2014年05月

2014年5月31日(土) 晴れ

市民相談(交通事故の示談と損害賠償について)

須田家告別式に参列

第2回地域包括ケアシステム研究会

JR水戸駅でのメロンフェア
JR水戸駅でメロンフェア開催中
ハッピー・メロン・シーズンの一環として、水戸駅改札前で開催されている「メロン祭り」。多くの方が詰めかけていました。
会場ではメロンタワーをはじめとしてメロンが所狭しと並べられ、楽しい抽選会も行われていました!
開催は6/1(日)まで!お早めに!

歩数【7000】歩・移動距離【82】km

AED設置条例制定から1年、県立施設には100%配備完了

AED設置施設ステッカー 2013年3月22日、全国で初めての「AED等の普及促進に関する条例」が、議員提案で提出され全会一致で成立し、4月1日より施行されました。
 病院以外で心臓発作が原因で心停止になる件数は、全国で年間2〜3万件と推定されてします。心臓や呼吸が停止した場合、その救命処置はまきに1分1秒を争うものです。突然の心肺停止を起こした方の救命率は、救命処置が1分遅れるごとに約10%の割合で低下していきます。
 しかし、救急車が救命現場に到着するまでの平均時間は増加傾向にあり、平成23年においては約8分となっています。救急車の到着を待つ間に救命処置をしなければ、命を助けられる可能性が大きく低下することになります。
 心臓発作などによる心肺停止に対する救命処置としては、心肺蘇生法に併せてAEDの活用が有効です。
 一般人が心停止の患者を発見してAEDを使用して除細動を行った場合の1カ月後の生存率は45.1%であるのに対して、行わずに救急車の到着を待った場合は10.3%に止まるという統計があります。
 しかし、同じ統計ではAEDが利用された症例は全体の3.2%に止まっています。
 このような状況を踏まえ、県民の救命率の向上のため、県民に対しAED及び心肺蘇生法の普及促進を図るとともに、県民の自発的な応急手当の実施を促すことにより、県民のいのちを守ることが今回のAED普及促進条例の目的です。
続きを読む

2014年5月30日(金) 晴れ

JR大みか駅で県議会報告

県議会公明党政調会(土浦事務所)

東京都内で国会議員とり地方自治法の改正、人口減少問題などについて意見交換


磯山さやかの旬刊!いばらき『フラワーパーク バラまつり』
 今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが石岡市にあるフラワーパ-ークのバラまつりを紹介します。
 フラワーパークでは、現在「バラまつり」開催中。園内には、「つくばエクスプレス」や-「プリンセスアイコ」、「ストロベリーアイス」など、約750品種3万株ものバラが見-頃を迎えています。

歩数【6000】歩・移動距離【電車で移動】km

農協組織で見直し案/関係団体には不安や戸惑い

JA中央会ビル 5月14日、政府の規制改革会議の農業ワーキング・グループ(WG)が取りまとめた農業改革案が、波紋を呼んでいます。この改革案は「農業改革に関する意見」と題され、農業委員会、農業生産法人、農業協同組合(農協)の見直しを柱として掲げています。政府は6月に改定する成長戦略に反映させる考えですが、慎重な意見も多く、自民、公明の与党両党は議論を深めていく方針です。
 「農業改革に関する意見」の中で、農地の売買などの許可権を持つ農業委員会の改革では、農業委員の選任を選挙制度から市町村長の選任制に一元化します。農業生産法人については、議決権を有する出資者の2分の1超は農業従事者と定め、2分の1未満は制限を設けないこととします。
 農協は、全国農業協同組合中央会(JA全中)が各地の農協組織を指導する「中央会制度」の廃止や、生産者の農産物を集荷・販売する全国農業協同組合連合会(JA全農)の株式会社化を進めようとしています。中央会は、農業振興のシンクタンク(政策研究機関)などとして再出発を図るとしています。
 日本の農業は、農業生産額の減少や農業従事者の高齢化進展、耕作放棄地の増加などの構造的な問題に直面しています。政府は農業改革として、こうした課題を克服し、魅力的で競争力のある農業をつくり、“成長産業化”の実現をめざすことにしています。規制改革会議の立場からは、意欲ある農家や新規参入者、企業などが積極的な事業展開を図っていけるよう、現在の規制や制度の見直しを進めるべきという意見が提言の背景にあります。
続きを読む

2014年5月29日(木) 晴れ

JR日立駅で県議会報告

茨城イオンクラブ通常総会に出席

県議会で農協改革やAED普及促進についてヒアリング

いばキラTVのHPがリニューアル
茨城県のインターネット情報局【いばキラTV】のHPが全面リニューアルしました。見やすくなったし、使いやすくなりました。
生放送配信もお勧めですが、オンデマンドのアーカイブもお勧めです。特におススメは、
【茨城のいいトコチャンネル】
【地域発信44チャンネル】
一度視て下さい。やみつきになりますよ!
[参考]いばキラTVのホームページ

歩数【3000】歩・移動距離【88】km

茨城県立こども病院に“わくわくるーむ”誕生

NHKおはよう日本関東甲信越リポート(201/5/29放送)
長期入院の10代に憩いの場を
140529nhk_1 部屋の中には漫画にパソコン。漫画喫茶のようにも見えますが、実は、病院の一室です。利用するのは、長期間入院している10代の患者たち。この部屋を設けた水戸市の病院を取材しました。
 白血病で入院生活を送る松原輝さん、15歳です。高校受験を間近に控えた2013年の夏、病に倒れました。入院中、先の見えない不安や焦りから、進学への意欲を失い、病室に引きこもるようになったといいます。
 松原さんは「自分だけ何年か後れて下の学年の人と一緒に高校に行くのかなという劣等感があった。世界が狭くなって、毎日何もせずにただ時間が過ぎていくのがつらい」と話していました。
 茨城県立こども病院では、松原さんのように重い病気から自分の将来に悩み、病室に引きこもる思春期の入院患者が少なくないといいます。
 土田昌宏院長は「思春期はもの思う時期。自分の将来や学校など、色んなことを考えると心が沈む」と話していました。
 しかし、これまで乳幼児向けのプレイルームはあったものの、10代の子どもたちが落ち着ける場所はありませんでした。
 そうした中、1人の女子高校生の願いがきっかけで、病院が動き出しました。
2013年の10月まで入院していた山口愛生さん(17)です。入院中、乳幼児向けのプレイルームでは、小さな子どもたちの手前、弱音をはくこともできず安らげなかったといいます。そんな若者たちの思いをくみ取って生まれたのが、10代専用のプレイルームでした。
 見舞いに来た人などをもてなしたいという愛生さんの強い希望で置かれた調理器具。愛生さんは「バレンタインデーなどあるので、誰かにチョコレートやケーキを作ってあげたい。こういう部屋があれば、少しでも楽になると思う」と話していました。
続きを読む

2014年5月28日(水) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告

住民相談(茨城県東日本大震災復興緊急融資について)

日本港湾協会平成25年度定時総会に出席

茨城県の農産物のタイへの輸出に関して知事、事業者、担当課と意見交換

みずほの村市場関係者との意見交換
「みずほの村市場」バンコク店の井戸英二さんが一時帰国。橋本昌知事と山口副知事に旭村のクインシーメロンがタイの5つ星ホテル「Dusit Thani Hotel」内日本食料理店 「将軍」に高く評価され、来週末より試験的に採用していただける運びとなった事などを報告しました。

歩数【3000】歩・移動距離【90】km

集団的自衛権をめぐり衆院予算委員会で集中審議

140510imge

集団的自衛権の行使容認の範囲が不明確で拡大解釈の余地があることが露わに
 5月28日、集団的自衛権をテーマに、予算委員会で集中審議が行われました。公明党からは、遠山清彦衆議院議員が登壇し、安倍首相と直接質疑を交わしました。
140528toyama 遠山議員が指摘したのは、安倍首相が、集団的自衛権行使が必要な事例として、日本人の輸送に当たる米国艦船の防護だけでなく、日本人が乗っていないケースにも触れた点です。集団的自衛権行使が認められる事例ではないとの遠山議員の主張に対し、首相は、日本人が乗船しているかどうかを基準にすることは「現実的ではない」と反論しました。
 5月15日、安倍首相は集団的自衛権の行使容認を認めるべきとの記者会見の掉尾を、次のような情緒的な表現で結びました。
「まさに紛争国から逃れようとしているお父さんやお母さんや、おじいさんやおばあさん、子供たちかもしれない。彼らが乗っている米国の船を今、私たちは守ることができない。そして、世界の平和のためにまさに一生懸命汗を流している若い皆さん、日本人を、私たちは自衛隊という能力を持った諸君がいても、守ることができない。そして、一緒に汗を流している他国の部隊、もし逆であったら、彼らは救援に訪れる。しかし、私たちはそれを断らなければならない、見捨てなければならない。おそらく、世界は驚くことでしょう。こうした課題に、日本人の命に対して守らなければいけないその責任を有する私は、総理大臣は、日本国政府は、検討をしていく責務があると私は考えます」続きを読む

