2012年08月

2012年8月9日(木) 晴れ

JR日立駅で県議会報告

公明党茨城県本部ニュース9月号の校正・出稿作業

事務所の大掃除

吉田家通夜式に参列

参考写真
「人間にとって大事なことは、学歴とかそんなものではない。他人から愛され、協力してもらえるような徳を積むことではないだろうか。そして、そういう人間を育てようとする精神なのではないだろうか」
(本田宗一郎のことば)

歩数【2000】歩・移動距離【40】km

小中学校の全国学力テスト、茨城県は概ね成績上昇

参考写真 8月8日文部科学省は、小学6年と中学3年を対象に4月に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表しました。子どもたちの理科離れが懸念されている中、今年度は、国語と算数(数学)に理科を追加して3科目で実施されました。
 茨城県の子どもたちの正答率は小学が全5科目で、中学は国語B、数学B、理科で全国平均を上回わりました。小学は全科目で10位台前半に付け、中学も国語A以外は順位を上げました。新たに実施された理科は小学が全科目最高の10位、中学も14位と比較的好成績でした。
 茨城県では、全体では成績の改善がみられましたが、国語の基礎問題が全国平均を下回り、全国順位も10位下げたことが気になります。
 国語と算数(数学)は基礎知識を問うA問題と基礎的知識を活用したB問題が出題され、理科は問題を分けずに知識と活用力の両方を調査しました。理科の全国平均正答率は小学が60.9%、中学は51.0%で、知識の活用や記述力に課題がみられました。
続きを読む

2012年8月8日(水) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告

公明党茨城県本部ニュース9月号の編集作業

つくば市内で県政懇談会

岩田家通夜式に参列

参考写真
 イオンモールの巨大店舗の建設が進んでいます。常磐自動車道、首都圏中央連絡自動車道が交差する“つくば牛久インターチェンジ”に近接し、国道6号バイパスと学園西大通りの交差する地点に立地する「(仮称)イオンモールつくば」は、2013年春の開店を目指しています。
 敷地面積約21.4ha、商業施設面積約72,000屐駐車台数約4,000台と茨城県内最大規模の店舗となります。

歩数【2000】歩・移動距離【177】km

一体改革関連法案の早期成立を図り、近いうちに国民に信を問う

 8月8日、野田総理大臣は、消費税率引き上げ法案を巡って、自民党の谷垣総裁と会談し、自民党が求めている、法案の採決前に衆議院の解散を確約することには応じられないとしたうえで、法案の早期成立に向けて、改めて協力を求めました。このあと、公明党の山口代表も加わり、3党による党首会談が行われ、一体改革関連法案については、早期に成立を期すこと、関連法案が成立したあかつきには、近いうちに国民に信を問うと2点で、3党が改めて合意に至りました。
 解散時期については絶対に明示できないという野田首相と、早期の解散を確約しなければ消費税関連法案に賛成できないという谷垣総裁との、国民不在のチキンレースの結果は下けっぷちでお互いが急ブレーキを掛けて決着したという感があります。
 この合意の要にも、公明党の山口代表がいたことは事実です。政局優先の民主・自民の対応に、ぶれない公明の姿勢が光りました。8日の3党協議の内容について、NHKニュースからまとめてみました。

野田首相:解散の時期は明示せず
8月8日20時54分
参考写真 会談のあと、野田総理大臣は、記者団に対し、「3党合意を踏まえて、採決の寸前まで来ている段階で、大変、重大な局面を迎えていた。これは、民主党のため、自民党のために、公明党のためにというよりも、日本のためにまさに局面打開しなければいけない。そういうなかで、真摯(しんし)に意見交換させてもらった。いろいろな意見交換はあったが、2つのことを確認した。第1は、3党合意を踏まえて、一体改革関連法案については、早期に成立を期すこと、2つ目は、関連法案が成立したあかつきには、近いうちに国民に信を問うことについてお互いが確認した」と述べました。
 また、衆議院の解散の時期を明示したかどうかについて、「そういうやり取りはしていない。総理大臣として、解散の時期を具体的に明示するということは控えなければならない。そういう立場について理解してもらった」と述べました。
また、野田総理大臣は、赤字国債発行法案や衆議院選挙制度改革の取り扱いについては、「これから真摯に協議していきたい」と述べました。
 さらに、野田総理大臣は記者団に対し、「私も政治生命を懸けていると言ったが、自民党の谷垣総裁も公明党の山口代表も大変、重たい厳しい決断をしたなかで、3党合意をした。そして、このギリギリの局面のなかで、決めなければならないときに、先送りをしない政治というものについて、改めてお互いに議論し、確認することができた。野党が、内閣不信任決議案や問責決議案をしないというのは大変、重たい判断だ。心から感謝を申し上げたい」と述べました。
続きを読む

消費額/初めてパンがコメを上回った!?

