JR大みか駅で県議会報告

多賀地区で県政懇談会・挨拶回り

JR常陸多賀駅前のラウンドアバウト交差点の状況を調査

油縄子・鮎川地区で県政懇談会・挨拶回り

県議会他会派との県政勉強会


9月1日より県内初のラウンドアバウト交差点運用開始
 信号機のいらない円形の交差点「ラウンドアバウト(環状交差点)」として整備された日立市多賀町のJR常陸多賀駅前で交差点が、9月1日の道路交通法の改正により、県内で初めて法的に位置づけられました。
 ラウンドアバウトは、今回、改正道交法が施行され、「環状交差点」として交通方法が定められました。1.環状路内を走る車が優先で、時計回りの一方通行、2.交差点を出る際に方向指示器で左折の合図することが必要――などとされています。
 県内唯一のラウンドアバウトとなったJR常陸多賀駅前交差点は、駅の利用者だけではなく、国道6号より海側の主要道路として一定の交通量があります。
 日立市道路建設課によると、環状路は直径約28メートルで1周約80メートル。駅前の再整備に伴いロータリーを改修する形で2011年に着工し、12年6月に現在の形状となり、実質的に運用が開始されています。日立市は国土交通省の都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)を活用し、総事業費約3億円のうち4割を補助で整備しました。

歩数【4500】歩・移動距離【86】km