JR大甕駅で県議会報告、東西自由通路の工事進捗状況を調査

小児マル福制度の充実についてヒアリング

石塚観光:綿引薫社長
震災から6年、ボラバスを継続する石塚観光・綿引社長
綿引薫社長が率いる石塚観光のボラバスが、東日本の被災地を支援し続けて丸6年になりました。
スタート時点では、県の災害対策本部との連携や高速道路の通行料金免除等、お手伝いをさせていただきました。千葉県の県議会議員から寄せられた土のう袋を早朝届けたのも思い出です。
http://blog.hitachi-net.jp/archives/51241859.html
もう6年も続いているかと思うと、凄いの一言です。当時、綿引さんは「復興するまでやり続ける」と、静かに語っていました。この人は一人になっても、本当にやり続けるかもしれません。
(茨城新聞2017/3/28付けより)

歩数【6000】歩・移動距離【82】km