参考写真
 これはコメとパンの一世帯あたりの支出が年間でどのくらいあったのか示したグラフです。
 まずコメですが、1990年には6万2554円の支出があったのが、年々低下し、去年はついに2万7780円まで下がりました。
 一方パンですが、1990年には2万6122円だった支出額は徐々に伸びて2万8368円と、ついにコメの支出額を抜いてしまった。
 私たちの食卓は日本型食生活と言われ、ご飯を中心にお味噌汁と副菜で構成されてきたのですが、そういう家庭も少なくなりつつあるということです。
 これを見るとパンが伸びたというより、コメが下がったということですね。
 ここ20年ほどで食費全体も減っているのですが、パンやめん類は減っていません。コメの一人負けの状況です。
 コメの消費額が減った要因を見てみると、まず食べる量が減っている。1世帯あたりのコメの消費量は90年の年間126キログラムから、82キロと3分の2になっています。さらに食べる量が減っているので、価格も下がっている。この間、コメの価格は30%以上下がっています。
 消費額というのは食べる量と価格の積算ですから、両方が相まって消費減少に歯止めがかからない状況になっています。
(NHK:くらし☆解説「パンの消費額 コメを逆転」より引用)

 今年発表された総務省の家計調査で、昨年の1世帯(2人以上、サラリーマン家庭)当たりのコメ消費額を、パンの消費額が上回ったとの結果が出ました。内訳を見ると、コメが2万7780円だったのに対し、パンが2万8368円とわずかな差ですが、調査開始から初めての結果となっています。
 「精米の消費量は確かに下がっているが、スーパーなどで販売されている、おにぎりや弁当など『中食』の消費は増えている。この結果だけでコメがパンに“逆転”されたとは断定できない」と、農林水産省では説明しています。現に、昨年度の1人当たりの中食消費額は、9346円と高い水準にあります。
続きを読む

2012年8月7日(火) 晴れ

公明党県本部ニュースの編集作業

9月議会に向けての県議会公明党政調会を開催(水戸市内)

阿見町内で町議会議員らと意見交換会

参考写真
「誰もが一つは得意分野を持っているものだ。この世界には30万以上の職業があるといわれているが、その全てが自分に合わないなどということはないのである」
(アール・ナイチンゲールのことば)

歩数【2000】歩・移動距離【189】km

消費増税:中小零細企業へのしわ寄せを許さない

参考写真

参考写真 「社会保障と税の一体改革」として年金・子育て支援に関する法案と消費税の税率を2014年4月から8%、2015年10月から10%にそれぞれ引き上げる法案が、現在、参議院で審議されています。
 少子化や高齢化が進み続ける日本。未来の生活を考えると、年金・医療・介護・子育てなどの社会保障制度を充実させ、確かなものにするためには、安定した財源を生み出すことは避けて通れません。
 しかし、デフレが続き、国内での消費が低迷している経済状況で消費税が引き上げられれば、中小零細企業や農林水産業などに大きなしわ寄せが生じます。消費税引き上げまでに、景気を回復させる必要があります。
 さらに、中小零細企業は次の理由で消費税の引き上げ分を価格に上乗せしにくい状況になっています。
 第1に、立場の弱い下請け企業は、元請け企業に消費税分を請求できず、消費税分を負担せざるを得なくなっています。第2に、大企業との価格競争の中で、小売価格への消費税上乗せが難しくなる。第3に、二度にわたって税率が引き上げられることでシステム変更の費用がかさみ、価格への上乗せがさらに難しくなっています。
続きを読む

2012年8月6日(月) 晴れ

公明党県本部ニュース9月号の編集作業

北茨城市内で国会議員、市議会議員らと意見交換会を開催

参考写真
「自分の長所にうぬぼれてはならない。自分の短所に劣等感をもつ必要もない。長所も短所も天与の個性、持ち味の一面なのである」
(松下幸之助のことば)

