従来方式の170倍、1億9460万円の増収
 茨城県では、平成22年度から県有施設に設置している清涼飲料水やコーヒーなどの自動販売機について、一般競争入札による公募制を導入しました。平成21年度で使用許可期限が切れたものや、民間事業者が設置している者など95施設、279台を公募した結果、落札額の結果は1億9577万円となりました。これは、従来の使用料114万円と比べると、実に170倍に達しました。
 今回公募したのは県庁や出先の施設、警察署や運転免許センター、県立高校や教育研修センターなどです。落札額が高額になったものは、県の運転免許センターが3台で749万円、鹿島警察署が338万円、麻生高校が267万円などです。
設置場所台数落札金額従来使用料
県庁舎2階情報コーナー780,000068,027
三の丸庁舎2,353,00621,606
青少年会館他3施設131,684,794155,632
県立高校53校17598,760,883620,785
教育研修センター他2施設2,905,63968,826
県警本部庁舎7,463,999減免
運転免許センター他4施設1416,220,56456,763
警察署28署5889,331,446299,457
合 計279195,776,4161,144,700
 4月5日付の地元茨城新聞の報道によると、県有施設の自販機はこれまで、県が設置場所や面積に応じて年間使用料(1台平均約4千円)を算出し、業者に施設の使用を許可していました。歳入確保の一環で、最高額を提示した業者に設置場所を貸し付ける公募制を大阪府などが導入。自販機の設置が貴重な財源になると分かり、昨年度までに12道府県が実施し、本県のほかに15県も導入予定ということです。利根コカ・コーラボトリングの広報担当課は「公共施設内は自販機設置の理想的な場所。安定した売り上げを期待でき、広告塔の意味も大きい。特に高校生は業界でヘビーユーザーと呼ばれている」と解説しています。実際、県立高校の入札は爛疋詒↓瓩寮瀉崗貊蠅鯀世辰藤押腺隠閏劼応募する人気ぶりだったと報道されています。県有施設には初回の公募に間に合わなかった自販機がまだ約400台あり、県は順次公募制に移行する方針です。今回の平均落札額で単純換算すると、400台で年間3億円に迫る財源確保につながる見通しということです。