参考写真 日立市内のかみね公園には、日立製作所で作られた蒸気機関車(8620型)が、屋外で保存されています。しかし、屋外に展示され屋根もないために傷みがひどく、2月27より解体撤去されてることになっていました。解体のために390万円の予算も計上され、その準備が進められていました。
 ところが、青森県弘前市のNPO「五能線活性化倶楽部」が引き取る話しが急浮上しました。2月19日には、五能線活性化倶楽部の幹部4人が、日立市を訪れSLの保存状態を直接調査しました。新聞報道によりますと、「同行したSL技術者に点検してもらったが、走行可能とわかった。今後、理事会、総会を開いて、日立市に譲渡を申し入れるかどうかを最終決定する」と、受け入れに積極姿勢を示したとのことです。
 この蒸気機関車は、日立製作所笠戸工場(山口県下松市)で1924年(大正13年)に製造された大正時代を代表する8620型(ハチロクの愛称で親しまれています)。長さ9.94メートル、重さ48.83トン。当初、姫路機関区に配置され、急行列車から貨物用まで、様々な列車を牽引し、1970年(昭和45年)、水戸駅構内で入れ替え機関車として最期の使命を果たしました。昭和45年8月27日、かみね公園に保存展示のために発送されました。45年7ヶ月の現役時代に、地球58週分に当たる231万5379.4キロを走行しました。
 2月20日、井手よしひろ県議の問い合わせに対し、日立市では、「蒸気機関車が復活してくれることは、願ってもないこと。五能線活性化倶楽部が譲渡を申し入れた場合は、無償で応じる」とのことです。
参考:五能線活性化倶楽部のホームページ

(2006/2/22更新)
NPO五能線活性化倶楽部からSL譲渡の申し入れ
 2月21日、NPO五能線活性化倶楽部は、日立市に譲渡申し入れの文書を郵送したことを明らかにしました。日立市もSLを無償譲渡する考えで、27日からの解体工事を中止し、3月上旬、NPOと譲渡契約を結ぶ準備に入りました。
 五能線活性化倶楽部によると、6月をメドに、車体を3つの部分に分け、トレーラーで青森に陸送する計画です。