異常小雨で久慈川に仮設ダム
海水の逆流を防ぐため5年ぶりに設置
010428kuzigawa
CANON EOS D30で撮影。
PhotoShop6.0で、解像度を変更、自動レベル補正、アンシャープフィルターを使用しました。

 2001年4月末現在、深刻な雨不足が続いています。
 水戸地方気象台によると、4月の降雨量は、過去最低を記録することが確実な情勢となっています。那珂川流域の今月の降雨量(26日現在)は13ミリで、過去10年間の平均(104ミリ)の12.5%に過ぎません。ゴールデンウイーク期間中もまとまった雨は期待できそうもなく、田植えの時期とも重なり深刻な状況となっています。
 日立市南部を流れる久慈川では、日立市企業局が26日、久慈川の水量低下に伴う海水(塩水)の遡上で、水道水の取水が困難になる恐れがあることから、河口から6.3キロ上流の下土木内町の取水口近くに、塩水が取水口に入り込むのを防ぐ仮締切堤を、5年ぶりに設置しました。
 作業は、日立市職員96人と東海村の職員数人も加わって実施。取水口の下流地点から東海村の対岸まで幅4メートル、長さ200メートルに土砂を盛り上げ、その上に約4000個の土のうを置き仮設のダムを完成させました。
 日立市では、全世帯の8割に当たる50,000世帯の生活用水をこの取水口から取水しています。国土交通省常陸工事事務所の26日朝の観測で、塩水の遡上は取水口から下流50センチ地点まで迫っているとのことです。

010428map_1
●日立市の水道は、久慈川河口から6.3キロ上流の地点で取水されています。
010428map_2
●久慈川の水量が低下すると、河口から海水が逆流するため、仮のダムを設置しました。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。