2018年06月

2018年6月30日(土) 晴れ

県政要望の聴き取り

大井川知事の後援会総会に出席

ドローンによる被害調査
大阪北部地震/ドローンによる屋根の損壊程度調査
大阪北部地震(茨木ボランティアセンター)では、日本で初めて瓦屋根診断技士、社会福祉協議会、ドローン操縦士がタックを組んでの被災住宅のドローンによる被害程度の調査が行われました。平時からこうした取り組みを想定した準備が不可欠です。

移動距離【19】

次世代がん治療実用化へ、大阪医大にBNCTの拠点施設

関西BNCT共同医療センター
ピンポイントでがん細胞破壊、照射時間短く負担を最小限に
薬剤などの承認後、診療開始

 日本が世界の研究をけん引する「ホウ素中性子捕捉療法」(BNCT)。BNCTとは、原子核を構成する素粒子の一種・中性子と反応しやすいホウ素化合物をがん細胞に取り込ませ、中性子とホウ素の反応を利用して、がん細胞のみを選択的に破壊する治療法です。がん細胞だけをピンポイントで破壊する“次世代のがん治療”として、実用化が現実味を帯びています。
 6月4日、大阪医科大学の本部キャンパス(大阪府高槻市)に、BNCTに特化した共同利用型の医療拠点「関西BNCT共同医療センター」(小野公二センター長)が開院しました。小野センター長は「当面はPET検査を実施していく。今後、BNCTに関する医療機器や薬剤の承認を踏まえ診療を開始していきたい」と抱負を語っています。
 関西圏は、BNCT実用化の一翼を担う研究機関が数多くあります。世界トップクラスの臨床研究の実績を誇る京都大学原子炉実験所をはじめ、大阪大学、大阪府立大学、化学メーカーなどです。
 大阪府は2009年から、BNCTの実用化をめざし産学官連携の会議を設置。BNCT研究のネットワーク化が進む大阪・関西の地の利を生かし、「関西BNCT共同医療センター」の開院に至りました。
続きを読む

2018年6月29日(金) 晴れ

水戸市内で政務調査打ち合わせ(9月議会の代表質問の内容などについて)

議会事務局と県外調査、代表質問の内容などについて協議議会

都内(秋葉原)にて防災関係の専門家から大阪北部地震の自治体の対応などについて情報提供を受ける

茨城県人会連合総会に参加、県人会幹部と意見交換

県人会連合会総会
茨城県人会連合会創立50周年記念総会
6月29日、都内で茨城県人会連合会創立50周年記念総会が盛大に介さされました。井手よしひろ県議は、出席した県議会議員を代表して挨拶。参加した多くの首長、県人会幹部らと様々な県政の課題について意見交換を行いました。特に、茨城の魅力をどのように発信すべきか、貴重なご意見を沢山いただきました。

移動距離【84】+電車で移動

"平成の大検地"実施中、未登記の恐れがある農地は全国で93万ha以上

緑の農地
 近年、農地について相続が発生しても、登記名義人が変更されず、権利関係が不明確となるケースが多くなっており、担い手への農地の集積・集約化を進める上で阻害要因となっているとの指摘があります。
 2016年、農林水産省では、このような相続未登記農地等の全国の状況を把握するため、農業委員会を通じて、実態調査を実施しました。調査の結果、2018年においては、全国で、
(1) 登記名義人が死亡していることが確認された農地の面積は約47万7000ha
(2) 登記名義人が市町村外に転出しすでに死亡している可能性があるなど、相続未登記のおそれのある農地の面積は約45万8000ha
存在することが確認されました。これらを合計すると、93万5000haとなり、全農地面積の約2割となっています。
 なお、これらの農地のうち遊休農地の面積は、約5万4000haとなっています。
 茨城県の面積が61万haですから、いかに広大な土地が所有者不明になっているかに驚かされます。
 この調査によると、茨城県の相続未登記農地は、2万145ha、相続未登記の恐れがある農地も1万686ha存在することが明らかになっています。合計で3万831haに及び、農地全体の17.8%を占めるています。
 ただ、このうち1年以上耕作されていない遊休農地は5.6%の1727haにとどまり、相続未登記農地の多くは法律上の所有者と異なる担い手が耕作しているとみられています。
続きを読む

2018年6月28日(木) くもり

日立市内で住民相談

6月県議会の報告書取りまとめ

キリンの親子
かみね動物園でキリンの赤ちゃん
6月14日、日立市のかみね動物園で、キリンのオス「シゲル」とメス「キリナ」の間に赤ちゃんが誕生しました。この赤ちゃんキリン、両後ろ足が開脚しており自力立ち上がりが困難なことから、現在、両足を閉じた状態で縛り、固定化しています。経過は良好ですが、今後も足の状態を確認しながら注意深く観察していくことになります。
http://www.city.hitachi.lg.jp/shimin/007/011/p068787.html

歩数【6000】歩・移動距離【6】km

受動喫煙防止、東京都条例が可決成立

受動喫煙防止法
 6月27日、従業員を雇用する飲食店では客席面積にかかわらず原則、屋内禁煙にするなどとした東京都の受動喫煙防止条例が都議会本会議で可決・成立しました。
 受動喫煙防止対策を盛り込んだ国の健康増進法改正案より厳しい内容になっています。東京オリンピック、パラリンピック前の2020年4月までに全面施行されます。
 東京都条例は、罰則付きで違反者には5万円以下の過料を課せられます。最大の柱は、店の規模に関係なく従業員を雇っている飲食店を原則として屋内禁煙とする点です。客席面積100平方メートル以下の店を規制対象外にした国の法案では、飲食店全体の約45%が規制されるのに対し、都条例は都内の飲食店の約84%が対象となります。
 一方、条例では子どもが通う幼稚園や保育所、小中高校は敷地内禁煙とし、国の法案が認める屋外喫煙場所の設置を認めないこととしています。
続きを読む

2018年6月27日(水) 晴れ

筑波山麓の太陽光発電施設建設に関わる裁判の応訴を求める要望書を提出

笠間市内2か所で県政懇談会(高崎県議と同行)

