被害施設の復旧・修理に9割を助成
井手よしひろ県議の代表質問 3月20日午後、茨城県農林水産部長が記者会見を行い、先月の大雪被害に関して、農家への支援を上乗せして行うことを発表しました。
 そのポイントは、以下の通りです。
  • 被災農家が経営を継続できるよう、被害を受けた農業用施設の再建・修繕について、国の支援5/10に対して、新たに県が2/10、市町村が2/10を上乗せして、9/10を補助します。
  • 被災した施設の撤去に関しては、国の支援5/10に対して、新たに県が2.5/10、市町村が2.5/10を上乗せして、10/10(全額)を補助します。
  • 国の支援の枠外であった養鶏農家が新たに雛を購入する際に、2割の補助を行います。
 井手よしひろ県議ら茨城県議会公明党は、現地調査を繰り返すとともに、3月3日の代表質問で農家支援の拡充を訴え、また、7日には知事に対して直接要望書を提出しました。
 これからも、被災した農家の皆様が、一日も早く通常の農作業に戻れるよう、全力を上げて応援していきます。
(写真は3月3日、県議会代表質問で農家支援の充実を訴える井手よしひろ県議)