2018年07月

2018年7月16日(月) 晴れ 海の日

自宅事務所で住民要望の聴取

事務所のリフォーム作業


シリーズ「識者が語る公明党」 社会起業家・駒崎弘樹氏
社会起業家の駒崎弘樹氏に公明党の実績や児童福祉の課題などについて語っていただいています。

移動距離【11】km

早期復旧に全力で支援、石井国交大臣が被災現場視察

石井啓一国交大臣が倉敷市を訪問
 西日本を中心とした記録的な豪雨で、被災地では7月15日も猛暑の中、行方不明者の捜索が続いています。これまでに死亡が確認されたのは13府県で209人、安否不明者は4県21人。3連休の2日目となり、前日に続いて各地から大勢のボランティアが集まった一方、熱中症による搬送が相次くなど被災地の混乱は続いています。ボランティアは、15日も1万人以上が見込まれ、3連休で延べ3万人を超えると予想されています。総務省消防庁によると、15日正午現在で約5200人が避難所に身を寄せています。

7月14日、石井国交相が広島県内を視察
 7月14日、石井啓一国土交通相(公明党)や公明党「平成30年7月豪雨」対策本部の斉藤鉄夫本部長(幹事長代行)らは、道路などインフラの早期復旧や被災者の生活再建に向け、広島県内各地で被害状況の調査や被災者から要望などを聞き取りました。
 石井国交相は、記録的な豪雨で甚大な被害を受けた広島県の被災地を視察。各地の被害状況を確認するとともに、避難所に身を寄せる被災者を見舞いました。
 石井国交相は、土砂崩れや浸水被害が相次いだ東広島市黒瀬地区を調査。崖崩れによる主要道路の寸断で一時、孤立した呉市天応地区で説明を受け、「道路の復旧、住宅支援を含む生活再建にしっかり取り組む」と語りました。その後、坂町水尻地区を訪れ、大量の土砂に覆われたJR呉線と路面が崩壊した広島呉道路の被災現場を視察しました。
続きを読む

2018年7月15日(日) 晴れ

日立市内で県議会報告会

事務所のリフォーム作業


カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『大洗町2』
いばらき大使「カミナリ」の二人が、県内の観光スポット等を巡りながら茨城の匠を目指して魅力を学びながら発信していきます。
7月の注目エリアは大洗町。関東最大級の広さを誇り快水浴場百選にも認定された「大洗サンビーチ」もいよいよ14日から海開きです。
また、海水浴場近くのえんやどっと丸では,海外のデザイナー設計によるオシャレな店内で市場直送の海鮮グルメを味わえます。
夏はビーチリゾート大洗へ!
【大洗観光協会】http://www.oarai-info.jp/top.htm

移動距離【10】km

被災地支援に、住宅応急修理、自動車取得税の減免を!

岡山県倉敷市真備町付近:「撮影:アジア航測(株)」
 4月15日正午現在で、NHKが各地の警察や消防を取材してまとめたところ、西日本の記録的な豪雨で、これまでに広島、岡山、愛媛を中心に、204人が死亡し、3人が心肺停止の状態になっているほか、24人の安否が不明となっています。また、15の府県で約5000人が体育館などの避難所に避難しています。
 政府は、14日の持ち回り閣議で、今回の豪雨災害を「特定非常災害」に指定することを決めました。運転免許証の更新時期をすぎても有効期間を延長できるなど、被災者に行政上の特例措置が適用され、地震以外での指定は今回が初めてです。
 「特定非常災害」は、被災者の生活再建のため、行政上の特例措置を適用する制度で、運転免許証の更新時期をすぎても有効期間を延長できるほか、債務超過に陥った場合でも、一定期間、破産手続きが開始されずに済むなどとなっています。
 「特定非常災害」には、これまで阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震が指定されていて、今回で5例目で、地震以外での指定は初めてです。
続きを読む

2018年7月14日(土) 晴れ

水戸市内で県議会公明党政調会(9月議会の質問内容について検討)