集団的自衛権の行使容認には慎重な議論を

140510imge

 5月28日にJR常陸多賀駅前で行った、茨城県議会議員井手よしひろの県議会報告です。
 集団的自衛権の行使容認を求める安倍首相の考えについて、慎重に議論を進めるべきだとの見解を訴えました。
 集団的自衛権について「公明党は行使を認めないとの従来の政府の憲法解釈の立場に立っている」との基本的な考え方を力説しました。
 その上で、5月27日、集団的自衛権などを巡る自民党と公明党の2回目の与党協議が開かれ、政府は、集団的自衛権の行使容認や、新たな法整備をしなければ実行できないと考える事例など15の具体的事例を示しことを報告しました。
続きを読む

2014年5月27日(火) 雨

県立中央病院で今後の改修計画などを意見交換

運転免許の更新


常陸太田-HITACHIOTA- VISIT IBARAKI,JAPAN
常陸太田市。その面積は茨城県の中で最も大きく、里山の緑の中では穏やかな時間が流れ、クジラの背中の様な形をした丘の上にある町には、江戸時代からの建物が残り、訪れる人の心を落ち着かせます。
旅行者はまず西金砂神社を訪れ、険しい参道を上り、山の頂上にある本殿を訪れます。そこで参拝を済ませ、青い空の下に広がる新緑の山の絶景を眺めた後は地元の名物、そば打ち体験。できたてのそばでお腹を満たした後は沢山の牛を飼っている牧場を見学。そこで出会ったあたたかな人達に見送られ、次は鯨ヶ丘商店街を訪れます。
街角案内人でもある、アンティークギャラリーのご主人に導かれ、日本のレトロな街を巡ります。今ではギャラリーとして使われている昔の倉、その隣の様々なマスキングテープを販売する雑貨屋さん、地元の人達に愛され続けるお醤油屋さんに、「ちまき」と呼ばれる独特な和菓子の元祖のお店。案内人のご主人と、固い握手でお別れを済ませた後は、龍の神の峡と名付けられた場所にかかる巨大な吊り橋、竜神大吊橋へ。
そこにかかる沢山の鯉のぼりと、夕焼けの色に染まるふもとの街を眺めながら旅行者はその日の旅を振り返ります。

歩数【3000】歩・移動距離【144】km

集団的自衛権■15の具体的事例示される

140510imge

邦人輸送中の米国艦船警護 5月27日、集団的自衛権などを巡る自民党と公明党の2回目の与党協議が開かれ、政府は、集団的自衛権の行使容認や、新たな法整備をしなければ実行できないと考える事例など15の具体的事例を示しました。
 NHKなどの報道によると、冒頭、座長を務める自民党の高村副総裁は「この協議の目的は、当面の政府方針を作ることであり、法案ができた段階で、より精緻な議論が行われることになる。きょうの時点では大きな方向性を議論してほしい」と述べました。これに対し、座長代理を務める公明党の北側副代表は「具体的な事例に即した議論がスタートする。国民の理解を得ながら進めていくことが大事であり、1つ1つの事例をしっかりと議論させてもらいたい」と述べました。
 この後、政府側が、集団的自衛権の行使を容認しなければ、実行できないと考える事例など15の具体的な事例を示し、このうち武力攻撃に至らない侵害、いわゆるグレーゾーン事態への対応と、国連PKOを含む国際協力などの合わせて7つの事例を説明しました。
 これを受けて、グレーゾーン事態への対応について検討が行われ、公明党は、事例のうち、日本の離島などに武装集団が上陸し不法行為を行った場合などに、政府が、どう対処するか、考え方を明らかにするよう求め、来週の会合で改めて議論することになりました。
 一方、自民党は、国際協力などについて、国連のPKO活動に参加するほかの国の部隊が攻撃を受けた際に、自衛隊が武器を使って救援できるようにする、いわゆる「駆け付け警護」や、国連決議に基づく、多国籍軍への後方支援などを実施しやすくするための法整備が必要だと指摘しました。
 また、自民党は、集団的自衛権の行使容認を巡る議論に早期に入りたいとしており、来週の協議では、これに関連した事例について政府側から詳しく説明を受けたいという考えを示しました。
続きを読む

ADHD、まず知ることから始めよう!

最近、発達障害の一つの類型であるADHDについて保護者からご相談を受ける機会が増えました。学校や地域でのADHDへの理解が欠如していることが、そのご相談の原因であることがほとんどです。
 ADHDは「Attention Deficit / Hyperactivity Disorder」の略語です。日本語訳すると「注意欠陥・多動性障害」となります。

 主な症状の特徴は、|躇佞了続困難(動画の中でいうと、授業に集中できず落書きをしてしまう)、多動性(食事中にじっとしていられない)、衝動性(身の危険にも気づかず風船に夢中になってしまう)の3点です。 
 ADHDの子供は、日本で約30人に1人程度入りとされています。1クラスに一人いる計算になります。
 また、「アインシュタインや坂本竜馬は『ADHD』だった」という説さえもあります。つまり、その集中力がいい方向に向けば、天才になる素質を秘めている人々とも言えるのです!
 ADHDは、7才ごろから症状が表面化し、ADHDの子供は健常児が難なくできることができないために、自尊心が大きく傷つけられます。忘れ物や授業中の私語も多いため、教師からの評価は低くなってしまいます。
 また、未だに社会的な理解が進んでいないため、親の「しつけの問題」とされてしまうことが多いのも特徴です。それによって親はより厳しくしつけようとして子供に強く当たるがそれが負担となり、また失敗を繰り返していくという、マイナスのスパイラルに陥りがちです。
 ADHDの原因は脳機能しょう害であり、本人の努力や資質、親のしつけとは一切の関係はないのです。まずはそこを理解しなければなりません。
続きを読む

2014年5月26日(月) くもりのち雨

横浜イングリッシュガーデンを視察

横浜イングリッシュガーデン
横浜市西区の「横浜イングリッシュガーデン」を訪問しました。色とりどりのバラ1千種以上が見頃を迎えています。茶色のバラを中心にしたアンティークな印象の庭など、コンセプトごとに六つのスペースに分かれています。見どころは、庭の中心にある全長50メートルのローズアーチ。アーチに沿って、バラが隙間なく巻き付けられています。その緻密な庭造りに、ばら作りには感動を覚えました。
茨城県の県花はバラ。茨城県フラワーパークには、750品種3万株のバラが植えられています。広さでは横浜イングリッシュガーデンの50倍以上の規模です。見せ方によっては、日本トップクラスのバラ園に整備することが出来ると確信しています。この秋には、庭園風バラ園も完成し、大きな期待が集まっています。横浜イングリッシュガーデンの濃密な庭造りを参考に、広大なフラワーパーク内に『ガーデン・イン・パーク』を整備する構想を提案したいと考えています。
横浜イングリッシュガーデン
午前10時〜午後6時。6月8日までは、午前8時に開園。無休。入園料500円(早朝入園は1千円。三脚を立ててじっくりと撮影が楽しめます)。

歩数【4500】歩・移動距離【350】km

自然災害に備えた“国土の健康診断”/「脆弱性評価」結果から

国土強靱化ポスター 大規模な自然災害に備えた“国土の健康診断”が動きだしています。4月14日、内閣官房は国や地方自治体による防災対策の現状や課題を洗い出す「脆弱性評価」の結果を公表しました。公明党提唱の防災・減災ニューディール政策を具体化する「防災・減災等に資する国土強靱化基本法」を踏まえ、国土強靱化推進本部で決定した指針に基づいて実施されたものです。
「最悪の事態」回避へ関連施策をチェック
 今回の脆弱性評価では「起きてはならない最悪の事態」などを想定し、国土強靱化に関する施策を分野ごとに評価しています。
 具体的な手順としては、まず、各府省庁と内閣官房が連携して、「最悪の事態」を回避するための施策を特定し、その達成度や進捗を表す指標を設定します。指標は、各府省庁で使用している既存のものを活用し、適当なものがない場合は新たに設けました。
 次に、特定した各施策が目標に達した状態を前提に、「最悪の事態」の回避が可能かどうか、回避に向け、何が課題で今後どのような施策を導入すべきかといった点などを分析しました。こうした分析を基に、「最悪の事態」を回避するための施策群(プログラム)ごとに整理し、その達成度や進捗を踏まえながら、現状の脆弱性を評価しました。
 内閣官房国土強靱化推進室では、今回の評価結果について、(1)施策の重点化を図りつつ、ハード整備とソフト対策の適切な組み合わせ(2)行政、金融、情報通信、交通・物流などの分野で代替性・冗長性などの確保(3)地方公共団体・民間などとの連携――の必要性を指摘しています。
 指標を設けたことにより、各府省庁が実施している施策全体をチェックし、対策の不十分な点を特定するだけでなく、優先順位の高い順から重点的に対策を進めることが可能になりました。
続きを読む

