11月6日、馬淵澄夫国土交通相は、群馬県の八ッ場ダム建設予定地を訪れ、大沢正明知事や高山欣也長野原町長などと懇談し、ダム建設について「一切の予断を持たずに再検証する。今後は『中止の方向性を持ちながら』という言葉には言及しない」と発言しました。これは、昨年秋の政権後退直後に、前原誠司前国交相が行った「八ッ場ダムの建設中止」との発言を、事実上撤回したものです。
 席上、馬淵氏はダム流域の6都県などが提示を求めていた国による再検証の終了時期の目標を、来年の秋とすることも表明しました。「2012年度予算案に反映できる時期に結論を得たい」と言及しました。
 八ッ場ダム建設中止方針を事実上撤回した馬淵国交相の発言は、民主党マニフェストがいかに実現性の薄、机上の空論かを自らが認めた結果と言えます。昨秋の前原前国交相によるダム中止宣言後、代替の治水案や生活再建案を迅速に提示できなかった政権の無策を露呈したものです。