公明党茨城県本部議員研修会を開催

夏季市民講座「SDGsと地域社会」を開催

県政報告会を水戸市内で開催

夏季市民講座「SDGsと地域社会」
夏季市民講座「SDGsと地域社会」
夏季市民講座「SDGsと地域社会」を開催しました。
SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月に開催された「国連持続可能な開発サミット」において採択された、先進国も途上国も取り組むべき2030年までの共通目標のことです。
貧困と格差の解消、健康と福祉、質の高い教育、ジェンダー平等、雇用と経済成長、気候変動への対応など、17の目標と169のターゲットが示され、「誰一人取り残さない」という基本理念のもとで、持続可能な社会を実現するための具体的行動が求められています。
山岸浩一氏(県政策企画部推進課課長)
神部匡毅氏(つくば市政策イノベーション部長)
手島利夫氏(江東区立八名川小学校 元校長)
近藤哲生氏(国連開発計画UNDP駐日代表)
と、大変素晴らしい講演者の皆さんに語っていただきました。

移動距離【90】km

一刻も早く仮設住宅の準備を/モバイルハウス活用を

モバイルハウスを被災地に
 茨城県境町は、ふるさと納税を活用したクラウドファンディングが行っています。これは、ふるさと納税の仕組みを使って、境町が全国からふるさと納税を受け、被災地である岡山県や広島県に支援金を送るというものです。代理ふるさと納税とも言われています。
 7月14日現在ですでに1億円を突破しています。
 さらに、境町は一般財団法人協働プラットフォームとの共同プロジェクトとして、被災地にモバイルハウスを送るプロジェクトも行っています。
 岡山県倉敷市真備町は、今回の記録的な豪雨で、約4600棟以上が浸水被害を受けました。
 境町と協働プラットフォームは、ふるさと納税で資金を調達し、真備町にトイレ、シャワー、簡易宿泊のコンテナハウス3台と移動型コンテナユニット4台を送りました。
https://www.furusato-tax.jp/gcf/351
続きを読む

2018年7月13日(金) 晴れ

県議会防災環境産業委員会県外調査(「神宿る島」宗像、九州先端科学技術研究所、九州大学伊都キャンパス)

西日本豪雨災害の被災地支援について専門家から意見聴取


県議会防災環境産業委員会県外調査
井手よしひろ県議ら茨城県議会防災環境産業委員会は、7月11日〜13日の3日間、九州地域の県外調査を行いました。主な調査地は、熊本市現代美術館、熊本城修復現場、みやま市・みやまスマートエネルギー、「神宿る島」宗像、九州先端科学研究所、九州大学伊都キャンパスです。

移動距離【95】km

茨城国体でeスポーツ/ウイニングイレブンで都道府県対抗戦

eスポーツの世界大会
 茨城県では2019年の茨城国体で、eスポーツをエキシビションマッチとして全国で初めて開催することになりました。
 茨城国体・全国障害者スポーツ大会の文化プログラムの一環として「都道府県対抗eスポーツ大会」が開催されます。eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツの略。コンピューターゲームやテレビゲームで行われる対戦型ゲーム競技です。eスポーツは近年、身体的運動と同様にスポーツ競技の一つとして認識されつつあります。1990年代後半ごろから、欧米では賞金の懸かった大規模なゲームイベントが開催され、プロチームやプロリーグが多数存在しています。2000年から「eスポーツ」という呼称が使われ始め、2018年1月に既存のeスポーツ団体と業界団体などが「日本eスポーツ連合」(JeSU)を設立しました。世界の競技人口は1億人を超えるといわれています。国外では賞金総額が数億円を超える大会も珍しくないといわれています。
 eスポーツで都道府県対抗の大会開催は、全国初の取り組みです。大井川和彦知事は発表記者会見で「非常に画期的なイベント。茨城国体がさらに注目していただけるチャンスになる」「年齢、性別、ハンディキャップの有無にかかわらず、みんな対等に行えることが大きな特徴」と期待感を示しています。
続きを読む

2018年7月12日(木) 晴れ

県議会防災環境産業委員会県外調査(熊本市役所、熊本城、みやま市役所)


SUSURU.TVとラーメン店主が行く茨城ラーメンツアー【しじみラーメン】
「毎日ラーメン健康生活」でおなじみの人気YouTuber「SUSURU.TV」さんと、いばキラTVのコラボが実現!
今回はSUSURUさんが、茨城の名産のひとつである”涸沼のしじみ”をふんだんに用いた「しじみラーメン」を食べに行きました。
茨城ラーメンツアーの様子は、SUSURU.TVでも公開しています。
3倍メガ盛りニンニクたまごラーメンをすする ゆにろーず大洗店【茨城 飯テロ】SUSURU TV.第974回
https://www.youtube.com/watch?v=ul71-...
今回の茨城ラーメンツアーは、
店舗名:やちべえ
住所:茨城県鉾田市上釜583−3
電話番号:0291-37-0976
営業時間:11:00〜21:00

移動距離【バスで移動】km

復興が進む熊本城を視察

熊本城の本丸の工事
 7月12日、井手よしひろ県議ら茨城県議会防災環境産業委員会は、熊本市役所と熊本城を訪れ、熊本城の震災不幸の進捗状況と今後の再建に向けての取り組みなどについて説明を受けました。
 井手県議が熊本城の復興の状況を調査するのは、2016年8月に続いて2回目。今年4月、熊本地震で被災し復旧工事が進む熊本城天守閣の大天守(高さ約30メートル)に、しゃちほこ2体が再び設置されました。しゃちほこは、地震で最上部の屋根から落下して壊れ、昨年新たに復元されたものです。大天守用に復元されたしゃちほこは高さ119センチ、重さ約100キロで、ぎょろりと周囲を睨め付ける目やイチョウの葉のような尾ひれが特徴です。
続きを読む

2018年7月11日(水) 晴れ

県議会防災環境産業委員会県外調査(熊本市現代美術館)

180711imge
【被災地支援にコンテナハウスを送るクラウドファンディング成立】
被災地支援のコンテナハウスを境町から倉敷に送るクラウドファンディングが、スタートとわずか2日間で、目標をはるかに超す130万円突破しました。7月10日、岡山県倉敷市に向けて出発しました。

移動距離【航空機で移動】km

震災復興とアートの力、熊本現代美術館を視察

熊本現代美術館
 7月11日、井手よしひろ県議ら茨城県議会防災環境産業委員会は、県外調査で熊本現代美術館を訪れ、館内を視察するとともに震災復興とアートの力などについて、岩崎副館長より説明を受けました。
 熊本現代美術館は、熊本市の中心市街地、交通量の多い通町筋と上通との交差点に建つ"びぷれす熊日会館"の3階に設置された、九州で唯一の現代美術を展示する美術館です。 ジェームズ・タレル、マリーナ・アブラモヴィッチ、草間彌生、宮島達男といった国際的に活躍する4人の現代美術家たちによるインスタレーション作品が館内に恒久的に展示されています。 また、数千冊の本が自由に読めるホームギャラリーや子育て相談もできる子育てひろばなど、メインの展覧会場以外は全て無料で利用することがでます。待ち合わせや休憩など、市民の憩いの場として利用されています。
 この美術館を中心とする熊本市の取り組みが、「平成29年度文化庁長官表彰(文化芸術創造都市部門)」を受賞しました。文化庁長官表彰とは、文化芸術の持つ創造性を領域横断的に活用し、地域の特色を生かした文化芸術活動や社会課題の解決に、行政と住民との協働、行政と企業や大学との協力等により取り組み、顕著な成果をあげている市区町村を表彰するものです。熊本市は、市民参画型の文化財の修復と活用や、市民との協働を意識した熊本市現代美術館の運営が代表的な取組として、顕章されたものです。
続きを読む

豪雨被害にあった被災地にトイレ、シャワー、簡易宿泊のコンテナハウスを送る

ふるさと納税のHP
 西日本を中心にした豪雨災害を受けて、3年前の関東・東北豪雨で被害を受けた境町は、岡山県倉敷市の避難所にトイレや簡易ベッドなどを備えたコンテナハウス3基を送ることになりました。
 境町が被災地に送るのは、トイレやシャワー室を備えたコンテナと8基のトイレを備えたコンテナそれに4台の簡易ベッドなどをしつらえたコンテナです。
 コンテナは、境町が仮設住宅などの代わりに使おうと導入を検討し、保管していたもので、岡山県倉敷市からの貸し出しの要請に応えました。
 配送や現地での工事にかかる費用およそ100万円は、ふるさと納税の制度を使ってインターネットを通じて集めた寄付金で賄います。
 ふるさと納税の専門ネットサービス"ふるさとチョイス"のページには、11日21:00現在133万円の寄付が集まっています。
続きを読む

2018年7月10日(火) 晴れ

朝の県議会報告(JR大甕駅)

県議会公明党BNCT施設を現地調査(いばらき中性子医療研究センター)

【自然災害に伴うデマ情報に惑わされないで!】
警察の警告 現在、SNS等で「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている」「犯人が乗っている車は〇〇!」「警察にはすでに通報済みです。」といった情報が拡散されていますが、警察ではそのような事実は把握されていません!! 
 現在、無施錠で避難された方については、安全が確保されていない状態で無理をして自宅や車に戻ることはしないでください。
 身の安全が一番です。
 ただ、今後被災者のお宅や車を狙った空き巣や車上ねらいの発生も懸念されますので、安全が確保されている状態であれば、確実な施錠を宜しくお願いします。
 皆さんの安全を確保するために、
  〇 現場警察官の指示に従い、立ち入り禁止場所等には絶対に入らないでください。
  〇 デマ情報の可能性が疑われる場合は、情報の発信元を確認しましょう。不確定な情報は拡散させないでください。
  〇 不審者や不審車両を見つけたら、110番通報をお願いします。
ご協力宜しくお願いします。
<福山東警察署>

移動距離【101】km

次世代がん治療装置・iBNCT施設を現地調査

BNCT
 7月10日、井手よしひろ県議ら茨城県議会公明党議員会は、東海村の「いばらき中性子医療研究センター」を訪ね、茨城県が筑波大学、高エネ研などと一体となって開発を進めているBNCTを視察しました。筑波大学陽子線医学利用研究センター中性子医学研究開発室・熊田博明室長、高エネ研(KEK)J−PARCセンター加速器ディビジョン・内藤富士雄副ディビジョン長らから説明を受け、今後の展開について意見交換しました。
 BNCT(ホウ素中性子捕捉療法:Boron Neutron Capture Therapy)は、手術や従来の放射線では治療することが難しいがんに対して有効な新しいがん治療として注目を集めています。
 また、体への負担が少なく、細胞単位にピンポイントで効果があることも従来のがん治療とは異なる大きな特徴です。
 この次世代がん治療・BNCTの開発実用化は、茨城県、つくば市及び筑波大学、高エネ研が取り組んでいる「つくば国際戦略総合特区」の先導的プロジェクトの1つとして行われています。

iBNCTの特徴と今後の展開
 X線や陽子線、重粒子線などの一般的な放射線治療では、放射線が直接がん細胞を攻撃することでがん細胞を死滅させます。これに対してBNCTは、放射線(中性子)と薬剤(ホウ素)の組み合わせで効果を発揮することが大きな特徴です。
 ホウ素薬剤はがん細胞に集積する性質を持っていて、この薬剤を投与した患者のがん患部に中性子を照射することで発生するα(アルファ)線とリチウム粒子が、がん細胞だけを破壊します。
 BNCTは、手術や従来の放射線治療では難しいがんに非常に効果が高く、体への負担も少ないためQOLも高い治療法です。
 現在、加速器の装置がほぼできあがり、中性子ビームを安定して発生させることができるようにってきました。細胞実験や動物実験での安全性確認が進んでいます。2019年中に患者さんの治療(第1相治験)を行えるよう開発を進めています。
続きを読む

2018年7月9日(月) 雨

朝の県議会報告(JR常陸多賀駅)

県議会で会派打ち合わせ(9月議会の代表質問、一般質問について、西日本豪雨の支援について)

ふるさとチョイス
茨城県境町が被災地支援スタート、ふるさと代理納税で!
被災地を支援する一番早くて、確実な寄付が立ち上がりました。
茨城県境町が今回の豪雨災害の被災自治体への「寄付」をふるさと納税の仕組みを使って代行しています。
被災自治体に直接寄付をすると復旧業務の負担になります。
手数料は境町が負担し、寄付額はそのまま被災自治体に振り込まれます。
寄付した金額については「ふるさと納税証明書」が発行され、税額控除の対象になります。
ふるさとチョイスのページから「境町の代理寄付」が出来ます。
https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/274

移動距離【88】km

茨城県内のブロック塀の安全点検。102施設で建築基準法不適合

ブロック塀の点検のチェックポイント:国土交通省のHPより
 大阪府北部の地震でブロック塀が倒壊し9歳の女の子が死亡したことを受けて、茨城県内の県立学校と県が所有する施設の点検が行われた結果、合わせて102の施設で建築基準法の基準に適合しないブロック塀があったことがわかりました。
 井手よしひろ県議ら茨城県議会公明党議員会は、6月18日、県教育長に学校施設、通学路の総点検を強く要請しました。
 茨城県はこうした声を受けて、県立の学校や県が所有する施設のうちブロック塀がある合わせて238の施設で緊急の総点検を行いました。
 その結果、小中学校では全体の約22%に当たる151校の計212カ所で、ひび割れや傾きなどを含む不具合が見つかりました。このうち172カ所は、「控え壁」と呼ばれる補強材がないなど、建築基準法に不適合でした。全体の43%にあたる102の施設で建築基準法の基準に適合しないブロック塀があったことがわかりました。
続きを読む

2018年7月8日(日) 晴れ

公明党全国代表者協議会に出席

党本部で西日本の大規模水害について復旧支援体制打ち合わせ

180707b雨災害に備えるガイドブック
『豪雨災害に備えるガイドブック』を公開!
認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズの横田能洋さんが、PDF版を公開してくれています。
大変不安定な天候が続いています。このような機会に是非ご一読ください。
http://www.npocommons.org/data/suigai-guideA4.pdf

移動距離【電車で移動】

公明党、参院選勝利へ勇躍出発/全国県代表協議会で誓い合う

公明党全国代表協議会
茨城県議選、統一選全員当選で上げ潮を
 7月7日公明党は、東京都新宿区の公明会館で全国県代表協議会を開き、来年春の統一地方選、夏の参院選の勝利へ全議員が総立ちになって党勢拡大に挑戦することを誓い合い、勇躍出発しました。
 井手よしひろ県議も茨城県本部を代表して出席しました。
 山口那津男代表、井上義久幹事長は、来年は統一地方選と参院選が同じ年に行われる12年に1度の年であり、統一地方選から参院選までの期間が短いことから、厳しい戦いになると指摘した上で、「いかなる状況が待ち受けていようとも、断じて勝利をもぎ取っていきたい」と強調しました。揺るぎない党の基盤を構築するため、「徹底した草の根の対話で、公明党理解と信頼の輪を大きく広げる闘いに勇んで取り組んでいこう」と呼び掛けました。
続きを読む

西日本中心に深刻な大雨被害、水害にあった方のためにお役立ち情報


【上空から見た豪雨被害=広島】2018/7/7時事通信映像センター
 7月7日、記録的な大雨に襲われた西日本では、各地で土砂崩れや河川の氾濫が発生しました。広範囲で甚大な被害が生じた広島県の上空からは、記録的豪雨の生々しい爪痕がうかがえました。
 8日14:30日現在でNHKが各地の警察や消防を取材してまとめたところ、全国で65人が死亡し、4人が意識不明の重体になっているほか、少なくとも61人の安否が不明となっています。今後状況が明らかになるにつれて、被害は拡大すると懸念されます。
 広島県では東広島市で6人、広島市で4人、三原市で5人、竹原市で3人、呉市で5人、府中市で1人、安芸高田市で1人、福山市で1人、坂町で1人が死亡していて、今回の記録的な豪雨で広島県内で死亡した人は合わせて27人にのぼっています。
 愛媛県では、西予市で5人、宇和島市で5人、大洲市で4人、松山市で3人、今治市で2人の合わせて19人が死亡しました。
 また、岡山県では、倉敷市真備町で4人、笠岡市で3人、井原市で1人の合わせて8人、山口県では岩国市で2人、周南市で1人の合わせて3人、兵庫県猪名川町で1人、京都府では綾部市で2人、亀岡市で1人の合わせて3人、滋賀県高島市で1人、福岡県筑紫野市で1人、岐阜県関市で1人、高知県大月町で1人が死亡しました。

続きを読む

2018年7月7日(土) 晴れ

公明党全国代表者協議会に出席

党本部で西日本の大規模水害について復旧支援体制打ち合わせ


SUSURU.TVとラーメン店主が行く茨城ラーメンツアー【あんこうラーメン】
「毎日ラーメン健康生活」でおなじみの人気YouTuber「SUSURU.TV」さんと、いばキラTVのコラボが実現!
今回はSUSURUさんが、茨城の名産・あんこうを贅沢に使った「あんこうラーメン」を食べに行きました。
茨城ラーメンツアーの様子は、SUSURU.TVでも公開しています。
【新企画】ラーメン店主と行くラーメン旅で茨城老舗ご当地ラーメンをすする 天下一ラーメン 大甕【飯テロ】SUSURU TV.第973回
https://www.youtube.com/watch?v=griKX...
今回の茨城ラーメンツアーは、
店舗名:まるみつ旅館 あんこう研究所
住所:北茨城市平潟町235
電話番号:0293-46-0569
営業時間:11:00〜14:00

移動距離【電車で移動】

東海第2原発の避難計画/施設入所の要支援者は“屋内退避”

180707image
 7月4日、首都圏にある唯一の原子力発電所・東海第2原発は、安全対策が国の新規制基準に適合しているとして事実上、原子力規制員会の審査に合格しました。
 今後は、メルトダウンなどの過酷事故が発生した場合の周辺住民の避難体制の整備が、運転再開に向けての大きな課題となります。東海第2原発の周辺では、原発事故の際、体が不自由な要支援者を避難させるための車が確保できないことから茨城県は原則、放射線防護対策を施した病院や施設などに「屋内退避」させることを全国で初めて決めました。
 原発事故の際、国は、原発から5キロ圏内に住む要支援者を原則、直ちに避難させるとしていて、すでに再稼働した原発がある地域では、車いすやストレッチャーを乗せられる特殊な車を数十台確保しています。
 しかし、東海第2原発の場合、防災対策が求められる原発から30キロ圏内の住民は96万人と全国最多となっています。茨城県の調査によると、5キロ圏内には車いすやストレッチャーが必要な要支援者が1000人から1500人いて、避難には1000台近くの車が必要とみられています。こうした車両や支援する要員を確保できる見通しは立っていません。
 また、一斉に避難した場合、深刻な渋滞のおそれがあるため県は原則、放射性物質を通さないフィルターを設置するなどの放射線防護対策を施した病院や社会福祉施設などに「屋内退避」させることを全国で初めて決定しました。
続きを読む

2018年7月6日(金) 雨

県議会で9月代表質問のための県外調査など調整、打ち合わせ

BNCTの開発進ちょくを聴き取り、現地調査の日程調整


カミナリの「たくみにまなぶ」〜そういえば茨城ばっかだな〜『潮来市ァAll About 蔵)』
いばらき大使「カミナリ」の二人が、県内の観光スポット等を巡りながら茨城の匠を目指して魅力を学びながら発信していきます。
6月の注目エリアは潮来市。県内有数のアジサイの名所「二本松寺」ではおよそ1万株のアジサイが見頃に。お花見の後は蔵レストラン「All about 蔵」へ。地産地消をモットーにしたこちらでは、米蔵を利用したおしゃれな店内で茨城のブランド食材「美名豚」のステーキを堪能できます。
初夏の大人旅をするなら潮来へ!

移動距離【82】

【ご挨拶】新たな挑戦!村本しゅうじ


【ご挨拶】新たな挑戦!村本しゅうじ
こんにちは、村本しゅうじです。
私は、昭和42年生まれの51歳です。日立市の中成沢町に、妻、長女、次女、長男の5人家族で住んでいます。
27年間、日立市の総合電機メーカーに勤め、保守プロジェクトの責任者をしておりました。これまでの会社人生でも電力業界という重要な社会インフラに携わることを通して、地域に貢献しているという自負がありました。

その上で、もっともっと県民のみなさんの生活向上のため、地域社会の活性化のために、自分でもできることがあるのではないかと考え、新たな挑戦を決断いたしました。
続きを読む

2018年7月5日(木) 雨

県議会でEスポーツの国体での開催について聴き取り

県議会で9月議会の代表質問、一般質問について協議(公明党政調会)

記者会見(県議選の公認候補を発表)

日立市内で県政報告会


【CHALLENGE IBARAKI】#3「強い農林水産業」の実現
「活力があり、県民が日本一幸せな県」の実現に向けた茨城県の政策ビジョン「新しい茨城づくり」について、20の施策を分かりやすく紹介します。
今回のテーマは、「強い農林水産業の実現 いばらき農産物ブランド力強化事業」です。
皆さんは,茨城の農産物ブランド品って何を思い浮かべますか?
今回は、三越銀座店で行われた茨城のメロンをPRするイベントを取材してきました。
◆茨城を食べよう/食と農のポータルサイトhttps://www.ibaraki-shokusai.net/

移動距離【86】

茨城県議選、日立選挙区に新人の村本しゅうじ氏公認決定

記者会見
 7月5日、公明党本部中央幹事会で、12月に行われる茨城県議会議員選挙の第1次公認候補が決定されました。5日午後、県庁内で記者会見して公認候補を発表、紹介しました。
 今回の公認は議席を有する水戸市、日立市、つくば市、土浦市の4選挙区です。
 水戸市、つくば市、土浦市に、それぞれ現職のたかさき進県議、田村けい子県議、八島いさお県議を公認し、現状議席確保に全力を挙げて戦います。
 また、日立市選挙区は、現職の私・井手よしひろは引退し、新人の村本しゅうじ氏を擁立いたします。
 私は38歳で初当選し、6期24年にわたり多くの皆様のお力をいただきながら、議員活動に全力を挙げてまいりました。
 知事も、大井川知事にバトンタッチをし、茨城全体が新たな大きな新しいうねりが起きようとしています。こうした時だからこそ、新しい人材を県議会に送る事はとても大事なことだと思います。
 全力を挙げて、現職3人と新人村本さんの当選を目指してまいります。
続きを読む

2018年7月4日(水) 晴れ

住民相談(職場におけるパワハラ被害について)

日立税務署で一般財団法人の設立届け出

公明党茨城第2総支部党員会を日立市十王で開催

公明党党員会
公明党茨城第2総支部党員会
日立市、高萩市、北茨城市の合同党員会を山口那津男代表を迎えて、意気軒昂に開催しました。
山口代表は、公明党が展開している100万人訪問対話運動に触れ、「常に国民の中に入り、その声をどのように吸い上げていくかが、政党の生命」と訴えました。

移動距離【67】

東海第二原発/安全審査事実上合格、再稼働には直結せず

原子力規制委員会(7月4日)
 7月4日、茨城県東海村の東海第2原発について原子力規制委員会は、安全対策が新しい規制基準に適合しているとして、事実上、合格したことを示す審査書の案をとりまとめました。
 東海第2原発は、都心からおよそ110キロの距離にある首都圏で唯一の原発で、30キロ圏内に全国最多の96万人が住んでいます。
 7年前の東日本大震災では、原子炉を冷やすための設備の一部が津波の被害を受け緊急停止しました。日本原電は2014年5月に東海第2原発の安全審査を規制委に申請。設計上で想定した最大の地震の揺れ(基準地震動)を1009ガル、最大の津波の高さを約17メートルとして安全対策を強化。高さ20メートル、全長約1.7キロの防潮堤を建設して津波の浸入を防ぐとしました。
 また、原子炉格納容器の容積が小さく、事故時に事態が悪化しやすい沸騰水型の特徴を踏まえ、炉心を冷やす予備の冷却装置を追加で備えるなどとしています。
 安全対策費として1740億円が必要としていますが、原発専業の原電は自前で調達できず、規制委は資金確保を合格の前提条件とする異例の対応をとり、原電は東京電力と東北電力から支援を受ける方針を示しました。
 規制委員会は今後、一般からの意見募集を行ったうえで審査書を正式に決定することにしています。
続きを読む

2018年7月3日(火) 晴れ

JR大みか駅で県議会報告(日本遺産の認定について)

日立市の日本遺産認定について意見交換(市内田尻町)


いばキラTV Vtuberキャラクター名募集!
この度、茨城県の公式インターネット動画サイト「いばキラTV」では、自治体初のバーチャルYouTuberを起用した番組制作を行います。
皆様に広く愛されるよう名前を一般公募いたしますので、是非ご応募ください。
選ばれた方には、JTBトラベルギフト券1万円分をプレゼントいたします。
▼募集期間:7月11日(水)23:59まで
▼応募方法
 屬い丱ラVtuber(仮)」Twitterアカウント(@ibakira_Vtuber)をフォローいただく。
▲ャラクターの名前を、「#いばキラVtuberに名前をつけて」を付けてご自身のアカウントからツイートしてください。
<バーチャルYouTuberについて>
茨城県公式インターネット動画サイト「いばキラTV」の新人アナウンサー。
県の魅力を伝えるために、様々な情報をお届けしていく予定です。
茨城県の観光やグルメなどの情報のほか、ゲームなどバーチャルYouTuberらしい企画にも取り組んでいきます!
イラスト担当:ハルタスク (twitter:@emo863063)
・いばキラTV公式サイト:https://www.ibakira.tv/
・いばキラVtuber(仮):https://twitter.com/ibakira_Vtuber

移動距離【24】

公明党が2019年参院選、第1次公認候補発表

公明新聞2018年7月3日付け
7選挙区に新人3人現職4人、比例区は6現職を公認
 7月2日、公明党は中央幹事会で、来年夏の第25回参院議員通常選挙(来年7月任期満了)の第1次公認を決定しました。今回、公認されたのは、選挙区で埼玉、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7選挙区7人(現職4人、新人3人)、比例区で6人(いずれも現職)の計13人です。
続きを読む

2018年7月2日(月) 晴れ

水戸市内で県政懇談会

ホテル事業者と茨城県の観光開発について意見交換

映画「ある町の高い煙突」ポスター
"映画「ある町の高い煙突」ポスター最新版
映画「ある町の高い煙突」の新しいポスターが出来上がりました。
ご希望の方には、お届けしたいと思います。
市内の方には、直接お届けいたします。市外の方には、申し上げございませんが着払いで配送会社よりお届けいたします。希望の方がいらっしゃいましたら、【ポスター希望】と明示してメールでお知らせ下さい。

移動距離【87】

働き方改革法案成立/残業削減、社会の活力向上へ挑戦

イメージ
 日本は少子高齢社会の中で労働人口減少に直面しています。このほど成立した働き方改革関連法は、労働慣行を一新し、労働者の健康と権利を守ることを通して、経済再生と社会の活力向上をめざすチャレンジに他なりません。
 働き方改革関連法には、長時間労働や、正社員と非正規社員の間の不合理な待遇差といった“悪しき労働慣行の是正”と同時に、高度プロフェッショナル制度の創設など“多様な働き方を可能にする施策”も盛り込まれました。施行までの期間に十分な準備を進め、この改革を確実に進める必要があります。
 生活を支えるだけでなく、生きがいともなる仕事の中で発生する過労死ほどの悲劇はありません。この法律は、労使の合意があれば実質的に上限がない現状の時間外労働について、初めて罰則付きで上限を定めました。原則として月45時間、年360時間が上限となります。
 経済界と労働界の代表も合意した内容で、衆院厚生労働委員会の参考人質疑で労組の神津里季生連合会長は「一刻も早くスタートさせてほしい」と訴えました。大企業は2019年4月、中小企業は2020年4月から施行されます。
続きを読む

2018年7月1日(日) 晴れ

県政懇談会(東海第二原発再稼働問題など)

水戸市内で県政要望の聴き取り(子育て支援支援策、防災対策などについて)

日立市遠景
かみね公園からの日立市の全景
日立市内の個人宅をお借りしての県政懇談会。さすがに日立の山手?窓を開け話すとこの暑さでもクーラーは入りません。東海第二原発再稼働への対応など、熱い議論が続きました。
日立中央インターから水戸に向かう途中で、かみね公園の駐車場から写真を撮りました。

移動距離【95】

最低賃金の引き上げを!さまざまな働き手を支えたい

ポスター
 今年も最低賃金の見直しに向けた論議が始まりました。過去2年に続く3%の引き上げとなるかが焦点です。
 最低賃金は、使用者が従業員に支払わなければならない最低限の時給のことで、これを下回ると使用者に罰則が科せられます。労使の代表と有識者でつくる厚生労働省の審議会が、毎年7月下旬をめどに見直しの目安を示し、秋以降、都道府県ごとに改定額が決まります。
 現在は全国平均が848円で、最も高い東京都は958円。茨城県は796円です。
 政府は年3%程度の引き上げにより全国平均1000円をめざしています。今年26円上がると3年連続の3%アップとなり、このペースが続けば2023年度に政府目標を達成します。
 最低賃金の引き上げは個人消費の喚起につながり、日本経済の最大の課題であるデフレ脱却を後押しする効果が期待できます。まして来年10月に消費税率が10%に引き上げられることを考えれば、働き手の懐を温める手だてが一層重要となります。
 強調したいのは、多様な働き方を支えるという点から、その土台となる最低賃金を引き上げる意義は大きいということです。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: