参考写真 いばらきフィルムコミッション(いばらきFC)のロケ誘致実績がこの程まとまりました。それによると、ロケ誘致の昨年度実績は357本で、前年度対比で2作品増えました。撮影延べ日数は1,119日で、前年度を99日下回わりました。撮影の内容別では映画が60作品、テレビドラマが99作品、コマーシャルなどその他が198作品でした。撮影場所は395カ所で、前年度を約75カ所上回わりました。
 平成14年度から始まったいばらきFCの活動実績は累計でロケ支援が1762作品になりました。撮影日数5,786日となりました。
 こうしたFCの経済効果を、国土交通省総合政策局「ロケーション撮影による地域経済効果の推計手法等に関する調査報告書」の係数をもとに算出すると、昨年度は5億円に達します。累計では27億8000万円となりました。
 昨年公開された日本映画(165作品)のうち、県内FCが支援したのは「相棒−劇場版−」「私は貝になりたい」「マジックアワー」など36作品に及び、全体の22%を占めました。昨年度撮影された主な劇場映画は、「少年メリケンサック」「感染列島」「イキガミ」「余命」「劇場版・仮面ライダーキバ」「罪とか罰とか」「カムイ外伝」「ガマの油」「レスキューフォース(劇場版)」「ドロップ」「ディア・ドクター」「クローズZERO供廖崗个Ψ抓院廖屬っぱいバレー」「余命1ヶ月の花嫁」「大洗にも星はふるなり」などがあります。
 茨城県は、東京に近接し、様々なニーズに合ったロケ地に恵まれていることなどが、FC活動の好調の原因となっています。県ではFCを平成14年に立ち上げましたが、県内の市町村でも、土浦、古河、常総、北茨城、取手、牛久、つくば、潮来、筑西(民間団体)、つくばみらい、大子などで地域のFCが設置されました。高萩市でも、この4月1日に活動を始め、ほかにも4市が今年度中の設立を準備しています。県では、昨年4月に「茨城県フィルムコミッション等協議会」を設立し、県内FC等間の更なる連携を強めています。
いばらきフィルムコミッションとは
参考写真 茨城県は映像制作会社が集中する東京から近距離にあり、しかも、変化に富んだ自然など様々なシーンの撮影に対応できるロケ適地を数多く有していることが注目され、 県内で行われる映画やテレビドラマ等のロケーションが増えてまいりました。
 茨城県では、県内における撮影相談の統一的窓口となりロケの誘致を行う「いばらきフィルムコミッション(事務局:茨城県企画部地域計画課フィルムコミッション推進室)」を 平成14年10月に設立し、きめ細やかなサービス提供に取り組んでおります。
参考:いばらきフィルムコミッションのHP