12月20日、国土交通省常陸河川国道事務所は、「事故ゼロプラン~事故危険区間重点解消作戦」を始めるため、県内の事故危険区間61カ所を選定、公表しました。
 全国では交通事故の71%が幹線道路の22%の区間で発生しています。事故ゼロプランは、このような危険なカ所を選定し、地域住民やその道路の利用者にも危険なカ所との認識を共有しながら、集中的・重点的に交通事故の撲滅に取り組むものです。
 県内の事故危険区間61カ所は、国道と県道の全路線1万9000区間について、死傷事故率や利用者の声、特徴的な事故などの視点で絞り込んで選定しました。その所在地は、水戸市13カ所、土浦7カ所、つくば6カ所、取手4カ所、日立4カ所、牛久3カ所などとなっています。路線別では、国道6号30カ所、国道50号13カ所、国道51号7カ所となっています。
 死傷事故率が最も高かったのは、土浦市中村南3丁目の国道6号「学園東大通り交差点」周辺、続いて土浦市東中貫町の国道6号「中貫工業団地入口(北)交差点」(仮称)、水戸市石川1丁目の国道50号「石川町交差点」周辺などの順となっています。
 国道事務所では、これらの事故危険区間の交通事故対策に集中的・重点的に取り組んで行く方針です。また、事故危険区間を広く広報するために、順次、事故ゼロプランの対象区間であることを示す、現地表示を行っていくことにしています。
参考写真
No路線名対象区間交差点名管理主体










1国道6号土浦市中村南3丁目学園東大通り入口交差点周辺
2国道6号土浦市東中貫町(仮)中貫工業団地入口(北)交差点  
3国道50号水戸市石川1丁目石川町交差点周辺
4国道6号東茨城郡茨城町長岡長岡新田交差点 
5国道50号水戸市中原町跨線橋北交差点  
6国道50号水戸市大工町2丁目大工町2丁目交差点  
7主要地万道19号つくば市上稲吉善正交差点茨城県 
8国道6号かすみがうら市上稲吉(仮)清水北交差点周辺 
9県道123号つくば市学園南大境交差点茨城県 
10国道6号牛久市牛久町(仮)牛久駅西出口(南)交差点 
11国道6号土浦市常名(仮)真鍋跨道橋(南)交差点 
12国道6号龍ヶ崎市小通幸谷町小通幸谷交差点  
13主要地万道55号つくば市天王台2丁目台坪入口交差点茨城県 
14国道50号水戸市加倉井町常碧道高架下交差点  
15国道51号水戸市柳町1丁目城南3丁目交差点 
16国道124号神栖市鰐川堀割川交差点茨城県 
17国道51号鉾田市汲上(単路区間)  
18国道50号水戸市見川町見川町交差点  
19国道6号牛久市田宮町田宮町交差点  
20国道6号土浦市荒川沖西2丁目荒川沖交差点 
21国道6号ひたちなか市市毛少年刑務所北側交差点  
22国道50号桜川市青柳(仮)東桜川3丁目交差点  
23国道6号北茨城市大津町常北中下交差点  
24国道50号水戸市大塚町大塚町交差点  
25国道51号水戸市谷田町谷田町交差点  
26国道50号水戸市大足町大足東交差点  
27国道6号牛久市相田町相田町交差点  
28国道50号水戸市元吉田町吉田小東交差点  
29国道6号土浦市中原の前交差点 
30国道6号取手市小浮気小浮気交差点
31国道6号小美玉市堅倉堅倉交差点  
32国道6号取手市宮和田文巻橋交差点  
33国道50号笠間市笠間(仮)才木(東)交差点  
34国道50号水戸市千波町千波海道付交差点  
35国道6号北茨城市関南町神岡下(仮)仁井田(南)交差点  
36国道51号水戸市三の丸2丁目三の丸1、2丁目交差点周辺 
37国道125号土浦市藤沢新治庁舎南交差点茨城県 
38主要地万道55号つくば市竹園3丁目近隣公国入口交差点茨城県 
39国道51号稲敷市八筋川(仮)境島(南)交差点  
40県道273号つくば市稲岡屋敷台交差点茨城県  
41国道6号龍ヶ崎市庄兵衛新田町(単路区間)  
42国道124号神栖市太田西宝山交差点茨城県  
43国道354号つくば市下広岡下広岡交差点茨城県  
44国道6号ひたちなか市市毛田彦二本松交差点  
45国道4号古河市大和田大和田交差点  
46国道6号石岡市石岡石岡市役所入口交差点  
47国道4号古河市上片田上片田付近交差点  
48国道6号那珂市向山笠松交差点  
49国道6号日立市下士木内町下士木内町交差点  
50国道6号土浦市荒川沖西1丁目(仮)学園東大通り入口(南)交差点  
51国道6号取手市新町2丁目取手駅西入口交差点  
52国道51号水戸市柵町柳堤橋交差点  
53国道6号日立市田尻町4丁目(単路区間)  
54国道51号鉾田市樅山(単路区間)  
55国道50号筑西市玉戸(単路区間)  
56国道6号日立市千石町4丁目塙山十字路交差点  
57国道6号取手市白山1丁目国道294号入口交差点  
58国道6号かすみがうら市下士田(単路区間)  
59国道6号日立市千石町2丁目(単路区間)  
60国道50号桜川市上野原地新田(単路区間)  
61国道6号高萩市東本町3丁目(単路区間)  

危険箇所の選定理由
  • 死傷事故率:死傷事故率が高い(死傷事故率300件/億台キロ以上)区間を選定
  • 利用者の声:パブリックコメント、道路利用者の声などから交通安全対策が必要と判断した区間を選定
  • 特徴的な事故:死亡事故、歩行者・自転車事故、夜間事故、高齢者事故、横断歩行者事故、追突事故、正面衝突など県内の特徴的な事故のいずれかが多く発生している区間を選定