東京多摩青果市場を訪問し、茨城県産農産物の評価や物流事情を聴きとり

参議院議員会館で国会議員への要望活動(高校教育の無償化について)

茨城県東京事務所を訪問(東京事務所の活動について聞き取り調査)

東京多摩青果市場
東京多摩青果市場を視察
東京多摩青果市場は昭和48年に開場し、平成18年にニューアルしました。中央自動車道、国道20号線に隣接する優れた交通利便性と、最新鋭施設を備えた青果物卸売市場です。
卸売場兼事務所棟は、今までにはない斬新な建築物として、多摩のまちなみ建築デザイン賞を受賞しています。
敷地面積4万3778m2、延床面積約1万1000m2の冷蔵設備を有し、卸売場と立体冷蔵自動倉庫、低温荷捌場、2階荷捌場は、搬送コンベアと直結しています。コンピュータ管理による自動搬送が可能です。また、市場内にバナナ加工場、パッケージセンター、他社運営のカットセンターが併設されています。
民営の青果市場としては日本最大です。

歩数【6000】歩・移動距離【370】km