竜神大橋バンジージャンプ
竜神大吊橋に日本一のバンジージャンプ3月1日オープン
 2013年11月23日付のブログ「常陸太田市:竜神大吊橋に日本一のバンジージャンプ施設」で紹介した竜神大吊橋のバンジージャンプスポットが、3月1日(土)よりスタートすることになりました。1月11日よりインターンネットでの予約受付が始まります。
 また、プレ・イベントとして、1月11日に「新成人バンジージャンプ」が開催されることになりました。
 パンジージャンプの淵源は、メラネシアにあるバヌアツ共和国ペンテコスト島における成人の儀式「ナゴール」だと言われています。ナゴールという神秘的な儀式を目の当たりにし、感動したA・J・ハケット氏がニュージーランドでヘンリー・ヴァン・アシュ氏とともにスポーツとして成立させたものがバンジージャンプだといわれています。1988年にカワラウ川にかかる吊橋、カワラウブリッジから47メートルの高さをジャンプしたのが最初のバンジージャンプです。
 竜神大吊橋のある常陸太田市の新成人10名(予定)がバンジージャンプ!新成人の心意気を魅せます!開催日時は、1月11日午前9:30〜12:30の予定です。
開催場所竜神大吊橋
〒313-0351
茨城県常陸太田市天下野町2133−6
料金1回目14,000円
2回目 6,000円
予約受付1月11日(土)開始
営業日2014年3〜4月
毎週土・日・月
3月21日、4月30日
連絡先Bungy Japan(バンジージャパン)みなかみオフィス
〒379-1612
群馬県利根郡みなかみ町小日向143
TEL0278-72-8133
http://www.bungyjapan.com/



 高さ最大100メートルとなる竜神大吊橋バンジージャンプは、シーズン常設開催サイトとしては日本最大級となります。
 竜の形をした湖上に架かる、歩行者専用の橋として本州一である竜神大吊橋は全長375メートル。それだけで存在感あふれる景観をつくりだし、毎年何万人もの観光客を魅了している大人気スポットです。
 四季折々姿を変える圧巻の絶景を臨み、湖面に向かってジャンプします。何十回と飛んでいるバンジーファンの方や、高い場所を得意とするバンジーのスタッフでさえ「想像以上のスリル」と口を揃えてコメント。
 竜神大吊橋バンジージャンプではウインチ方式を採用します。元来バンジージャンプではジャンプしたあとは下に降りますが、ここでは電動ウインチによって、橋の上に引き上げられます。ジャンプ後はすぐに上に戻り、皆で感動を分かち合えます。
 全世界のバンジーファンが、今、竜神大橋に熱い視線を浴びせています!