能登半島沖地震で、石川県は3月27日、災害ボランティアの受け入れを始めることを決定しました。
 全国から多くのボランティアが入ると、現地が混乱する恐れがあるとして、当面は県内在住者に限って募集します。
問い合わせ:石川県災害対策ボランティア本部=076・225・1999
参考:石川県の防災情報HP
 また、石川県輪島市は、ボランティアの受け入れを28日から開始することにしました。輪島市社会福祉協議会などが中心となり、27日午後1時から、電話での登録を受け付けます。ボランティア現地本部を、輪島市門前町の市立門前東小学校に置きます。県の災害ボランティアコーディネーターらが旧門前町内の避難所をまわり、被災者から要望を聞くほか、電話でも相談に応じることにいています。28日から被害の大きかった門前、諸岡、黒島などの地区を中心にボランティア活動を始める計画です。輪島市では、車の駐車スペースや宿泊施設が足りないことから、金沢市内と現地を往復するシャトルバスを準備する予定。担当者は「マイカーでの来援は遠慮してほしい。当面は日帰りができる石川県とその周辺の地域の方に制限したい」としています。
問い合わせ:輪島市ボランティア現地本部=0768・42・1945
 また、能登半島地震の義捐金の振り込み口座も開設されましたので、ご紹介いたします。
銀行口座
北國銀行県庁支店(普通)199926
能登半島地震災害義援金
郵便局
00730−4−7700
石川県災害対策本部
・平成19年3月27日〜9月28日の間、全国各地の郵便局で振込・振替の手数料免除