全国初の本線直結タイプのETC専用IC
 このブログ「常磐道と国道123号の交差部にIC設置」(2005/6/18付け)で記述した水戸市飯富地内のETC専用インターチェンジ(スマートIC)の工事が進んでいます。
参考写真 この社会実験は、サービスエリアやパーキングエリアへの接続型スマートICの社会実験とは異なり、全国で初めての「高速道路本線への直結型スマートIC」の社会実験です。幹線道路から直接接続することにより、これまで以上に高速道路の利便性の向上が図られます。ただし、高速道路の本線から直接一般道につながるため交通事故も懸念されるため、県警との調整が手間取り、工事の着工が遅れました。
 このICの設置により、常磐道へのアクセスが不便であった水戸市北部や国道123号沿線及びその周辺地域からのアクセス性が大幅に改善されることから、地域の活性化に果たす役割が期待されます。
 井手よしひろ県議は、7月14日、地元水戸市議と共に建設現場を現地調査しました。
常磐高速道と国道123号線交差部のスマートIC社会実験の概要
常磐道・国道123号スマートIC○実施箇所:常磐道と国道123号との交差部(水戸市飯富町地内)
(水戸ICと那珂ICのほぼ中間地点)
○実施主体:(仮称)国道123号スマートIC社会実験推進協議会
○実施時期:平成18年の夏頃(予定)〜
○実施時間:24時間(予定)
○対象車種:ETCを装備した全車種(ただし、けん引車、二輪車を除きます。)
○運用形態:ハーフインター(東京方面乗り降り)
※いわき方面への乗り降りはできません。