歩数【2000】歩・移動距離【111】km

公明党は原発ゼロの日本をつくる。

参考写真
 公明党の原発政策の基本を、4つのポイントから改めてまとめてみました。
 その4つのポイントとは、1.原発の新規着工は認めない、2.1年度も早い「原発ゼロ社会」実現のため、省エネ・再エネ・ムダのない火力発電に最大限の力を注ぐ、3.原発再稼動は国民が納得・信頼できる確かな安全基準が出来るまでは許さない、4.大飯原発再稼動は拙速。活断層調査も徹底的に。

参考写真
 公明党は、山口那津男代表を始めとして、東京電力 福島第1原子力発電所の現場をいち早く視察しました。住みなれた故郷に戻れない方々の苦しみに胸が締めつけられます。このような苦しみを二度と招いてはなりません。
 本年9月には、自公案をベースにした独立性の高い原子力規制委員会が発足します。これに伴い改正される原子炉規制法では、公明党の主張により原子炉の最長運転年齢は稼働開始から原則40年と決まりました。
 したがって、少なくとも2030年までに原子炉は現在の約2/3が運転停止・廃炉へ、遅くとも40年後には「原発ゼロ」になりますが、公明党はそれをできるだけ前倒しするために、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの普及や、思いきった省エネ、火力発電の効率化に全力を注ぎます。
続きを読む

2012年8月5日(日) 晴れ

公明党県本部ニュース9月号の編集作業

土浦市内で県議会公明党政調会(茨城版防災・減災ニューディール政策について)

参考写真
「人間は楽しんでいるとき最高の力を発揮する」
(本田宗一郎のことば)

歩数【2000】歩・移動距離【159】km

県議会基本条例検討委員会、「県民から意見を聞く会」を複数回実施

参考写真 7月31日、県議会基本条例検討委員会が開催され、基本条例の骨子案について、委員長提示の全体構成が承認されました。基本条例の全体構成は、5月に各会派から提案された盛り込むべき事項や県民からの意見を参考にまとめられました。前文と9つの章で構成することになりました。例えば、第1章総則では基本条例の目的を「茨城県議会の基本理念、茨城県議会議員の責務や活動等を明らかにするとともに、県民と議会との関係、議会と知事その他の執行機関との関係その他議会の基本的な事項を定めることにより、議会の権能を最大限に発揮しながら、県民の負託に的確に応え、もって県民福祉の向上及び茨城県の発展を図ることを目的とする」といった内容となります。
 今後、県民から意見を直接聞く会を開催し、9月の委員会で具体的な案文を検討することになります。
 その後、条例案に対してパブリックコメントを実施し、12月の第4回定例県議会に提案する予定です。
 基本条例の骨子案については、各会派の意見がまとまりましたが、「県民から意見を聞く会」開催予定についての議論が紛糾しました。
 意見を聞く会は8月23日に水戸市内で、青少年やPTA、経済、高齢者などの団体から10人程度の出席を求めて実施する案が提示されました。公明党を代表して出席している井手よしひろ委員は、「県議会に集まってもらうのではなく、むしろ県民の中に出向いて実施すべき。各地域ごとに複数回の開催が必要ではないか?できれば、夜間、土日などより多くの意見を聴ける時間帯での実施も検討すべきである」と強く主張しました。これに対して、委員長は時間的な制約があるとしましたが、他会派の委員も複数回の実施は譲れないとしたため、23日の聞く会以外にも開催していくことになりました。
続きを読む

2012年8月4日(土) 晴れ

「市民健康フォーラムinうしく」に出席。ピロリ菌ABCリスク検査の普及について訴えました。

小山家通夜式に参列

常陸太田市内で県政懇談会(県議会の定数や選挙区割りについて、東海第2発電所の再稼動問題について)


 「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが県内のビール工場や明太子工場を訪れ、工場見学の楽しさを紹介します。
 ビール工場では、ビールの原料に触れたり、仕込みやろ過の工程を見ることができます。また、明太子工場では、つけ込み工程などを見ることができます。
 青空に映える白いマストは他では見られない絶景です。また、夕日に染まる帆引き船も格別です。
 見学後には試食や試飲もあり、工場ならではのおいしさを堪能することができます。
 茨城には、他にもたくさんの工場見学ができる場所があります。皆さん、是非茨城の工場見学を楽しんでみて下さい。

