2017年新春。井手よしひろ県議が、県政の課題について報告します。
少子高齢化、人口減少という構造的な変化の中、仕事や生活への不安、社会保障や地域コミュニティの持続可能性への揺らぎ、頻発する自然災害の猛威への恐れなど、容易に晴れない、さまざまな課題が山積しています。
しかし、私たちは、こうした困難に立ち向かっていかねばなりません。
これらの不安を払拭し、300万県民の皆さまと「希望が、ゆきわたるいばらき。」をめざして、前に前にと進んでいきたいと決意をしています。
今年一年、なお一層のご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。