茨城県北芸術祭の来場者は、10月末日までに45万9千人に達しました。会期を20日間残して、目標を大きくオーバーしたことになります。
 来場者数では越後妻有の大地の芸術祭をこえることになりました。様々な課題はありますが、6つの市町と連携して、ぜひとも継続開催していきたいと思います。
 井手よしひろ県議は、トリンナーレ形式で3年に一度開催することを提案。次回は、茨城国体と時期が重なることから、2020年に開催するべきと主張しています。