歩数【2000】歩・移動距離【214】km

胃がん撲滅にピロリ菌ABCリスク検査を広めるフォーラム開催

参考写真 8月4日、牛久市の市民団体・緑のスクラム(牛久市の福祉と健康を考える市民の会)が主催した「健康フォーラムinうしく」が開催されました。ピロリ菌ABCリスク検査の、茨城県内自治体での実施を訴える伊藤史子先生(医学博士/NPO法人日本胃がん予知・診断・治療研究機構理事/元目黒区健康推進部長)の?講演は、具体的で大変説得力があるものでした。
 開催地の牛久市長池辺勝幸、茨城県保健予防課入江ふじ子課長、衆議院議員古屋範子議員も出席され、それぞれの立場から胃がんを中心とするがん対策について、ご挨拶をうかがいました。
 ピロリ菌ABCリスク検査とは、血液検査でピロリ菌抗体と胃の萎縮度を測るペプシノゲンを測定し、その組み合わせから胃がん発症のリスクを明らかにするものです。その結果をもって、リスクのある人は専門医の内視鏡による精密検査を行うととで、対象を絞った効率的な胃がん検診を行う事が出来ます。また、ピロリ菌が発見された場合は、早期に除菌し胃がんになる危険性を大きく低減させることが出来ます。
 ピロリ菌が胃がんの原因であることを、ようやく国も認め始めました。胃がん検診は、長年、バリウムを飲みレントゲン撮影を行う方法で行われてきました。しかし、この検査法は煩わしさと苦痛を伴い、胃がんの発見率もあまり高いとは言えません。井手県議ら茨城県議会公明党では、この胃がん検診と別に、特定健診いわゆるメタボ検診にピロリ菌ABCリスク検査を行う事。さらに、その費用を公的で助成することを県内市町村に提案しています。茨城県内の市町村では、胃がんバリウム・レントゲン検診の受診率は10%前後しかありません。一方、特定健診(メタボ検診)は5割程度の受診率があります。簡単なピロリ菌検査を受けてもらえば、今までの5倍以上の方に胃がんの検査を受けてもらうことができるようになります。そしてピロリ菌の除菌を行えば、胃がんの撲滅に大きな効果があると確信します。
 さらに、ピロリ菌の除菌に保険適用を提案しています。メタボ検診にピロリ菌の検査を導入し、その除菌を徹底することによって、胃がんは相当数減らすことができと訴えています。
続きを読む

2012年8月3日(金) 晴れ

「市民健康フォーラムinうしく」の準備作業。資料作成

東海村の介護施設(ディサービス施設)を現地調査、経営者らと意見交換

地元多賀商店街の夏まつりで、盆踊りの審査員を務める

参考写真
「運命は神の考えるもの 人間は人間らしく働ければそれで結構」
(夏目漱石のことば)

歩数【2000】歩・移動距離【188】km

公立学校の耐震化率、茨城はワースト3

全国の公立小中学校の耐震化率は84.8%に
参考写真 8月2日、公立小中学校の校舎や体育館などの施設12万2069棟(宮城、福島各県の一部を除く)の耐震化率が4月1日現在で84.8%となり、前年同期に比べ4.5ポイント改善したことが、文部科学省の全国都道府県調査で分かりました。都道府県や市区町村など設置主体別では、耐震化率100%を達成したのは750団体で、全体の42.1%と前年より9.3ポイント上昇しました。
 都道府県全体での耐震化率は、静岡が98.8%で最も高く、宮城と愛知がともに98.0%で続いています。低かったのは広島62.5%、山口69.0%、茨城70.5%などとなっています。
 震度6強以上の地震で倒壊する危険性が高い建物は3545棟で、前年同期の4614棟(岩手、宮城、福島3県を除く)から減少しました。都道府県別では北海道287棟、大阪286棟、広島225棟の順で多くなっています。
 文科省は、2015年度までに公立小中学校の耐震化を完了させる方針です。2012年度当初予算の耐震化事業が終われば、耐震化率は約90%に上がる見込みです。
 公明党は学校耐震化を一貫してリードしてきました。2001年に党内にプロジェクトチームを設置したのを手始めに、法改正を実現して地方自治体の財政負担を軽減するなど、粘り強く予算確保に取り組んできました。
 民主党政権となって、一時、予算が削減されましたが、公明党は「学校耐震化を遅らせてはいけない」と政府を説き伏せ、予備費や補正予算で取り戻しました。
 この結果、学校耐震化率は10年前の44.5%から大きく改善されています。2012年度中には約90%にまで到達する見込みです。
続きを読む

