りおちゃんに未来を下さい
急性白血病の安部李緒ちゃんを救うために、骨髄バンクに登録を!!

011110rio_1安部李緒ちゃん(9歳)は、急性骨髄性白血病と一生懸命闘っています。
この病気を治すためには、骨髄移植しかありません。
しかし、白血球の型が適合するドナーがまだ見つかっていないのです。
一人でも多くの皆さんに、骨髄バンクにドナー登録をしていただく必要があります。

011110rio_2011110rio_3


011110rio_4骨髄バンクへの登録は献血とほとんど同じです。 献血ルームや保健所で登録することが出来ます。詳しくは、李緒ちゃんを救う会までお問い合わせ下さい。
0297−74−1766(代表:貫井徹さん)
日本骨髄バンクのHP
骨髄バンクを支援するいばらきの会HP:リンク切れ
臍帯血バンクネットワークのHP

写真は「骨髄バンクを支援するいばらきの会」のHPより、ご家族と
ウェッブマスターのご了解をいただき転載させていただきました。

 急性骨髄性白血病を患い、骨髄移植治療が必要な取手市取手在住の安部雅子さんの長女、李緒ちゃん(9つ)を助けようと、雅子さんら家族と「骨髄バンクを支援するいばらきの会」(取手支部長:貫井徹さん)のメンバーらが骨髄バンクのドナー(骨髄提供者)登録への協力を呼び掛けています。

 李緒ちゃんは2000年6月、突然体のだるさや痛み、太ももに青あざができるなど体調不良を訴えた。病院で検査を受けた結果、急性骨髄性白血病と診断され、千葉県の慈恵医大柏病院に入院しました。今年4月に一時退院しましたが、再発の恐れから約3カ月足らずで再入院。抗がん剤治療を続けていますが、「骨髄移植をしなければ治らない」との診断を受けました。

 現在は、通常の人で約7,000〜8,000個ある白血球の数が約400個まで減少し、空気感染や発熱を起こしやすい状態になっています。病院のベッド上で勉強し、ジグソーパズルなどで遊びながら、「何としても病気を治したい」「学校に戻りたい」「私もみんなと一緒に学校に行きたい」と、本人も家族も願っています。

 しかし李緒ちゃんに適合するドナー候補者はまだ見つかっていません。皆様方のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 李緒ちゃんに未来を下さい!!




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。