来春の日立市議選に6名を擁立、新人女性候補添田絹代さんが決意を披瀝
公明党日立支部臨時党支部会 7月19日、公明党日立支部(支部長:助川吉洋日立市議)は、市内のシビックセンターで臨時党支部会を開催し、来春4月の日立市議選の予定公認候補6名を発表しました。
 来春の日立市議選は十王町との合併後初の選挙となり、定数32名で争われます。公明党は現在、旧日立市の現職5名と旧十王町の現職1名の計6議席を擁していますが、小川喜広議員が健康上の理由で勇退し、新人の女性候補・添田絹代さんを擁立することになりました。
新人の女性候補・添田絹代さん 6人の予定候補を代表して決意を披瀝した添田候補は、「市職員としての経験を生かして、女性の目線を大事にしながら、少子化対策や高齢者の課題、障害者福祉などに全力で取り組んでいきたい」と力強く語りました。
 挨拶に立った石井啓一県本部代表(衆議院議員)は、「一つの市で、市議を6名立候補させるのは県内唯一。日立市が茨城の先陣を切って、県議選、統一選、参院選への拡大の流れを起こしていただきたい」と激励しました。
日立市議会議員選挙(平成19年統一選)
公明党予定公認候補者
額賀 俊彦(現職6期)
助川 吉洋(現職5期)
舘野 清道(現職2期)
小泉 行一(現職1期、旧十王町議2期)
薄井 五月(現職1期)
添田 絹代(新人)