日立の空襲展
写真展「米軍が記録した日立空襲」
終戦から今年で73年。当時のことを知る方は少なくなり、戦争の記憶は薄れつつあります。明治から工業都市として発展してきた日立市は、1945年6月から7月にかけて3度の空襲や艦砲射撃を受けました。攻撃により、市街地の6割以上が焼野原になったのです。
現在、日立市郷土博物館では、1945年10月に日立を訪れた米軍が調査のために撮影した写真を展示しています。

歩数【6000】歩・移動距離【129】km

筑波山麓の太陽光施設をめぐる裁判、県が東京高裁に控訴

要望活動
 6月27日午後、茨城県は筑波山麓の太陽光発電設備の設置許可申請の不許可を取り消し、許可するよう求めた訴訟について、東京高裁に控訴しました。地元住民や茨城県議会公明党は、県に対して控訴を強く求めていました。
 6月15日水戸地裁は、原告の建設業者の訴えを認める判決を下し、茨城県が敗訴。6月29日の控訴期限を前に、県は控訴を決断しました。
 筑波山の景観保護エリア「水郷筑波国定公園」内への太陽光発電所の建設計画を巡り、つくば市の建設業者が県に対し、太陽光発電設備の設置許可申請の不許可を取り消し、許可するよう求めたものです。この裁判は、太陽光発電所設置予定の民有地が筑波山山頂などから展望する場合、眺望の妨げになるか否かが最大の争点となっていました。水戸地裁の岡田伸太裁判長は「眺望に著しい支障を及ぼすとは認められない」として業者側の請求通り、県の処分を取り消し、設置を許可するよう判決を下しました。
 岡田裁判長は、周辺には複数の建物が存在しており、民有地が眺望に占める割合はわずかだとして、「影響は部分的なものにとどまる」と判断。また、業者が樹木の一部温存や植樹をしたり、太陽光パネルの高さを一定程度に抑えたりするなど、景観への影響を軽減する措置を予定していることも考慮した判決なりました。その上で、岡田裁判長は県が業者の申請を許可しないことについて「裁量権の範囲を超え、濫用となると認められる」と結論付けました。
続きを読む

東滑川海浜緑地公園の再整備計画

東滑川海浜緑地公園
 日立市の東滑川海浜緑地公園は、温泉施設と高台から太平洋を一望できる景観が魅力の遊歩道が整備され、健康増進をテーマとした運動器具なども配置された特徴ある公園です。国道6号日立バイパスの北端部にあり、北側に向かう市道の海側に位置しています。海浜緑地は広さは約3万平方メートル。日立市が遊歩道と海辺の広場、体力作り遊具がある「海の健康広場」などを整備し、2007年に開放されました。遊歩道は北側の太田尻海岸の砂浜につながり、緑地内には神秘的な輝きを放つヒカリモが生育する洞窟が点在します。
 市道を挟んだ市公設地方卸売市場跡では、日立ライフが整備する大型商業施設計画が進められており、これに合わせ店舗の屋上庭園などと東滑川海浜緑地内の遊歩道を歩道橋で連結し、のんびり散策できる海浜ゾーンとする構想が進んでいます。
 グミ島が見える「海辺の広場」南西側の斜面に芝生を張り、大型アスレチック遊具を設置するとともに、「インスタ映え」を意識したフレーム板も設ける計画です。芝生の養生期間を経て、来年7月上旬に開放予定です。
続きを読む

2018年6月26日(火) 晴れ

JR大みか駅で県議会報告(日本遺産の認定について)

県営業戦略部長と意見交換(日本遺産の認定について)

県営報告会を田尻町で開催(日本遺産の認定について)

ほたるマップひたちほたるマップ
ホタル の季節。暗闇にそっと輝く儚げな淡い光・・・どうしてこんなにも魅力的なのでしょうか。
ホタルは日立市内でも見ることができます。「ホタルマップ」を利用して、この季節だけの美しい風景を探しに出かけてみませんか?
http://www.city.hitachi.lg.jp/shimin/007/011/p068787.html
また、今週末は #奥日立きららの里 で #ホタル鑑賞会 も開催されます!
http://kiraranosato.sakura.ne.jp/ibento.html

歩数【6000】歩・移動距離【98】km

都市防災の“隙間”、大阪北部地震から1週間

公明党の現地調査
 大阪北部地震の発生から1週間余りが経ちました。総務省消防庁によれば、6月25日現在、5人が亡くなり、421人が負傷。住宅被害は8089棟に上り、268人が今なお避難しています。一方、被害の全容が明らかになるにつれ、都市防災の“隙間”も浮き彫りになってきました。公明新聞6月26日付けの記事も参考に、検証してみたいと思います。

ブロック塀 教訓は生かされなかった
 今回の地震では2人が倒壊したブロック塀の下敷きになって亡くなりました。大阪府高槻市立寿栄小学校4年の女児が犠牲になった事故では、建築基準法施行令の違反も判明しています。大阪府箕面市では地震後、全公立小中学校のブロック塀の撤去を進めるなど、全国の自治体で緊急の点検・撤去が行われています。
 過去の地震でも、犠牲者が出ています。1978年の宮城県沖地震では、9人がブロック塀の倒壊により死亡。これがきっかけとなり1981年に改正された建築基準法施行令では、高さの制限が「3メートル以下」から「2.2メートル以下」に厳格化されましたが、2005年の福岡県西方沖地震と2016年の熊本地震でも、それぞれ1人の犠牲者が出ています。
続きを読む

2018年6月25日(月) 晴れ

水戸市内で県民との意見交換(高崎県議と共に参加)

県政懇談会を日立市大みか町で開催


ひたちアルプス女子2人旅〜神峰山編〜
日立市の西に広がる、風光明媚で、なだらかな山々「ひたちアルプス」。
ひたちアルプスの代表的な山である「神峰山」は、古くから人々が行き交い、時代の移り変わりとともに様々な歴史を歩んできた山です。
この番組では、20代女子2人組が「神峰山」を登り、女子ならではの視点で、山の魅力はもちろん、日立市の「いいね!」をご紹介します。ぜひご覧ください!

歩数【6000】歩・移動距離【86】km

ゲーム障害をWTOが国際疾病分類に加える、“新たな病”に的確な手だてを

イメージ
 オンラインゲームなどに没頭し、生活や健康に支障を来すようになる状態が、「ゲーム障害」という新しい疾患として国際的に位置付けられることになりましら。ネット社会が生み出す新たな病に、真摯に向き合う契機としなければなりません。
 世界保健機関(WHO)が、病気の名称や症状を示す統一基準として広く使われる国際疾病分類の最新版に、ゲーム障害を加えたと発表しました。2019年5月のWHO総会で正式に採択される見込みです。
 これは、ネット依存に陥る人の増加が世界中で社会問題になっているという憂慮すべき事態に警鐘を鳴らしたものです。
 WHOは、「ゲームへの衝動が制御できない」「食事や睡眠より優先する」「仕事や学業に問題が起きても中止できない」といった状態が、1年以上続くのがゲーム障害の特徴としています。
 韓国では過去に、80時間以上オンラインゲームを続けた若者が血栓症で死亡するという痛ましい事故も起きています。
 厚生労働省などの調査によると、わが国では成人約421万人、中高生約52万人にゲームを含めたインターネット依存の恐れがあると推計されています。
続きを読む

2018年6月24日(日) くもり

中小企業の事業継承などについて意見交換(日立市東金沢町)

県政懇談会(日立市東成沢町)


カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『潮来市ぁ憤νЪ鯊ぁ法
いばらき大使「カミナリ」の二人が、県内の観光スポット等を巡りながら茨城の匠を目指して魅力を学びながら発信していきます。
6月の注目エリアは潮来市。潮来市にある紫陽花の名所「二本松寺」では、約一万株の紫陽花が見頃を迎えています。お花見の後は創業214年の「愛友酒造」へ。こちらでは酒蔵見学の他にもオリジナルラベル作り体験ができ写真入りなど自分好みのデザインに仕上げることが可能です。
初夏の潮来を散策してみてはいかがですか?
【水郷潮来観光協会】http://www.e-tabi.org/
【愛友酒造】http://www.aiyu-sake.jp/

歩数【6000】歩・移動距離【34】km

平和の詩「生きる」、沖縄戦没者追悼集会で相良倫子さんが朗読


【平和の詩「生きる」浦添市立港川中学校3年・相良倫子さん】
 6月23日、沖縄県主催の沖縄全戦没者追悼式で、浦添市立港川中学校3年の相良倫子さんが朗読した詩「生きる」の全文を紹介します。(沖縄県平和祈念資料館提供、youtube動画は共同通信)

私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、草の匂いを鼻孔に感じ、遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。
私は今、生きている。
私の生きるこの島は、何と美しい島だろう。
青く輝く海、岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、山羊の嘶き、小川のせせらぎ、畑に続く小道、萌え出づる山の緑、優しい三線の響き、照りつける太陽の光。
私はなんと美しい島に、生まれ育ったのだろう。
ありったけの私の感覚器で、感受性で、島を感じる。心がじわりと熱くなる。
私はこの瞬間を、生きている。
この瞬間の素晴らしさが、この瞬間の愛おしさが、今と言う安らぎとなり、私の中に広がりゆく。
たまらなく込み上げるこの気持ちを、どう表現しよう。
大切な今よ、かけがえのない今よ、私の生きる、この今よ。
続きを読む

2018年6月23日(土) くもり

すべての障がい児(者)の幸せを守る親の会総会で挨拶、障がい者福祉で要望聴取

NPOコミュニティNETひたち定期総会に出席、日立市のまちづくり、プログラミング教育について意見交換

NPOコミュニティNETひたち総会
NPOコミュニティNETひたち総会
6月23日、コミュニティNETひたちの総会に参加。「日立の誇り さくらと大煙突」との演題で、島崎和夫さんの講演を拝聴しています。映画「ある町の高い煙突」の時代背景を分かりやすくご説明いただきました。

歩数【6000】歩・移動距離【22】km

茨城空港、開港8年で国の需要予測に達する

茨城空港利用促進等協議会総会
 6月19日、茨城空港利用促進等協議会の総会が開催され、井手よしひろ県議も顧問として参加しました。
 昨年度(2017年度)の茨城空港の利用実績は、国内線573,824人、国際線106,846人、合計680,670人と過去最高を記録しました。空港への来場者数は、146万にを超え、累計では4月29日に1000万人を達成しました。
 開港準備期間中には、お荷物とも、無駄遣いとも批判を受けた茨城空港ですが、今後の茨城の発展にはなくてはならない存在と育ってきました。
 一貫して、茨城空港の整備促進を訴えてきたものにとっては、うれしい限りです。地元、関係者のご努力に深く感謝いたします。
続きを読む

2018年6月22日(金) くもり

朝の県議会報告をJR常陸多賀駅で行う

日立市役所で、小川市長、吉成副市長と意見交換(ある町の高い煙突の日本遺産登録について)

茨城県庁で小野寺副知事と意見交換(ある町の高い煙突の日本遺産登録について)

JR常陸多賀駅で県議会報告
いいとこいっぱい、いばらき メイキング映像:竜神大吊橋 バンジージャンプ後編
6月22日、JR常陸多賀駅で朝の県議会報告を行いました。今日は映画「ある町の高い煙突」をキーワードに、「日本遺産」登録を目指す提案についてご報告しました。
「日本遺産(Japan Heritage)」とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として文化庁が認定するものです。
ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。
映画「ある町の高い煙突」のストーリーを中心に、日立市の産業遺産や風流物などの伝統文化、さくらのまちづくりなどをアピールすることによって、この「日本遺産」が可能ではないかと考えます。

歩数【6000】歩・移動距離【96】km

「ある町の高い煙突(日立の大煙突)」を“日本遺産”登録へ

ある町の高い煙突(日本鉱業の大煙突)
 映画「ある町の高い煙突」は、地元企業や茨城県、日立市などの自治体、広く一般市民や中小企業、団体の皆様の広範なご支援をいただき、制作が順調に進んでいます。5月6日にクランクインし、日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町など茨城県北地域、遠く栃木県や山形県まで足を延ばしフルロケーションで撮影が行われました。6月3日に無事にクランクアップしました。
 現在、鋭意編集作業業が行われており、秋には完成を見込んでいます。東京国際映画祭などメジャーな映画祭に出品し、来年春の全国ロードショーを目指しています。
 井手よしひろ県議ら、茨城県議会公明党は、こうした映画制作を支援することによって、地域の魅力をそこに住む住民が再確認し、その魅力を全国に発信することで、地方創生につながると考えています。
続きを読む

2018年6月21日(木) 晴れ

朝の県議会報告をJR日立駅で行う

水戸市内で県政懇談会(中小企業の育成、ベンチャー企業の育成などについて

茨城県庁で学校施設の安全点検などについて聴き取り


いいとこいっぱい、いばらき メイキング映像:竜神大吊橋 バンジージャンプ後編
茨城県PR映像「いいとこいっぱい、いばらき」見てくれたかな?
https://youtu.be/mFWKO9A6HF0
バンダリ亜砂也くん、マーシュ彩ちゃん二人の姿をもっと見たい!
という声にお応えして、撮影当日の裏側をコッソリお見せします。
いよいよ高さ日本一の100mバンジージャンプに挑戦するバンダリ亜砂也くん!
心配顔のマーシュ彩ちゃんが見守る中、カウントダウンスタート!
あまりの高さに足がすくんで何十分も飛べない人もいるそうですが
そこは漢のバンダリ亜砂也くん、躊躇なく飛び出しました!

歩数【6000】歩・移動距離【83】km

大井川知事と石井啓一国交相を訪ね、平成31年度の予算要望

国交省要望
 6月20日は、井手よしひろ県議は大井川和彦知事に同行して、国土交通省に石井啓一大臣を訪ね、「平成31年度国の施策及び予算に関する提案・要望」を提出しました。
 それに先立ち、大井川知事ら県幹部は、東京都千代田区の都道府県会館で茨城県選出国会議員と会談し、国に対する要望実現への協力を求めました。席上、大井川知事は県内全線を含めた首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の4車線化などへの協力に謝意を示しながら、「人口減少や少子高齢化など県内に課題は山積している。本県の飛躍はわれわれの努力にかかっており、支援をお願いしたい」と述べました。
 提案と要望は昨年12月に策定した「新しい茨城づくり政策ビジョン」を基に計36項目。国家戦略特区の区域指定や医師の確保、子育て支援の充実、プログラミング教育などの充実を目的とした新教員免許状制度の創設などが盛り込まれました。
続きを読む

2018年6月20日(水) 雨のちくもり

「絵本と私の物語展」日立展のオープニング

国交省で大井川知事らと石井国交大臣に政策要望

茨城選出の国会議員と意見交換


サッカーワールドアップ:コロンビア戦2−1で勝利
6月19日、サッカーのワールドカップロシア大会で、コロンビアに2−1で勝利し、白星発進となった日本代表。
1次リーグ突破に向け、負けられない大事な戦いに躍動したサムライブルー。期待を込め、県内でも大型画面で応援するパブリックビューイングが日立市などで開かれました。ユニホーム姿のサポーターらは、固唾をのんで試合の行方を見守り、選手たちのプレーに一喜一憂。待ちに待った勝利の瞬間、喜びを爆発させました。

歩数【6000】歩・移動距離【電車で移動】km

水戸市議会で東海第2原発の再稼働に反対する意見書を可決

180620syashin 6月19日、水戸市議会の最終日、今年11月に運転開始から40年を迎える日本原子力発電(原電)東海第2原発について、国や県に再稼働を認めないことを求める意見書が可決されました。この3月に、原電が水戸市を含む周辺6市村に事前了解権限を認める新安全協定を結んで以降、協定を結んだ議会による「再稼働反対」の意思表示は初めてです。再稼働ストップに向けての大きな布石となります。
 意見書では、東海第2原発の「住民理解のない再稼働は認めない」と、内閣総理大臣や県知事などに要望。その上で、原子力に依存しない社会への移行を掲げ、「代替エネルギー確保と新エネルギー導入の促進」や「情報伝達体制や避難道路整備を充足し、実効性ある避難態勢を早急に確立させる」ことを求めています。
 また原発から半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)の14自治体に関し、「実効性の伴う広域避難計画の策定が十分と言えない」と指摘。その上で「現時点で住民理解が得られるものではない。再稼働を前提とした運転延長は認められない」と指摘しています。
続きを読む

2018年6月19日(火) 晴れ

JR大みか駅で朝の県議会報告(学校施設、通学路の安全対策について)

城里町長と意見交換(高崎進県議も同席)

茨城空港利用促進等協議会平成30年度総会・藻谷浩介氏講演会に参加

茨城空港利用促進等協議会平成30年度総会
茨城空港利用促進等協議会平成30年度総会
茨城空港利用促進等協議会の総会に参加しました。
昨年度の茨城空港の利用実績は、国内線573,824人、国際線106,846人、合計680,670人と過去最高を記録しました。空港への来場者数は、146万にを超え、累計では4月29日に1000万人を達成しました。
開港準備期間中には、お荷物とも、無駄遣いとも揶揄された茨城空港ですが、今後の茨城の発展にはなくてはならない存在と育ってきました。
一貫して、茨城空港の整備促進を訴えてきたものにとっては、うれしい限りです。地元、関係者のご努力に深く感謝いたします。

歩数【6000】歩・移動距離【85】km

デジタル人材の不足に対策急げ

イメージ
 日本経済のさらなる成長にとっては、IT(情報技術)やAI(人工知能)を企業活動に積極的に導入することが不可欠です。しかし、これらを使いこなせるデジタルの技術を持った人材の不足が今、大きな課題となっています。
 5月29日、政府が公表した「2018年度版ものづくり白書」によると、デジタル人材を「業務上必要」と考える企業は6割を超え、「質・量とも充足できていない」と答えた企業は8割近くに上っています。
 経済産業省の推計でも、IT市場が高成長した場合、2020年に約37万人、30年には約79万人の人材不足に陥るとされています。これは極めて深刻な事態です。
 AIやIoT(モノのインターネット)など第4次産業革命によるイノベーション(技術革新)をどう取り込むかで、各国政府や企業がしのぎを削っている国際社会にあって、対応の遅れは日本の国際競争力の低下を招きかねず、デジタル人材の確保を急ぐ必要があります。
 5月28日、このため公明党は日、「骨太の方針」に対する提言を政府に提出し、AI時代の到来に備えて政府で議論が進められている「人工知能技術戦略実行計画」を早急に策定し、トップレベルから一般まで幅広くデジタル人材の育成を進める必要性を訴えています。
続きを読む

2018年6月18日(月) 晴れ

県議会本会議(採決)

県政に関する意見交換(中小企業経営者と資金繰り支援について)

地震の被害
大阪北部で震度6弱の地震、9歳女児ら4人死亡
 6月18日午前7時58分、大阪府北部で震度6弱の地震を観測しました。気象庁によると震源の深さは13キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されます。京都府南部では震度5強、兵庫県南東部と奈良県で震度5弱を観測。近畿地方を中心に、関東地方から九州地方の一部にかけて広い範囲で震度5弱から震度1を観測しました。
 大阪府災害対策本部などによると、高槻市立寿栄小学校のプールの壁が倒れ、4年生の女子児童が下敷きになり、病院に搬送されたが、死亡が確認されました。
 大阪市災害対策本部によると、市内では4件の火災が発生。ほかに救護17件、救助58件、救急81件の出動がありました。高槻市下田部の住宅付近でも出火しました。
続きを読む

大阪府北部で6弱の地震/学校施設・通学路の緊急安全点検を

倒壊した小学校の塀の様子
 6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源とする地震があり、大阪府高槻市などで震度6弱の揺れを観測しました。
 大阪府で震度6弱以上の揺れを観測したのは、大正12年に統計を取り始めてから初めてで、気象庁は今後、1週間程度は、最大で震度6弱程度の揺れを伴う地震に十分注意するよう呼びかけています。
 気象庁の観測によりますと、震源地は大阪府北部で、震源の深さは13キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されています。
 この地震では4人の方が亡くなっています(18日22:00現在)。市立寿栄小学校に通う女子生徒は、登校途上、小学校のプールの塀が倒壊し、その下敷きとなり死亡しました。
続きを読む

2018年6月17日(日) くもり

住民相談

資料整理


【CHALLENGE IBARAKI】#2質の高い雇用の創出
「活力があり、県民が日本一幸せな県」の実現に向けた茨城県の政策ビジョン「新しい茨城づくり」について、20の施策を分かりやすく紹介します。
#2のテーマは、「質の高い雇用の創出」
従来のあり方に囚われない新しいかたちの働き方を模索し、若い世代の方々にも茨城県内で働いていただこう!という取り組みです。
お邪魔したのは、結城市にあるコワーキングスペース”yuinowa”
「仕事をする、くつろぐ、学ぶ、参加する」をコンセプトとして運営されている施設です。
今回は、運営に携わっておられる方と実際に利用されている方にお話を伺いました。
◆yuinowa
〒307-0001 茨城県結城市結城183 
TEL0296-47-5680 http://yuinowa.jp

歩数【6000】歩・移動距離【11】km

18歳成人法が成立、2022年4月1日施行

成人式のイメージ
 6月13日、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正案、いわゆる「18歳成人」法が国会で成立しました。
180618image1 140年ぶりに「大人」の定義が変わることになります。この法律は、2016年の18歳選挙権導入と合わせ若者の社会参画や自立を促す意義があり、3年後の2022年4月1日から施行されます。
 これまで16歳だった女性の結婚できる年齢が男性と同じ18歳に引き上げられる他、法定代理人(親権者など)の同意がなくてもローンの契約などを行えるようになります。
 成人年齢が引き下げられることにより、関連する20以上の法律も改められました。例えばパスポートについて定めている「旅券法」では、「20歳未満」は10年のパスポートを取得できませんでしたので、「18歳未満」と改定されました。
 一方で、「未成年者」を禁じていた飲酒や喫煙、競馬などの公営ギャンブルについては、健康への影響や依存症が心配されるため、現行の年齢を維持する形で、「20歳未満」を、これまで同じに禁止としています。
続きを読む

2018年6月16日(土) くもり時々雨

議案整理・検討

住民相談、議会報告を開催(日立市十王、日高町)


いいとこいっぱい、いばらき メイキング映像:袋田の滝
カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『潮来市(道の駅いたこ)』

歩数【6000】歩・移動距離【41】km

筑波山麓の太陽光発電施設の建設差止訴訟、県が一審敗訴

訴訟の現場となった建設用地
 6月15日、筑波山麓の太陽光発電所の建設を巡り、県が設置許可を出さなかったことに対して、水戸地裁は原告の建設業者の訴えを認める判決を下し、茨城県が敗訴しました。
 筑波山の景観保護エリア「水郷筑波国定公園」内への太陽光発電所の建設計画を巡り、つくば市の建設業者が県に対し、太陽光発電設備の設置許可申請の不許可を取り消し、許可するよう求めたものです。この裁判は、太陽光発電所設置予定の民有地が筑波山山頂などから展望する場合、眺望の妨げになるか否かが最大の争点となっていました。水戸地裁の岡田伸太裁判長は「眺望に著しい支障を及ぼすとは認められない」として業者側の請求通り、県の処分を取り消し、設置を許可するよう義務付けました。
 岡田裁判長は、周辺には複数の建物が存在しており、民有地が眺望に占める割合はわずかだとして、「影響は部分的なものにとどまる」と判断。また、業者が樹木の一部温存や植樹をしたり、太陽光パネルの高さを一定程度に抑えたりするなど、景観への影響を軽減する措置を予定していることも考慮した判決なりました。その上で、岡田裁判長は県が業者の申請を許可しないことについて「裁量権の範囲を超え、濫用となると認められる」と結論付けました。
続きを読む

2016年6月15日(金) くもり

年金相談(年金機構日立事務所)

県議会新しい茨城づくり調査特別委員会の知事説明について意見交換(県議会会派控え室)


いいとこいっぱい、いばらき メイキング映像:袋田の滝
茨城県PR映像「いいとこいっぱい、いばらき」見てくれたかな?
https://youtu.be/mFWKO9A6HF0
バンダリ亜砂也くん、マーシュ彩ちゃん二人の姿をもっと見たい!
という声にお応えして、撮影当日の裏側をコッソリお見せします。
袋田の滝の勢いに圧倒される二人のリアクションが生々しい!
展望台でのハート型の滝へ手を合わせるシーンはもうお似合い以外の言葉が浮かびませんね!

歩数【6000】歩・移動距離【82】km

所有者不明土地の特措法成立、10年間公共利用が可能に

種勇者不明土地のイメージ
 6月6日、「所有者不明土地」を有効利用するための特別措置法が、参議院本会議で、自民、公明などの賛成多数で可決、成立しました。
 公園や広場、駐車場など公共目的での利用を最長10年間認める新制度の創設などが柱です。来年(2019年)6月までに施行されることになっています。
所有者不明土地 「所有者不明土地」は、人口減少や高齢化に伴い年々増加していて、その広がりは、民間の研究会の推計で、すでに全国で九州の面積を超えているとされています。現行の法律では、こうした土地であっても自治体などが買収するには、所有者全員の了解が必要なため、公共事業がストップしたり、荒れた土地が増えるなどの問題が各地で起きています。
 新制度では、市町村や民間企業、NPOなどが所有者の分からない土地の使用を希望する場合、一定の公共性が認められれば、都道府県知事が最長10年間の使用権を設定できることになります。所有者が現れて明け渡しを求めた場合は、使用権の期間終了後に原状回復して返還します。所有者からの異議がなければ延長も可能としました。
 土地が申請通りに使われない場合は、知事が原状回復を命じ、従わなければ1年以下の懲役か30万円以下の罰金を科すことができます。
 特措法では、国や自治体が公共事業を行うに当たり、不明地の所有権を強制的に取得する収用手続きの簡素化も盛り込みました。
続きを読む

2018年6月14日(木) 晴れ

JR日立駅で朝の県議会報告

県議会新しい茨城づくり調査特別委員会の質疑内容について意見交換(県議会会派控え室)


いいとこいっぱい、いばらき メイキング映像:水戸駅・酒趣
茨城県PR映像「いいとこいっぱい、いばらき」見てくれたかな?
https://youtu.be/mFWKO9A6HF0
バンダリ亜砂也くん、マーシュ彩ちゃん二人の姿をもっと見たい!
という声にお応えして、撮影当日の裏側をコッソリお見せします。
水戸駅前での撮影はとても短かったのですが、いつの間にか中高生の人だかりが…!
メロン丸ごとクリームソーダを提供している酒趣では、二人の仲睦まじさに撮影しているスタッフも思わずほっこり。

歩数【6000】歩・移動距離【92】km

第1回茨城県魅力映画支援対象作品に、映画「ある町の高い煙突」

映画「ある町の高い煙突」撮影風景
 映画「ある町の高い煙突」が、「茨城県魅力映画支援事業」の補助対象作品に選ばれました。
 「県魅力映画支援事業」は、茨城の魅力発信や知名度向上を目的に、県内で撮影される映画のロケ経費を補助する事業です。6月12日、茨城県は、松村克弥監督の「ある町の高い煙突」を、初の「県魅力映画」に選定したことを発表しました。支援交付額は1000万円です。
 映画館や国内外の映画祭で広く上映されることや、幅広い年代が楽しめることからPR効果が高いことが評価されました。
 この事業は、大井川知事のもと今年からスターとしたものです。4月26日から5月25日までの1カ月間候補作品を受け付け、2作品の応募がありました。
続きを読む

2018年6月13日(水) 晴れ

JR常陸多賀駅で朝の県議会報告

教育長や病院局関係者から常任委員会での質疑の模様を聴き取り


いいとこいっぱい、いばらき
AbemaTVの人気番組「オオカミくんには騙されない」で共演した二人が茨城デート!?
日本生産量日本一のメロンを丸ごと使ったクリームソーダ、日本三名瀑の一つである袋田の滝、
日本一の高さを誇る竜神大吊橋のバンジージャンプ!
いいとこいっぱいな茨城を堪能するお二人に、独特なナレーションで声が特徴的すぎる若本則夫さんがデート実況で華を添えます!
<撮影場所>
酒趣 http://database.ibarakiguide.jp/db_ka...
袋田の滝 http://www.daigo-kanko.jp/
竜神大吊橋 http://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/

歩数【6000】歩・移動距離【84】km

県議会委員会で、中学校部活の“朝練禁止”が話題に

イメージ
 6月13日、前日行われた県議会文教治安委員会での議論が茨城新聞に掲載されました。
 井手よしひろ県議ら県議会公明党が進めた中学部活動の原則「朝練原則禁止」について、いばらき自民党の一部議員から強い批判が出たようです。以下、茨城新聞の記事を引用させていただきます。なお、朝練原則禁止に反対する議員を個人的に攻撃する意図はありませんので、個人名はイニシャルといたします。
 朝練の問題は、数年にわたって国でも問題になり、井手県議も3月の予算特別委員会で教育長に直接質問しています。
 このような議論を確認せずに、「なぜ今唐突に朝練禁止なのか」とのT県議の質問には閉口します。
 さらに、「やる気のある子どもたちの気持ちはどうするのか」との問いは、多くの部活が義務化されている中学校においては、「大きな負担になっている生徒や保護者をどうするのか」と反論したと思います。やる気のある生徒であれば、自主的に練習できるはずなのです。やる気のある生徒と朝練は何の関係もないのです。
続きを読む

2018年6月12日(火) 晴れ

県議会常任委員会(防災環境産業員会で質疑)

大井川知事に茨城県議会公明党として、県総合計画の内容などについて政策要望


いいとこいっぱい、いばらき メイキング映像:四度滝不動堂
茨城県PR映像「いいとこいっぱい、いばらき」見てくれたかな?
https://youtu.be/mFWKO9A6HF0
バンダリ亜砂也くん、マーシュ彩ちゃん二人の姿をもっと見たい!
という声にお応えして、撮影当日の裏側をコッソリお見せします。
早朝からの撮影スタート!四度滝不動堂で二人は何を願ったのでしょうか?
<撮影場所>
袋田の滝 http://www.daigo-kanko.jp/

歩数【6000】歩・移動距離【82】km

大好きいばらき県民会議が"チャレンジいばらき県民運動"に改変

大好きいばらき県民運動
 6月12日、防災環境産業委員会が開かれ、井手よしひろ県議は、女性活躍・県民協働課所管の「チャレンジいばらき県民運動」について、今後の方向性などを質問しました。
 5月29日、大好きいばらき県民会議は、水戸市内で平成30年度の総会を開き、会の名称を「チャレンジいばらき県民運動」に変更し、組織体制を見直す規約改正案や役員人事などを承認しました。
 昨年9月に知事が代わり、新たに掲げられた政策ビジョンの実現を目指し、組織体制や運動の柱を見直したものです。井手県議も、今年3月の代表質問で、時代状況の変化に伴い体制見直しを行うべきと提案していました。
 新しい組織体制は、政策ビジョンの目標「日本一幸せな県の実現」を目指し、人材サポート、地域活動支援、魅力発見・発信の3本柱を設定しました。
 それぞれの計画を実行する3チームと、横断的なIT活用の1チームの合計4チームを編成し、その上部組織として各チームリーダーと外部有識者でつくる「グループリーダー・アドバイザー会議」を設置しました。
 役員人事では、大好きいばらき県民会議の幡谷浩史理事長が留任し、中川清県市長会長と染谷森雄県町村会長が副会長に就任しました。副会長は従来の3人体制から2人体制に変わりました。
続きを読む

県営住宅:子育て世帯の入居期間延長、18歳になるまで…

高崎すすむ県議と菅原さん
一人の声から、高崎すすむ県議が動き条例改正
 茨城県は未就学児がいる子育て世帯の県営住宅入居優先枠に関して、10年に制限してきた入居期間を子どもが18歳になるまで延長できるよう条例改正し、このほど対象世帯への通知を完了させました。
 優先枠での入居は2009年1月5日から開始されており、19年1月から順次退去を迫られることになっていました。「せめて子どもが18歳になるまで」との一人の声に真剣に向き合う公明県議の行動が、入居期間延長実現へと導きました。
 水戸市にある県営住宅に菅原絵利香さんが入居したのは、2010年1月。長男が3歳、次男が生まれて間もない頃で、夫と4人で入居しました。2人の子どもが成長し、家計のやりくりが以前よりも大変さを増す中、2014年10月に夫がくも膜下出血で倒れました。命は助かったものの、記憶の一部がなくなるなど後遺症が残り、これまで勤めていた会社からの退職を余儀なくされました。
 現在、長男が小学6年生、次男は小学3年生。夫が実家で療養する中、子どもに寂しい思いをさせたくはないが、生活していくためには菅原さんが働く以外に道がないのが現状です。
 入居から10年の期限が刻々と近づき、今の住まいをいずれ出て行かなくてはならないことを子どもたちに伝えた。次男は「お友達と別れたくない」と泣き出した。そうした状況がますます菅原さんの不安を駆り立てたました。「せめて、子どもが18歳になるまで住むことができれば…」。
 2016年10月、先々の事が心配で仕方なかった菅原さんは、すがるような思いで公明党の高崎すすむ県議に相談しました。
続きを読む

2018年6月11日(月) 雨

国交省に石井啓一大臣を訪ね、茨城県議会公明党の政策要望

公明党山口那津男代表に政策要望

梶山弘志地方創生担当大臣の事務所を訪ね政策要望

山口那津男代表に政策要望
公明党山口那津男代表に政策要望
茨城県議会公明党は、公明党の山口那津男代表を訪ね、子育て支援策の充実や防災体制の充実など、国の政策充実を訴え、意見交換しました。

歩数【6000】歩・移動距離【285】km

石井国交大臣に茨城県の重点課題を政策要望

石井啓一国交大臣への要望
 6月11日、井手よしひろ県議ら茨城県議会公明党県議団は、国土交通省に石井啓一衆議院議員を訪ね、県政にかかわる政策要望を行いました。
 この日、具体的に要望した項目は、圏央道の県内区間の4車線化や東関道水戸線の早期開通、国道6号の4車化など県政発展の基盤となる社会資本の充実を中心に11項目。また、県議会議員個人として個別要望項目として、7項目です。
 特に、圏央道関連では、早期の4車線化とともに、トイレを含むパーキングエリア(坂東パーキングエリア)の設置支援を強く求めました。また、国交省が事業化する利根川の河川防災ステーションにスマートICを設置し、一般道の道の駅との連携を図ることなどを提案しました。
 また、ひたちなか海浜鉄道のひたち海浜公園への延伸では、費用負担も含めて、国の支援をしっかりとお願いいしました。
 茨城空港の就航対策にも触れ、大阪の玄関口である「伊丹空港」への乗り入れを求めました。
続きを読む

ひたち海浜公園と常磐線勝田駅を鉄道で直結

ひたちなか海浜鉄道
 ゴールデンウイークのネモフィラ、秋のコキアなどで、国内外で人気を集めている国営ひたち海浜公園。このひたち海浜公園に、ひたちなか海浜鉄道湊線を延伸して整備する計画が進んでいます。
 ひたち海浜公園には、昨年度(2017年度)、過去最多の228万人が訪れました。ほとんどの来園者が自家用車やバスを利用することから、ピーク時には、常磐道や北関東道に大きな渋滞が発生して、茨城県全体の観光政策にも大きな課題となっています。
延伸ルート こうした中、第3セクターのひたちなか海浜鉄道は、現在の湊線を延伸する計画を立て、平成25年から国などと協議を進めてきました。計画によると現在終点となっている阿字ケ浦駅とひたち海浜公園西口を結ぶ新線を建設をします。延伸部は3112メートルで、その内、3分2にあたる2123メートルが高架または橋梁となります。
 阿字ケ浦土地区画整理事業区域と公園西口に新らたな駅を設置します。
続きを読む

2018年6月10日(日) 雨

鉾田市の村田農園感謝の集いで、いちご栽培関係者、市場関係者らと意見交換

日立市内で県政要望聴取(中小企業、商店街の振興など)

ひたちのかたち
日立市のガイドブック「ひたちのかたち」が審査員長賞
日本グラフィックサービス工業会主宰のジャグラ第53回総会・第60回文化典福岡大会にて、日立高速印刷が制作した日立市観光協会発行のガイドブック「ひたちのかたち」が、作品展審査会委員長賞を受賞しました。

歩数【6000】歩・移動距離【155】km

SNSでの自殺相談、半数が1時間以上

イメージ
 神奈川県座間市で起きた自殺願望のある人がインターネット掲示板を使って呼び出され9人が殺害した事件などを受けて、厚生労働省はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用した自殺相談を今年3月に集中実施しました。
 この程、このSNS集中相談の結果がまとまり公表されました。対応した相談の半数は相談のやり取りが、1時間以上にわたっており、電話よりSNSの方が濃密な相談を受けられた、と思われるケースも多く、厚労省は「SNSは相談の有効な方策になる」と分析しています。
 SNSを活用した集中相談は、自殺対策強化月間である今年(2018年)3月に実施されました。NPO法人など13団体が窓口になり、延べ1万129件の相談がありました。
 対話が成立しなかったケースを除く所要時間のピークは、「30分〜1時間未満」の2912件で全体3分1となりました。「1時間〜1時間半」は、それに次いで2222件で25%。「1時間半〜2時間」が1277件と18%となっています。一時間以上が合計4650件となり、相談全体の約半数となりました。
続きを読む

2018年6月9日(土) 晴れ

日立市内で県議会報告、県政懇談会を開催

水戸市内で住民相談(県道整備の要望聴取)


浅田真央さん初来県、県庁25階で「浅田真央展」開幕
フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリスト、浅田真央さんの歴史をたどる「浅田真央展」が8日、水戸市笠原町の県庁25階展望ロビーで始まった。19年茨城国体・全国障害者スポーツ大会を盛り上げようと企画。浅田さん本人が出演し、オープニングセレモニーが同所で開かれ、詰め掛けた大勢のファンが見守る中、テープカットなどで開幕を祝った。
浅田さんを一目見ようと、県内外から約600人が開場前から長い列をつくり、先着200人がセレモニーの参加切符を手にした。
セレモニーで、大井川和彦知事が「浅田さんが茨城国体を応援しに来てくれた。お会いできて感激」とあいさつした。
浅田さんは「茨城は初めて。大勢の人に来てもらってうれしい。見どころいっぱいの真央展を楽しんで」と述べた。「(茨城名産の)サツマイモと納豆が大好き」と狄娠スマイル瓩鯣簣すると、熱狂的なファンから「真央ちゃん好き」「かわいい」などと声援が飛び交った。徹夜で並んで一番乗りした女性3人は「スケートする姿も、人柄も、笑顔も、真央ちゃんの全てが好き」と目を輝かせた。
その後、セレモニーに参加できなかったファンの元に駆け付け、笑顔で感謝のメッセージを送った。
同展は浅田さんの歴史をたどる写真をはじめ、五輪の衣装やメダルなど貴重な約70点を展示している。6月8日〜17日。入場無料。

歩数【6000】歩・移動距離【96】km

生活保護世帯から大学へ、進学支援が実現

イメージ
 6月1日、改正生活保護法が成立し、生活保護世帯の子どもの大学などへの進学を支援する「進学準備給付金」が創設されました。公明党の主張が実現した「進学準備給付金」。今年4月に入学した人に一日も早く給付金が届けられるよう、地方議員が地方自治体と連携してしっかり取り組んでまいります。
生活保護世帯から大学へ 進学支援が実現 「進学準備給付金」は、生活保護世帯の子どもが大学や短大、専門学校に進学する際、新生活の立ち上げ費用として活用できる給付金です。今年4月以降の入学者が対象で、自宅で親と同居する場合は10万円、親元を離れる学生には30万円が支給されます。厚生労働省によると、今月中にも各自治体で申請受け付けを開始し、早ければ今月下旬から7月にかけて支給が始まる見込みです。
 親の経済格差が子どもに受け継がれる「貧困の連鎖」を断ち切るためには、教育、特に高等教育を重視すべきです。その一つの形として今回の進学支援が、具体的に前進したものです。
続きを読む

2018年6月8日(金) 晴れ

茨城県議会公明党の県議会報告の撮影

県議会一般質問(3日目)


カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『潮来市2(ろ舟遊覧体験)』
いばらき大使「カミナリ」の二人が、県内の観光スポット等を巡りながら茨城の匠を目指して魅力を学びながら発信していきます。
6月の注目エリアは潮来市。6月24日まで初夏を告げる「水郷潮来あやめまつり」を開催中。期間中には白無垢の花嫁が舟に乗り新郎のもとへ向かう「嫁入り舟」も行われます。さらに「ろ舟遊覧体験」も実施しており、船に揺られながら水郷の街ならではの情景を楽しめます。
水郷潮来,初夏の風物詩で心癒されてみませんか?
【水郷潮来観光協会】http://www.e-tabi.org/
【観光いばらき】http://www.ibarakiguide.jp/

歩数【6000】歩・移動距離【82】km

女性の活躍支援や引きこもり対策の強化を、田村県議の一般質問

一般質問を行う田村けい子県議
 6月7日に行われた田村けい子県議の一般質問は、大井川和彦知事の新たな県政に、どうしても活かしてほしい重要な内容がたくさん込められていました。
 傍聴された方やネットで視聴された方々からの反応も、すこぶる良好でした。
 女性活躍推進に積極的な支援について「ジェンダー平等をどう考え、女性のエンパワーメントをどう進めていくか」と、田村県議は知事に質問しました。
 これに対して、大井川知事は、「社会のあらゆる場において男女の社会的性差をなくし、女性が主体的にさまざまな分野の意志決定過程に参画するエンパワーメントの促進が大切と考えている。県女性団体連盟は県内唯一の女性団体の横断的組織として参画いただいている。1982年より実施してきた女性海外派遣事業(昨年度終了)は、地域の女性リーダーの育成に一定の成果を収めた。女性団体や女性リーダーの方々には、自らこれからの新しい県づくりを主体的に考え、課題解決に取り組んでいただくことが重要。新たな発想で、積極的に挑戦する活動に対しては支援を行っていく」と、答弁しました。
続きを読む

田村けい子県議が一般質問、ジェンダー平等や女性のエンパワーメントを質す

茨城県議会一般質問
 6月7日、茨城県議会一般質問が行われ、公明党の田村けい子県議が登壇しました。
 田村県議は女性ならではのしなやかな視点で、大井川知事をはじめ産業戦略部長、農林水産部長、福祉担当部長、土木部長、教育長に質問しました。
 特に大井川知事に対しては、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントにいて、観光振興のための拠点整備について質しました。
 田村県議は男性と女性が性別の差を超えて、社会の様々な課題に取り組むジェンダーが平等について、「日本のジェンダーギャップ指数は世界144カ国中、114位と過去最低となっている」と指適。「SDGsの5番目にジェンダー平等が掲げられており、ジェンダー平等に向けての動きを加速させなけれるならない」と強調しました。
 その上で、女性の人材育成の上で大きな役割を果たしてきた「女性海外派遣事業」が廃止されるとともに、「茨城県女性団体連盟活動費補助」が平成32年度で廃止されることになっていることに異議を表明。女性団体連盟のあり方を見直すとともに新たな支援策強く求めました。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: