茨城県北芸術祭の県北芸術祭の調査

常総市でボランティア団体「ジュントス」の活動を調査、横田代表と意見交換

常総市内の稲作農家と意見交換(稲刈りの様子を視察)

国営ひたち海浜公園を視察


月待ちの滝(裏見の滝)
久慈川の支流大生瀬川がつくり出す、高さ17メートル、幅12メートル、三筋に流れ落ちる滝です。普段は二筋の夫婦滝ですが、水量が増えると子滝が現れて親子滝になります。
この珍しい形状のためか、古くから安産、子育て、開運を祈る二十三夜講(二十三夜の月の出を待って婦女子が集う)の場とされたところから月待の滝と呼ばれています。
水に濡れることなく滝の裏に入ることができるとこから、別名「裏見の滝」または「くぐり滝」ともいわれ、マイナスイオンを浴びる人々で賑わいます。

歩数【6000】歩・移動距離【231】km