2015年06月

2015年6月30日(火) くもり時々雨 

JR大みか駅で県議会報告(日立スーパープレミアム商品券の販売状況、大みか駅西口の整備よてなどについて)

データヘルスの推進について担当課よりヒアリング

稲敷市内で県政報告(地方創生のい取り組みについて、圏央道の整備と工業団地の販売促進について)

いばらきプレミアムギフトカタログ
「いばらきプレミアム商品カタログ」の引換券
茨城県は、県産品の知名度向上を図るため、7月4日から「いばらきプレミアム商品カタログ」の販売を開始します。カタログには常陸牛や干し芋、笠間焼、メロンなど本県を代表する逸品110点を掲載。カタログは1冊4000円で販売され、掲載されている各6000円相当の商品の中から1点購入できます。カタログは5万冊限定で、6月29日から一部のコンビニエンスストア限定で先行予約券を販売します。
カタログ発行は、国の地方創生関連補助金を活用。応募約200点から、青果物や水産物、加工食品、工芸品など本県を代表するものや贈答用に適した商品を厳選しました。
参考:いばらきプレミアム商品カタログ「いばらき厳選100ストーリー」

歩数【4500】歩・移動距離【223】km

新3要件は他国防衛を認めず、井手県議の県政報告より

JR大みか駅での県議会報告 6月30日、井手よしひろ県議は、三代かつや日立市議とともに、JR大甕駅で議会報告を行いました。
 国会で審議中の平和安全法制について、井手県議は国民目線の本質的な議論を行うべきだと、次のように語りました。

憲法との適合性を慎重に検討し、国の存立や国民の命を守るための法整備をするのは政府や国会の責任
 国会では、平和安全法制の審議が、会期を大幅に延長して進められています。
 そのような中、自民党若手議員の勉強会で、報道機関への圧力を求める発言がありました。毒舌知られる人気作家は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」と発言しました。新聞・報道の自由は最大限尊重されるべきであり、圧力をかけられるともし考えているならば、政治家としての基本的認識が間違っています。また、言論人がマスコミに否定につながる発言は、まさに”天に唾するもの”です。本当に残念な発言であり、関係者の猛省を促すものです。

 公明党は、平和安全法制の議論に当たり、従来の政府の憲法解釈との論理的整合性、法的安定性を維持すべきという基本的な姿勢で臨みました。憲法解釈の基本は1972年の見解で、一番のホシは自国防衛としての武力行使しか認めていないことです。それに基づいて新3要件を定めました。
 新3要件は、わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合で、しかも、これを排除してわが国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない時に限り、必要最小限の実力行使を認めるということで、あくまでも自国防衛です。いわゆる他国防衛を目的とする集団的自衛権は否定しています。
続きを読む

2015年6月29日(月) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告(日立スーパープレミマム商品券の販売状況などについて)

県議会総務企画委員会参考人意見聴取

県北地域の市町村議員との意見交換(幹線道路の整備計画などについて)

春雪トンネル
春雪トンネル・藤枝利教詩集
 藤枝利教さんの詩集「春雪トンネル」が好評です。藤枝さんは脳性まひで手足や言葉が不自由で、24時間の介助を受けながら生活をしています。詩集「春雪トンネル」は、18年ぶりとなる2作目で、4000編にも及ぶ作品から選んだ87編を収録しました。8月には支援者の協力を得て朗読会も企画中で、藤枝さんは「詩があるから前向きに生きていける。詩集の発表で、いろいろな人たちと出会える機会が増えれば」と話しています。
 藤枝さんは日立市出身。幼い頃から重度の障害があり、意思伝達の際にはタイプライターやワープロ、パソコンを使ってきました。現在は、車椅子にテーブルを備え付け、キーボードをたたくと音声が出る機械を置き、ヘッドギアの先に固定した棒でキーを押して会話しています。
「選べないものはない」
赤ちゃんは 親を
夫婦は わが子を
自分では 自分の体を
僕は 恋人さえも 選べない
そうではない
僕も誰もが そう錯覚しているだけ
ほんとうは
自分で体も 恋人も 生き方も選べるんだ

歩数【4500】歩・移動距離【94】km

データヘルス、生活習慣病の予防に大きな効果

 健康診断や診療報酬明細書(レセプト)のデータを活用して、保険加入者の健康増進を図るデータヘルスへの関心が高まっています。
 6月25日、厚生労働省は、主に大企業の社員が加入する健康保険組合によるデータヘルスの先進事例を公表しました。代表的な内容は、高血圧対策として社員食堂で減塩化を進めた事例や、生活習慣病予防のために携帯型端末を用いて栄養・保健指導を行うものなどです。
 データヘルスでは、健診データや医療機関への受診履歴から、生活習慣病の受診を一定期間放置している患者を特定し、保健師による個別指導などを通して重症化を防ぐことができます。また、患者に処方されている治療薬が分かれば、新薬よりも安いジェネリック医薬品(後発医薬品)に置き換え、医療費の節約も可能になるなど利点は多くあいます。
データヘルスの先進事例

続きを読む

2015年6月28日(日) くもり時々雨

日立スーパープレミマム商品券の販売状況を確認(多賀市民プラザ、南部支所、日立市役所ほか)

竜神カートのオープン記念を視察、取材(県北地域の観光振興などを意見交換)

県北国際アートフェスティバルについて地元有識者との意見交換


一般道を走れるレンタルカートが常陸太田にオープン
一般道を走れるレンタルカートが、常陸太田市にオープンしました。
6月28日、梅雨の合間をぬって記念パレードが行われました。常陸太田駅から、バンジージャンプで人気の竜神大吊り橋まで、約20キロを40分ほどかけて走行しました。
竜神カートで竜神バンジーが、この夏のトレンドになるかも!

歩数【3000】歩・移動距離【99】km

“がん教育”の推進を、正しい知識や“いのちの大切さ”理解を深める

がん教育 がんに関する正しい知識を学び、いのちの大切さについて考える「がん教育」が、各地の小中高校で広がりを見せています。2014年度から文部科学省も、全国の学校でモデル事業を始めています。
 がんは1981年以降、日本人の死因のトップになっているにもかかわらず、病気との向き合い方や患者に対する理解が十分とはいえないのが現状です。
 現在の教育現場では、保健体育の授業で、生活習慣病の予防や喫煙などの害を学ぶ際、他の病気を合わせて紹介される程度です。授業時間も小中高校で、それぞれ1時間ほどしか確保されていません。
 このため公明党は、文科相にがん教育検討会の設置を提言し、衆院代表質問でも全国展開を訴えるなど、がん教育の強化を後押ししてきました。
 こうしたがん教育を推進する流れは、教育の現場である地方の議会でも重要です。
続きを読む

2015年6月27日(土) 雨

事務所で資料整理

「第39回すべての障害児(者)の幸せを守る親の大会」に出席しまし、障がい者福祉について意見交換、要望聴取

住民相談(高齢者介護施設への入所について)

日立市スーパープレミアム商品券の一般販売準備状況を確認


磯山さやかの旬刊!いばらき『弘道館』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが水戸市で「弘道館」を紹介します。
「弘道館」は水戸藩9代藩主、徳川斉昭が170年ほど前に開設した日本最大級の藩校であり、近世日本の教育遺産群の一部として、県内では偕楽園とともに日本遺産に認定されました。
藩主が臨席をして学問の試験を行っていた正庁正席や武術の試験を行っていた対試場等を見学できます。また、夏休みには弘道館記の書写体験イベントなども開催予定です。
皆さんも、水戸の弘道館で風情あるひと時を体験してみませんか?

歩数【4500】歩・移動距離【27】km

“すべての障害児(者)の幸せを守る親の大会”に出席

すべての障害児(者)の幸せを守る親の大会の要望書 6月27日、井手よしひろ県議は「第39回すべての障害児(者)の幸せを守る親の大会」に出席しました。この大会は、日立市内の肢体不自由児父母の会、重症身体障害児(者)、手をつなぐ親の会(知的障害を持つ子どもの親の会)の3団体が2年に一度開催しています。障がい者福祉に関する講演やミニコンサートなどが催されていますが、行政や政治に関わる者にとっては、大会要望はもっと重要視すべきものです。
 要望の実現に全力を上げて取り組みたいと思います。
続きを読む

“いばらきシニアカード”で、ますます元気に!

協賛店で料金割引、ポイント加算、プレミアム商品券さらに2000円引き
いばらきシニアカード 6月25日、公明新聞の地域版に、井手よしひろ県議ら茨城県議公明党の活動が紹介されました。このブログでは、その記事をもとに作成しました。
 茨城県は昨年(2014年)12月から、高齢者優待制度として“いばらきシニアカード”を配布し、好評を博しています。これは、県議会公明党の高崎進県議が一貫して推進してきたもので、プレミアム付き商品券の割引にも利用できます。井手県議と高崎進、田村佳子、八島功男の各議員はこのほど、県の担当者と同カードの普及状況について意見交換。さらに協賛店を訪れ、利用状況を確認しました。
 “いばらきシニアカード”制度は、高齢者にさまざまな特典が付いたカードを配布することで、外出を促し、介護予防や健康増進につなげることが目的です。
 今回、県内の全市町村の商工会議所などで発行されるプレミアム付き商品券が、“いばらきシニアカード”を提示することで、さらに2000円の割引価格(額面12000円の商品券の場合は2000円割引、額面6000円の場合は1000円割引)で購入できることになりました。県の担当者は「すでにプレミアム付き商品券を発売している牛久市では、『シニアカードで、さらに割引になるのか』という問い合わせが200件あった」と県内の様子を紹介した上で、「プレミアム付き商品券の発行に併せて、さらにシニアカードの発行枚数が増える」と期待を込めて語りました。
続きを読む

2015年6月26日(金) くもり

事務所で資料整理

日立市議会議員との意見交換(日立市の地方創生のあり方について)

住民相談(河原子海岸、金沢海岸の堤防整備について)


【絶景茨城】保和苑の紫陽花(あじさい)[4K]茨城県水戸市
【撮影日:2015.6.16】
名君、徳川光圀が愛したといわれる桂岸寺の庭園「保和苑」。
初夏、約6000株の色鮮やかなあじさいが織りなす絶景は、そこを訪れたたくさんの人-々の目を魅了します。

歩数【6000】歩・移動距離【18】km

“休眠預金”を公益に活用/年間500億〜600億円

休眠預金 “眠れる預金(休眠口座)”を福祉や教育、地域活性化に生かそう――。金融機関に10年以上(ゆうちょ銀行は5年以上)、放置され預金者が現れない「休眠預金」が、年間500億〜600億円も生じています。このお金を預金者に払い戻す努力を尽くした上で、民間の公益活動に活用しようと、公明党を含む超党派の議員連盟が法制化を進めています。議員立法として今国会に法案を提出する予定です。

児童養護、難病、地域おこし…民間団体の活動をサポート等に活用
 休眠預金の活用は、人口減少・超高齢社会の到来を背景に、行政だけでは対応し切れない問題の解決のために、民間の公益活動を促進させることが目的です。
 超党派で準備している法案によると、休眠預金は、金融機関から「預金保険機構」に移管された後、「指定活用団体」に交付され、そこから支援対象団体を選定する「資金分配団体」を通じて、助成や貸し付け、出資が行われます。
 資金分配団体および支援対象団体は、公募で決定。預金保険機構に移管された後でも、預金者が現れた場合は、当然払い戻されます。
 支援対象となる団体の活動分野は、(1)子ども・若者の支援(2)日常生活等を営む上で困難を有する者の支援(3)地域活性化等の支援――の三つ。
 その具体例について、(1)の事例で考えられるのは……。
 児童養護施設で生活をしてきたA君は、苦学の末に大学合格を勝ち取った。学費は何とか奨学金で賄えるものの、住宅費を含む全ての生活費が大きな負担に。しかし、施設退所後、NPO法人(特定非営利活動法人)が運営する退所者向けの支援住宅に住むことができ、共同生活を送りながら大学の授業に出席。無事卒業し、就職を果たした。
続きを読む

2015年6月25日(木) 晴れ

JR大みか駅で骨髄バンク登録への告知

骨髄バンクの登録推進について茨城県薬務課からヒアリング

茨城空港利用促進等協議会定期総会

慶応大学商学部・加藤一誠教授の講演「地域が支える茨城空港〜転機を好機に」

水戸市内で設計事務所経営者と意見交換


6月28日から日立市スーパープレミアム商品券一般販売
6月28日から日立市スーパープレミアム商品券の一般販売がスタートすることをご案内しました。
日立市の商店等における消費を喚起し、商店街のにぎわい創出と活性化を図るとともに、割引販売等により子育て世帯や高齢者の生活支援を行うことを目的に、”日立スーパープレミアム商品券”が発売されます。
プレミアム商品券は、1セット商品券6000円分が1セット販売価格5000円で購入できるもので、今回は1セットにつき20%のプレミアム、1000円分もお得になっており、販売数は8万セットとなっています。

歩数【6000】歩・移動距離【82】km

骨髄バンクの登録数が初の減少、若者への啓発に力点を

骨髄バンクの登録数 白血病や再生不良性貧血などの血液の難病の治療として、骨髄の移植は重要な治療法の一つです。茨城県の骨髄バンク事業は、2014年度のドナー登録者数が、1992年に登録制度開始がスタートして以来、初めて減少に転じたことが明らかになりました。新規登録者が減少し、ドナー登録年齢の上限となる54歳を超え、登録抹消となる人が増えているのが主な要因です。茨城県はボランティア団体などとの連携を強め、特に若年層への啓発活動を強化していく方針です。
 骨髄バンクでドナー登録できるのは18〜54歳までの健康な人。茨城県の2014年度(今年3月末現在)の登録者数は8190人で前年比16人の減少となりました。人口1000人当たりの登録者数は5.97人で全国30位でした。
 年齢別(4月末現在)では、10代が0.2%、20代が13.9%と低く、30代が31.7%。40代が42.6%、50代が11.5%となっています。
 近年は新規登録者数も減少傾向で、登録抹消者はドナーの高齢化が影響し徐々に増加しています。14年度は新規登録者が337人だったのに対し、抹消者は353人に上り、初めて逆転現象が起きました。
続きを読む

2015年6月24日(水) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告(地方創生への取組について)

いばらき出会いサポートセンターを視察、結婚支援について担当者と意見交換

高萩市内で県議会報告


神保シェフと茨城をたべようvol.3(そら豆を使ったオリジナルレシピ)
茨城県で採れる旬の食材を使った神保シェフ・オリジナル”簡単”レシピを御紹介する番-組です。

歩数【6000】歩・移動距離【177】km

“いばらき出会いサポートセンター”を公明党青年委員会が視察

茨城出会いサポートセンター視察 6月24日、公明党青年委員会の新妻ひでき参議院議員と、茨城県議会公明党議員会は、「いばらき出会いサポートセンター」を視察し、県少子化対策室長やサポートセンターの責任者から説明を聴取しました。県議会公明党の井手よしひろ、高崎すすむ、八島功男県議が参加しました。
 合計特殊出生率は人口動向を示す指標の一つです。人口を維持するに必要な合計特殊出生率は2.07。この水準を割り込むと、人口の維持は出来ません。日本は約40年間、この数値に達していません。今年、3月に政府は今後5年間で重点的に取り組む施策を少子化社会対策大綱にまとめました。今回の大綱で初めて結婚支援が盛り込まれました。結婚するか否かは個人の選択の問題。行政が介入すべきではないと、今までは避けてきました。ただ少子化に歯止めがかからず、仕事と子育ての両立支援策の拡充などの対策だけでは不十分と、方針を大きく転換したのです。
 2014年の婚姻件数は64万件で戦後最低を記録しています。結婚したい若い世代の支援を進める一方で、妊娠しやすい年齢など家族形成に必要な情報も提供していくことにしています。
 こうした国の方針の中で、茨城県の結婚支援の体制整備は、全国の成功事例として高く評価されています。
成婚実績 「一般財団法人いばらき出会いサポートセンター」が仲介し結婚したカップルは、今年(2015年)5月末で1403組に達しました。
 センターは、晩婚化の抑制などを目的に2006年6月に開設。市町村やNPO法人と連携した「ふれあいパーティー」を開催して、行政が若者の出会いの場を積極的に提供するなど、その取り組みは全国的にも注目されています。
 会員数も開設時の815人から2960人(5月1日現在)と約3.5倍に増加し、異性との出会いの機会も増えています。
続きを読む

2015年6月23日(火) くもり時々雨

JR大みか駅で県議会報告

ひたちなか市の日帰り温泉施設を調査(木質パレットボイラーの視察)

県議会で森林活用の活性化、木質バイオマスの活用についてヒアリング

桜川市で新中核病院の整備状況についてヒアリング

桜川市で県議会報告


END ALS CM 「ONE TRY,ONE LIFE」
ALSは治せる病気だと証明したい。
https://end-als.com/

歩数【3000】歩・移動距離【187】km

日立市内企業、放射性物質で汚染された土壌の減容化装置開発

アースセーバー(日立機械様のHPより)
日立機械が開発した“アースセーバー”
 東京電力福島第一原発事故で汚染された土壌を水で洗浄する移動型の装置を、日立市の工作機械商社「日立機械」が開発しました。“アースセーバー”と名付けられたこの装置は、放射性物質で汚染された土を高圧水で研磨・洗浄し、約9割を元の土壌に戻せる装置です。汚染土を1割に減容化できます。“アースセーバー”は10トントラックの荷台に組み込まれ、「フレコンバッグ」と呼ばれ、汚染された土が入る黒い袋が仮置きされている現場で、移動しながら減容処理が出来できます。
 減容化に必要なのは、水のみです。フレコンバッグ内の土をいったん、装置内に取り込んで高圧洗浄することで、土の粒の表面を削り落とし、放射性物質を取り除きます。削り出された表面の粒は、最終的に25ミクロン以下まで細分化され凝集剤で固形化。汚染部分の土は容量全体の10分の1まで減らし、大半の土が再利用できるようになります。
 環境省の実証実験で効果が確認され、除染で出た土壌の再利用が期待できます。環境省は今後、洗浄された土壌を再利用するための仕組みづくりを検討する方針です。
 日立機械の松山浩一社長は、もともと災害時に泥水を飲料水に変える給水装置を開発していました。日立機械の環境企画室の小林充典室長が東日本大震災後、汚染土を高圧洗浄すれば、表面の放射性セシウムがはがれ落ちることに着目。給水装置と組み合わせて2011年秋、試作品の開発にこぎつけました。移動型の土壌除染装置として13年5月に特許を取得しました。
 表土をはぐ除染作業ででた土をふるいにかけて、1.5ミリ以下のものを高圧ジェット水流で研磨して、表面に付いた放射性セシウムを落とし、洗浄後の土壌と分離、2.洗浄の際に汚染された水に専用の凝集剤を入れて、水とセシウム付着の粘土を分離、3.セシウムの塊を取り出す、という工程です。
続きを読む

2015年6月22日(月) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告

水戸保和苑の紫陽花を視察

県議会で子どもの貧困に対する支援策をヒアリング

市道脇の樹木伐採要望か所を現地確認

保和苑の紫陽花
水戸市・保和苑の紫陽花まつり
水戸市の保和苑では、西洋あじさい、がくあじさいなど約60種6,000株のあじさいが色鮮やかに咲き誇り、皆さまのお越しをお待ちしています。
期間中は、保和苑を中心とした水戸のロマンチックゾーンで、様々な催しが行われますので、ぜひお越しください。
あじさいまつり:6月14日(日)〜7月5日(日)

歩数【3000】歩・移動距離【141】km

子どもの貧困対策法成立から2年、就学支援などに全力

子どもの貧困率 生まれ育った環境によって将来が左右されない社会をめざし、公明党がリードした子どもの貧困対策推進法。2013年6月の成立から2年が経過しました。
 子どもの貧困対策推進法は、保護者の経済格差が子どもの教育・進学にも影響を及ぼす「貧困の連鎖」を断ち切り、教育の機会均等などを総合的に推進することが目的です。そのために、国や地方自治体など関係機関が密接に連携して貧困対策に取り組むよう定めています。教育、生活、保護者の就労、経済的支援――などで総合的に対策を推進するための大綱策定も規定しています。これを受け政府は、14年8月に「子供の貧困対策に関する大綱」を閣議決定し、「わが国の子どもの貧困の状況が先進国の中でも厳しい」との危機感を示しました。
 平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らしている18歳未満の子どもの割合を示す「子どもの貧困率」は、1990年代から上昇傾向にあります。厚生労働省の2014年7月の調査で、12年には16.3%と過去最悪を更新しました。この数字は、OECD(経済協力開発機構)加盟34カ国中で25位に甘んじています。
 親から子への貧困の連鎖を断ち切るため、政府は具体的な対策として、学校教育による学力保障を徹底し、教育費の軽減を図るほか、幼児教育の無償化、夜間中学の設置推進などを相次ぎ掲げました。親の就労や、学び直し支援にも取り組みます。
続きを読む

2015年12月21日(日) 雨

鉾田市議会議員選挙告示、水上美智子候補の出陣式で挨拶

鉾田市議選、入江晃候補の陣中見舞い

鉾田市内で県政懇談会を開催

“竜神カート”を視察、レンタル用カートを試乗

鉾田市議選出陣式
鉾田市議議会議員選挙水上美智子候補の出陣式
鉾田市議選が告示されました。鉾田市議選は定数20(定数2減)、公明党から現職のいりえこう(59)、水上みちこ(52)の両氏が出馬し、現有議席の死守に挑みます。
立候補予定者は公明2のほか、共産2(現)、無所属20(現12、新8)の計24人で大混戦の様相です。他陣営から切り崩しの的となっている公明2氏の勝利には、攻めに徹する支持拡大が急務です。
<公明党の実績> 
◆子どもの医療費無料化を中学3年生まで拡充
◆65歳以上の高齢者のみの世帯へ救急医療情報キット導入
◆国体開催に向け、クライミングウォール設置
<公明党の政策> 
◇地域包括ケアシステム構築を推進
◇少子化対策を進め、子どもを産み育てやすい環境を整備

歩数【3000】歩・移動距離【141】km

一般道を走れる、レンタル“カート”が常陸太田に誕生!

竜神カート
 6月21日、県北地域の街おこしに新たなキラーコンテンツが登場しました。一般道路(公道)を走行できるレーシングカート(ゴーカート)のレンタルサービスが、常陸太田市内でスタートしました。普通運転免許証さえあれば誰でも運転OK、バンジージャンプで注目を浴びる竜神ダムや袋田の滝、日立の海岸など、県北地域の観光の足としても注目されます。
 レンタルカート店“竜神カート”を運営するのは“HOIme(ホイミー)”。これまで県北エリア活性化を目的とした催しや企画提案などに関わってきた実績があり、「新たな観光の目玉の一つ」としてレンタルカート事業に参入しました。
 井手よしひろ県議は、オープン当日竜神カートを訪れ、河村甲児店長、広報担当の保科洋以智さんをはじめ関係者からお話を伺いました。
 常陸太田市では“バンジージャンプ効果”で竜神大吊橋を訪れる観光客が増えていることから、保科さんは「大吊橋までの道のりも楽しめる仕掛けを考えたい」と語っています。
 「水戸市、高萩市、大子町などに乗り捨てができる発着所を整備し、県北エリアをカートで周遊できる」構想も検討するとのことでした。
続きを読む

2015年6月20日(土) 晴れ

日立市スーパープレミアム商品券の先行販売の状況を調査(多賀市民プラザ、南部支所、市役所臨時庁舎)

日立市内5か所で県議会報告(スーパープレミアム商品券の発行状況などについて)

駐日ベトナム特命全権大使ドァン・スァン・フン閣下の歓送会に出席。ベトナムとの友好親善などについて関係者と意見交換

駐日ベトナム特命全権大使ドァン・スァン・フン閣下歓送会駐日ベトナム特命全権大使ドァン・スァン・フン閣下の歓送会
駐日ベトナム特命全権大使のドァン・スァン・フン閣下の歓送会に出席し、公明党を代表して挨拶をさせていただきました。
フン大使は、3年半にわたる在任中、日本とベトナムの友好親善、特に茨城県とベトナムとの橋渡しにご尽力をいただきました。今般、ドイツ大使として赴任することになりました。

歩数【3000】歩・移動距離【91】km

小中一貫校の制度化、保護者の理解得て円滑に導入を

つくば市の小中一貫教育のイメージ 6月17日、「学校教育法等の一部を改正する法律案」が、参議院本会議において賛成多数で可決、成立しました。これによって「義務教育学校」の名称で、小中一貫校が正式に制度化さらます。平成28年4月1日から施行されます。義務教育学校は国公私立のいずれも設置でき、希望する自治体では順次導入していくことになります。小学校6年、中学校3年の「6・3制」の変更を可能にする、この法改正は1947年の学校教育法制定以来の大きな改革となります。
 小中一貫校は、今までも特例として認められ、先行実施している自治体で成果を挙げています。文部科学省の調査では、一貫教育の実践校のうち9割近くが「成果が認められる」と回答、利点として(1)中学校入学に伴う環境の変化で不登校などを起こす「中1ギャップ」の解消(2)子どもの学力や生活態度の向上(3)小・中学校の教員同士の交流による授業内容の改善――などが挙げられています。
 小中一貫校を視察した公明党議員にも「少子化で一人っ子が増える中、中学生が小学生を弟や妹のように気に掛け、小学生が悩みを相談するなど情操面でも良い影響がある」などの声が寄せられています。
 2011年度から小中連携を進める埼玉県入間市では、2009年度に22人いた中学1年生の不登校が昨年度、他市から転入した2人を除きゼロとなりました。
続きを読む

日立市議会:三代勝也市議の6月議会一般質問から


6月17日、公明党の三代勝也日立市議が一般質問に登壇。空き家対策、難聴児対策、市営墓地の管理充実など質問しました。この動画は、空き家対策を質問している模様です。

1.日立市の空き家について
日立市の空き家対策については4年前にも質問をいたしました。本年5月26日に「空き家対策に関する特別措置法」が完全施行されたこともあって、再度質問をさせていただきます。空き家についての質問は、昨日の吉田議員の質問と重なる部分が多いと認識しておりますが、ご答弁のほどよろしくお願いいたします。
続きを読む

2015年6月19日(金) 雨

茨城県土地家屋調査士政治連盟の定期総会に出席、空き家対策などで意見交換

城里町議と意見交換

地域密着型シェアハウス“コクリエ”のオープンパーティに出席、地域活性化の度について意見交換


磯山さやかの旬刊!いばらき『つくばの科学技術』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんがつくば市で「セグウェイシティツアー」を紹介します。
つくばは国内で唯一公道を走行して街中を散策できるセグウェイシティツアーを実施しております。セグウェイは重心移動で進む乗り物で、インストラクターによる講習もあるので安心してお楽しみいただくことができます。ツアーでは、研究学園都市らしい実物大ロケットの展示のある「つくばエキスポセンター」やつくば駅の周辺をセグウェイで巡ることができます。
皆さんもつくばでセグウェイ体験してみませんか?

歩数【6000】歩・移動距離【86】km

明日(6月20日)から、キッズ・シニアに対するプレミアム商品券の先行割引販売!

商品券先行販売
キッズ・シニアに対する日立市スーパープレミアム商品券の先行割引販売について

対象者: 日立市民で、次のいずれかに該当する方。いばらきキッズクラブカードを持っている方(年齢が18歳未満の子どもがいる世帯)。いばらきシニアカードを持っている方(65歳以上の高齢者のかた)
先行割引販売の内容
いばらきキッズクラブカード、又はいばらきシニアカードと購入申込書を先行割引販売窓口にお持ちの方が、1セット5000円(6000円分の日立市スーパープレミアム商品券)を4000円で購入することができます。
購入上限はカード1枚につき2セットまでです。
混乱を避けるため、一般販売に先行して販売します。
販売期間中は窓口がたいへん混雑します。対象となるカードがない方は、販売期間までに、いばらきキッズクラブカードは子ども福祉課、各支所、いばらきシニアカードは高齢福祉課、各支所で発行手続きをしてください。
売れ切れ次第、販売を終了します。
販売期間:6月20日(土)〜6月27日(土)
販売場所:日立市役所臨時庁舎B棟2階大会議室、十王支所、日高支所、豊浦支所、西部支所、多賀支所、南部支所(土・日曜日の日高支所、豊浦支所、西部支所では商品券販売以外の業務は行いません)
販売時間:土・日曜日 午前9時〜正午、午後1時〜5時
     平日 午前8時30分〜午後5時15分
先行割引販売の購入方法:事前に、市報や下記に掲載しております「プレミアム商品券割引購入申込書」に必要事項を記入し、いばらきキッズクラブカード又はいばらきシニアカードと共に先行割引販売場所に提出してご購入ください。

参考:プレミアム商品券購入割引申込書(PDF形式 118キロバイト)

日立市議会:下山田幹子市議が一般質問に初登壇


6月16日には、4月の統一選で初当選した下山田幹子議員が初登壇しました。
放課後児童クラブの充実について、日立市の対応を質問しました。

1.放課後児童クラブについて
 人口減少が大きな問題となっている日立市ですが、全国平均と比べましても、若い20代から40代の女性の減少が顕著です。働きながらも、子どもを産み育てやすい環境をつくることによって、若い子育て世代の定住化、女性人材の確保に繋がると確信いたします。その意味におきまして、保護者が就労等により昼間いない間、安全に子どもを見守ってもらえる放課後児童クラブの拡充は、大変重要な施策となっております。
 さて、今年度よりすべての公設放課後児童クラブは、学校・保護者・地域で構成する「運営協議会」によって、運営されることになり、これまで以上に利用者の意見が取り入れやすい環境になりました。また、受け入れ児童の年齢も、4年生まで拡充されました。
続きを読む

2015年6月18日(木) くもり

JR日立駅で県議会報告

県議会本会議(採決)

茨城町議との意見交換


速報!ねば〜る君が茨城県知事室に乱入!!
ねば〜る君が茨城県知事室に乱入してしまいました。
その様子をどこよりも早く!いばキラTVで配信しちゃいます!
ところでねば〜る君、どうして乱入なんて…。
まさか…“公認キャラ”にしてもらうため…?!
いえいえ違います!実は今回「亀印製菓」さんが開発したねば〜る君のお菓子が発売に-なり、亀印製菓蠅粒Г気鵑表敬訪問していたのです。
そこに現るねば〜る君…はたして結末はいかに?!

歩数【3000】歩・移動距離【90】km




茨城県議会”危険ドラッグ規制条例”を、議員提案で全会一致可決

茨城県議会での採決の模様(イメージ) 6月18日、茨城県議会は6月定例議会の最終日を迎え、議員提案により上程された「茨城県薬物の監用の防止に関する条例」を全会一致で可決しました。9月1日から完全施行されます。
 この条例では、危険ドラッグなど規制対象薬物を「中枢神経系の興奮若しくは抑制又は幻覚の作用(当該作用の維持又は強化の作用を含む。)を有し、かつ、人の身体に使用された場合に人の健康に被害が生ずると認められる物」と広く定義し、規制を加える特徴があります。(条例2条7項)
 薬物濫用の防止に関し、県と県民の責務を明確にし、第10条では、監用またはそのおそれがあると認められるものを、知事が「知事指定薬物」として指定できることにしました。
 そして、「知事指定薬物」は、販売、販売目的での所持・購入、譲り受け、使用などを一切を禁止しています(第12条)。
 また、広告や使用する堤所の提供・あっせんも禁じています。(第12条)
 広告の禁止にあたっては、第17条でインターネット上の広告を掲載したプロバイダーなどに対しても、削除要請できるとしました。
 禁止行為を行った者に対しては警告を発し、従わない者に対しては中止命令をする事が出来る旨規定しました。さらに禁止行為を行った者に対する罰則は、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金を科す事になりました。(第21条) これは、地方自治体が条例で認めることのできる、もっとも重い罰則となりました。
続きを読む

2015年6月17日(水) くもり

JR常陸多賀駅で県議会報告

日立市議会一般質問を傍聴(三代勝也市議)

牛井渕琴夏のFIA−F4参戦を小川春樹日立市長に報告

牛井渕琴夏の記者会見に同席

牛井渕琴夏のFIA−F4参戦をケーブルテレビJ−WAY会長、社長に報告

県議会で6月議会の採決態度などついて最終調整

牛井渕琴夏挨拶
<自動車レース>FIA−F4選手権、女子高生がデビュー
 女性レーサーの新たな挑戦が始まった。国際自動車連盟(FIA)が創設し、今年から日本でも幕を開けた自動車レース「FIA−F4選手権」に、茨城県日立市の高校2年生、牛井渕琴夏(ごいぶち・ことか)さん(16)がデビューした。その報告のため、17日に訪れた日立市役所で小川春樹市長に今後の活躍を誓い、「世界で一番速い女性ドライバーになりたい」と意気込みを見せた。
続きを読む

18歳選挙権、来年夏の参院選より実現へ

 6月17日、選挙権年齢を現行の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法は参院本会議で、全会一致で可決され、成立しました。選挙権年齢の引き下げは70年ぶりです。近く公布され、来年夏の参院選から「18歳選挙権」が適用される見通しとなりました。

公職選挙法改正で何が変わるか?
18、19歳の240万人が投票と選挙運動できるように

世界の選挙権年齢 18歳選挙権の実現で新たに有権者となる18、19歳の未成年者は約240万人です。衆院選と参院選のほか、地方自治体の首長や議会の選挙などで投票ができるようになります。日本で選挙権年齢が変更されるのは、1945年に「25歳以上の男子」から現在の「20歳以上の男女」となって以来、70年ぶりです。
 長らく日本で20歳以上とされてきた選挙権年齢ですが、世界的には18歳以上が潮流となっています。国会図書館が昨年2月、198カ国・地域を対象に行った調査によると、18歳選挙権を導入する国は8割以上を占めています。経済協力開発機構(OECD)に加盟する34カ国のうち、18歳選挙権を導入していないのは日本と韓国だけです。
 今回の改正案が成立すれば、18、19歳による選挙運動も可能となります。このため法案の付則には、買収など重大な選挙犯罪に関わった場合は、少年法の特例措置として成人と同様に処罰されると明記。18、19歳と20歳以上の間で不均衡が生じないようになりました。
 ただし、それぞれの法律に適した成人年齢があるとの考えから、民法と少年法の成人年齢は20歳以上のまま変えていません。今後に向けて改正案の付則には「民法、少年法その他の法令の規定について検討を加え、必要な法制上の措置を講ずる」と規定しました。
続きを読む

2015年6月16日(火) 晴れ

JR大みか駅で県議会報告

日立市議会一般質問を傍聴

県議会公明党政策検討会(6月議会の採決態度の検討)

プレミアムお米券
「県産米プレミアム商品券」(プレミアム付お米券)販売開始
 茨城産米の消費拡大を図ろりため、茨城県では7月1日から販売する「県産米プレミアム商品券」(プレミアム付お米券)の事前応募を6月13日(WEBサイトからは15日)から開始しました。県は購入機会の公平性や購入時の混乱を避けるため、事前応募による抽選としました。
 プレミアム付お米券は、額面5000円(500円券10枚)を3500円で販売します。プレミアム率は30%。販売冊数は2万冊で発行総額は1億円。お米券の購入と利用ができる取扱店は、量販店や米穀店など県内244店舗です。
 応募は取扱店にある備え付けのチラシ内の応募はがきか、専用WEBサイトから、購入希望の取扱店と希望冊数(1人3冊まで)を記入して申し込みます。応募期限は23日までで、当選者には引き換えはがきが発送されます。
 プレミアム付お米券は7月1日から8月31日まで購入可能で、7月1日から来年2月29日まで利用できます。
 電話での問い合わせは日本旅行水戸支店029-224-6332
参考:プレミアム付きお米券専用サイト

歩数【6000】歩・移動距離【94】km

平和安全法制は“違憲”なのか?


 6月16日、井手よしひろ県議は、定例の県議会報告をJR大みか駅前で行いました。地域創生の取組と国会における平和安全法制の問題について、報告しました。動画は、平和安全法に係わる部分です。

 今回の平和安全法制関連法案は、憲法9条と13条の精神に合致しており、日本の国民と領土を守るためには必要であると強調しました。
 平和安全法制の関連法は、憲法の制約があるので、いわゆる日本の武力行使は自国の防衛ためにのみ使えるという限界を画すと同時に、もっぱら他国の防衛のために武力を使うことはやらない、ということをはっきりと決めたものです。
 日本の憲法の考え方、政府の考え方は、9条1項で戦争を放棄して、2項で陸海空の戦力を持たないということを規定しています。一見、非武装を規定しているように読めます。 しかし、憲法の前文では平和のうちに生存する権利を示し、また13条では、国民の人権に対して政府は国政上最大の尊重を要する、と規定しています。
 国民の人権を最も奪う行為が日本に対する武力の攻撃ですから、これを排除するための力は必要です。しかし9条がありますから、それは最小限のものでなければなりません。こういう考え方で、必要最小限度の自衛力を持つことは許されています。
続きを読む

2015年6月15日(月) 晴れ

県議会で6月議会の請願などに対する採決態度を検討

日立市議会代表質問を傍聴

小川春樹日立市長と意見交換

豊田稔北茨城市長と意見交換


【潮来の花嫁を訪ねて。】潮来ウェディングコミッション プロモーションムービー
その魅力を存分に満喫できる、美しい水郷の旅。 潮来の華がある、特別なおもてなし。
お嫁さんが乗った「嫁入り舟」が、あやめ園の船着き場へ。
新郎は、「祝言舟」の船上でお嫁さんを迎え船頭が川を漕いでいきます。
潮来の初夏の風物詩、「嫁入り舟」を通年で運航し、
地域の観光資源として固有の価値を潮来から世界に発信するプロジェクトです。

歩数【4500】歩・移動距離【188】km

日立市スーパープレミアム商品の円滑な発行を

日立市スーパープレミアム商品券のチラシ
 日立市内の消費を喚起し、商店街のにぎわい創出と活性化を図るとともに、割引販売等により子育て世帯や高齢者の生活支援を行うことを目的にプレミアム商品券が発売されます。
 プレミアム商品券は、1セット商品券6000円分が1セット販売価格5000円で購入できるものです。今回は1セットにつき20%のプレミアム、1000円分もお得になっています。販売数は88万セットとなっています。
 スーパープレミアム商品券は、一般商店専用券、大型店・一般商店共通券の2つに分かれています。(一般商店専用分は、売り場面積1000平方メートル以上の大型店舗では使用できません)
続きを読む

2015年6月14日(日) 雨のちくもり

ツインリンクもてぎでモータースポーツの振興について意見交換

常陸太田市で県政懇談会

県議会報告会(日立市民会館)

ツインリンクもてぎでのカートの練習風景
ツインリンクもてぎ(北シュートコーズ)でのカートの練習風景
この5月にフォーミュラーカーの新たなカテゴリーF4にデビューした、日立市在住の女性ドライバー・牛井渕琴夏さんのカートでの練習風景を視察しました。
ケーブルテレビJ−WAYのクルーも取材の訪れていました。

歩数【3000】歩・移動距離【142】km

茨城県議会一般質問【八島功男県議が新教育長に質問】


2015年6月10日、茨城県議会一般質問が行われ、公明党の八島功男県議が登壇。八島県議は、改正地方教育行政法による新しい教育委員会制度改革については、知事はじめ教育長に何度も質問をしてきました。
今回は、議会の同意を得て、知事より直接任命された新教育長に、その責務や教育長としての抱負をただしました。

新しい教育委員会と新教育長の責務について
 新しい教育委員会と新教育長の責務について教育長に伺います。
 改正地方教育行政法による新しい教育委員会制度改革については、知事はじめ教育長に何度も質問をして参りました。ここでは、議会の同意を得て、知事より直接任命された新教育長の責務や教育長としての抱負について伺います。
続きを読む

2015年6月13日(土) 晴れ

コミュニティNETひたち定期総会に参加し、シニアの社会参加などについて意見交換

骨髄バンクを進めるいばらきの会定期総会に出席し、茨城県内の移植医療の推進について意見交換(つくば市内)


磯山さやかの旬刊!いばらき『アクアワールド大洗』
「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんがアクアワールド大洗で「水族館体験ツアー」を紹介します。
アクアワールド大洗では水族館の裏側を見学するツアーを毎日開催しています。いつもは入れない水族館の裏側で迫力満点の世界を体験できる人気のイベントです。サメの水槽を上から覗くとたくさんのサメが悠々と泳ぐ姿が見えます。変わった形のサメの卵を触ってみたり、展示前の可愛いサメの赤ちゃんに出会える貴重なチャンスです。
皆さんもアクアワールド大洗の裏側をのぞいてみませんか?

歩数【6000】歩・移動距離【222】km

平成27年6月茨城県議会一般質問【八島功男県議】


6月10日、茨城県議会一般質問が行われ、公明党の八島功男県議が登壇。地方創生に関連して、茨城県版総合戦略の取り組みを知事に質問しました。

 地方創生のキーワードは「人」です。「まち・ひと・しごと創生本部」の名称の通り、「まち」と「しごと」の真ん中に「ひと」がある、このことが重要です。「ひと」が要であり、県民が中心になければ、地方創生は所詮、形だけに終わります。
 「ひとが生きる、地方創生」、そのために県、市町村における行政サービス、特に医療・介護などの社会保障や教育の充実・確保を図りつつ、同時に、地域で生計が立てられるよう、“なりわい”としての産業と雇用の場を確保する、この両輪をかみ合わせながら、茨城らしい個性あふれる、安心して住み続けられる茨城県をつくっていく、それが地方創生だと考えます。
 私は、今回の一般質問で、人が生まれてから亡くなるまでの生涯の有り様を鑑み、「切れ目ない」と「見える化」の視点から行政施策と行政システムについて橋本知事はじめ各部部長に伺いたいと思います。
続きを読む

2015年6月12日(金) 雨のち晴れ

県議会総務企画委員会


国道245号・水木昇開式可動橋
島田大輔さんの撮影による国道245号線に設置された“可動式の横断歩道橋”。2014年10月18日〜19日撮影。茨城県日立市水木町。

歩数【6000】歩・移動距離【82】km

平和安全法制における自衛隊の国際貢献

 平和安全法制の関連法案の審議が進む中、共産党などからは、戦争法案であるとか、自衛隊の活動が外国軍隊の戦闘に巻き込まれ、日本が「殺し殺される」国になるなどと、事実と異なる悪宣伝が繰り返されています。
 こうしたことを踏えて、6月11日の朝の県議会報告会では、平和安全法制における自衛隊の国際貢献にして、私見を述べさせていただきました。

自衛隊の海外派遣の3原則
自衛隊海外派遣の3原則 実力組織である自衛隊を海外に派遣する以上、法律上の明確な根拠が必要です。公明党は、々餾殍‐紊寮掬性、国民の理解と国会の関与など民主的な統制、自衛隊員の安全確保など「海外派遣の3原則」を強く主調し、法案に盛り込みました。もう少し分かりわかりやすく言うと、自衛隊の海外活動の前提条件は、国連決議と例外なき国会承認、自衛隊の安全確保ということになります。これを国会審議で安倍晋三首相も「北側三原則」と表現しました。
 更に憲法に適合し、法律上の要件が満たされば、自衛隊が必ず海外派遣されるわけではありません。そこには、政策判断の3つの指針が明確になっています。
 第一の指針は、「我が国の主体的判断」です。自衛隊の派遣はアメリカの要請によって行われるというようなことを軽々しく発言する政治家がいますが、独立国家である日本の国会の威信それ自体を軽んずる言質です。時の政府は、国益を踏まえ自衛隊の果たすべき役割を決定します。当然、国民に支持も求められます。
 第ニに「自衛隊にふさわしい役割」です。自衛のための装備を専らとする自衛隊には、戦闘能力、人員には限界があります。当然、予算面でも厳しい制約があることは言うまでもありません。
 そして、第三が「平和的外交努力」です。何よりもこれが大事です。紛争を未然に防止する外交努力で平和を保つのが大前提です。非軍事分野での貢献を考慮に上で、政策判断するのです。
続きを読む

日本創世会議の【東京圏高齢化危機回避戦略】への疑問符

中央公論7月号 中央公論7月号を入手し、日本創成会議・首都圏問題検討分科会が公表した「東京圏高齢化危機回避戦略」提言に目を通しました。この中で、指摘されていることは、
  • 東京圏(東京都、埼玉県・千葉県、神奈川県の一都三県)は、急速に高齢化し、後期高齢者は、10年間で175万人増える。
  • 千葉県、埼玉県、神奈川県の方が、東京都より高齢化比率が高くなる。
  • 東京都区部は、若者が流入する一方、高齢者は流出している。
  • 東京圏の大規模団地は一斉に高齢化が進み、高齢者が取り残される。
  • 東京圏では入院需要が10年間で20%増加する。
  • 介護需要は、埼玉県、千葉県、神奈川県では10年間で50%増加する。
  • このままでは、東京圏の周辺地域で医療不足が生じる。
  • 東京圏全体で、介護施設等の不足が深刻化するおそれがある。
  • 東京圏において、医療介護態勢の大幅な増強は難しい。
  • 医療介護には「人材制約」が最も大きな課題となる。
  • 地方からの人材流入がさらに高まる。

 こうした具体的な課題・問題を明らかにした上で、医療介護サービスの「人材依存度」を引き下げることや、既存の社会資本、空き家などの活用、一都三県の広域連係などを提案しています。
 さらに、医療と介護態制(施設、人材)に比格的に余力のある地方への移住を、国および地方自治体が積極的に取組むべきであるとしています。
続きを読む

2015年6月11日(木) 晴れのち雨

JR日立駅で県議会報告

日立市議会議員との意見交換(県北3市の広域連携、福島県浜通り地域との広域連携など)

県議会本会議(一般質問)


タイムラプス・微速度撮影
suponshirara0157さん制作のタイムラプス動画です。詳細の説明はありませんが、茨城県各地域の素晴らしい風景が綴られています。普段見慣れた光景が、タイムラプスという映像手法で感動的に蘇ってきます。

歩数【3000】歩・移動距離【90】km

地域医療と総合医育成の場“北茨城家庭医療センター”を視察

北茨城家庭医療センター視察 6月8日、井手よしひろ県議は、北茨城市議の豊田弘俊、蛭田千香子両議員とともに、北茨城市民病院と市民病院附属家庭医療センターを視察しました。
 家庭医療センターは、この6月1日にサービスを開始。地域に根ざした診療通所として、外来診療はもとより在宅医療、保健予防 事業を実施します。さらに、筑波大学の教育拠点として、医学部学生の教育、総合診療医、家庭医の養成を行うなど将来的な医師確保に向けて、全国のモデルとなる先進的取組みでもあります。
 北茨城市の南部、中郷町上桜井地区に立地する家庭医療センターは、敷地面積2013平方メートル、軽量鉄骨平屋建てで、延床面積は582平方メートル。標榜科目は内科、小児科、心療内科ですが、総合診療医の育成をめざす施設でもあり、地域の診療所、かかりつけ医として、気軽に診療を受けることができます。北茨城市民病院との電子カルテシステムがオンライン化されており、レントゲン・ CT・MRIなど様々な検査データも共有され、患者の利便性が高まっています。
続きを読む

平和安全法制は憲法9条、13条に照らして”合憲”

JR日立多賀駅での県議会報告 6月10日、井手よしひろ県議は、JR常陸多賀駅前で行こなった県議会報告で、県議会6月定例議会の一般質間の内容などについて報告しました。あわせて、国会における「平和安全法制」の関連法案審議についての見解を述べました。
 6月4日の衆院憲法審査会の参考人質疑で、憲法学者が「これまでの政府の憲法解釈を超えている」などと発言。関連法案を「違憲」であると述べました。これを受けて野党は一勢に、法案に対する対決姿勢を強めています。
 こうした憲法学者の意見は、今回始めて提示されたものではありません。憲法学者の意見は真摯に受けとめた上で、国や政府が国民の生命と国土を守る責務を負っていることは否定できない事実あることを再確認すべきです。
 私たち公明党は、憲法9条を断固守る立場です。国際間の紛争解決に武力を使用することは認めません。他国を攻撃するための軍隊は持ちません。しかし一方、憲法13条には、国民の幸福追求権が認められ、国民を守る義務が政府には課せられています。
 この憲法9条と13条をどのようにバランスを取って、国民を守っていくか、これが平和安全法制の”肝”なのです。
 自衛権について、政府や自民党の一部には、他国の防衛を目的とした国際法上の集団的自衛権の行使を認めるべきだとの考えもありました。しかし、これでは憲法解釈の枠を超えてしまいます。
 そこで、公明党が憲法の番人ともいわれる内閣法制局などの意見を充実に尊重して、1年半にわたる与党協議を通じて「日本の自衛のための武力行使に限る」という制約を強く主張し、実現させました。今回の平和安全法制関連法には、この方針に基づいた「新3要件」など二重、三重の歯止めが設けられたのです。
 公明党が与党協議などで実現させた制約が、平和安全法制の法体系をバランスの良いものにしました。この平和安全法制は憲法解釈の枠を超えるものではありません。今後、仮に司法の判断を受ける機会があったとしても、充分にそれにたえられるものであると確信します。
続きを読む

2015年6月10日(水) 晴れ

JR常陸多賀駅で県議会報告

県議会本会議(一般質問)

県議会一般質問に公明党の八島功男県議(土浦市選出)が登壇

八島功男議員の一般質問
八島功男県議が地方創生の取組みについて橋本知事に質問
 6月10日、公明党の八島功男県議が一般質問に登壇。「地方創生のキーワードは人」、「『まち・ひと・しごと創生』の名称の通り、まちと仕事の真ん中に人があるのが重要。県民が中心になければ、地方創生は形だけに終わる」と、知事に訴えました。
 また、県や市町村の総合戦略策定が進む中、ビッグデータ活用や広域連携の重要性を指摘し、「県民に『選ばれる茨城』の将来像を示すことが必要」と強調しました。

歩数【3000】歩・移動距離【90】km

空家対策特措法の完全実施、市町村の体制整備を

 6月1日より、空家対策特措法が完全実施されました。総務省の住宅・土地統計調査の結果から空き家の状況をみてみると、平成25年の全国の住宅総係数6063万件の内、空き家は819万件、空家率は13.52%に上ります。驚くことに8軒に1軒が空き家ということになります。平成20年に比べて、62万件以上増加したことになります。
 茨城県では、住宅数が126万件余りですが、空き家は18万件余りで、空き家率は14.56%と全国平均を上回っています。
 一方、日立市においては、空家数は1万7010件、空家率が18.17%と高く、空家数は水戸市についで2位、空家率では4位となっています。
 空家対策特借法では、所有者の特定のために固定資産税の納税者情報の利用を認めています。倒壊や周辺へのゴミ不法投棄が深刻な場合、市町村の立ち入り調査も可能となります。修繕や取り壊しの命令に従わなかったり、所有者が不明であったりする場合は、代執行もできるようになります。
 しかし、固定資産税の優遇税制の弊害はいまだに解消されていません。現在の制度では、敷地が200平方メートル以下の場合、住宅を建てると固定資産税は原則6分1に減額され、空き家になっても変わりません。解体して更地にすると税は元に戻ってしまいます。つまり、固定資産税が6倍になってしまうのです。所有者が解体に消極的になるのは解体費の念出の課題もありますが、この固定資産税の負担僧の問題があります。放置空き家への税優遇の取り消しや、解体後の優遇継続などの手段が必要です。
続きを読む

2015年6月9日(火) 雨のちくもり

県議会一般質問の最終調整

北茨城市家庭医療センター、市民病院を現地調査

琴夏“夢”プロジェクト打ち合わせ


FUNDACION ARGENTINA DE TRASPLANTE HEPATICO "The Man and the Dog"
アルゼンチン版忠犬ハチ公。最後に流れるメッセージは、「Become an organ donor」(臓器提供者になってください)とあります。

歩数【6000】歩・移動距離【190】km

東海第2原発は再稼働させず廃炉に

150322blog_top
この度、平成23年1月から27年1月までの4年間の茨城県議会公明党の活動記録を『復興から創生へ』とのタイトルで記録誌にまとめました。このブログでも、その内容を紹介します。
第4回目は、井手よしひろ県議のレポートです。

東海地区を廃炉技術発信の拠点に再整備
 日本原子力発電東海第2発電所(以下、東海第2原発)の再稼働問題は、茨城県にとって非常に大きな課題です。
 2011年3月11日、東日本大震災が発生。東海第2原発は、震度6弱の地震によって緊急停止。一時的に全ての外部電源が喪失。津波によって非常用自家発電源の3系統のうち1系統が冠水し喪失。もし、津波があと70センチ高かったら福島第1原発と同じような深刻な事態となる可能性がありました。
 茨城県議会公明党は、東海第2原発の再稼働に対して、繰り返し現地調査を行うと共に、事業者から説明聴取を行ってきました。また、事故を起こした福島第一原発、震災で大きな影響を受けた福島第2原発、女川原発、六ヶ所村の再処理施設なども現地調査しました。こうした、調査と党の基本的な原子力政策をもとに、「東海第2原発は再稼働させずに廃炉にすべき」だと主張しています。
東海第2原発
続きを読む

2015年6月8日(月) くもりのち雨

水戸市内で障がい者の就業支援事業について意見交換

土浦事務所にて県議会6月議会一般質問について打ち合わせ

美浦村村内で県政懇談会

一石屋
ウェブデザイン・制作などを手掛ける“一石屋”さんを訪問しました。
一石屋さんは、この春から障害者就業支援の取り組みを本格的にスタート。体にハンデキャップを持った3人の方が、インターネットに関わる仕事に就くため、様々な訓練を受けています。
といっても、雰囲気は和気あいあい。特にお食事どきにお邪魔しましたので、スペシャルないなり寿司のフルコース?をご馳走になりました。有意義な語らいの一言時を待つことができました。

歩数【7000】歩・移動距離【233】km

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
ブログ記事検索
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: