6月27日、井手よしひろ県議は、来年3月末まで行われている高速バスとつくばエクスプレス(TX)の乗継ぎ実証実験を体験しました。これは、国交省、首都高速公団とバス事業者が共同して、首都高速の渋滞を避けるために、首都高八潮PAに降車専用のパス亭を設置し、近接するTXに乗り換えて秋葉原に乗継ぎするという試みです。安価で快適な高速バスのメリットとTXの定時性とを合体させようという発想。その上、TX八潮駅から秋葉原駅間の運賃450円を100円に割引してくれるというので、一石三鳥?のサービスとなっています。
 井手県議は、27日午前10:04新田中内発の高速バスに乗車。やや遅れて10:24に出発した高速バスは、守谷SAでの休憩を挟んで、首都高八潮PAに11:46に到着しました。この間まったく渋滞はなく、巡航速度80キロでの快適なドライブでした。
 通常はここからが大渋滞。終点の東京駅まで1時間ぐらいは平気で掛かります。そこで、バスの中で渋滞に関するアナウンスがあります。時間を気にする人は、停車ボタンを押すと八潮PAに停車します。バスの降車時に100円のTXの乗継ぎ切符を購入します。(駅では買えませんので注意が必要です)
 八潮PAからTX八潮駅までは、徒歩で移動。少し判りづらい道案内の標識ですが、注意しながら歩けば道に迷うことはありません。写真をとりながら、8分かけて11:54に、TX八潮駅の改札に着きました。
 TXの自動改札は、乗継ぎ切符では通れませんので、清算窓口からホームに入ります(降りる時も同様です)。
 ホームに上がると、丁度、11:55発の秋葉原行き区間快速が入線して来ました。TXで秋葉原に着いたのは、12:12。正味1時間50分あまりの旅程でした。
 JRで大甕駅から特急スーパーひたちで、秋葉原まで行くと1時間40分前後。料金は平日の東京フリー切符で9000円掛かります(往復の運賃、特急指定席料金、都内一円乗り降り自由のトクトク切符)。一方、高速バスはネット予約で往復3515円。プラスTX乗継ぎ料100円。少しの手間でかなりコストパフォーマンスが高い移動法となりました。
 ただPR不足か、利用者はあまり多くない模様です。井手県議が乗ったバスでも、途中乗継ぎした利用者は、他に2人しかいませんでした。
 皆様も、一度試してみてはいかがでしょうか。

/慧鎮翔發旅眤バス停車場(10:24)=と潮PA降車専用バス停(11:46)=⊆鹽垤眸潮PAの降車専用出口=TX八潮駅発(11:55)=ィ圍愴潮駅から秋葉原駅間の乗り継ぎ乗車券