2014年5月25日(日) 晴れ

県政座談会を開催(日立市鮎川町にて)

民音の公演『中国国家京劇院「梅蘭芳」芸術特選・美しき名優の花薫る二大傑作「鳳還巣」「覇王別姫」 』を観賞。知事、副知事らご来賓の接待に当たる。

水戸市内で6月県議会一般質問について高崎進県議と意見交換

笠間のグリュイエール「真夏の貴婦人」
いばらきスイートフェア2014のメインイベント「第一回いばらきスイーツ総選挙」の結果が発表されました。
グランプリは笠間のグリュイエール「真夏の貴婦人」!
旭村の光センサーの15〜16度の甘いメロンのみを使い、くりぬいたメロンをそのままかぶせ、中にはメロンのピューレを使ったババロアと、さわやかな爽快感のミントのゼリーが入っています。
販売価格(予定)は648円。驚異のコストパフォーマンスです。
日本一の茨城のメロンを使った日本一のスイーツ!是非ご賞味下さい。
洋風笠間菓子グリュイエール
〒309-1626 茨城県笠間市下市毛285
電話0296-72-6557
参考:いばらきスイーツ総選挙の結果

歩数【3000】歩・移動距離【82】km

成人用肺炎球菌ワクチンの定期化に関する問題点

市町村の接種勧奨と任意接種の継続が必要
140524tokei 今年(平成26年)10月より、成人用肺炎球菌ワクチンの定期化がスタートします。このワクチンの定期接種化によって、高齢者の肺炎による罹患率、入院率が減少することで健康寿命の延伸につながります。また、医療費削減効果が高いため、自治体の保健医療費削減につながることが期待されています。
 しかし、今回決まった定期接種の手法に関しては、大きな問題があります。
 それは接種年齢の問題です。平成26年度〜平成30年度の接種対象者は5歳刻みで65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方を対象に接種を行います。(平成26年度のみ、101歳以上も対象とします)
 平成31年度以降の対象は65歳の方のみ接種します。
 つまり、公費助成による成人用肺炎球菌ワクチン接種は、生涯に1回のチャンスしかないということになります。これは、現状市町村が単独で助成している、例えば「70歳以上の高齢者」などという基準より、非常に厳しくなるわけです。
 そこで課題になるのが、市町村のいかに接種勧奨を進めるかということと、任意の助成を継続するという2点です。
 インフルエンザワクチンは年間接種率約50%と比較的高率ですが、成人用肺炎球菌ワクチンは約5〜7%程度で、接種率が非常に低いのが現状です。全く定着していないと言っても過言ではありません。接種率向上には対象者への個別通知だけではなく、予診票や接種券を個別通知に同封することで、住民に当事者意識を持って頂き、接種の必要性を理解してもらう必要があります。
 県内の市町村の状況を個別に聴き取り調査してみると、個別通知案内に予診票を同封した自治体での年間接種率は約30%、個別案内(ただの案内のみ)は10%程度、未実施では5%程度と明らかに差が出てきています。
 例えば、ひたちなか市が個別通知+予診票、筑西市が個別通知+接種券同封を行っており、接種率が30%以上と比較的高くなっています。
 また、先に指摘しましたが定期対象者は5歳刻みのために、76歳や86歳の接種高年齢層が最大4〜5年間、定期接種の順番年を待つことになります。これでは、肺炎に罹患し重症化するリスクが高まってしまいます。今までの任意助成を継続する必要があると強く主張します。
続きを読む

難病関連2法、衆参の全会派が賛成し成立

助成対象が大幅に拡大 相談、就労支援も充実
日本ALS協会茨城支部の年次総会の模様 国会で難病関連の2法案(難病法、児童福祉法改正)が成立し、今まで法律に基づかない研究事業として実施されていた難病対策が、初めて国の医療政策の中に位置づけられました。法案を推進してきた公明党、自民党はもとより、共産党まで衆参両院とも全会派が賛成しましたが、たった一人参議院議員が反対に回ったことは非常に残念です。
 難病関連2法は、難病や子どもの難病(小児慢性特定疾病)に対する医療費助成を大幅に拡充し、総合的に支援します。難病は、1972年に国が「難病対策要綱」を制定して以来、法律に基づかない研究事業として医療費助成が続いていれきましたが、初めて法制化されたことになります。施行は2015年1月の予定です。
 今回の難病支援は、社会保障と税の一体改革の一環。消費税率引き上げによる増収分を活用し、公平で安定的な医療費助成制度を確立することを目的にしています。併せて、医療提供体制や相談、就労支援なども充実させます。
 新制度で難病の対象となるのは、(1)原因不明(2)治療方法が未確立(3)患者数が人口の0.1%程度以下―などの条件を満たす疾患です。助成対象の疾患は現行の56(受給者数約78万人)から約300(150万人)まで拡大されます。外来と入院を合わせた自己負担割合は現行の3割から2割に引き下げられます。負担限度額は所得に応じて異なり、最高でも月3万円となります。
 小児慢性特定疾病は、助成対象が現行の514(11万人)から約600(15万人)に拡大。自己負担は大人の半額程度となります。
続きを読む

2014年5月24日(土) 晴れ

久慈川水系連合水防訓練を視察

県政座談会を金沢団地内で開催

国道245号交差点改修要望箇所を現地調査

県政座談会を千石町で開催


久慈川水系連合水防訓練
5月24日、久慈川の下流河川敷で、流域4市1村の合同水防訓練が行われました。
身近にある資材を使い。伝統的な工法で、堤防を洪水から守る訓練です。
土嚢を効率よく作る訓練。竹を堤防に差しやすいように斜めに切る訓練。堤防への水の圧力を弱めるために、樹木を伐採し重しをつけて流す訓練。ビニールシートを竹などで補強し、堤防の決壊の恐れのあるところにある訓練。竹を決壊の恐れがある堤防に突き刺して補強する訓練。などが真剣に行われました。

歩数【3000】歩・移動距離【36】km

高萩工事事務所から箇所付けをヒアリング、国道245号交差点改良を要望

高萩工事事務所でヒアリングする井手よしひろ県議 5月22日、井手よしひろ県議は茨城県土木部高萩工事事務所を訪れ、小室晃所長をはじめ幹部職員より平成26年度の箇所付けについて聴き取り調査を行いました。
 高萩工事事務所の日立市内の主な公共土木工事は、県道日立いわき線(日立市砂沢町地内)のバイパス工事(2億円)、県道鮎川停車場線(日立市鮎川町地内)の交差点改良・仮設踏切工事(6億2千円)。県道十王北通り線(日立市十王町伊師本郷地内)の用地買収(8千万円)などとなっています。
 一方、井手県議は国道245号の右折レーンの設置や交差点改良、大沼川や金沢川の法面整備などを強く要望しました。
140524map 国道245号の交差点改良要望は以下の3か所です。要望に対する回答は( )内に記しました。
  • 県道日立笠間線との交差点・河原子交差点の北側の右折レーンの延長と河原子小学校側の歩道の拡幅(河原子小学校下の民有地を買収し、北側150m区間を道路拡幅。交差点を改良し、北側の右折レーンを延伸する計画)
  • 産業道路との交差点は変形の交差点となっているため、その解消(上り線海側の用地を買収し、交差点を直行する型に改良する方向で検討する)
  • 金沢老人の家前交差点の上り車線に右折レーンの設置(右折レーンの必要性は充分に認識しているが、その部分が金沢川の暗渠部分であるため拡幅に大きな予算を必要とする)
続きを読む

2014年5月23日(金) 晴れ

茨城県フラワーパークを視察、轟園長らと意見交換

いばらきスイートフェスティバル2014を視察(茨城県庁)、担当課と意見交換

県政座談会を開催(日立市東多賀町)


磯山さやかの旬刊!いばらき『茨城が誇るメロン』
 「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが生産量日本一を誇る「メロン」を紹介します。
現在、茨城県では、ハッピーメロンシーズンと題して、旬のメロンを堪能できるキャンペーンを展開中です。そのキャンペーンの一環として、期間限定で、県内のお菓子屋さんで-メロンスイーツを販売します。
そこで今回は、日本フードアナリスト協会理事の藤原浩さんを交えて、メロンスイーツ総選挙を実施!No1メロンスイーツを決定します。
メロン王国ならではのこだわりスイーツを一度味わってみませんか。

