9%63.6%1.3%7.8%72.7%
要介護518189417138要介護513.0%13.0%68.1%0.7%5.1%73.9%
合計9414972930611,063合計8.8%14.0%68.6%2.8%5.7%77.1%


サービスの量(継続利用者)
サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満合計サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満満足+
ほぼ
満足
訪問介護1248816135246訪問介護50.4%35.8%6.5%5.3%2.0%86.2%
訪問看護6155942131訪問看護46.6%42.0%6.9%3.1%1.5%88.5%
通所介護1569715122282通所介護55.3%34.4%5.3%4.3%0.7%89.7%
通所リハビリ55467122122通所リハビリ45.1%37.7%5.7%9.8%1.6%82.8%
短期生活介護4133910295短期生活介護43.2%34.7%9.5%10.5%2.1%77.9%
福祉用具貸与5730952103福祉用具貸与55.3%29.1%8.7%4.9%1.9%84.5%
居宅介護支援18617937132417居宅介護支援44.6%42.9%8.9%3.1%0.5%87.5%
サービス全体25121635256533サービス全体47.1%40.5%6.6%4.7%1.1%87.6%


サービスの量(新規利用者)
サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満合計サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満満足+
ほぼ
満足
訪問介護84526106158訪問介護53.2%32.9%3.8%6.3%3.8%86.1%
訪問看護6239211105訪問看護59.0%37.1%1.9%1.0%1.0%96.2%
通所介護995622124193通所介護51.3%29.0%11.4%6.2%2.1%80.3%
通所リハビリ61431453126通所リハビリ48.4%34.1%11.1%4.0%2.4%82.5%
短期生活介護311169158短期生活介護53.4%19.0%10.3%15.5%1.7%72.4%
福祉用具貸与6240610109福祉用具貸与56.9%36.7%5.5%0.9%0.0%93.6%
居宅介護支援1731443661360居宅介護支援48.1%40.0%10.0%1.7%0.3%88.1%
サービス全体20718434155445サービス全体46.5%41.3%7.6%3.4%1.1%87.9%


サービスの量(合計)
サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満合計サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満満足+
ほぼ
満足
訪問介護208140222311404訪問介護51.5%34.7%5.4%5.7%2.7%86.1%
訪問看護123941153236訪問看護52.1%39.8%4.7%2.1%1.3%91.9%
通所介護25515337246475通所介護53.7%32.2%7.8%5.1%1.3%85.9%
通所リハビリ1168921175248通所リハビリ46.8%35.9%8.5%6.9%2.0%82.7%
短期生活介護724415193153短期生活介護47.1%28.8%9.8%12.4%2.0%75.8%
福祉用具貸与119701562212福祉用具貸与56.1%33.0%7.1%2.8%0.9%89.2%
居宅介護支援35932373193777居宅介護支援46.2%41.6%9.4%2.4%0.4%87.8%
サービス全体458400694011978サービス全体46.8%40.9%7.1%4.1%1.1%87.7%


サービスの質(継続利用者)
サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満合計サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満満足+
ほぼ
満足
訪問介護1258918104246訪問介護50.8%36.2%7.3%4.1%1.6%87.0%
訪問看護63571020132訪問看護47.7%43.2%7.6%1.5%0.0%90.9%
通所介護13711022113283通所介護48.4%38.9%7.8%3.9%1.1%87.3%
通所リハビリ5742972117通所リハビリ48.7%35.9%7.7%6.0%1.7%84.6%
短期生活介護373588694短期生活介護39.4%37.2%8.5%8.5%6.4%76.6%
福祉用具貸与5134844101福祉用具貸与50.5%33.7%7.9%4.0%4.0%84.2%
居宅介護支援18017738152412居宅介護支援43.7%43.0%9.2%3.6%0.5%86.7%
サービス全体24121441153514サービス全体46.9%41.6%8.0%2.9%0.6%88.5%


サービスの質(新規利用者)
サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満合計サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満満足+
ほぼ
満足
訪問介護79501382152訪問介護52.0%32.9%8.6%5.3%1.3%84.9%
訪問看護5544422107訪問看護51.4%41.1%3.7%1.9%1.9%92.5%
通所介護103721553198通所介護52.0%36.4%7.6%2.5%1.5%88.4%
通所リハビリ594111103124通所リハビリ47.6%33.1%8.9%8.1%2.4%80.6%
短期生活介護301585260短期生活介護50.0%25.0%13.3%8.3%3.3%75.0%
福祉用具貸与6739410111福祉用具貸与60.4%35.1%3.6%0.9%0.0%95.5%
居宅介護支援1791452381356居宅介護支援50.3%40.7%6.5%2.2%0.3%91.0%
サービス全体19317538123421サービス全体45.8%41.6%9.0%2.9%0.7%87.4%


サービスの質(合計)
サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満合計サービス種別満足ほぼ
満足
どちらとも
いえない
やや
不満
不満満足+
ほぼ
満足
訪問介護20413931186398訪問介護51.3%34.9%7.8%4.5%1.5%86.2%
訪問看護1181011442239訪問看護49.4%42.3%5.9%1.7%0.8%91.6%
通所介護24018237166481通所介護49.9%37.8%7.7%3.3%1.2%87.7%
通所リハビリ1168320175241通所リハビリ48.1%34.4%8.3%7.1%2.1%82.6%
短期生活介護675016138154短期生活介護43.5%32.5%10.4%8.4%5.2%76.0%
福祉用具貸与118731254212福祉用具貸与55.7%34.4%5.7%2.4%1.9%90.1%
居宅介護支援35932261233768居宅介護支援46.7%41.9%7.9%3.0%0.4%88.7%
サービス全体43438979276935サービス全体46.4%41.6%8.4%2.9%0.6%88.0%


制度に関する評価(複数回答)
回答者数586 
自分にあったサービス17930.5%
自宅で生活できる16027.3%
家族の負担軽減21837.2%
業者を選べる7011.9%
サービスの質の向上7713.1%
メニューが豊富6711.4%
気兼ねなく利用20134.3%
利用者負担が減った193.2%
相談窓口が一つに13122.4%
要求苦情を言いやすい16728.5%
その他6210.6%


未利用者アンケート
●利用しない理由(複数回答)
回答者数374 
病院入院349.1%
今のところ家族介護22560.2%
今のところ自分で13536.1%
他人を入れたくない328.6%
外出したり他人と関わりたくない7119.0%
利用したいサービスがない215.6%
サービスがわからない195.1%
利用者負担が払えない123.2%
その他の理由4612.3%


●今後の利用意向(複数回答)
回答者数374 
悪化したら17145.7%
介護者の体力低下16844.9%
救急時には13135.0%
将来的にも使わない318.3%
その他6216.6%



このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

ワールドカップの経済波及効果を茨城県が試算しました

wc2002kasi

特設情報

2002年ワールドカップの経済効果773億円

 井手県議は、2002年1月16日に開催された県議会決算特別委員会で、ワールドカップの経済的効果について、県の見解を質問しました。
 これに答えて、茨城県ワールドカップ開催準備室と統計課が、サッカーの2002年ワールドカップ茨城開催に伴う県内の経済波及効果を発表しました。
 推計では、投資・消費総額は約508億円で、それが誘発する波及効果総額は1.52倍の約773億円に達します。

1.投資・消費の総額 約508億円
1)投資総額 約420億円
カシマスタジアムの増築整備費:236億円、その他鹿島セントラルホテル整備などの関連施設費:約184億円
2)消費総額 約88億円
3試合で12万人の観客(内4万人は海外から)を前提に、観戦消費額:約45億円、関連グッズ消費額:32億円、運営経費:約11億円

2.経済波及効果 約773億円
1)総投資額420億円は、約642億円の生産を誘発。
粗付加価値誘発額:約329億円、雇用者所得誘発額:約211億円
2)消費支出額88億円は、約131億円の生産を誘発。
粗付加価値誘発額:約71億円、雇用者所得誘発額:約36億円

3.経済波及以外の効果
1)世界各国のメディアを通して茨城という名前が露出し、知名度のアップとイメージアップがなされる。
2)大会関係者や観客との交流に伴う国際交流の進展
3)県民のスポーツへの関心が高まることによって今後のスポーツ振興へ寄与

井手よしひろ県議の決算特別委員会で「一般競争入札の拡大、電子入札など入札改革」を主張

一般競争入札の拡大、電子入札など入札改革を主張
決算特別委員会土木部個別審議

予定価格の事前公開を拡大:土木部長が明言
指名停止など罰則の厳罰化には慎重姿勢


020213kessan_asahi 12日(2002/2/12)開かれた県議会決算特別委員会(潮田龍雄委員長)で、石岡市と下妻市の競売入札妨害事件に関連して、委員から一般競争入札の拡大や談合が発覚した時の業者への罰則強化など、県の入札制度改革の意見が相次いだ。しかし、県は具体的な方針は示さなかった。
 井手義弘氏(公明)は、10億円以上の県発注工事で採用されている一般競争入札制度の拡大を求めた。しかし、島田健一・県土木部長は、「不良業者が入ってくるのをどう防ぐかという大きな問題があり、今後検討する」という答弁にとどまった。橋本昌知事が表明した入札予定価格の事前公表拡大については、具体的には示さなかったが「できれば新年度から実施したい」と述べた。
 委員からはこのほか、談合にかかわった業者に罰金や賠償を請求する制度を設けたらどうかという意見も出された。

入札改革に対する井手県議の見解

 民主党を離党した鹿野道彦代議士の元秘書による競売入札妨害事件で、石岡市の木村芳城市長と下妻市の山中博市長が相次いで逮捕されました。いずれも政界での人脈を利用し公共事業という国民の血税を食い物にする言語道断の行為です。竹内藤男元知事、北茨城の豊田稔・松崎竜夫元市長などなど市町村長の逮捕劇が続き、汚職天国・茨城との風評が全国に広がっています。

 こうした公共事業に関わる汚職を根絶するためには、入札制度の改革と汚職を厳しく罰する法整備が必要です。

 現在、公共工事の多くは指名競争入札という制度で行われています。行政側が業者を数社指名した上で、入札により請負金額を競わせる方式です。この方式では、行政側の意志で様々なさじ加減が可能になります。入札に参加する業者が少ないので、業者間の談合が可能となります。

 これを撤廃し、誰でも入札できるようにした入札方法が「一般競争入札」です。

 工事の予定価格も事前に公表してしまえば、今回の石岡や下妻の市長のように、事前に予定価格を特定の業者だけに教えるようなことは意味がなくなってしまいます。

 しかし、「一般競争入札」では行政の事務量が多くなり、今までの入札の仕組みでは対応ができなくなります。そこで、インターネットの仕組みを活用した電子入札制度の導入が必要になります。

 いち早く電子入札制度を導入した神奈川県の横須賀市では、入札制度改革に着手した98年は95.7%だった落札率が、2000年度には87.3%に低下しました。その結果、行政側が予定していた発注額である設計価格と、実際の請負価格との差額は13億2000万円から41億8000万円と増えました。このように、「電子入札制度」によって、入札の透明化とともに、税金の効率的な運用もできるようになります。

 一方、腐敗防止のための法整備を急ぐ必要があります。

 公明党の提案で一昨年「あっせん利得処罰法」が成立しました。この「あっせん利得処罰法」の適用対象を、私設秘書や親族にまで拡大すべきです。

 また、公共事業を発注する際に公務員が業者と事前に入札価格を調整することなどを取り締まる「官製談合防止法」の早急制定を強く主張します。

 更に、談合を行った業者の処分が軽すぎることも問題だと思います。

 アメリカでは談合した場合は、談合利益の2倍の罰金と12ケ月程度の実刑になり、司法省は必ず談合業者に損害賠償請求(3倍賠償)をします。また、談合による入札資格剥奪期間は3年であり、談合すると経営自体が難しくなります。

 これに対し、日本では談合が公正取引委員会に摘発されても課徴金は3%ないし6%、指名停止期間も2ケ月ないし12ケ月と短期間です。

 業者にとって、「談合はやり得」という実態を、直ちに改善すべきだと思います。

参考:横須賀市の電子入札解説のページ:リンク切れ
参考:日本弁護士連合会の入札制度改革に関する提言(全文テキスト形式):リンク切れ

このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

いばらきIT戦略 - 福岡県山田市の全世帯FTTH化

ibarakiIT

全国で2番目に小さな市・福岡県山田市が全世帯CATVによるFTTH化
1.2Mbpsの常時接続、IP電話網で市内通話無料化を実現

20030703_01 光ファイバー網の活用で、市民生活の向上を――。旧産炭地・筑豊地域にある福岡県山田市で、IT(情報技術)社会を先取りした夢のある事業が進められています。

 市内の全家庭をCATV(光ファイバー)網で結んで、行政サービスの向上を図るとともに、産業振興や福祉の充実などに役立てようというものです。2003年8月から本格サービスをスタートさせる予定です。

 山田市の人口は1万2000人あまり、全国の市の中で2番目に人口が少ない市です。しかも、高齢化率(65歳以上のお年寄りの全人口に占める割合)が27.15%(全国平均17.5%)と高く、そのうち、独り暮らしのお年寄りが約1000人を占めています。こうした状況もあって、お年寄りや障害者が快適かつ、安心して暮らせる生活環境をつくろうと、光ファイバーを活用したCATV網(有線テレビ)によるネットワークづくりに着手しました。

 この事業は国の補助を有効に活用した市の単独事業です。市役所の敷地内に平屋建て(174m2)の情報センターを建設し、情報センターと市内の全世帯(約5000世帯)、さらには公民館などの公共施設の間を結ぶ総延長約70キロの光ファイバー網を敷設します。各家庭のテレビ、電話、パソコンと結び、送信・受信が双方向にできるようにします。

 山田市では、このネットワークを利用し、防災情報を流す一方、在宅医療、教育にも活用する予定です。また、一人暮らしのお年寄りの安否確認、市域の4分の1にも上るテレビ難視聴地域の解消、テレビ会議による遠隔教育、学校間情報交流にも役立てます。さらには、市独自のコミュニティーチャンネルを設けて、自主番組や市民の手による番組を制作、行政情報や地域に密着した情報を市民に提供することも計画しています。

  この事業の中では、市内電話通話料の無料化が大きな話題となっています。光ファイバーの敷設に伴い、インターネット・プロトコルを活用した電話(IP電話)で、市内通話料が、使い放題・無料になっています。

井手県議山田市を現地調査(2003/7/3)
松岡市長と懇談、情報推進課担当者より事業の推進状況を聴取

20030703_02 2003年7月3日、井手よしひろ県議は、山田市役所を訪問。地元大久保法明市議(公明党)の案内で、松岡賛山田市長に面会しました。

 松岡市長は、「多額の税金や国からの助成を受けて行う事業であり、何としても成功させたい。事業を進めれば進めるほど、様々な問題も表面化しているのは事実。しかし、市民にも次第にこの事業の重要性や便利さが理解されてきた。最近では、台風情報で音声告知機能が大いに評価された。8月からの本格稼働を是非成功させていきたい」と、熱く語っていました。また「現在2市5町での広域合併の話が進んでいる。なぜ山田市民だけ市内電話が無料なのか?との話題が出るほどになってきている」と、合併議論の中で、一歩進んだ山田市の取り組みが語られている状況を説明してくれました。

 市長との懇談の後、情報センター内を視察。情報推進課・牟田口敏助課長、ケーブルテレビ担当・原田宣浩係長より、CATV事業の詳細説明を伺いました。事業の課題やIP電話の問題点、実際の利用促進の課題など現場の声を直接伺うことが出来ました。

 その中で、市民の最も関心が高いIP電話については、エコー音がひどいなどの苦情が局所的に寄せられたり、スタート当初大変苦労した模様を説明して頂きました。山田市では、機器の設置、利用者の管理(利用料金の徴収事務)、保守・点検、故障時の対応、CATVの独自番組作成、普及啓発事業など、全ての業務を外部委託せずに直接市職員が行っています。(情報推進課が担当)今後さらに効率的な事業推進体制について、検討が必要になるかもしれないとの感想を持ちました。

 さらに、市立図書館で一般市民を対象にしたCATV(インターネット)活用説明会(IT講習会)の模様を視察させて頂きました。家庭の主婦が、インターネットでのネット通販サイトをテーマに、活用法を勉強していました。こうした講習会を連日開催しているとのことで、整備されたインフラをどう市民が使いこなしていくかが、今後、最大の課題になりそうです。

030703yamada_webcam●全世帯に光ファイバー網を張り巡らせる
●山田市情報センターは、CATVの放送局、インターネットのプロバイダー、防災無線の基地局、テレビ電話の中継局、IP電話の中継局などの役割を担う。
●市内全家庭でCATVと一般のテレビを使ったインターネットとメールのサービスを無料で受けられる。
●セットトップボックスに電話機を接続すると、IP電話として使うことができる。市内電話が無料で利用できる。
●パソコンを別途購入すれば、常時接続のブロードバンド・インターネット回線として利用できる。接続スピードは1.2Mbps。月額使用料はプロバイダー料込みで2,500円の予定。
●セットトップボックスにはスピーカーが装備され、緊急時には防災無線の個別受信機として機能する。
●セットトップボックスにはCCDカメラを取り付けることができる。お年寄りの安否確認サービスなどにテレビ電話として活用する。
020218yamada_01


福岡県山田市のCATV事業
事業主体市の直営で行う
事業費4億8269万円
財源内訳国庫補助金(新世代地域ケーブルテレビ施設整備費補助金)1億5771万円
過疎債(国からの地方交付税で70%充当される、山田市負担は30%)3億2250万円
一般財源9万円
運営費運営費4000万程度
収入見込みCSテレビ受信料1000万円(月額1000円×1000件)
インターネット接続料1250万円(月額2500円×500件)
付加サービスインターネット市内全世帯にセットトップボックス(STB)を設置し、無料でテレビインターネットが使用できます。パソコンでインターネットをする場合、有料(月額2500円程度)で1.2M常時接続の環境が提供されます。
IP電話(インターネット・プロトコル電話)IP電話は市内通話(0948ー52ー****、0948ー53ー****)間の通話を無料で提供します。
テレビ電話音声信号と映像信号をA/D変換し、インターネットのパケットとして送受信を行います。ひとり住まいのお年寄りの安否確認などのサービスに活用する予定です。
防災等などの緊急情報一斉告知放送防災無線網とCATV網を接続し、緊急告知用電波を受信するとSTB内部スピーカーで音声告知を行います。


山田市:
http://www.city.yamada.fukuoka.jp/

取材先
山田市情報推進課
〒821-8501 福岡県山田市上山田392
電話0948-53-1121

最終更新日:07/12/2003 09:16:25




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

介護保険:平成12年度の県内市町村別の介護保険の実態

介護保険の現状:茨城県内市町村別比較
<平成12年度の実績をみる>

 介護保険の実施状況の県内市町村別比較を、県高齢福祉課介護保険推進室などのデータを活用しながら行いました。
 分析の元となったデーターは、平成12年度の市町村から提出された介護保険の給付実績をもとにしています。高齢者人口(一号被保険者数)、介護保険認定者数は、平成13年9月の数値を用いました。したがって厳密に分析すると、平成12年度の指数数値は実際にはもう少しあがっていると思われます。(介護保険認定者=分母の数が漸増しているため)
参考:国保中央会のホームページ:発表資料・統計情報<介護保険関連>:リンク切れ

市町村平成12年度
介護給付費
総額
事業計画
に対する
給付率
市町村高齢者数要介護者
人 数
高齢者
一人あたり
給付月額
利用者
一人あたり
給付月額
//11//11
水戸市4,646,873,44087.01%水戸市41,1363,93310,269107,410
日立市3,489,001,67467.62%日立市33,5843,2149,44498,688
土浦市2,320,330,94468.18%土浦市21,4141,9219,851109,807
古河市1,074,969,74576.91%古河市10,5798669,238112,846
石岡市1,125,986,61978.57%石岡市9,39589610,895114,244
下館市1,430,701,67386.87%下館市11,4911,09111,319119,215
結城市1,070,679,47273.20%結城市9,40181210,354119,870
龍ケ崎市1,086,743,45884.39%龍ケ崎市10,2069859,680100,299
下妻市847,731,77479.57%下妻市6,62363811,636120,794
水海道市912,452,74175.20%水海道市8,4387839,831105,939
常陸太田市1,075,816,51181.62%常陸太田市8,57886611,401112,935
高萩市747,928,56274.56%高萩市6,47457110,503119,078
北茨城市1,088,156,80472.86%北茨城市10,7321,0359,21895,578
笠間市806,067,40181.77%笠間市6,55561411,179119,347
取手市1,231,579,30476.37%取手市11,5231,0949,716102,342
岩井市564,312,28566.10%岩井市7,6555356,70295,890
牛久市1,008,030,22376.70%牛久市9,4259509,72396,462
つくば市2,517,078,10275.48%つくば市21,0232,07110,885110,490
ひたちなか市2,476,092,93173.87%ひたちなか市21,7241,93510,362116,330
鹿嶋市998,525,82392.22%鹿嶋市9,1108129,964111,792
潮来市659,858,43978.87%潮来市5,70953110,507112,970
茨城町581,058,54270.11%茨城町7,2015327,33699,292
小川町307,217,24363.89%小川町3,5183007,93993,096
美野里町368,577,29162.84%美野里町4,1003278,172102,468
内原町371,505,041108.30%内原町2,91428311,590119,340
常北町181,153,26559.75%常北町2,8041555,873106,248
桂村135,555,29671.75%桂村1,8301546,73480,021
御前山村132,056,30091.75%御前山村1,3621128,814107,189
大洗町504,648,67685.55%大洗町4,34142510,568107,946
友部町693,593,36794.77%友部町5,56562011,330101,700
岩間町279,021,90995.92%岩間町3,3542647,56396,082
七会村57,662,58794.44%七会村697717,52173,832
岩瀬町589,183,54998.31%岩瀬町4,83542311,078126,624
東海村514,054,32496.01%東海村4,7464639,847100,934
那珂町873,860,06680.64%那珂町8,5447999,29899,427
瓜連町220,528,02977.16%瓜連町1,88918410,613108,957
大宮町663,382,849101.28%大宮町5,81656110,369107,500
山方町355,261,204121.47%山方町2,46729113,091110,984
美和村144,927,64194.49%美和村1,5061578,74883,919
緒川村162,679,80896.27%緒川村1,5081399,807106,396
金砂郷町303,425,16285.84%金砂郷町3,1442928,77494,466
水府村224,768,80885.10%水府村2,1851999,352102,681
里美村144,928,79680.09%里美村1,4231569,25984,457
大子町696,591,842105.98%大子町7,5106678,43294,942
十王町283,480,13998.05%十王町2,44323010,549112,047
旭村355,389,56191.39%旭村2,42720713,312156,078
鉾田町738,697,09793.58%鉾田町6,09257811,023116,184
大洋村312,959,84397.57%大洋村3,0283239,39688,083
神栖町553,265,79583.41%神栖町5,1964369,680115,360
波崎町570,235,67698.05%波崎町6,0064858,631106,886
麻生町376,768,44781.91%麻生町4,0103078,542111,569
北浦町194,950,14069.88%北浦町2,6372116,72183,994
玉造町241,593,82570.01%玉造町3,2532526,75287,155
江戸崎町316,735,29076.92%江戸崎町3,4442748,361105,088
美浦村306,349,69374.85%美浦村2,8322099,834133,253
阿見町840,284,07984.25%阿見町6,95761410,980124,413
茎崎町305,487,41661.46%茎崎町3,6633397,58281,922
新利根町212,087,14279.98%新利根町2,1231779,082108,930
河内町233,636,76784.93%河内町2,6622117,979100,662
桜川村136,806,47259.60%桜川村1,9141196,498104,512
東町235,100,45070.60%東町3,1271896,835113,083
玉里村111,242,11160.01%玉里村1,4541296,95578,395
伊奈町443,422,12784.76%伊奈町4,3234099,32598,560
谷和原村238,430,01978.72%谷和原村2,5862238,38297,199
関城町401,071,13270.47%関城町3,15531011,557117,616
明野町355,577,85572.66%明野町3,6433278,87398,854
真壁町549,407,10388.18%真壁町4,44846111,229108,343
大和村178,796,50265.83%大和村1,6841899,65286,001
協和町425,041,59096.58%協和町3,39426311,385146,921
八千代町491,462,96983.50%八千代町4,9704038,990110,865
千代川村228,564,83299.43%千代川村1,87220111,100103,376
石下町477,715,83985.62%石下町4,24637110,228117,059
総和町625,239,91998.86%総和町6,0465229,401108,889
五霞町137,892,60177.75%五霞町1,7361227,221102,752
三和町554,665,818108.32%三和町5,4485549,25691,018
猿島町224,004,72258.65%猿島町2,7322167,45494,278
境町413,716,55179.70%境町4,8504067,75592,637
守谷町697,905,13890.83%守谷町5,43654211,671117,059
藤代町502,498,27174.85%藤代町4,8633839,394119,273
利根町322,798,57687.53%利根町3,1152919,421100,843
新治広域1,721,488,97978.50%新治広域16,7841,4509,324107,930
茨城県55,063,762,40579.90%茨城県512,63346,6609,765107,282


要介護率事業計画
との比較
高齢者一人あたり
介護給付
介護保険利用者
一人あたり介護給付
1山方町11.80%1山方町121.47%1旭村13,3121旭村156,078
2大和村11.22%2三和町108.32%2山方町13,0912協和町146,921
3友部町11.14%3内原町108.30%3守谷町11,6713美浦村133,253
4里美村10.96%4大子町105.98%4下妻市11,6364岩瀬町126,624
5千代川村10.74%5大宮町101.28%5内原町11,5905阿見町124,413
6大洋村10.67%6千代川村99.43%6関城町11,5576下妻市120,794
7美和村10.42%7総和町98.86%7常陸太田市11,4017結城市119,870
8真壁町10.36%8岩瀬町98.31%8協和町11,3858笠間市119,347
9七会村10.19%9十王町98.05%9友部町11,3309内原町119,340
10三和町10.17%10波崎町98.05%10下館市11,31910藤代町119,273
11常陸太田市10.10%11大洋村97.57%11真壁町11,22911下館市119,215
12牛久市10.08%12協和町96.58%12笠間市11,17912高萩市119,078
13守谷町9.97%13緒川村96.27%13千代川村11,10013関城町117,616
14つくば市9.85%14東海村96.01%14岩瀬町11,07814守谷町117,059
15関城町9.83%15岩間町95.92%15鉾田町11,02315石下町117,059
16大洗町9.79%16友部町94.77%16阿見町10,98016ひたちなか市116,330
17東海村9.76%17美和村94.49%17石岡市10,89517鉾田町116,184
18瓜連町9.74%18七会村94.44%18つくば市10,88518神栖町115,360
19内原町9.71%19鉾田町93.58%19瓜連町10,61319石岡市114,244
20龍ケ崎市9.65%20鹿嶋市92.22%20大洗町10,56820東町113,083
21大宮町9.65%21御前山村91.75%21十王町10,54921潮来市112,970
22北茨城市9.64%22旭村91.39%22潮来市10,50722常陸太田市112,935
23下妻市9.63%23守谷町90.83%23高萩市10,50323古河市112,846
24日立市9.57%24真壁町88.18%24大宮町10,36924十王町112,047
25水戸市9.56%25利根町87.53%25ひたちなか市10,36225鹿嶋市111,792
26石岡市9.54%26水戸市87.01%26結城市10,35426麻生町111,569
27下館市9.49%27下館市86.87%27水戸市10,26927山方町110,984
28取手市9.49%28金砂郷町85.84%28石下町10,22828八千代町110,865
29鉾田町9.49%29石下町85.62%29鹿嶋市9,96429つくば市110,490
30伊奈町9.46%30大洗町85.55%30土浦市9,85130土浦市109,807
31十王町9.41%31水府村85.10%31東海村9,84731瓜連町108,957
32笠間市9.37%32河内町84.93%32美浦村9,83432新利根町108,930
33那珂町9.35%33伊奈町84.76%33水海道市9,83133総和町108,889
34利根町9.34%34龍ケ崎市84.39%34緒川村9,80734真壁町108,343
35潮来市9.30%35阿見町84.25%茨城県9,76535大洗町107,946
36金砂郷町9.29%36八千代町83.50%35牛久市9,72336新治広域107,930
37水海道市9.28%37神栖町83.41%36取手市9,71637大宮町107,500
38茎崎町9.25%38麻生町81.91%37龍ケ崎市9,68038水戸市107,410
39緒川村9.22%39笠間市81.77%38神栖町9,680茨城県107,282
40水府村9.11%40常陸太田市81.62%39大和村9,65239御前山村107,189
茨城県9.10%41那珂町80.64%40日立市9,44440波崎町106,886
41明野町8.98%42里美村80.09%41利根町9,42141緒川村106,396
42土浦市8.97%43新利根町79.98%42総和町9,40142常北町106,248
43鹿嶋市8.91%茨城県79.90%43大洋村9,39643水海道市105,939
44ひたちなか市8.91%44境町79.70%44藤代町9,39444江戸崎町105,088
45大子町8.88%45下妻市79.57%45水府村9,35245桜川村104,512
46玉里村8.87%46潮来市78.87%46伊奈町9,32546千代川村103,376
47阿見町8.83%47谷和原村78.72%47新治広域9,32447五霞町102,752
48高萩市8.82%48石岡市78.57%48那珂町9,29848水府村102,681
49岩瀬町8.75%49新治広域78.50%49里美村9,25949美野里町102,468
50石下町8.74%50五霞町77.75%50三和町9,25650取手市102,342
51新治広域8.64%51瓜連町77.16%51古河市9,23851友部町101,700
52結城市8.64%52江戸崎町76.92%52北茨城市9,21852東海村100,934
53総和町8.63%53古河市76.91%53新利根町9,08253利根町100,843
54谷和原村8.62%54牛久市76.70%54八千代町8,99054河内町100,662
55旭村8.53%55取手市76.37%55明野町8,87355龍ケ崎市100,299
56小川町8.53%56つくば市75.48%56御前山村8,81456那珂町99,427
57桂村8.42%57水海道市75.20%57金砂郷町8,77457茨城町99,292
58神栖町8.39%58美浦村74.85%58美和村8,74858明野町98,854
59境町8.37%59藤代町74.85%59波崎町8,63159日立市98,688
60新利根町8.34%60高萩市74.56%60麻生町8,54260伊奈町98,560
61御前山村8.22%61ひたちなか市73.87%61大子町8,43261谷和原村97,199
62古河市8.19%62結城市73.20%62谷和原村8,38262牛久市96,462
63八千代町8.11%63北茨城市72.86%63江戸崎町8,36163岩間町96,082
64波崎町8.08%64明野町72.66%64美野里町8,17264岩井市95,890
65北浦町8.00%65桂村71.75%65河内町7,97965北茨城市95,578
66美野里町7.98%66東町70.60%66小川町7,93966大子町94,942
67江戸崎町7.96%67関城町70.47%67境町7,75567金砂郷町94,466
68河内町7.93%68茨城町70.11%68茎崎町7,58268猿島町94,278
69猿島町7.91%69玉造町70.01%69岩間町7,56369小川町93,096
70藤代町7.88%70牛堀町69.88%70七会村7,52170境町92,637
71岩間町7.87%71土浦市68.18%71猿島町7,45471三和町91,018
72協和町7.75%72日立市67.62%72茨城町7,33672大洋村88,083
73玉造町7.75%73岩井市66.10%73五霞町7,22173玉造町87,155
74麻生町7.66%74大和村65.83%74玉里村6,95574大和村86,001
75茨城町7.39%75小川町63.89%75東町6,83575里美村84,457
76美浦村7.38%76美野里町62.84%76玉造町6,75276北浦町83,994
77五霞町7.03%77茎崎町61.46%77桂村6,73477美和村83,919
78岩井市6.99%78玉里村60.01%78牛堀町6,72178茎崎町81,922
79桜川村6.22%79常北町59.75%79岩井市6,70279桂村80,021
80東町6.04%80桜川村59.60%80桜川村6,49880玉里村78,395
81常北町5.53%81猿島町58.65%81常北町5,87381七会村73,832

020210nintei_map【認定率】
要介護率(介護保険の認定を受けた一号被保険者の高齢者人口に対する割合)が最も高い市町村は、山方町(11.80%)であり、2市4町6村が10%を超えています。
認定率が低い町村は、常北町(5.53%)、東町(6.04%)、桜川村(6.22%)、岩井市(6.99%)などであり7%を切っています。
要介護率の差が2倍以上あるのは、いささか問題があると考えられますが、明確な理由は説明できません。
認定率をもとに塗り分け地図を作製してみると、地域的には傾向性があまりないことがわかります。
介護認定審査会での認定率の差や、通所施設の充実具合などの分析が必要かもしれません。

【高齢者1人あたりの介護給付額】
旭村(13,312円)、山方町(13,091円)が13,000円台を超え抜きんでています。
旭村は介護保健施設が充実しており、山方町は認定率が高く高齢者1人あたりの利用額を押し上げています。
常北町(5,893円)、桜川村(6,498円)、岩井市(6,702円)など認定率の低い市町村が下位を占めています。

【介護保険利用者1人あたりの介護給付額】
旭村(156,078円)、協和町(146,921円)、美浦村(133,253円)がベスト3となっており突出して高額となっています。
いずれの町村も高齢者の絶対数が少なく、施設利用者が発生すると1人あたりの介護給付額を押し上げる傾向があると思われます。
反対に、七会村(73,832円)、玉里村(78,395円)などは給付額が80,000円を切っています。相対的に要介護度が低く、在宅サービス利用の割合が高いと思われます。(七会村は認定率が10.19%と高率でありながら1人あたりの給付額は最低となっています)

【介護保険事業計画との比較】
介護保険事業計画に定められた介護給付額と実際の給付額を比べてみると、山方町(121.47%)、三和町(108.32%)、内原町(108.30%)、大子町(105.98%)、大宮町(101.28%)で計画を上回っております。
こうした町村は、保険料とのバランスが崩れているわけですので、差が大きくなれば保険料の改定をも検討しなくてはなりませんが、当面は安定化基金からの借り入れで対応することになります。
事業計画の6割以下という町村も3つあります。猿島町(58.65%)、桜川村(59.60%)、常北町(59.75%)で、いずれも認定率が計画を下回っていることによります。

このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。





介護保険の現状:全国都道府県別比較

介護保険の現状:全国都道府県別比較
<平成13年上半期の平均値をみる>

 介護保険の実施状況の全国比較を、厚生労働省ならびに国保中央会、県などのデータを活用しながら行いました。
 平成12年度の全国都道府県別データーは、2002年2月10日現在、公表されておらず分析することができません。平成13年度の数値は、国保中央会のホームページより一般に公開されております。
 ここでは、高齢者人口(一号被保険者数)、介護保険認定者数は、平成13年3月の数値を用いました。また、その他の介護保険受給額等は、平成13年4月から九月までの数値の平均を算出し、各都道府県を比べました。
 実際には、サービスの提供量を比較しようとすると、介護報酬に地域差があるために単純平均を比べることができませんが、資料が公表されていないため今回はある程度の傾向性をみるものと理解していただければ幸いです。
参考:国保中央会のホームページ:発表資料・統計情報<介護保険関連>:リンク切れ

01

020210nintei_zenkokumap 茨城県の介護保険の状況を全国的な傾向で見てみると、介護認定者の率(介護保険の認定を受けた高齢者を高齢者人口で除した割合)は、全国で最低レベルとなっています。この数値は、最高レベルの沖縄県の約半分程度しかなく、全国3%程度下回っています。
 認定率が低いために、高齢者1人あたりの介護保険受給額も全国最低レベルとなっています。これは、施設介護の利用額が低いことも関連していると思われます。
 平均を介護保険を利用した人の1人あたりのサービスの利用額(介護保険受給額)は、全国の平均レベルとなっています。
 こうした結果から、介護保険の利用者が要介護度の高い層に偏り、要支援や要介護度の低い利用者の介護保険利用割合が低いことが読みとれます。
 この要因は、茨城県は、高齢者とその家族(子供や孫)との同居または近く人すんでいる割合が高く(近住率が高く)、親を子供や孫が面倒を見やすい地域であるといわれています。また、親の介護を他人に任せることへの抵抗感が未だに高いことも否定できません。さらに、利用しやすい介護サービス(通所型の介護サービス)などがまだ不足していることも利用の一つと考えられます。
 更に、療養型病床群の整備が遅れているのも、全体で介護保険の利用率や受給額を押し下げている要因と考えられます。(これはむしろ歓迎すべきことであると指摘する意見もあります)

このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: