9月17日、住民投票で在任特例議会が解散したことに伴う、 桜川市の出直し市議選が告示されました。
 公明党からは、古川しず子さん(現職)が立候補しました。
 今回の市議選には、定数26のところ、30人が立候補しました。新旧別が前職27人、 新人3人。 党派別では自民5人、共産2人、公明1人、民主1人、残る21人が無所属となっています。旧町村別では岩瀬が11人、真壁が11人、大和が8人です。 
 桜川市は、2005年10月に誕生。市議会は在任特例を適用して旧三町村の議員47人がそのまま市議会議員となりました。任期は、2007年9月末まで延長されるはずでした。これに対し、市民団体が「議員増で市財政が圧迫されている」とし、今春から議会解散を求める住民運動を展開。6月に1万9370人の署名を市選管に提出し、解散請求を行いました。
 8月20日に行われた議会解散の賛否投票で、9割の圧倒的な賛成により、議会は即日解散されました。
 なお、9月24日に投開票されます。
参考写真古川 しず子
●生年月日:昭和22年3月
●生活信条:ひとりの人を大切に
●趣  味:園芸・コーラス
●桜川市議会議員1期
 (旧真壁町議会議員2期)
●県立真壁高校卒
●公明党桜川支部副支部長
●真壁町真壁在住