歩数【3000】歩・移動距離【177】km

茨城県フラワーパークを視察、轟園長らと意見交換

茨城県フラワーセンター
 5月23日、井手よしひろ県議は平成22年度からリニューアル工事が進む「茨城県フラワーパーク」を訪れ、轟吉美園長をはじめ県担当者より、今後の整備計画などをヒアリングすると共に意見交換、園内の説明を受けました。
 茨城県フラワーパークは、茨城県の花き園芸振興の拠点として、観光レクリエーションの施設として、石岡市の八郷地区に昭和60年に開園しました。茨城県フラワーパークは、約30ヘクタール(東京ドーム7個分)の広大な花と緑の公園です。県の花であるバラ(750品種3万株)を主体に、ボタン(88品種2670株)、シャクヤク(60品種2000株)、高中木・ツツジ(349品種38500本)が植えられています。隣接する「石岡市ふれあいの森」には、福寿草(1万株)、シャガ(100万株)、やまゆり(1万2000株)、河津桜(250本)など貴重な植物も自生しています。また、スポーツスライドやフラワーサイクルなども楽しめます。大自然の中の散策や展望塔からの大パノラマなど盛りだくさんです。

 平成60年に開園以来、平成4年度には年間約36万人の入園者がありました。しかし、足利フラワーパーク、足利フラワーパークなどの類似施設の開園の影響、さらに施設の老朽化などによって減少。平成23年度は震災の影響もあり、99600人あまりで10万人を割り込みました。北関東道の全線開通や朝日トンネルの開通による利便性の向上やリニューアルの効果により、昨年度は14300人と回復基調にあります。
 ここ10年来のガーデニングブームにもかかわらず、入場者が伸び悩んで知ることも事実です。単に、数多くの品種のバラを並べただけの公園には、ガーデンニングに目が肥えた趣味人を呼び込むことは出来なかったのではないでしょうか。
続きを読む

2014年5月22日(木) 晴れ

JR日立駅で県議会報告(集団的自衛権をめぐる問題、東海第2原発の安全性審査について)

高萩工事事務所で新年度予算の箇所付けをヒアリング

医療関係者より高齢者の肺炎球菌ワクチンの接種状況についてヒアリング(県議会)


笠間-KASAMA- VISIT IBARAKI,JAPAN
この町には先人達の技術を代々受け継いで来た匠達が集まり、その技術で今も沢山の人を魅了し続けています。
土と共に生き、その地に宿る神々を敬い、力の流れを操り、その身を護る技を磨く。
神秘的な雰囲気を漂わせるこの町を旅行者が巡ります。
ろくろ体験で土に触れ、絵付けをして土の器に彩りを加え、様々な焼き物の出店が建ち並ぶ祭りの会場へ。恋人の聖地と名付けられた場所を巡った後、山の頂上にある公園で数えきれないほどの色鮮やかなつつじの花に囲まれながら遥かに見える壮大な山々の景色を眺めます。
ふもとの通りでおいしいコロッケを食べ、すぐ側の歴史の深い神社にお参りをした後は、合気道の聖地に建つ道場でその技を体験します。そんな和の文化が凝縮され、海の外の人達を惹き付けてやまないその町の名は「笠間」。

歩数【3000】歩・移動距離【149】km

集団的自衛権の行使は出来ないとの解釈は妥当

140510imge

140522ide 5月22日、井手よしひろ県議はJR日立駅で街頭演説を行い、安倍晋三首相の私的な諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の報告書に対する見解を述べました。
 今月15日、安保法制懇は、集団的自衛権の限定的な行使の容認などを求める報告書を政府に提出。安倍首相は記者会見を行い、政府としての検討の進め方をまとめた「基本的方向性」を示しました。

政府検討の方向性/現行の憲法解釈内で立法措置を検討
 安倍首相は「憲法が掲げる平和主義はこれからも守り抜く」と前置きし、検討の方向性を示しました。ポイントは三つあります。
 一つ目は、武力の行使は自らの国を守る必要最小限度に限るとした今の憲法解釈を変えずに済む問題について、立法措置を検討するとした点です。漁民を装った武装集団が離島に上陸するといった「武力攻撃に至らない侵害」(グレーゾーン事態)や、国連平和維持活動(PKO)など国連の集団安全保障措置に関わる問題が想定されます。これらは、武力行使が認められる自衛権の問題とは、直接関係ありません。
 二つ目は、自衛権をめぐる憲法解釈についてです。政府は、自国が攻撃された際に反撃する個別的自衛権の行使は認めていますが、自国と密接な関係にある他国が攻撃された際にも反撃する集団的自衛権の行使は認めていません。この点、報告書は「個別的か集団的かを問わず自衛のための武力の行使は禁じられていない」との考え方を示しましたが、安倍首相は従来の政府の憲法解釈とは論理的に整合しないため、「採用できない」と明言しました。報告書が「憲法上の制約はない」と容認した国連決議に基づく多国籍軍への参加も否定しました。この判断は、至極当然なものだと思います。こうした提言が出されることこそ、安保法制懇自体がいかに偏った組織か創造できます。
 三つ目は、わが国の安全に重大な影響を及ぼす可能性がある場合に限り、集団的自衛権の行使を認める「限定容認論」についてです。報告書のこの提言について、安倍首相は「研究を進めていきたい」と応じました。
 今後の与党協議について安倍首相は、「協議の結果に基づき、憲法解釈の変更が必要と判断されれば、この点を含めて、改正すべき法制の基本的方向を閣議決定していく」との方針を示しています。
続きを読む

2014年5月21日(水) くもり時々雨

青森・岩手県外調査<第3日>

青森県庁で青森県議会公明党県議団との意見交換(原子力発電所の安全確保と再稼働問題)

青森県庁で青森市、弘前市の中心市街地活性化についてヒアリング

青森市の駅前中心市街地を現地調査

金子ファーム
青森県七戸町の金子ファームを訪れました。
見事だったのが、ここでも菜の花畑!
平成20年度よりスタートした「菜の花の循環」。牛の堆肥を活用し、土づくりを行い健康な土に、自家飼料 (デントコーン)や菜の花を栽培しています。
栽培した菜の花畑からは花が咲くとハチミツを採取し、 鑑賞後は菜種を収穫して圧搾法で「なたね油」を搾油。
菜種の絞りかすは、牛の飼料として、また活用しています。
菜の花の黄色が眩しいくらいでした。
参考:金子ファーム

歩数【1000】歩・移動距離【列車・レンタカーで移動102】km

青森市の中心市街地活性化の現状を調査

青森市の中心市街地を現地調査 5月21日、井手よしひろ県議らは青森県庁、青森県議会を訪問。青森県議会公明党の畠山敬一県議らと、原発政策や再処理問題などで意見交換を行うとともに、青森市の中心市街地活性化の取り組みのついてヒアリングを行いました。
 青森市はこれまで、「コンパクトシティの形成」をめざし、平成19年2月に全国で初めて総理大臣認定を受けた青森市中心市街地活性化基本計画に基づき、歩いて暮らすことのできる質の高い生活空間「ウォーカブルタウン(遊歩街)の創造」を目指してきました。

 平成24年度3月までの5年間で第1期の計画期間が終了しました。
 平成22年12月4日の東北新幹線全線開業を大きな節目に、文化観光交流施設「ワ・ラッセ」や、市場と工房の複合施設「A-FACTORY」がオープンし、ウォーターフロント地区の魅力が高まっています。また、青森駅前再開発ビルが、平成24年度に整備した複合施設「アウガ」1階に2店舗で構成する「スイーツコーナー」や地階には、5店舗で構成する「あおもり食街道」がオープンしました。
 基本計画の3つの指標では、観光客数については増加が見られましたが、歩行者の通行量については減少に歯止めが効きません。
  • 歩行者通行量は、平成22年の基準値74,048人と比較して▲11,200人の62,848人となっています。
  • 年間観光施設入込客数は、平成24年の年間観光施設入込客数は、平成22年の基準値111万7,370人と比較して、+48万2,703人の160万73人となっています。
  • 夜間人口は、平成24年の夜間人口は、平成22年の基準値3,547人との比較で48人減、平成23年実績値3,511人との比較で12人減の3,499人となっています。
続きを読む

