新成人が竜神バンジーに挑戦
 1月11日は成人の日です。茨城県内の新成人は男性が1万4997人、女性が1万3887人の計2万8884人。3連休を利用し、県内各地の自治体で成人式が開かれます。
 1月9日、常陸太田市では、恒例の「竜神大吊つり橋の新成人バンジージャンプ」が行われ、高さ100メートル、日本一の高さのからのバンジージャンプに10人の新成人が挑戦しました。
 バンジージャンプの原点とされる、バヌアツ共和国の成人の儀式「ナゴール」にちなんだイベントで、今年で3回目となります。
 恐怖心に打ち勝ち、一歩踏み出すことで新たな可能性が開ける!全員が「いろんなことから逃げてきたけど、これからは逃げないで頑張ります」「立派な大人になります」などと抱負を叫んで、スーツや着物姿でジャンプしました。最初に跳んだ介護施設職員の黒沢和貴さんはジャンプ後、「一歩踏み出す勇気が得られ、自信もついた」と満面の笑みを浮かべていました。
バンジー・ジャパンのホームページ:http://www.bungyjapan.com/ja/index.php/sites/locations/C47/