水戸アカス事件の控訴審判決が、7月21日、東京高裁で下されました。
 この裁判は、水戸市の段ボール加工会社「アカス紙器」の元社長から虐待を受け、精神的苦痛を被ったとして、知的障害のある元従業員の女性3人が元社長に計3000万円の損害賠償を求め訴訟を起こしたものです。
 石川善則裁判長は「虐待は虚構との元社長の陳述には裏付けがない」と述べ、計1500万円の支払いを命じた1審・水戸地裁判決を支持し、元社長の控訴を棄却しました。
 判決によると、元社長は1991年以降、同社従業員寮などで、3人に複数回にわたり性的虐待や暴行を加えました。3人は、被害の日時を特定できませんでしたが、1審は「被害の中心部分についての証言は、強い恐怖感や屈辱感などの感情を伴った記憶に基づくもので信用できる」と認定。2審も「3人の主張は一貫している」として、元社長の主張を退けました。
<リンク>水戸アカス事件/知的障害者の訴え認め、元社長に賠償命令
<リンク>水戸事件を支える会のHP