県北芸術祭

 9月30日、橋本昌知事が実行委員長を務める「茨城県北芸術祭実行委員会」は、来年(2016年)9月17日(土)から11月20日(日)までの65日間、茨城県の北部6市町(日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町)を会場に「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」を開催することを正式に発表しました。
参考:「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」 のホームページ

 県北芸術祭は、県北地域の豊かな自然を舞台に、自然と対話するアート、科学・技術を利用した先進的なアートに焦点を当てた一大イベントです。
 国内では初の試みとなる、多分野の人々が共同で作品を創出す「アートハッカソン」、県内の産業とのコラボ、県独自のアーティスト滞在型プロラム「アーカスプログラム」との協働、県が諸大学との連携、県北地域に根ざした様々な教材活動とのコラボレーションなど多様な創作活動の発信の場となります。
 県北地域に住む住民にとっては、地元のすばらしさを再確認し、県北芸術祭に訪れていただいた多くの人々との交流を実感していただくことができます。地方創生、地域活性化の起爆剤となることが期待されます。
 総合ディレクターには、森美術館の南條史生氏を迎えました。
世界がKENPOKUに注目、4つのプログラム
 県北芸術祭は3つの大きなプログラムで構成されます。
 その第1が”アートプログラム”です。国内的に活躍するアーティストが県北地域を訪れ、屋内外を会場にインスタレーションや映像、彫刻、ドローイングなどの作品制作と展示を展開します。海と山の自然と対話する大規模なインスタレーション、天心記念五浦美術館における特別作品、歴史的建造物や廃校などを活用した作品、最先端の科学技術を駆使したメディアアートやバイオアート作品などが展開しされます。
 招待アーテストには、海外からソンミン・アン(シンガポール生まれ、ロンドン在住)、ザドック・ベン=テイヴィッド(イエメン生まれイスラエルに移住、ロンドン在住)、オロン・カッツ(フィンランド生まれ、パース在住)、ティファニー・チュン(ベトナム生まれ、ホーチミン在住)、ナンス・ペーター・クーン(ドイツ生まれ、ベルリン在住)、タア・マキバー(フィンランド生まれ、ワイマール在住)。国内からは、森山茜、落合陽一、チームラボ、米谷健+ジュリアなどが参加します。 こうした著名なアーチストを含み約80組の芸術家が参加予定です。

 第2が”ソーシャルプログラム”です。地域住民、県北を訪れた人、アーティストなど様々な人々が、ともに参加し体験しながら表現活動を行う場を創出します。その共同作業の場、創作活動の場が”アートハッカソン”です。誰が集まり、何が生まれるか予測不能のイベントです。また、県内に在住するアーティスト、県内で活躍する芸術家の創造的、先進的な作品やプロジェクトを募集します。さらに、県北地域を舞台に乗り物などを使った回遊型プロジェクトやワークショップ、パフォーマンスの上演などを行います。

 第3が”連携プログラム”です。国際交流、大学との連携、産業連携型のプログラムです。北茨城市は、日本美術の再興を果たした岡倉天心が「アジアは一つなり」と叫んだ地域です。茨城は東京藝術大学、筑波大学、茨城大学などの大学との長い交流の歴史があります。県北地域には数多くの伝統工芸や産業が根付いています。多様な連携プログラムは、県北地域の可能性を大きく広げます。

 第4が”関連プログラム”です。県北地域には豊かな文化があり、多彩なイベントが行われています。こうした地域のプログラムと県北芸術祭のコラボで、全国からのお客様を”おもてなし”してまいります。

国内初のアートハッカソン『KENPOKU Art Hack Day』
 県北芸術祭では、日本で初めてハッカソンを通じて生まれたチームを公式アーティストとして芸術祭に招聘することになりました。
 ハッカソンとは、参加者がテーマに対して、決められた時間で自身のスキルを存分に生かして、参加者の総力による新たなアウトプット生み出すイベントです。
 会場となる茨城県北部は色鮮やかな海と自然豊かな山が共存。近代鉱工業の発祥地であると同時に、日本近代美術に功績を残した岡倉天心が移り住んだ場所です。自然・産業・文化それぞれの側面で独自の世界が築かれている稀有の土地です。
 今回のハッカソンは、アーティスト、エンジニア、研究者、デザイナー、伝統工芸職人、起業家、地域住民たちとのコラボレーションを通して生まれる新たな芸術表現の可能性を、芸術祭を通じて世界に発信していくことが目的です。審査会で選出されたチームは、県北芸術祭の正式アーティストチームとして作品を制作し、会場に展示することになります。
 申込受付は10月6日まで。日立シビックセンターでのアイディエーション(10月24日〜25日)。FabCafe Tokyo & Loftworkでのプロトタイプ制作(11月7日〜8日)。11月12日に審査会。審査結果の発表(11月下旬)という日程です。
 審査員は、南條史生氏(森美術館館長)、谷川じゅんじ氏(JTO株式会社代表)、齋藤精一氏(株式会社ライゾマティクス代表取締役)、若林恵氏(「WIRED」日本版編集長)の4名です。ディレクターは林千晶氏(株式会社ロフトワーク 代表取締役)と青木竜太氏(3331 alphaディレクター)。
参考:「KENPOKU Art Hack Day」のホームページ

すでにネットでは話題に!”やくしまるえつこ”さんがテーマソングを制作
 やくしまるえつこさんが、アートフェスティバル『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』のテーマソングを担当することが、9月30日発表されました。
 やくしまるは、県北芸術祭のためにバイオテクノロジーを駆使して楽曲を制作すます。テーマソングの詳細は後日発表されます。

やくしまるえつこ「オリジナル楽器セッション」(short ver.)