2014年5月20日(火) くもり時々晴れ

青森・岩手県外調査<第2日>

青森県横浜町の「菜の花フェスティバル」を視察

日本原燃再処理施設を視察、幹部社員と意見交換

青森県七戸町・金子ファームを視察

青森・八戸市の活性化対策“屋台村”を視察

横浜町“菜の花フェスティバル”
青森・岩手県の県外調査2日目。六ケ所村の日本原燃に向かう前に、横浜町の菜の花フェスティバル会場を視察しました。
青森県横浜町は、陸奥湾と釜臥山を望む斜面に菜の花が咲く最高のロケーションが自慢。日本一の菜の花栽培面積を誇ります。
5月の開花時期には全国から毎年数万人が訪れすっかり町の観光の主役になりました。
菜の花は本来ジャガイモの裏作として栽培されてきた換金作物です。最盛期750ヘクタールあった畑も、2010年には100ヘクタールになり、そのぶん耕作放棄地・荒廃農地が増加していました。
ここに「菜の花トラスト」運動がはじまりました。
農業人口の減少や、安価な外国産菜種の影響で、減り続ける菜の花畑を守り育てようと、2002年3月、町の有志7名の呼びかけで、同月43名の会員をもって「菜の花トラストin横浜町」が設立されました。
はじめは地元小中学生を交えた農業体験プログラム「休耕地を菜の花畑にプロジェクト」の継続をしながら、休耕地に菜の花を咲かせること、そしてそこで収穫した菜種から搾った国産菜種油のファンを増やすこと、それが活動の両輪でした。
全国に支援を呼びかけ、3年越しで食用菜種油の生産が実現。2007年4月には非焙煎一番搾りの菜種油「御なたね油」を発売されました。
横浜町の景観を守るために
菜の花トラストin横浜町は、2002年以来10年間、貴重な日本の歴史的農村風景である横浜町の菜の花を守り育てることを目的に、次の活動をしています。
1.菜種の作付け、農家委託、借地した農地や休耕地での作付け
2.親睦や交流を含めた農業体験活動
3.横浜町産100%の菜種油の搾油・販売
4.その他、横浜町の菜の花をまもり育てることに必要な活動
5月第三周の土曜、日曜には「菜の花フェスティバル」が開催され、マラソン大会をメインイベントに、横浜町は大いに盛り上がります。

歩数【1000】歩・移動距離【215】km

六ヶ所村の再処理施設・日本原燃を視察

日本原燃
 5月20日、井手よしひろ県議と八島功男県議は、青森県六ケ所村の日本原燃株式会社を訪れ、使用済み核燃料の再処理工場などを視察しました。また、米川茂常務取締役(濃縮事業部長)、赤坂猛広報部長らと原子力発電や再処理の安全性をめぐり、意見交換を行いました。
 日本原燃は、原発の燃料として一度原子炉で使用したウランから、燃焼過程で生成したプルトニウムや燃え残ったウランなどを取り出して、循環再利用するための事業者です。核燃料の再処理・再利用でウラン燃料の長期安定確保をめざしています。
 井手県議らは、日本原燃PRセンターで再処理の仕組みや施設の概要について説明を受けました。その後、低レベル放射性廃棄物埋設センター、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター、中央制御室、使用済み燃料受入貯蔵施設などを、赤坂広報部長の案内で視察しました。
 また、同日、日本原電は東海第2発電所の再稼働のための安全審査の申請を、国の原子力規制委員会に提出しました。地元の原発の再稼働申請、核燃料のリサイク体制の今後など、様々なことを考えさせられた一日となりました。
続きを読む

2014年5月19日(月) くもり時々雨

青森・岩手県外調査<1日目>

三陸鉄道北リアス線の運航状況を調査

田老地区の“学ぶ防災”を体験

田老地区“学ぶ防災”を体験
青森・岩手の県外調査<1日目>。八戸から久慈に移動し、三陸鉄道北リアス線で宮古市田老地区に移動。田老地区には5回目の訪問となります。
宮古市観光協会が主催する“学ぶ防災”を体験しました。東日本大震災の影響で甚大な被害が出てしまった田老地区の現状を、防潮堤に上って災禍の記録や後世への教訓を伝えることでお客様に防災意識を高めるために、行われています。
たろう観光ホテルの社長のご好意で、社長自らが撮影した貴重な津波の動画を、ホテルの6階の部屋で観ることも出来ました。震災遺構としてたろう観光ホテルは宮古市に譲渡され、現在は危険防止のため立ち入りができなくなりましたが、田老地区の総合事務所で視聴できます。
震災から3年2ヶ月あまり、時間の流れとともに震災の記憶の風化は進んでいます。大きな犠牲を払った貴重な教訓を、後世の人達に伝えることは、とても大事なことです。教室やテレビからでは絶対に伝わらない実感を“学ぶ防災”は、教えてくれています。
参考:学ぶ防災

歩数【1000】歩・移動距離【列車・レンタカーで移動・150】km

犬猫の殺処分をゼロに、公明党が保護施設などの拡充求める

環境省ポスター 5月13日、公明党の環境部会(部会長:斉藤鉄夫衆院議員)と動物愛護管理推進委員会(委員長:遠山清彦衆議院議員)は、環境庁に対して「犬猫殺処分ゼロ実現へ向けての提言」を手渡しました。
 全国の犬猫の殺処分数は減少傾向にあるものの、2012年度は16万匹を超えており、自治体などに引き取られた数の約8割に上っています。
 申し入れの席上、遠山委員長は、「殺処分ゼロをめざす環境省と公明党は、問題意識を共有している」と指摘。
 その上で、犬猫を殺処分から救済・保護している民間シェルターの整備と拡充を促進するため、ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)と呼ばれる官民連携の社会投資の仕組みを地方自治体と共に創設するよう提案しました。
 加えて、既に欧米諸国で設置され、動物の虐待や飼育放棄を犯罪として取り締まる権限を持ち、動物の保護も行う「アニマルポリス」の導入について、調査・研究を進めるよう要請しました。
 さらに、動物の年齢や所有者などを明確にするため、情報の入ったマイクロチップの装着義務化へ向けた取り組みの強化も求めたほか、繁殖者を認定する制度の設立や、実効性のある繁殖者教育・研修制度の確立なども訴えました。
 これに対し、環境省の浮島政務官は、「業者への教育の徹底は特に重要。頂いた提言をもとに全力で取り組む」と強調しました。また、牧原政務官は、環境省が6月に発表を予定している殺処分ゼロに向けたプロジェクトの中に、「今回の公明党による貴重な提言の内容を盛り込みたい」と語りました。
続きを読む

2014年5月18日(日) 晴れ

愛正会大運動会に参加

「ふれあいの郷・金沢」定期総会に出席

常陸太田市内のストロベリーキャンドルを調査

常陸太田市金砂郷のストロベリーキャンドル
常陸秋そば発祥の地として知られる常陸太田市赤土町のソバ畑で、ストロベリーキャンドルが鮮やかに咲いています。火をともしたろうそくのような深紅の花穂が、名前の所以です。
ストロベリーキャンドルは、耕作放棄地の再生などに取り組む市民団体「常陸秋そばの郷まもりたい」が、ソバ栽培の土作りの肥料にするために植えています。
今年で4年目となる活動は一般にも広く知られるようになってきました。

歩数【3000】歩・移動距離【65】km

集団的自衛権は「他衛」権、歯止めなき容認は国民の安全を脅かす

140510imge

総理会見時におけるパネル資料 集団的自衛権行使容認に対して、様々な議論が沸いています。
 こうした議論の中で、改めて注目したいのは「他衛」権という表現です。
 集団的自衛権とは日本以外の第三国間で起きている戦争に、日本の自衛隊が加わることです。日本が外国から武力攻撃を受けたときに、国土、国民を守るための個別的自衛権とは全く次元が違います。これは「自衛」ではなく、他国を守ることになるから「他衛」権だという表現です。
 日本以外のA国とB国との間で戦争が始まったとしたら、それぞれ自国の方が正しいと主張するでしょう。日本は第三国の立場のままだったら、戦争をやめなさいと主張できます。国際紛争の解決には武力を使わないと宣言した憲法9条が、その裏付けとなります。
 しかし、日本がA国と共にB国に対し集団的自衛権で武力を行使すれば、わが国は戦争当事国になってしまいます。B国が日本の領土を攻撃することを、国際法上も認めらることになります。集団的自衛権を行使しなければ、B国は国際法上、日本への攻撃は正当化されません。集団的自衛権の行使を容認すれば、むしろわが国、国民の安全を脅かす、最悪の結果を招く可能性があるのです。
 以下、沖縄タイムスの社説「安保法制懇報告書」戦争する国になるのかをご紹介します。この社説は、「20日から協議を始める「平和の党」を掲げる公明党にとっても文字通り正念場だ。連立政権にとどまるのか、結党の精神を守るのか。党の存在意義が問われている」と記されています。連立政権の中で公明党の責任は重いといえます。
続きを読む

集団的自衛権の行使容認ついて、創価学会が見解しめす

140510imge
 5月16日、創価学会は、安倍晋三首相がめざす憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認について「本来の手続きは、一内閣の閣僚だけによる決定ではなく、憲法改正手続きを経るべきだ」として反対する見解を示しました。
 これは、朝日新聞の質問に文書で回答したものです。
 政治的な問題に、創価学会自体が公式な見解を示すのは非常に希です。集団的自衛権の行使容認という問題が、いかに重要な問題であるか、私たち地方議員も改めて自覚する必要があると思います。
創価学会が朝日新聞社に回答した集団的自衛権に関する見解は以下の通りです。
 私どもの集団的自衛権に関する基本的な考え方は、「保持するが行使できない」という、これまで積み上げられてきた憲法第9条についての政府見解を支持しております。
 したがって、集団的自衛権を限定的にせよ行使するという場合には、その重大性に鑑み、本来の手続きは、一内閣の閣僚だけによる決定ではなく、憲法改正手続きを経るべきであると思っております。
 集団的自衛権の問題に関しては、今後、国民を交えた、慎重の上にも慎重を期した議論によって、歴史の評価に耐えうる賢明な結論を出されることを望みます。

集団的自衛権行使容認に関する創価学会の見解

集団的自衛権についての安倍首相の会見を受けての山口公明党代表のコメント

140510imge


 公明党の山口那津男代表は15日夕、国会内で記者団に対し、安倍晋三首相が「基本的方向性」を示し、与党に協議入りを求めたことについて、大要、次のような見解を述べました。
  • (首相が具体的な例を示しながら、国民の命を守ることは政府の基本的責務と述べたことについて)まさにその通りだ。日本国憲法の平和主義を守り抜くとも明確に言われた。その認識の下で、国民の命を守るための立法措置が検討されることになるだろう。
  • (首相が、いわゆるグレーゾーン事態への対処など、従来の憲法解釈下でも可能な立法措置を検討するとしたことについて)この点は、与党で議論に取り組みやすいと考えている。
  • (首相が「個別的か集団的かを問わず自衛のための武力行使は憲法上禁じられていない」などとした報告書の考え方を「政府として採用できない」としたことについて)この判断は妥当だと思う。
  • (首相が、報告書が求めた集団的自衛権の限定容認を「研究を進める」としたことについて)首相はその理由を、従来の政府の基本的な立場を踏まえているからだと述べた。従来の政府解釈との「論理的整合性」を持っているか、平和主義を守り抜くための“歯止め”の役割を担ってきた「憲法9条の規範性」や「法的安定性」を確保できるか、という観点から研究されるべきだ。首相が示した具体例も、従来の憲法解釈で対応できる部分が相当あると考えている。
  • (首相は、与党協議の結果に基づいて法制の方向性を閣議決定するとしたことについて)与党として真摯に協議を始めたい。国会での議論も重要だ。これらを通じ、国民の理解を得ていく必要がある。

2014年5月16日(金) 晴れ時々雨

住民相談(遠隔地での入院先の確保について:埼玉県所沢市)

世界のバラとガーデニングシューを鑑賞

国際バラとガーデニングショー
国際バラ展:ガーデン部門大賞は水戸市内の造園業者
 西武ドームで開催中の「第16回国際バラとガーデニングショウ」を鑑賞しました。
 今回のテーマ「La(ラ)Vie(ヴィ)en(アン)Rose(ローズ)〜バラ色の人生〜」をイメージした会場では、モナコ公妃の「グレース・ケリーの庭」、NHKの朝ドラでも注目の「赤毛のアンの庭」など人気が集まっていました。
 会場で発表された新品種「ベルサイユのばらシリーズ」など5品種を含め約1000種類、100万輪のバラが咲き誇る、華やかな雰囲気でした。
 この国際バラとガーデニングショウのコンテスト「ガーデン部門」で大賞に輝いたのは、船串龍平さんと安原勇さんが造った「森のテーブル」。水戸市の造園業「ウイズプラネット」代表の船串龍平さんと社員の安原勇さんは、小平市の造園の専門学校で出会い、卒業後は別の造園会社に進みました。8年ほど前、船串さんの独立がきっかけで水戸で造園業の仕事をスタートさせました。
 初挑戦で、ガーデン部門113作品の中で、見事に大賞を獲得しました。

歩数【3000】歩・移動距離【390】km

東海第2原発周辺の11市町村、安全審査申請を容認

東海第2発電所 5月15日、東海第2原発の再稼働へ向けた国への安全審査申請を関連して、東海村や水戸市など立地・周辺11市町村長は、日本原子力発電(日本原電)に対し、申請を容認することを伝えました。
 市町村長は「申請は再稼働に直結しない」ことを確認した上で、東海第2原発に保管されている使用済み核燃料の安全確保を図る観点から申請を認めたと説明しています。
 日本原電は近く、原子力規制委員会に審査を申請することになります。
 11市町村は、東海第2原発から30キロ圏内の市町村でつくる原子力所在地域首長懇談会(座長・山田修東海村長)と県央地域首長懇話会(座長・高橋靖水戸市長)です。
 安全審査の申請に対しして容認に至った理由については、原電が原子力安全協定の見直し協議に今月から応じる意向を示し、申請概要を住民に公開するとともに積極的な情報提供を約束したことなどを挙げています。
 地元紙の取材に対して、山田東海村長は「原電には信頼を得られるよう最大限の努力を求め、安全協定の早期見直しに取り組む」、高橋水戸市長は「安全協定の見直し、実効性のある広域避難計画が策定されない限り再稼働の議論はあり得ない」とのコメントをそれぞれ発表しました。
続きを読む

2014年5月15日(木) くもり時々雨

JR日立駅で県議会報告

NTBアワード2014に出席、講評を述べる

県議会公明党政調会(6月議会への対応、県議選の統一政策の検討など)

県議会議員選挙に関する公明党第1次公認発表の記者会見


磯山さやかの旬刊!いばらき『新緑の筑波山(後編)』
「磯山さやかの旬刊!いばらき」では,磯山さやかさんが新緑の筑-波山(後編)を紹介します。
都心からのアクセスも良い筑波山には、3000年の歴史を持ち、縁結びのご利益のある-筑波山神社があります。
また、筑波山の中腹にある筑波山温泉は、アルカリ性単純温泉で美肌の湯とも呼ばれ、ハ-イキングの後にはぴったり。夜は温泉宿で料理人が腕を振るった旬の幸を堪能できます。
至福のひとときを、新緑の筑波山で過ごしてみませんか。

歩数【3000】歩・移動距離【88】km

井手よしひろ県議、12月の県議選に公明党から公認決定

県議選公認発表候補写真
 5月15日、公明党中央幹事会が開催され、この12月の茨城県議選の第1次公認が決定されました。
 本日の公認発表は、現在議席を有する水戸市、日立市、つくば市、土浦市の4選挙区です。
 井手よしひろ県議は、日立選挙区から6期目の挑戦をさせていただくことになりました。水戸市選挙にたかさき進県議(現職2期)、土浦選挙区に八島いさお県議(現職1期)、つくば選挙区に田村けい子県議(現職2期)の公認が決定しました。
県議選公認発表記者会見 なお、定数3以上の選挙区に関しては、新人の擁立も含めて引き続き検討することになりました。
 井手県議らは、早速、午後4時より県庁記者クラブで記者会見を行いました。井手県議は、「平成6年の県議選で初当選以来、6期目の挑戦になります。元気な県北地域を作るために、一生懸命頑張ります。高齢化対策、少子化対策も重要ですし、茨城のブランドアップにも全力を上げていきたいと思います。そして、その前提として東海第2原発の再稼働は必要ないという言う声を大きく上げてまいります」と、抱負を語りました。
続きを読む

2014年5月14日(水) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告

県議会公明党政務調査会(県議選への統一政策の検討、包括地域ケアシステム研究会の資料検討など)

原子力安全対策課より東海第2原発の安全審査申請などについてヒアリング

床屋で散髪


磯山さやかの旬刊!いばらき『新緑の筑波山(前編)』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが2週にわたって新緑の筑-波山を紹介します。
日本百名山にも数えられる筑波山には、ケーブルカーやロープウェイが運行しているほか、山頂まで1時間程度のハイキングコースがあるなど、初心者でも楽しめるのが魅力の一-つです。
また、筑波山は、出世祈願のスポット「立身石」、金運祈願のスポット「ガマ石」などパ-ワースポットが点在しています。
新緑の筑波山で,心をリフレッシュしませんか。

歩数【3000】歩・移動距離【84】km

意外に低い!がん検診の精密検査受診率

 3月16日、厚生労働省は、平成24年度「地域保健・康増進事業報告」 の結果を取りまとめ公表しました。 「地域保健・健康増進事業報告」は、地域住民の健康の保持や増進のために保健所や市区町村が行う保健施策について把握し、国や地方公共団体が今後実施する施策を効率的・効果的に推進するための基礎資料です。その中に、興味深い数値がありました。

140514kourou
 それは、がん検診で「精密検査が必要」とされながら、精密検査を受けてない人が多いという驚きの実態です。
 がん検診を受診して、精密検査が必要だと言われた人の内、実際に受診した人の割合は、胃がんは80.5%、肺がん77.9%、大腸がん 63.0%、子宮がん68.0%、乳がん84.4%となっています。特に問題なのは大腸がんと子宮頸がんです。
 そもそもがん検診の受診率が低い茨城県ですが、その上に、要検査の受診率が低くては、これは大きな問題です。(茨城県のがん検診受診率:胃がん8.9%、肺がん21.8%、大腸がん14.7%、子宮がん17.8%、大腸がん4.0%)
 要精検者の未受診は、いのちに直結する可能性が高いはずです。がん検診は、受診した人の中で0.1%しか発見できません。1000人受けて1人しか発見できないのです。その1人になるかも知れない要精検者が精密検査を受けなかったとしたら、何のためのがん検診か、ともなりかねません。
 検査結果返却時の「受診勧奨」など、きめ細かな行政からのアプローチが必要です。

2014年5月13日(火) 晴れ

JR大みか駅で県議会報告

日立港湾振興協会通常総会

県議会でヒアリング(議会事務局、原子力安全対策課、農林水産部)


龍ケ崎-RYUGASAKI- VISIT IBARAKI,JAPAN GUIDE
茨城県、県南エリア。龍の伝説が今も残り、豊かな自然に囲まれた穏やかな街、龍ケ崎。
森林公園内のキノコ型キャビンハウスで旅行者は朝を迎えます。公園内を散策し、ご当地キャラクター「まいりゅう」と出会い、楽しい時を過ごした後、旅行者は牛久沼水辺公園へ。
お昼に名物のうなぎを堪能し、入地駅からローカル電車に乗って市街地へ向かいます。
各所で龍の伝説の雰囲気を感じながら街を巡り、もう一つのご当地名物、コロッケを食べた後、カガミクリスタルを訪れ、江戸切子という技法により生み出された美しいガラス製品の数々に心を奪われます。
最後はたつのこ山の頂上で夕日を眺め、龍ケ崎の旅を締めくくります。

歩数【3000】歩・移動距離【85】km

東海第2原発の安全性審査に関して、日本原電が周辺市町村に回答書

日本原電の回答書  5月12日、東海第2原発を運営する日本原電は、安全審査の申請に関連して、東海村や水戸市など立地・周辺11市町村長から求められたうた5項目の申し入れに対する回答書を提出しました。この中で、日本原電は、原子力安全協定について、締結する自治体の枠組み拡大などへ向けた見直し協議に応じる考えを示しました。
 今年4月、東海第2原発から30キロ圏内の市町村は、日本原電に対して、(1)安全審査は再稼働に直結しない、(2)安全協定の見直しを申請後、速やかに行う、(3)申請内容について住民に情報提供する、(4)原子力規制庁の審査状況を逐一報告する、(5)使用済み核燃料などの監視体制の強化ーの5項目を申請の条件として提示、原電に回答を求めました。
 12日、日本原電の山本直人茨城総合事務所長は、東海村白方の村研究交流プラザで、山田修東海村長と高橋靖水戸市長に回答書を手渡しました。
続きを読む

JAなめがたの“焼き芋”の取組みについて調査

JAなめがたで井手よしひろ県議
消費者の目線で甘藷の生産・販売を見直し、生産量は3.6倍に
 5月12日、井手よしひろ県議ら茨城県議会農林水産委員会のメンバーは、JAなめがたを訪問し、甘藷(サツマイモ)の生産・販売拡大の取組みについて現地調査を行いました。
 JAなめがたでは、2003年、静岡県のスーパーと連携し、スーパー店内での焼き芋販売をスタートさせました。この取り組みなどこでも買える、手軽でお値打ちな焼き芋として大ヒットとなりました。
 JAなめがたの平成元年のサツマイモの販売額は5億9650万円ほどでしたが、この焼き芋販売が功を奏し、平成25年度には21億7960万円と、3.65倍に拡大しました。
 農産物を単に作って市場や大手スーパーに出荷するというだけでなく、その売り方や販売先、消費者の好みまで戦略的に検討し、具体的な政策展開を行った好事例です。いわゆる農協単位での農業の6次化の成功事例だと思います。

2003年、スーパの店内焼き芋販売をスタート
2003年店内焼き芋販売をスタート 2003年、全国的なさつまいも需要の低迷に対し、JAなめがたは量販店と連携した「店舗内焼き芋実演販売」の取り組みをスタートさせました。当時、引き売りの比較的高価な焼き芋しか手に入らなかった消費者にとって、スーパー店舗内でいつでも低価格で買える焼きたての焼き芋は、非常に魅力的で、売れ行きは好調。焼
き芋は幅広い層の消費者から支持され、JAなめがた甘藷部会はこの焼き芋販売にさつまいも需要回復の大きな期待を託しました。
 しかし、焼き芋販売が順調になってくると様々な問題が浮上してきました。芋によって美味しく焼ける芋とそうでない芋があり、焼き芋を焼くことに不慣れなスーパーのパートさん等にはうまく焼けないことが多くなってきました。
 こうした事態にJAなめがたは、県の普及センターと農業研究所に原因究明と対策を求め、2005年からこれらの機関と連携して「焼き芋を核としたさつまいも販売戦略」確立に向けた活動を開始しました。
続きを読む

2014年5月12日(月) 晴れ

県議会農林水産委員会:リッチフィールド美浦を調査

県議会農林水産委員会:神栖市の松食い虫被害状況を調査

県議会農林水産委員会:JAなめがた焼き芋による戦略的な甘藷生産拡大について調査


那珂-NAKA- VISIT IBARAKI,JAPAN GUIDE
茨城県那珂市。肥沃な大地に生い茂る緑、それと共に生きる人の力。遥かなる時の中で築-き上げて来た両者の調和がこの街の豊かさの源です。
旅行者は清水洞の上公園を歩き、竹-の子を掘っていた地元の人に出会い、そこで採れた竹の子のたくましさに旅行者はその自-然の豊かさを肌で感じます。
古き良き日本の住宅、「曲がり屋」で地元の人達とふれあっ-た旅行者が次の目的地へ向かって歩いていると、昔のバスを改造して作られた秘密基地の-様な場所にたどり着き、旅行者の子供心を蘇らせます。
その後、樹齢役800年のシイの-木が立つ三嶋神社を参拝し、愛らしいフクロウのマークで知られた常陸野ネストビールの-醸造所を見学。そこから少し離れた販売所にてビールのテイスティングを楽しんだ後は、-八重桜が咲き誇る静峰ふるさと公園へ。
日が沈み、辺りが暗くなってくると、公園内に設-置されていた沢山のキャンドルとカラフルなライトに明かりが灯り、公園に幻想的な雰囲-気を宿らせます。その明かりの中で旅行者は、その日の旅を振り返り、自然と人の力が生-み出す可能性に想いを馳せます。

歩数【4000】歩・移動距離【議会事務局バスで移動】km

パプリカ栽培の植物工場・リッチフィールド美浦を視察

リッチフィールド美浦を視察する井手よしひろ県議
 5月12日、井手よしひろ県議ら茨城県議会農林水産委員会のメンバーは、美浦村の株式会社リッチフィールド美浦を視察ました。リッチフィールド美浦は、オランダのノウハウを全面的に導入した「パプリカ」の温室栽培を行っています。東急建設が全面的に出資(出資額450万円、長期貸付8億5000万円)して、約2万平米の大規模温室を建設しました。年間生産量(目標)は400t、金額ベースで2億円です。
 東急建設は、経営の多角化と企業としてのブランドアップ、遊休地の利用計画の提案とその展開のノウハウ蓄積などの目的で、パプリカ栽培に参入しました。東急建設は、農作物の生産や販売の経験がなかったため、リッチフィールド社と共同出資し、一般農業法人を設立しました。リッチフィールドは、東北や九州などでパプリカとトマトの生産や販売を続けてきていて農業法人格も持っています。
 パプリカの栽培に当たっては、正社員・パート従業員など30人程度を地元の美浦村や近隣から雇用しています。
 パプリカは、ビタミンA、C、Eなどの成分含量が高く、動脈硬化症などの予防に効果が高いと評価されています。ヨーロッパでは、“ビタミンの王様”と呼ばれています。また、赤、黄、オレンジなどの色が美しく、サラダや中華料理などの彩いろどりに重宝される野菜です。国内の生産量は2500t程度で、その一方、輸入量は2万5000t程度と大幅な輸入超過です。主な輸入先は、韓国とオランダです。以前に比べて、一般家庭でも外食でもパプリカを目にする機会が増えてきているように、消費量は年率で10%以上の割合で拡大してきています。このため、外国からの輸送コストや鮮度の確保などの面を考えると、国内産は充分な競争力があります。
続きを読む

2014年5月11日(日) 晴れ

稲敷市の上野牧場を訪問、“放牧経営”について新たな取り組みを聴取

ひたち国際大道芸フェスティバル<多賀会場>を視察

PIC201431
5月10日、11日の両日、日立市内の街中で大道芸人が曲芸などを披露する「ひたち国際大道芸フェスティバル」が盛大に開催されました。国際色豊かなパフォーマーによる妙技が各所で繰り広げられ、会場を埋めた観客からは大きな拍手と笑いが起きました。
国際大道芸は日立の初夏を飾る一大イベントで、2日間で約20万人があまりが訪れました。1993年に始まり、今年で23回目となります。今回は初登場の10組を含め、国内外で活躍する演技者32組が集結しました。
TOKYO雑技京劇団によるスリル満点のアクロバット、フランス人大道芸人のジュロによる高さ11.5メートルのポール上でのパフォーマンス、たいまつを使った桔梗ブラザーズのジャグリングなど、大道芸人たちが多彩な技が、五月晴れのもと披露されました。
写真は、11日多賀会場の模様です。

歩数【1500】歩・移動距離【201】km

新たな可能性に挑戦する放牧経営を行う上野牧場を訪問

放牧場所に移動する牛たち
 5月11日、井手よしひろ県議はフェイスブックを通してご紹介いただいた酪農家・上野裕さん(農業組合法人新利根協同農学塾農場・理事)の牧場を訪れ、新たな発想で放牧経営に挑戦している現状についてお話をうかがいました。
 上野さんは、自身の祖父らが開拓した集落が限界集落になろうとしている現実を前に、放牧牧場が他産業と協働する「農業共栄圏」をつくることで農業や集落を守る暮らし方を提唱しています。「乳と蜜の流れる地プロジェクト」と題し、牛とミツバチを資源に他産業とコラボし、現代の理想郷づくりに挑戦しています。
 上野さんの牧場は乳牛を飼っています。通常、乳牛は牛舎に終日繋がれ、餌が与えられ、搾乳されます。しかし、上野さんは、その常識を捨てて、“放牧経営”を行っています。
 上野さんは、自身のブログで次のように綴っています。「ぼくの牧場は、多分、首都東京に最も近いところで、大真面目に放牧経営をしようとしている。ある意味狂っている(笑)。馬鹿で、馬鹿故に面白がってくれる人が増えつつある。放牧とは土地が地続きで無ければ成立しない。何故なら牛が歩いて移動できなければならないから。そして、広大な面積が必要となる。その面積、最低でも1日1頭1アール(30坪)。牛が30頭いれば30アール。草が再生するのに10日位かかるので、30アール✕10日=300アール。建売住宅地なら100軒くらい建つよね。けれど、実はこれは余りにもぎりぎりで直ぐ放牧地がぐちゃぐちゃに練られてしまうので、仮に面積を50%増やしてぎりぎり1日45アール。つまり4.5ヘクタール(13,500坪)は無くてはならない。幾ら田舎とはいえ、近隣でもこれだけの土地を地続きで集められるところは実は奇跡とも言える」。
続きを読む

2014年5月10日(土) 晴れ

鹿嶋市内で地方議員のICT活用研修会を開催

錦織孝一鹿嶋新市長と面会、意見交換


ひたちなか-HITACHINAKA- VISIT IBARAKI,JAPAN
のどかな田園風景の中を走る、ひたちなか海浜鉄道。
その列車の中で、旅行者はこれから出会う景色を想い、心をときめかせます。茨城県、ひたちなか市。
海と陸の恵みに彩られたこの街が今回の旅の舞台です。那珂湊駅で降り、色鮮やかな華蔵院の門、はるか昔から街を見て来た湊公園の松を巡り、旅行者は沢山の人が行き交い、活気でにぎわうおさかな市場へ。
様々な海の幸が立ち並ぶ市場の風景の中で旅行者は焼きウニを食べ、思わず頬を緩ませます。
その後再び海浜鉄道に乗り、次なる目的地、国営ひたち海浜公園を目指します。
公園内の樹林、草原、砂丘エリアを探検した旅行者を最後に待つもの・・・それは丘一面に広がるネモフィラの青い花達でした。
空と大地の青の間で、目の前に広がる海を眺め、旅行者の冒険は幕を引きます。

歩数【1500】歩・移動距離【204】km

集団的自衛権をめぐる内外2つの正論<森田実さんとニューヨークタイムズ>

140510imge

 安倍晋三首相の集団的自衛権の行使容認に関する前のめりの姿勢について、内外2つの正論をご紹介します。一つは政治評論家・森田実さんの「解釈改憲は安倍内閣による史上最大の国民騙しの詐欺行為です/解釈改憲反対の一大統一戦線をつくり、安倍首相らの解釈改憲という詐欺行為を打破すべし」(5月9日付け)。もう一つはニューヨークタイムズ(5月8日付け)の社説記事です。
 集団的自衛権の行使容認という重大事を、憲法解釈の変更で行うことの問題点を指摘し、それを止められるのは、バラバラバラな野党ではなく公明党だけだと述べています。公明党の地方議員として、責任の重さを痛感します。

森田実の言わねばならぬ(2014/5/9)
解釈改憲は安倍内閣による史上最大の国民騙しの詐欺行為です
解釈改憲反対の一大統一戦線をつくり、安倍首相らの解釈改憲という詐欺行為を打破すべし

「偽善の一番いけないのは善に対する人間の信用をおとすことだ」(武者小路実篤)
森田実さん(右)と井手よしひろ県議 安倍首相と解釈改憲派がやろうとしていることは、日本国民を騙すことです。安倍政権は詐欺集団に成り下がろうとしています。
 日本国憲法第9条は「戦争の放棄」を規定しています。この「戦争放棄」を規定した憲法第9条を改正しなければ「戦争をする国」にすることはできません。私は、日本を「戦争をする国」に変えることには反対ですが、憲法第96条という改正規定がある以上、この改正規定に従って合法的に行われる憲法改正手続きそのものは法的に有効です。憲法改正は、第96条の改正手続きに従って衆参両院における改正発議を行い国民投票を行う手続きをとる場合、第9条擁護派は国民投票で多数をとるために努力する以外に自らの主張を貫く道はありません。憲法をどうするかの最終決定権は国民にあるのです。
 安倍首相が憲法第96条を守り、96条の規定に従って改正手続きを進めるのであれば、これ自体は合法的なもので問題はありません。護憲派には国民投票で憲法改正を否決するしか手段はないのです。
 しかし、96条によらず、解釈改憲という非合法手段をとろうとしているところに、今日の日本政治の最大の問題があるのです。
 解釈改憲は偽善的、欺瞞的行為です。これを安倍内閣と自民党はやろうとしているのです。政治権力による歴史上例のないほどの大がかりな詐欺行為です。これに日本維新の会、みんなの党も加わります。政治権力によるこれほど大掛かりな詐欺行為は歴史上でもめずらしことです。この歴史上最大の国民騙しの詐欺行為を許したら、日本は道義なき国になり、全世界の信用を失い、沈没してしまいます。これだけは阻止すべきです。日本を詐欺国家にしてはいけません。これだけは絶対に許してはいけないことです。
続きを読む

2014年5月9日(金) 晴れ

JR大みか駅で県議会報告

市内医療法人関係者との意見交換(終末医療のあり方について)

ゴールデンウィークの県内観光客入り込み状況についてヒアリング

住民相談(生活保護の申請につて)


東海村-TOKAI- VISIT IBARAKI,JAPAN
水戸市から北東へ約15kmの距離にあり、東は太平洋に面した東海村。
リサイクル自転車を活用したエコリンを東海駅で借り、東海村の旅をはじめる外国人旅行-者。豊受皇大神宮、村松山虚空蔵堂を訪れて、日本の歴史と文化に深く感銘を受けます。
-その後、名産の干し芋を初めて食べて、芋焼酎を購入します。そして、桜が咲き乱れる通-りで、弓道衣を着た学生とすれ違います。興味を持った旅行者は、彼らを追いかけ、弓道-場へたどり着き見学をさせてもらいます。そして、弓道体験もし、日本の武道に触れます-。
最後に、阿漕ヶ浦公園で、ライトアップされた幻想的な桜のトンネルに感動をします。

歩数【6000】歩・移動距離【90】km

GW中の茨城県内の観光客、前年比108.6%増

 5月9日、井手よしひろ県議は、茨城県観光物産課から今年のゴールデンウィーク期間の観光地・観光施設等の入込状況について、聴き取り調査を行いました。それによると、県内観光地への4月26日から5月6日までの11日間の観光客数は、200万934人で、前年の186万6662人を、15万8269人上まわり、前年比108.6%となりました。
 今年のGWは雨天が2日間あったほか、曜日の組み合わせが悪く前半に3連休がないことや消費税率引き上げによる節約志向の影響もありました。反面、“安・近・短”に人気が集まり、入込客数としては前年比で1割近い伸びとなりました。
 震災前の平成22年と比較すると124.6%となり、GW期間の観光客については、茨城県全体で着実な回復が見られました。
140509gw

続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: