県内6月 消費者物価2.2%上昇
茨城新聞(2008/8/12)
16年ぶりの上げ幅
 県が11日発表した6月の県消費者物価指数(2005年=100)は102.7で、前年同月比2.2%上昇し、9カ月連続のプラスとなった。消費税率引き上げなどの影響があった時期を除くと、1992年6月の同2.5%以来、16年ぶりの上げ幅。ガソリンや食料原材料値上げが影響した。7月のガソリンも県内平均一リットル当たり178円と前月比9円(5.3%)上昇し、26年ぶりに最高値を更新した。
 6月の県消費者物価指数は品目別で、灯油が前年同月比41.9%、ガソリンも同6.9%、それぞれ上昇。エネルギー費は電気代(前年同月比4.3%プラス)、ガス代(同6.9%プラス)を含め全体で同14.4%プラスと上昇が続いている。
 食料品で上昇率が高かったのは、小麦高などの影響で菓子類(ケーキ、チョコレート)が同10.0%プラス、穀類(食パン、即席めん)が7.1%プラスだった。
 7月のガソリン価格は前年同月比41円上昇した。地域別では鹿島地方が181円と最も高く、古河市が174円で最も安かった。灯油(配達、1リットル当たり)も同45円高い127円となった。

参考写真
 平成20年6月の茨城県消費者物価指数(県平均)が公表されました。
 それによると、総合で102.7(平成17年を100とする指数)となり、前月と比べて0.7%上昇し、平成19年6月比は2.2%の上昇となりました。
 対前年同月比は9ヶ月連続でのプラス。前年同月比2.2%上昇は、消費税率引き上げなどの影響で2.2%上昇した平成10年3月以来、実に10年3ヶ月ぶりの高い水準となりました。
 全国消費者物価指数は、総合で102.2となり,前月と比べて0.5%上昇し、前年同月比は2.0%の上昇となっています。全国と本県を比較すると、本県は総合で0.5ポイント上回り、前月比では0.2ポイント上回り、前年同月比でも0.2ポイント上回っています。
 品目別で値上がりが著しかったものは、灯油(上昇率:41.9%)、菓子類(10.0%)、生鮮野菜(7.2%)、穀類(食パン,即席めん:7.1%)、ガソリン(6.9%)などが上げられています。
●前年同月比で上昇・下落幅の大きかった項目(中分類)
上 昇下 落
中分類前年比中分類前年比
1他の光熱(灯油)+41.91室内装備品(カーテン,カーペット)▲21.5
2菓子類(ケーキ,チョコレート)+10.02教養娯楽用耐久財(ノート型パソコン)▲13.2
3穀類(食パン,即席めん)+7.23生鮮果物(さくらんぼ)▲6.4
4穀類(食パン,即席めん)+7.14保健医療用品・器具(血圧計)▲4.5
5自動車等関係費(ガソリン)+6.95家庭用耐久財(電気冷蔵庫)▲3.9
( )内は、変動幅の大きい品目を記載
 品目別にみると、ガソリンと灯油の値上りがやはり目立ちます。穀物高騰の影響で、菓子類や食パン、即席麺などの上昇も顕著となっています。
○ ガソリン価格 (単位:円/リットル)
年・月水戸日立土浦古河筑西取手つくば鹿嶋県内
平均
H19・7 139139140133136136138140137
H20・6 171169168168168168171174169
H20・7 180178178176177177178181178

○ 灯油(配達)価格(単位:円/リットル)
年・月水戸日立土浦古河筑西取手つくば鹿嶋県内
平均
H19・7868283778282788982
H20・6 122117119115119117104117116
H20・7 135133127124128125108134127
※ 調査日は7月9日、10日、11日のいずれか1日です。
※調査店舗数は各4店舗(鹿島地方は3店舗:鹿嶋、神栖、鉾田各1店舗)です。
※ ガソリンはレギュラー1箸硫然福灯油は18版枌2然覆鬘鵜箸亡校擦靴寝然覆任后