茨城県北芸術祭、成功裏に終了!継続して開催し地域活性化の起爆剤に
「KENPOKU ART 2016茨城県北芸術祭」は、「海か、山か、芸術か?」をテーマに、9月17日から11月20日までの65日間、県北6市町を会場に開催し、県内外から延べ77万6千人の方々にご来場いただくなど、成功裡に幕を閉じることができました。
南條総合ディレクターや参加アーティストはもとより、地元市町やサポーターなど、芸術祭の開催を支えていただいた多くの関係者の皆様に深く感謝申し上げます。
来場された方々には、作品の素晴らしさとともに、県北地域の魅力を存分に味わっていただけたものと考えています。
今回の芸術祭の開催を契機として、文化の振興はもとより、交流のさらなる拡大や地域の活性化が図られますよう、地元市町とも連携しながら、県北地域の振興に努めていく必要があります。
県北芸術祭の来場者数
 今回の茨城県北芸術祭には、目標の30万人に対して2.5倍以上の77万6千人のお客様にご来場いただきました。飲食店の売上げが増えた、タクシーの利用客が増えた、ホテル旅館の宿泊客が増えたなど具体的な経済波及効果も報告されています。「平日の昼間、あんなに若い人たちが通りを歩いている姿は、ここ暫く見ていない」なお、まちおこしの新たな形を模索する動きも見られました。
 折角出来た芸術、文化による地域活性化の波動を次に繋げていきたいと考えます。そのために、井手よしひろ県議ら公明党の市町村議員は、開催市町村の首長、知事に、茨城県北芸術祭をトリエンナーレ(3年に一度開催する)形式で継続開催することを強く求めました。
市町村長、橋本昌知事に要望
橋本昌知事、各市町町長への3つの要望事項
  • 茨城県北芸術祭を3年に一度開催するトリエンナーレ形式で継続すること。
  • 次回開催は茨城国体の開催も加味して、4年後の2020年とすること。
  • 茨城県北芸術祭2020は東京オリンピック文化プログラムの一貫として開催すること。