民主党政権が企てる年金減額、理解得られず

 今年度(平成24年度)は、4月と10月の2回、年金額の改定が行われる予定です。ただし、10月分については民主党政府が提出した「国民年金法改正案」の成立のめどが未だに立っていません。
 4月1日からは、国民年金、厚生年金とも今年度と比べて0.3%減額されました。2011年に物価が下がったため、その下落率に応じて年金額も引き下げられます。
 この結果、基礎年金(40年加入)は今年度の月額6万5741円が200円減額の6万5541円に。サラリーマンだった夫と専業主婦の妻という標準的な厚生年金受給世帯では、夫婦2人分の基礎年金と夫の厚生年金の合計が今年度は月額23万1648円でしたが、23万940円と708円の減額となりました。
 4、5月分の年金は6月に支給されましたので、実際には、2ヶ月分で1500円近くの減額となった計算となります。
 一方、10月の改定は、物価スライドとは別のもので、0.9%減額の予定です。これは、今の年金額が本来物価スライドの原則で減額されなくてはいけなかったものを、自公政権下でそのまま据え置かれたために、本来より2.5%分高くなっているのを是正しようとするものです。
 平成16年4月からの年金額は、その当時の経済状況を配慮し、物価スライド特例法により、平成11年から平成15年までの消費者物価指数の下落分(マイナス2.9%)全ての改定をおこなわず、1.2%のみマイナス改定をおこなったため、本来の給付水準より1.7%高い給付水準(物価スライド特例水準)となっています。また、平成23年、24年にかけても物価の下落分より年金の減額率が低かったため、本来の年金との差は2.5%に拡大しています。

続きを読む

2012年8月1日(水) 晴れ

八ッ場ダム建設予定地(長野原町)を視察

群馬県内調査(2日目)

群馬県庁がん対策室より「群馬県内市町村のピロリ金ABCリスク検査導入事例」などの資料提供を受ける

参考写真
「登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にある」
(吉川英治のことば:出典『宮本武蔵』)

歩数【3000】歩・移動距離【314】km

群馬県内で進むピロリ菌ABCリスク検診

 8月1日、井手よしひろ県議は群馬県の高崎市保健所を訪れ、ピロリ菌ABCリスク検査について聴き取り調査を行いました。
 その際、24年度から群馬県内の高崎市以外の市町村でも、ピロリ菌ABCリスク検査への助成がスタートしているとの説明を受けました。同行していただいた福重隆浩群馬県議が、群馬県健康福祉部保健予防課がん対策推進室に問い合わせた結果、10町村でリスク検査がスタートしていることがわかりました。
 今年度にリスク検査の導入が進んだ要因は、財団法人群馬県健康づくり財団が県内普及を目指して各市町村に積極的に働きかけたことによるものです。リスク検診導入をテコに、胃がん撲滅を進める群馬県の先進的な取り組みは、高く評価できます。

参考写真

2012年8月1日(水) 晴れ

群馬県調査第1日目(高崎市役所、高崎市保健所)

 参考写真
「『もう駄目』それをふと、自分の心に出した時が、人生の難関は、いつもそこが最後となる」
(吉川英治のことば:『三国志』より)

歩数【2000】歩・移動距離【317】km

高崎市でピロリ菌ABCリスク検査について調査

120801takasaki 8月1日、井手よしひろ県議は群馬県の福重隆浩県議の案内で、高崎市保健所を訪れ、胃がんのピロリ菌ABCリスク検診のついて調査しました。
 胃がんABCリスク検診とは、血液検査でピロリ菌抗体と胃の萎縮度を測るペプシノゲンを測定し、その組み合わせから胃がん発症のリスクを明らかにするものです。その結果をもって、リスクのある人は専門医の内視鏡による精密検査を行うとい、対象を絞った効率的な胃がん検診を行おうとするものです。また、ピロリ菌が発見された場合は、その除菌を行い胃がんになる危険性を低くしようとするものです。
 高崎市医師会では、2006年から高崎市医師会が、ピロリ菌ABCリスク検診を導入し、2011年度から高崎市が公費による助成を行なっています。平成23年度の予算額は430万円です(単価1500円で3700人分)。
 検診の対象は、40歳から70歳までの5年刻みの節目検診です。市の助成があるため高崎市民であれば、500円の自己負担で検診を受けることができます。ピロリ菌ABCリスク検診は、個別検診で最寄りの病院で受診することができます。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。
6期24年にわたり
茨城県議会議員を務めました。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: