茨城県本部新春の集いで挨拶する神崎武法公明党代表
 1月28日午前、公明党茨城県本部主催の「新春の集い」が、水戸市内のホテルで開催されました。今年の新春の集いには、神崎武法公明党代表が出席し、親しく600人あまりの参加者との交流の一時を過ごしました。
 あいさつに立った神崎代表は、耐震偽装問題やライブドア事件、BSE問題などの最近の社会状況について触れ、「反省するべき点は反省して、再発防止策にしっかりと取り組んでいきたい」と述べました。また、「構造改革の光と影が出ているという議論が盛んになっている。バブル崩壊後、二極化の傾向が強くなっており、勝ち組と負け組といった社会的な格差が広がっている。改革は必要であるが、改革に伴う痛みを緩和する措置が必要である。社会的弱者の救済、格差の是正などの社会のセーフティネットをしっかりと整備する必要性を訴えている」と公明党の基本姿勢を強調しました。さらに、「日本は人口減少社会に突入し、少子化対策が喫緊の課題となっている。公明党は、どの党よりも少子化対策に真剣に取り組んできたし、これからも政府与党の政策をリードしていきたい」と抱負を語りました。最後に「今年は国政選挙はないが、自民党では総裁選挙があり、公明党も11月には党大会を予定している。党として憲法改正の考え方をまとめたいと思っている。茨城においては県議選の年でもあり、本年一年間は大変重要な一年間となります。私ども公明党は生活者の視点に立ち、全力で頑張ってまいります。よろしくお願い申し上げます」と結びました。
 神崎代表に続いて、橋本昌県知事、丹羽雄哉衆議院議員、山口武平自民党県連会長、石川多聞県議会議長、原中勝征茨城県医師会会長が来賓として挨拶しました。
 その後、来賓の代表による鏡開き、加藤浩一水戸市長の発声による乾杯と続き、祝宴に移りました。
 この日は、丹羽衆議院議員を始め、赤城徳彦、葉梨康弘、梶山弘志、岡部英明、永岡桂子衆議院議員、狩野安、岡田広参議院議員、県内38市町村の首長、42団体の代表者など多数の来賓が出席しました。
 参加者は、互いに名刺を交換したり、記念の写真に納まるなど、和気あいあいの雰囲気で新春の集いは進み、昼過ぎにお開きとなりました。
download
▲「公明党新春の集い」での神崎公明党代表の挨拶
デフレ脱却 今が正念場
景気の本格回復へ予算の年度内成立に全力

茨城・新春の集いで神崎代表(公明新聞 2006/1/29)
 公明党茨城県本部(石井啓一代表=衆院議員)の新春の集いが1月28日、水戸市内で盛大に開催され、神崎武法代表が出席し、あいさつした。
 この中で神崎代表は、デフレ脱却が真近というところまで経済は回復しており、今が大事な正念場であるとの認識を示し、「一日も早く景気を本格的な回復軌道に乗せるためにも、来年度予算案の年度内成立に全力で取り組みたい」と力説した。
 また、通常国会の重要課題としてライブドア事件、米国産牛肉の輸入再停止、耐震構造計算偽造問題などを取り上げ、「反省すべきことは反省しながら、今国会で再発防止策をきちんと仕上げる必要がある」と強調した。
 小泉内閣が進めてきた構造改革について、「その方向性は間違っていない」と評価する一方、改革をすると痛みを生じ、影の部分も出てくることに言及。「社会的弱者の救済や格差是正のためのセーフティーネット(安全網)づくりをしっかりやらなければならない」と訴えた上で、「これからも公明党は生活者の視点に立って全力で頑張っていく」と決意を披歴した。
 新春の集いでは、石井県代表があいさつしたほか、橋本昌県知事、加藤浩一・水戸市長など各界から多数の来賓が出席した。