ウィメンズネット「らいず」がアンケート調査を実施
 DV(ドメスティック・バイオレンス:家庭内暴力)に悩む女性や子ども達を支援するボランティア団体ウィメンズネット「らいず」(三富和代代表)は、県内の家庭内暴力の実態調査の結果を公表しました。
 調査は2004年9月20日〜10月20日、茨城県内の18歳以上の男女1450人に、自記式の調査票を配布し、1086名から回答を得ました。
 貴重なアンケート調査結果の中でも、特に注目したいのが、子どものときに受けた暴力や目撃体験が、大人になって自身がDVを引き起こす要因となっている「世代間連鎖」が、統計上も裏付けられたことです。
 17歳以下の時に親からされた行為と、自分が配偶者やパートナーにしたことがある行為を、(深蠅蚤任帖↓△欧鵑海弔撚イ襦足蹴りする、Jを投げつけるの3つについてクロス集計しました。その結果、子どもの頃に攻撃された経験がある人の方が、同様の行為をパートナーに行う比率が高い傾向が見られました。

子どものころ受けた暴力とパートナーにしたことのある暴力の相関係数
 父親が自分に行った暴力的行為
平手で打つげんこつ・足蹴り物を投げる

平手で打つ0.1650.1830.136
げんこつ・足蹴り0.1070.1790.138
物を投げる0.1620.2170.214

 更に、子どものころ見た経験と自身が行ってしまった行為をクロス集計してみると、子どものころ目にした行為を行う相関係数が高いことが実証されました。その上、その値は本人が受けた暴力行為との関連よりも相対的に相関係数が高いことから、体験より目撃した暴力的行為の方が影響が高いことが判明しました。(例えば、平手で打たれた体験の相関係数は0.165、それに対して平手で打つ行為を目撃した体験の相関係数は0.289となっています)

子どものころ目撃した暴力とパートナーにしたことのある暴力の相関係数
 父親が母親に行った暴力的行為
平手で打つげんこつ殴る蹴る物を投げる言葉での脅し無視付き合い制限命令口調生活費屈辱行為

平手で打つ0.2890.2560.1570.1830.1400.0130.1180.1100.1570.062
げんこつ0.0730.142-0.0340.1010.0430.0840.1130.1000.0880.039
殴る蹴る0.1000.045-0.0130.0760.1780.0070.0410.0610.2760.154
物を投げる0.2460.2120.1460.2770.036-0.0240.0530.0420.0750.036
言葉での脅し0.0500.0710.0340.1290.0010.0490.1380.0830.0650.003
無視0.2030.1910.0160.2040.0400.2360.1040.2160.2060.062
付き合い制限0.1590.1550.2090.2990.014-0.0010.1800.1670.2230.117
命令口調0.2520.2190.0970.2900.1130.1590.1840.3220.1890.089
生活費0.2840.2470.2770.1780.049-0.0130.0280.2630.3540.071
屈辱行為0.0960.044-0.015-0.0370.0220.0200.0260.0150.075-0.019

(相関係数とは、相関の度合いを数値で表したもの。+1から-1までの間の値をとる。相関係数が+1であれば、完全な相関関係がある。0ならば相関関係がまったくない。-1なら正反対の相関関係があることを示します)
 こうした結果からウィメンズネット「らいず」は、家庭の中でのDVを目撃することは、子ども時代に自分自身が虐待を受けることと同じ重さで、子どもの未来に深く影響を及ぼすことを警告しています。
 なお、調査内容の詳細については、ウィメンズネット「らいず」にお問い合わせ下さい。

ウィメンズネット「らいず」
水戸市備前町2−5−415
029-221-7242
http://www.rise.hwst.net/