日立ライフが鮎川ショッピングセンター建設
 日本工業経済新聞社水戸支局のホームページによると、株式会社日立ライフ(日立製作所の関連会社・川又諭代表取締役)が、国分工場の野球場跡地(日立市鮎川町156番地ほか)に、鮎川ショッピングセンターを建設するため、大規模小売店法に基づく手続きを行いました。
 敷地面積は2万4192屐インテリア用品や服飾雑貨、その他の関連用品を扱う専門店(A棟:売場面積が3231屐砲砲株式会社三喜(千葉県柏市・八木下眞司代表取締役)が出店します。クリックすると大きな地図をご覧になれます。生鮮食料品やそのほか生活関連用品などを販売するB棟(売場面積が1754屐砲砲蓮⊃品スーパー株式会社サンユーストア(北茨城市磯原町・伊藤尚武代表取締役)が出店する他、飲食施設(4985屐砲眄澆韻蕕譴泙后
 営業時間は、午前10時から午後9時まで。駐車場収容台数については、302台で出入り口を2箇所設ける予定です。
 建設予定地は、県道鮎川停車場線の建設予定地に隣接し、近い将来、国道6号線諏訪五叉路と国道245号線を結ぶ交通の要衝となります。サンユーストアは、現在予定地の斜向かいで営業していますが、道路建設に伴い野球場側に移転新築されるものと思われます。
参考:日本工業経済新聞社水戸支局のHP(2005/05/20鮎川ショッピングセンター建設へ/(株)日立ライフ
livedoor MAPにリンク