2017年08月

2017年8月18日(金) くもりのち晴れ

ひたちなか市で県議会報告・要望聴取(県道整備、道路補修、動物愛護の推進など)


日立市役所・新庁舎フロア案内
日立市役所では、平成29年7月18日から新庁舎での業務がスタートしました。そこで、新庁舎の主な機能と市役所1階から7階までの各フロアをご案内します!

歩数【6000】歩・移動距離【76】km

県知事選の期日前投票、8月15日現在で前回の2.19倍

日立イトーヨーカ堂
 8月27日の茨城県知事選挙の投票率向上を図るため、県選挙管理委員会は様々な広報活動を展開しています。現職と共産党推薦の新人との対決構図となった前回2013年の投票率は過去3番目に低い31.74%に止まりました。今回は選挙年齢が「18歳以上」に引き下げられてから初めての知事選のため、特に若年層を対象に投票率の底上げを目指しています。
 県内44市町村では11日から期日前投票がスタートしています。2003年に導入された期日前投票は有権者に浸透してきており、投票者は前回知事選の18万2364人から、昨年の参院選では39万6825人に増大しています。今回は参院選より設置場所が4カ所増えて計135カ所となりました。日立市の商業施設・イトーヨーカ堂や神栖市のホテルに新設されました。
 昨夏の参院選に続いて、常磐大学や茨城大学(水戸キャンパス、日立キャンパス)、茨城キリスト教大学などの県内4大学の5カ所に期日前投票所が設置されます。開設日は常磐大は21日、茨城大は22日で、いずれも午前10時〜午後4時。常磐大では学生が立会人や案内係を務めます。

続きを読む

2017年8月17日(木) くもりのち晴れ

日立市旧庁舎で行われる“お絵かきイベント「ひたちを描こう!」”を事前視察

県議会で茨城中央工業団地のJR東海への貸し出しについてヒアリング

動物愛護団体のまちなか譲渡施設の整備について現地調査、意見交換

お絵かきイベント「ひたちを描こう!」
お絵かきイベント「ひたちを描こう!」
一生に一度の夏の思い出をつくってみませんか?
市役所の新庁舎と旧庁舎を使用して、日立市で積み重ねられてきた歴史を引き継ぎ、これから新たにつづられる「日立市のストーリー」の出発点のひとつとなるイベント「ひたちカコ・イマ・ミライ2017」がはじまります!
第1弾として「Good Bye!!旧庁舎」と題し、長年市役所としての役割を果たしてきた旧庁舎に、感謝の思いを込めて絵を描く、お絵かきイベント「ひたちを描こう!」が開催されます。
みんなで絵を描いたら、どんな作品ができあがるのでしょうか!?
当日は、公務で参加できませんので、事前に準備状況を視察させていただきました。
思いがこもった、素敵なイベントになりそうです。
描く日 8月19日(土)9時から正午まで
みる日 8月20日(日)9時から正午まで
場所:日立市役所旧庁舎

参加申込み不要です。当日9時から正午までのお好きな時間にお越しください。なお、ペンキなどを使用しますので、汚れてもよい服装でお越しください。また、駐車場には限りがありますので、可能な限り公共交通機関を御利用ください。

歩数【6000】歩・移動距離【35】km

茨城中央工業団地に、リニア中央新幹線の軌道部材製造拠点立地

リニア中央新幹線
JR東海が8年8ヶ月間、総額約9億3000万円で借り受け
 JR東海がリニア関連の製造拠点を、茨城町の茨城中央工業団地に整備することが分かりました。
 8月17日、 井手よしひろ県議は、県事業推進課長よりヒアリングを行いました。説明によると、JR東海が計画するリニア建設プロジェクトの一環で、従来の鉄道のレールなどに当たる軌道部(ガイドウェイ)の側壁を製造します。16日までに県とJR東海は、茨城中央工業団地の工業用地4.3ヘクタールについて、2026年3月末までの貸借契約を締結しました。今後も隣接する2区画について段階的に貸借契約を結び、最終的に計12.2ヘクタールを一体的に活用する計画です。
 茨城中央工業団地はリース方式で、工業用地を貸し出す方式となっており、リニア新幹線の工事が終了するまでの一時的な使用となります。貸付用地するのは4号区画(9.4ヘクタール)と5号区画(2.8ヘクタール)の2区画。貸付単価は4号区画が年額988円/m2、5号区画が896円/m2。3日に分けて段階的に拡大して貸し付けます。全区画貸し付けした時点の貸付額は年額1億1814万円となります。貸付期間は平成29年8月から平成38年3月までの8年8ヶ月間。累計の貸付総額は、ブログ管理者の推計によると9億3000万円となります。

続きを読む

2017年8月16日(水) くもり時々雨

住民相談(末期がんの対応について)

映画「ある町の高い煙突」によるまちおこしについて意見交換

写真展「回顧」〜公式記録係が見たKENPOKU〜を鑑賞、森孝介氏と意見交換

写真展「回顧」〜公式記録係が見たKENPOKU〜
写真展「回顧」〜公式記録係が見たKENPOKU〜
KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭で公式カメラマンを務めた写真家の森孝介氏による写真展が、8月20日(日)まで、日立市角記念市民ギャラリーで開催されています。
芸術祭の準備期間から閉幕までを記録した写真展。県北芸術祭の空気感がよみがえってきます。
公式カメラマンだからこそ撮れた、今日貴重な写真があります。
森さんも在廊しており、思い出話と次の芸術祭への様々な思いを語り会いました。 
●期間 8月15日(火)〜20日(日)
●会場 日立市角記念市民ギャラリー(日立市弁天町1−3−11)
●時間 午前10時〜午後6時
●料金 入館料無料
【森孝介氏のプロフィール】
写真家・映像作家・撮影監督。1980年大阪生まれ。日本大学芸術学部卒業。人懐っこい仕事スタイルで被写体との距離も近い。茨城県北芸術祭では公式カメラマンとして活動。
【茨城県北芸術祭公式HPニュース】https://kenpoku-art.jp/news/7045/

歩数【6000】歩・移動距離【35】km

茨城県知事選挙:8割の投票所で投票時間繰り上げ

投票箱のイメージ
 茨城県知事選挙の投票日は8月27日です。投票時間は、公職選挙法で、原則、午前7時から午後8時までと定められています。しかし、投票時間を繰り上げる投票所が8割近くに上ることが分かりました。
 投票時間は、それぞれの市町村の選挙管理委員会の判断で、投票を締め切る時間を4時間前まで繰り上げることができます。今回の茨城県知事選挙では、県内の44の自治体のうち、35の自治体で投票が午後8時よりも早く締め切られることになっています(繰り上げる市町村の割合は79.5%)。8時まで投票時間を確保する市町村は、水戸市、龍ヶ崎市、牛久市、ひたちなか市、守谷市、稲敷市、阿見町、河内町、美浦村の6市2町1村の9自治体のみです。
続きを読む

2017年8月15日(火) 終戦記念日

新盆の挨拶回り


これで炎上しない! 現代の高校生のためのSNSトラブル回避の教え 〜好きな人に騙されてプライベート画像を送っちゃわないようにしよう篇〜
ねば〜る君が先生になって、子供たちに楽しく学んでもらう番組です。
今回は茨城県立竜ヶ崎第二高校で、「これで炎上しない! 現代の高校生のためのSNSトラブル回避の教え」授業です。

歩数【6000】歩・移動距離【61】km

8・15公明党の終戦記念日アピール

日立市平和の鐘
保有国と非保有国の対話促し、核軍縮を着実に推進
 72回目の終戦記念日にあたり、先の大戦で犠牲となられた内外の全ての方々に謹んで哀悼の意を表すとともに、ご遺族ならびに今なお深い傷痕に苦しむ戦傷病者の皆さまに心からお見舞いを申し上げます。
 かつての独善的な軍国主義が引き起こした植民地支配と侵略は、多くの国々、とりわけアジア・太平洋地域の人々に塗炭の苦しみと損害をもたらしました。
 8月15日は、この戦争の悲惨さと残酷さを後世に伝え、「不戦」と「平和」を誓い合う日です。二度とこのような悲劇を繰り返してはなりません。
 わが国は戦後、「国民主権主義」「基本的人権の尊重」「恒久平和主義」の3原理をもつ日本国憲法の下で今日まで平和を享受し、社会の繁栄を築くことができました。公明党は今後も平和国家の基礎としてこの憲法3原理を堅持してまいります。
続きを読む

2017年8月14日(月) くもり時々雨

県知事選の投票率向上について地域住民との意見交換

ひたちぎんざモール商店街“二十三夜尊イベント”に参加し、商店街活性化について意見交換

大井川かずひこ候補の街頭遊説に同行:笠間市(ショッピングセンター“ポレポレ”)

大井川かずひこ候補の街頭遊説に同行:石岡市(ヨークベニマル石岡店前)

県知事選投票率向上のために意見交換
県知事選投票率向上のために意見交換
8月27日(日)は、茨城県知事選挙の投票日です。
茨城県知事選挙の投票率は非常に低いのが現実です。元竹内知事の不祥事後の知事選投票率は、平成5年9月26日:39.24%、平成9年9月14日:31.87%、平成13年9月16日:29.93%、平成17年9月11日:64.73%(衆院選とのダブル選挙)、平成21年8月30日:67.97%(衆院選とのダブル選挙)、平成25年9月8日:31.74%となっています。
投票率向上には、期日前投票の活用も非常に重要です。期日前投票のできる投票場を駅やショッピングセンター等に設置し、利便性を高めることも必要です。

歩数【6000】歩・移動距離【179】km

8月16日、「水銀に関する水俣条約」発効へ

 8月16日、熊本県水俣市などで発生したメチル水銀による公害病・水俣病を教訓とし、水銀の環境汚染や健康被害を国際的に防止する「水銀に関する水俣条約」が発効します。日本が実現をリードした水俣条約により、水銀の採掘、使用、輸出入、廃棄の全過程で規制されるなど、世界で水銀をめぐる汚染や被害の防止策が進むことになりました。

世界で水銀規制、教訓生かし日本が主導
途上国へ技術支援、15年以内に産出禁止

水俣条約 「水俣条約」は、世界の化学工場、製品などで使用される水銀の環境への排出を抑制し、人々の健康を守ることを目的としています。水俣病の教訓を世界に伝えるため、条約の名前には「水俣」が付けられました。
 水俣病は、工場排水に含まれていたメチル水銀に汚染された魚介類を食べることを通し、人に神経疾患を発生させ、日本の「公害の原点」と称されています。被害者は手足のしびれといった感覚障害、運動失調などに襲われ、特に、汚染魚を食べた母親のおなかの中にいた胎児を含む、子どもは神経系に深刻な影響を受けました。世界的にも、途上国では水銀が環境へと放出され、水俣病と同じ症状が発生。さらに気化した水銀が大気中に拡散することなどを通じ、地球規模で広がっていることも大きな課題です。
 そこで、日本は水俣病で苦しんだ経験を生かし、途上国を含む各国に対し水銀規制の重要性をアピール。こうした日本の姿勢もあって、各国の水銀に対する理解が深まっていきました。
 2013(平成25)年10月、熊本市と水俣市で各国の閣僚級を含む関係者が出席した外交会議が開かれ、「水俣条約」を全会一致で採択。これまで、74カ国・地域が締結し、今月16日の発効を迎えます。今回、世界最大の水銀利用・排出国の中国や、化学物質・廃棄物に関する条約に前向きでなかった米国が積極的に交渉に参加し、締結した意義も大きなものがあります。
続きを読む

2017年8月13日(日) 晴れ

大井川かずひこ候補の街頭遊説に同行:鹿嶋市(ショッピングセンターチェリオ)

大井川かずひこ候補の街頭遊説に同行:稲敷市(パンプ江戸崎)

大井川かずひこ候補の街頭遊説に同行:取手市(取手駅西口)

大井川かずひこ候補の街頭遊説に同行:守谷市(イオンモール守谷)

大井川かずひこ候補の街頭遊説に同行:つくばみらい市(みらい平駅前カスミ)

大井川かずひこ候補の街頭遊説に同行:坂東市(ヨークベニマル坂東)


「明日を見つめて投票しよう」茨城県知事選挙
8月27日(日)は、茨城県知事選挙及び茨城県議会議員補欠選挙(常総市選挙区)の投票日です。必ず投票しましょう。
また、当日予定のある方は、期日前投票をしましょう。
投票日:8月27日(日)
投票時間:午前7時〜午後8時まで(市町村によっては、投票所の閉鎖時刻を繰り上げています)
期日前投票:8月11日(金)〜8月26日(土)

歩数【6000】歩・移動距離【364】km

井手よしひろ県議の大井川かずひこ候補への応援演説


 8月10日、茨城県知事選の告示にあたり、井手よしひろ県議は公明党茨城県本部を代表して、応援演説を行いました。
 井手県議は、技術革新が著しい“ドローン”を例に、大井川候補を自民党、公明党、各種団体そして県民が支えて、新しい茨城のリーダーに押し上げようと力強く訴えました。

2017年8月12日(土) 晴れ

住民相談・県議会報告(水戸市内:知的障がい者の入所問題、東海第2原発の再稼働問題について)


磯山さやかの旬刊!いばらき『茨城県自然博物館』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」は、タレントの磯山さやかさんが「茨城県自然博物館」を紹介します。
坂東市にある「茨城県自然博物館」では,世界最大級のマンモスや恐竜など巨大生物に出会えます。なかでも人気は今年リニューアルした動く恐竜。最新研究をもとに羽毛などを再現し、リアルに動くティラノサウルスは必見です!
さらに、夏の企画「昆虫大研究プロジェクト」も絶賛開催中です!
夏休みは茨城県自然博物館で新しい発見しませんか?
【茨城県自然博物館】https://www.nat.museum.ibk.ed.jp/

歩数【6000】歩・移動距離【86】km

県知事“大井川かずひこ候補”を山口代表、石井国交相が応援


 8月10日、ホテル・テラズ・ザ・スクエア日立で行われた茨城県知事選挙・大井川かずひこ候補の県北地区第一声には、公明党山口那津男代表が激励のために駆け付けました。
 山口代表は、「茨城の将来を考えたとき新しい力を生み出すことが重要だ」と訴えました。その上で、「今後の茨城を変えていくためには新しい力が必要。新鮮な感覚でチャレンジを遂げていかなければならない」と強調。山口代表は子育て問題や県の魅力度アップなど大井川氏と結んだ、7項目の政策協定の実現に向け、「共に力を合わせて、茨城の輝かしい未来を築いていこう。大井川知事の実現まで全力で戦う」と呼び掛けました。
続きを読む

2017年8月11日(金) くもり

茨城県知事選挙・大井川かずひこ候補の街頭遊説(龍ヶ崎市:イトーヨーカ堂龍ヶ崎店前)

大井川かずひこ候補の街頭遊説(牛久市:カスミひたち野うしく店前)

大井川かずひこ候補の街頭遊説(つくば市:ライトンつくば本店前)

つくばライトオン本店前での街頭遊説
つくばライトオン本店前での街頭遊説
茨城県知事選挙2日目。
竜ヶ崎、牛久、つくばと大井川 和彦候補の街頭遊説に同行しました。
お盆の帰省ラッシュと重なり、常磐道の交通渋滞は想定外でした。
大井川候補応援のために、石井啓一国土交通大臣が駆けつけ、茨城の未来構想を垣間見ることができた街頭演説会となりました。各会場とも、たくさんの皆様にお集まりいただきました。もうすでに「期日前投票を済ませたよ」との声も聞かれました。

歩数【6000】歩・移動距離【290】km

茨城県知事選がスタート、大井川かずひこ候補が力強く第一声

水戸駅南口で行われた大井川かずひこ候補の遊説第一声
 8月10日、任期満了に伴う茨城県知事選が告示されました。7期目を目指す現職の橋本まさる氏、新人で元会社役員の大井川かずひこ氏(自民党、公明党推薦)、新人で音大非常勤講師の鶴田真子美さん(共産党推薦)の3人が立候補を届け出ました。8月27日の投票日を目指し、17日間にわたる選挙戦がスタートしました。
 井手よしひろ県議ら公明党が推薦した大井川候補は、JR水戸駅南口に支持者3千人を集めて出陣式と街頭での第一声を行いました。大井川候補は「茨城を変える。24年間の延長ではいけない」と県政の刷新を訴え、経産官僚からIT企業に転じた経歴に触れ「民間の経営感覚を取り入れた新しい行政をつくる」と強調しました。
 自民党県連会長の梶山弘志地方創生担当相は「10年後の茨城をどうするか選択する選挙。皆と肩を組み全力で戦い抜く」と決意を表明しました。
 公明党を代表して登壇した井手県議は、撮影用に飛行していたドローンをさして「自民党、公明党、各種団体そして県民が大井川候補を支え、新しい茨城県を創っていきたい」と檄を飛ばしました。
続きを読む

2017年8月10日(木) くもり

茨城県知事選挙・大井川かずひこ候補の街頭遊説第一声(水戸駅南口)

大井川かずひこ候補の県北地区第一声(ホテル・テラス・ザ・スクエア日立)

大井川かずひこ候補の県南・県西第一声(ホテルグランド東雲)


やる気と若さと実行力訴え【知事選第一声】大井川かずひこ氏
茨城は変わらなければいけない。24年間の延長ではいけない。人口減少や少子高齢化などの新しい問題があり、新しい発想で、あきらめずに、常識を疑い、自ら変わる勇気を持って取り組むことが必要だ。
 その新しい茨城にどんなリーダーがふさわしいか。行政と民間の経験があり、グローバル企業や日本のベンチャー企業でも経験がある、そんな多様な引き出しがあり、やる気と若さと実行力のある、そういう人間が今こそ茨城に必要だ。
 県政は今後、47都道府県の競争で仕事や人を奪い合う。国から言われたことをそのままやるのではなく、国から渡されるお金をそのまま配るのではなく、自ら考え、企業や市民団体や県民と一緒に汗をかき、新しいことを創造していく。他県とは違うことをすることが求められている。
 ドローンや自動運転車、自動田植機など、全てのものがコンピューターにつながる時代だ。第四次産業革命と言われている。そういう動きに真っ先に挑戦し、民間の経営感覚を取り入れた新しい県の行政を私がつくる。次世代の子どもや孫たちにどんな茨城を残すのか。その責任を果たす。

歩数【6000】歩・移動距離【267】km

茨城県知事選挙:大井川かずひこ候補の第一声


 8月10日告示、8月27日投票の茨城県知事選挙に立候補した大井川かずひこ候補。JR水戸駅南口での遊説第一声です。
 大井川候補は、「これまでの24年間の延長ではなく、茨城県は変わらなければならない。行政や民間企業の経験がありやる気や若さ、実行力のある人間が今こそ必要で、民間の感覚を取り入れた新しい行政を私が作る。次の世代の子どもや孫に何を残すのか、この責任を果たすために全身全霊で戦い抜く」と訴えました。
続きを読む

特殊詐欺"ニセ電話詐欺"、手口は巧妙化。防止策さらに

ニセ電話詐欺統計
 警察庁の調べによると、振り込め詐欺など特殊詐欺の全国の発生件数が、今年(2017年)6月までの上半期だけで8863件に上りました。前年同期より約38%増加しており、現在の推計方式となった2010年以降では最多となりました。
 茨城県警では、特殊詐欺を"ニセ電話詐欺"とわかりやすく表現し、県民に注意喚起を促しています。現在、ニセ電話詐欺多発警報を、茨城県南地域で発令中です。5月29日から6月27日までの30日間に、茨城県南地域内土浦市、石岡市、龍ケ崎市、取手市、牛久市、つくば市、守谷市、稲敷市、かすみがうら市、小美玉市、阿見町、河内町、利根町、美浦村で13件(オレオレ詐欺10件、架空請求詐欺3件)、被害額約826万8000円、キャッシュカード17枚のニセ電話詐欺被害が発生しています。
 被害者の多くは65歳以上の高齢者です。日中に一人で在宅する人が多いため、狙われやすいといわれています。用心を怠らないようにしなければいけません。
続きを読む

2017年8月9日(水) 晴れ

大井川かずひこ候補の街宣活動

茨城県議会防災環境商工委員会参考人聴取

ちょいのぞき気仙沼
ちょいのぞき気仙沼
防災環境商工員会の参考人聴取・跡見学園女子大学観光コミュニティ学部准教授・篠原靖氏からご紹介いただいた「気仙沼の仕事体験プログラム<ちょいのぞき気仙沼>」https://cyoinozoki.jp/
宮城県気仙沼市は、美しいリアス式海岸に気仙沼港を持ち、カツオやマグロの水揚げ量は日本有数。日本一のフカヒレの生産地としても有名な港まちです。
そんな気仙沼で、“港まちならでは”のお仕事体験ができるプログラム<ちょいのぞき気仙沼>がじわじわ人気を集めています。
旧来の枠組みを超えて気仙沼の観光振興担う仕組みとして「リアス観光プラットフォーム」が組織されました。
もともと市内にランドマークや観光地が少なく、「どうしたら気仙沼に足を運んでもらえるか」と課題を抱えていた気仙沼市は、そこでバラエティ豊かな水産業関連の仕事に着目、「気仙沼の仕事を体験できるプログラムをつくろう!」と2015年から、新たな取り組みがスタートしました。
体験場所は、造船所や水産加工場、製氷工場など、普段はなかなか目に触れられない場所ばかり。今年の4月からは毎週末に開催されています。

歩数【6000】歩・移動距離【92】km

受動喫煙防止対策を進めるために健康増進法の改正を

受動喫煙の禁止
 受動喫煙を防止するには、何よりもたばこの煙が深刻な健康被害を招くことを国民に啓発していくことが重要です。
 厚生労働省の喫煙の健康影響に関する検討会が取りまとめた報告書(たばこ白書)では、喫煙は、肺がん、喉頭がん、胃がんなどに加え、循環器疾患や呼吸器疾患などとも因果関係があり、受動喫煙は、肺がん、虚血性心疾患、脳卒中と因果関係があることが示されています。また、国立がん研究センターは、受動喫煙による死亡者数を年間約1万5,000人と推計しています。
 たばこの煙による健康被害についてこうした公表がある一方で、世界保健機関(WHO)は、日本の受動喫煙対策を最低ランクに位置付けています。この現状を脱し、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた我が国の受動喫煙防止対策の取組を国際社会に発信する必要があります。そこで、国民の健康を最優先に考え、受動喫煙防止対策の取組を進めるための罰則付き規制を図る健康増進法の早急な改正を強く求めるものです。
 対策を講じるに当たっては、準備と実施までの周知期間を設けることが必要で、その意味でも一刻も早い改正案の取りまとめが必要です。屋内の職場・公共の場を全面禁煙とすることが不可欠で、「WHOたばこ規制枠組条約第8条の実施のためのガイドライン」を十分考慮することが重要です。
 一方、屋内における規制においては、喫煙専用室の設置が困難な小規模飲食店に配慮することも大事です。また、未成年者や従業員の受動喫煙対策を講じなくててはいけません。
続きを読む

2017年8月8日(火) くもり時々雨

大井川かずひこ候補の日立地区選対打ち合わせ

水戸市内で県民との意見交換(空き家対策とアーティスト村の創生について)


日立市お絵かきイベント
日立市はおもしろい!
市役所の新庁舎と旧庁舎を使用して、日立市で積み重ねられてきた歴史を引き継ぎ、これから新たにつづられる「日立市のストーリー」の出発点のひとつとなるイベント「ひたちカコ・イマ・ミライ2017」がはじまります!
第1弾として「Good Bye!!旧庁舎」と題し、長年市役所としての役割を果たしてきた旧庁舎に、感謝の思いを込めて絵を描く、お絵かきイベント「ひたちを描こう!」を開催します。みんなで絵を描いたら、どんな作品ができあがるのでしょうか!?
■日時 描く日 8月19日(土) 9時から正午まで
    みる日 8月20日(日) 9時から正午まで
■場所 日立市役所旧庁舎
■参加申込み不要。当日9時から正午までのお好きな時間にお越しください。なお、ペンキなどを使用しますので、汚れてもよい服装でお越しください。また、駐車場には限りがありますので、可能な限り公共交通機関を御利用ください。

歩数【6000】歩・移動距離【85】km

茨城県知事選「大井川かずひこ」の情報発信にご協力下さい

大井川かずひこホームページ
 8月10日告示、8月27日投票で茨城県知事選挙が行われます。6期24年間続いた現職に、新人の「大井川かずひこ」さんが挑戦します。大井川さんの情報は公式ホームページ“大井川かずひこWEB”公式ツイッター(大井川和彦@koigawa)公式facebookページ(大井川かずひこ@k.oigawa)などから、積極的に発信しています。
続きを読む

2017年8月7日(月) くもり時々雨

JR日立駅で茨城県知事選「大井川かずひこ」候補の街宣活動

大井川かずひこ候補の日立地区選対会議


【華風月】結成5周年4thアルバム発売記念公演〜2017.6.24「淡き現に 夢かさね」いばキラTV特別編
尺八・神永大輔、詩吟&歌&ピアノ・鈴華ゆう子、二十五絃箏・いぶくろ聖志の3人で編成された和風ユニット「華風月」の結成5周年と4thアルバムの発売記念公演の動画です。
<曲目>
1.月に照らされ、風に揺れる華
2.詩吟 楓橋夜泊
3.詩舞 キリキリマイ
4.千本桜
5.はじまりのひかり

歩数【6000】歩・移動距離【34】km

教育投資で日本に活力を、貧困を放置すれば43兆円の社会的損失

三菱UFJリサーチ&コンサルティング・小林庸平主任研究員
三菱UFJリサーチ&コンサルティング・小林庸平主任研究員が語る
 政府が2017年6月閣議決定した経済財政運営の基本方針となる「骨太の方針」では、幼児教育の段階的な無償化や給付型奨学金の拡充など、教育投資による新たな成長戦略が打ち出されました。
 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林庸平主任研究員に教育投資の拡充による経済効果についてのインタビュー記事を、公明新聞(2017/7/3付)より掲載します。

所得格差の是正促す、税収増で社会にリターン
 教育投資には意味がないのではないかという主張もあるが、高卒者と比べて大卒者の賃金は徐々に上昇しており、教育投資の価値はむしろ高まっている。
 その背景にあるのが産業構造の変化だ。日本を含む先進諸国では、比較的賃金の高い雇用と、賃金の低いパートや非正規雇用が増えるという「雇用の二極化」が進み、中間層の割合が低下してきている。創意工夫が求められる仕事や、機械・ロボット、AI(人工知能)などを活用できる人材の需要が高まっている。
 人口減少や高齢化に伴い、日本では労働力がますます希少資源になっていく。教育投資によって産業構造の転換に対応してくことの必要性が増していることは言うまでもない。
続きを読む

2017年8月6日(日) 晴れ

市内小木津町で県政懇談会(地域コミュニティーの充実と地域振興について)

日高おんもさ祭りで映画「ある町の高い煙突」のPR活動

日高おんもさ祭り
日高おんもさ祭り
「日高おんもさ祭り」で、映画「ある町の高い煙突」のPR活動を行いました。会場は小木津駅前ゆりの木通り。 毎年8月の第一日曜日に開催され、今年で32回目です。主催は日高学区市民自治会、味わいある地域の夏祭りです。
 「おんもさ」とは小木津の方言である「おんもさも」から名付けられました。 「おんもさも食っていけ」とか「おんもさも遊べ」などと使われ、 思う存分とか精一杯という意味です。反対に少しとかわずかという意味は「わんか」であり、ご飯のお替りの時、「わんかちょうだい」などと使われていました。

歩数【6000】歩・移動距離【41】km

広島原爆忌、核兵器禁止条約をどう生かすかが課題

広島平和式典
 8月6日、広島市は72回目の原爆忌を迎えました。
 広島市中区の平和記念公園では午前8時から、広島市主催の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が行われ、被爆者や遺族、安倍晋三首相ら約5万人が参列。松井一実市長は平和宣言で、7月に国連で採択された核兵器禁止条約に言及し、「各国政府は『核兵器のない世界』に向けた取り組みをさらに前進させなければならない」と訴え、その橋渡し役となるよう政府に求めました。
 平和宣言で松井市長は、「今年7月、国連では、核保有国や核の傘の下にある国々を除く122か国の賛同を得て、核兵器禁止条約を採択し、核兵器廃絶に向かう明確な決意が示されました。こうした中、各国政府は、"核兵器のない世界"に向けた取組を更に前進させなければなりません。特に、日本政府には、"日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う"と明記している日本国憲法が掲げる平和主義を体現するためにも、核兵器禁止条約の締結促進を目指して核保有国と非核保有国との橋渡しに本気で取り組んでいただきたい。また、平均年齢が81歳を超えた被爆者をはじめ、放射線の影響により心身に苦しみを抱える多くの人々に寄り添い、その支援策を一層充実するとともに、"黒い雨降雨地域"を拡大するよう強く求めます。私たちは、原爆犠牲者の御霊に心からの哀悼の誠を捧げ、世界の人々と共に、『絶対悪』である核兵器の廃絶と世界恒久平和の実現に向けて力を尽くすことを誓います」と訴えました。
続きを読む

2017年8月5日(土) 晴れ時々くもり

笠間市内で県議会報告

住民相談(小美玉市・介護施設への入所)


県都の夜空、大輪彩る 水戸黄門まつり開幕
8月4日、夏の風物詩「水戸黄門まつり」開幕を告げる花火大会が、水戸市の千波湖畔で開かれ、約4500発の色鮮やかな大輪が県都の夜空や湖面を彩りました。
続きを読む

性犯罪相談電話:全国共通「#8103(ハートさん)」運用開始

#8103
 8月3日、警察庁は性犯罪被害者が相談しやすい環境を整備するため、各都道府県警の性犯罪被害相談電話につながる全国共通の短縮ダイヤル「#8103」(ハートさん)の運用を開始しました。
 これまで各都道府県警で異なっていた番号を統一し、相談窓口の認知度を向上させる狙いがあります。相談者がアクセスしやすくなることで性犯罪被害の潜在化防止が期待されます。
 2016年までの5年間の刑法犯認知件数を見ると、強姦は約1000〜1400件で推移していますが、警察に通報する被害者は一部のみとされます。
 警察庁は06年度から性犯罪被害者の初診料や性感染症の検査、緊急避妊などの医療費補助を各都道府県警を通じて実施。事情聴取などの被害者対応に当たる女性警察官も増やしており、16年4月現在で7974人に上ります。警察庁の担当者は「一人で悩まないで、警察に相談してほしい」と呼び掛けています。
続きを読む

2017年8月4日(金) くもり時々雨

JR日立駅で知事選予定候補大井川かずひこさんの街宣活動

東海第2原発の広域避難避難計画についてヒアリング(日立市、茨城県)


磯山さやかの旬刊!いばらき『霞ヶ浦』
今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、タレントの磯山さやかさんが「霞ヶ浦」を紹介します。
国内第2位の面積をもつ「霞ヶ浦」で爽快クルージング!天気が良い日は筑波山を眺める事も。また夏の風物詩「観光帆引き船」も必見です!そして夏の霞ヶ浦のもう一つの魅力が「ワカサギ」です。夏場に最も脂の乗りがよい「ワカサギ」を味わうなら湖を一望できる「かすみキッチン」がおススメ!
霞ヶ浦で夏を満喫しませんか?

歩数【6000】歩・移動距離【90】km

日立市が福島県の17市町村と原発広域避難協定を締結

日立市の広域避難計画
 8月3日、東海第2原発の過酷事故に備え、日立市は全市民約18万3000人の避難先として計画している福島県の17市町村との間で、広域避難に関する協定を締結しました。17市町村は、福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、須賀川市、喜多方市、二本松市、田村市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、大玉村、磐梯町、猪苗代町、三春町、小野町です。原発事故を巡り、県外自治体と協定を締結するのは笠間市に次いで二例目となります。
 日立市は、市南部地域が東海第2原発から5キロ圏の予防防護措置区域(PAZ)にかかり、それ以外の地域も原発からおおむね30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)に入ります。UPZの自治体には広域避難計画の策定が義務付けられており、日立市は年度内の計画策定完成を目指しています。
続きを読む

2017年8月3日(木) くもり時々雨

JR日立駅で議会報告(茨城県知事選の対応について)

水戸市内で県西地区の首長、議員との意見交換(医療体制の強化、観光振興などについて)

うのしまビラで映画「ある町の高い煙突」を応援する会の運営などについて意見交換


梶山弘志氏が地方創生担当大臣に初入閣
当時の動燃=動力炉・核燃料開発事業団に勤務した後、官房長官や党の幹事長などを歴任した父親の故・梶山静六氏の秘書などを経て、平成12年の衆議院選挙で初当選しました。
これまでに、国土交通副大臣や衆議院国土交通委員長などを歴任し、現在は党の政務調査会長代理を務めています。また、自民党茨城県連会長を務めています。
安倍総理大臣としては、梶山氏が、国土交通行政やエネルギー政策などに通じていることを評価して、地方創生担当大臣に起用したものと見られます。

歩数【6000】歩・移動距離【111】km

脱石油燃料車/世界をリードするEV戦略を

日本メーカーのEV車
 「脱石油燃料車」が世界的な潮流となりつつあります。地球温暖化など環境への配慮を理由として、石油製品を燃料とするガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する動きが欧州で相次いでいるのです。 アメリカ・カリフォルニア州でエコカーの販売を義務づける「ZEV規制」。ことし秋以降に発売するモデルからエコカーの対象が狭まり、日本メーカーが得意としてきたハイブリッド車の優遇がなくなります。
 また、EU(ヨーロッパ連合)では、2021年から排ガスに含まれる二酸化炭素の量を大幅に削減することが求められます。従来のガソリンエンジン車やハイブリッド車では、基準をクリアすることが困難なレベルです。さらに、世界最大の自動車市場、中国も電気自動車に大幅に有利な排ガス規制が、早ければ来年にも導入される見込みです。
 いずれの規制も、日本でエコカーの代名詞となってきた“ハイブリッド車外し”に他なりません。
 一方、ディーゼルエンジンをエコカーの主力としてきたドイツメーカー。最大手のフォルクスワーゲンが排ガスの処理で不正なソフトを取り扱っていたことが明らかになり、エンジン開発への投資が一気に縮小しています。
続きを読む

2017年8月2日(水) 晴れ

議会報告(JR常陸多賀駅:防災体制の強化について)

羊毛クラフト作家・大村由紀子さんの常陸太田の町屋のアトリエ訪問(古民家を活用した街おこしについて意見交換)

茨城町内で県議会報告・要望聴取(県道の整備促進について、涸沼の環境対策について)

常陸太田市町屋
羊毛クラフト作家・大村由紀子さんの常陸太田の町屋のアトリエ訪問
羊毛クラフト作家・大村由紀子さんの常陸太田の町屋のアトリエを訪問しました。古民家を活用した街おこしなどについて意見交換しました。NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の奥茨城村の世界で、羊毛でつくられた猫や犬達がくつろいでいます。

歩数【6000】歩・移動距離【144】km

最高のバトンタッチこそ、茨城発展のカギ


 昨年(2016年)8月行われたブラジル・リオデジャネイロオリンピックにおける男子4×100mリレー(ひとり100メートルを4人の走者がバトンをつなぐリレー競技)。ウサイン・ボルトを擁するジャマイカが37秒27で優勝しました。日本陸上陣も大健闘の第2位。山縣亮太・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥の4人は見事にバトンをつなぎ、アジア新記録・37秒60で銀メダルを獲得しました。
続きを読む

2017年8月1日(火) 雨時々くもり

議会報告(JR大甕駅前)

県議会で子どもの救急体制についてヒアリング


1次+2次+3次産業で6次産業化ってどうなのよ?
6次産業とは、農林水産物の生産(1次産業)、加工(2次産業)、販売・流通(3次産業)を一体化して付加価値を付けることにより農林水産業経営の発展を目指すものです。
今回は、6次産業に取り組んでいる「ファームランドさいとう」と「藤田観光りんご園」にお話を伺いました。
ファームランドさいとう http://farmland-saito.com/

歩数【6000】歩・移動距離【84】km

映画「ある町の高い煙突」PR版完成


 日立市のシンボルとして親しまれた日立鉱山(現・JX金属)の大煙突の建設をめぐる人間模様を描いた新田次郎の小説「ある町の高い煙突」の映画化が進んでいます。
 メガホンを執るのは松村克弥監督。松村監督の茨城県内関連の映画制作は、日本美術院を率いた岡倉天心の生涯を描いた「天心」、戦時下の神之池航空基地(鹿嶋、神栖両市)の特攻兵器「桜花」に関わった若者を取り上げた「サクラ花−桜花最期の特攻−」に次ぐ3作目となります。
続きを読む

「県央総合防災センター」を常任委員会で視察

県央防災センター
 7月31日、井手よしひろ県議ら県議会議員防災環境商工委員会のメンバーは、21日に竣工した「県央総合防災センター」を視察しました。
 県央総合防災センターは、災害時の避難者用に食料や水を保管する県の拠点施設です。県庁や常磐道、北関東道、東関東道のインターに程近い水戸市見川町、小吹町に位置しています。
 東日本大震災を教訓に、2015年度の備蓄計画見直しを受け、物資保管と集積・配送拠点として、県トラック協会の総合会館敷地内に新設されました。
 県央総合防災センターは、面積約1200平方メートルの平屋で、食料や水のほか、トイレ処理セットやブルーシートなどを保管。このうち食料は県の「公的備蓄」計約23万食のうち約11万食を保管します。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: